こんばんはー。ドジ全開のいぬもにですよーぅ。

どこの世界に、聖地巡礼でカメラを忘れる馬鹿がいるのですかー。
しかも、聖地巡礼ネタが多い咲ブログをやってるのに。
ほんと、あほですねー。


ま、あほは置いといて。
早速、聖地巡礼に行きますよーぅ。

この観光バスに乗ってw
 DSC_0427

こころぴょんぴょん号・・・
うん、確かに、聖地巡礼は「こころがぴょんぴょんするんじゃー」です。
間違ってない。

もちろん、ちゃんと咲ちゃんもいますよーぅ。
DSC_0432
 
のどちゃんとセットだったら、もっと良かったじぇえというのは野暮かな?
でもさ、この後まわることを考えたら、のどちゃんは適役だったと思うの
だけど、どうかな?
※しつこく追求するのはおやめください。


みんなでバスに乗って出発!

最初の聖地まで、所要時間5分程度。
ですが、この時間も有効に使います。

匠のだーはら先生による舞台発見講座が開かれます。
みんなの手元には茅野市から、聖地の写真入りの資料が渡されてます。
教科書のような資料を眺めながら、決め手となったマンホールやカーブミラー
の話を聞きます。簡単そうに話されてますが、匠の技すぎます。

さあ、だーはら先生が見つけた133局と117局の扉絵ですよーぅ。 

 第133局「決闘」扉絵
DSC_0116


 第117局「景色」 12巻168p
DSC_0117
 
 お気づきでしょうか?
他のツアー参加者との写真と天気や気候が違うことに。

ええ、お泊りバッグにカメラつきケータイを忘れたんですよー。
取りに行くのも何だしで諦めましたとさ。うん、4月に撮ってるしね・・・
いつか、玄たんコンデジでリベンジしたいですねー。

うん、リベンジしたい場所が多すぎです。

あ、ちなみに歩いて(頑張って)行けそうな聖地はここで終了です。
ここから先は車かバイクじゃないと厳しいんじゃないかなあ。



気を取り直してー。
次のスポットへ 。

4巻口絵カラー
DSC_0430
 はい、せーのっ!

の”どぢゃん”だあ”あ”あ”

吉野の風景に佇むのどちゃんも良かったけど、茅野にたたずむのどちゃんは、

まさに、天使!のどっちに変化しなくても、大天使!

ちなみに、原作にあった右側の赤い屋根のお家は取り壊されてます。
また、原作どおりの写真を撮ろうとすると、
確実に車に轢かれて死にます。
聖地巡礼で死んだら洒落にならないので、あきらめが肝心。

洒落ドラマCDジャケット
DSC_0434

 
はい、せーのっ!

咲ちゃーんっ!!

もうねー。ドラマCDのジャケットの咲ちゃんが普通に天使。

後ろ手に組んで、こっちを振り返る咲ちゃん可愛い。
ひそかに麻雀牌持ってるところも、すばら可愛い。
そよ風になびいてて、サラッサラな髪をなでたい可愛い。

もうエンドレスで、咲ちゃんの可愛さを伝えられそうですよー。
ちなみに、この場所の構図違いで1巻目次ののどちゃんの舞台も
あるのですが、そちらは私有地に入ってしまうため、アウトー!! 

舞台があっても、私有地に入るのはダメ、絶対。
咲クラの印象も悪くなっちゃうからねー。


そして、新道寺女子後援会員が見つけた咲ちゃんと一緒に撮影した
橋の名前が、なんと

新道橋
DSC_0435
 
そして、この橋の撮影会が突発的に始まったのは言うまでもなく・・・
新道寺女子、愛されまくってました。


この次の舞台は、心躍る原村ですよーぅ。
で、 3局目に続く。