こんばんは。玉造温泉に数年ぶりにやってきたよーのいぬもにです。

シノハユ連載前に、ツアーで泊まったのが玉造温泉でした。
ひそかに、杏果ちゃんのお家のモデルに泊まったんじゃないかと
思ってるんですけど、真相はどうでしょうね?


まあ、聖地巡礼オフ会の時は、玉造温泉でゆったりつかってーなんて、
優雅な時間はございません。ひたすら、舞台の回収に励みます。


まずは、玉造温泉駅に降りました!

って、もう駅前が聖地です。

シノハユ3巻第12話114~115p
P1000123
 
朝だとバスが止まってて再現難しいんだとか。
ちょうどタクシーの数や駅前のタクシーなど、原作に近いイメージで
撮影できました。 

温泉街には進まず、しんじ湖方面に向かって、ずんずん歩きます。

シノハユ1巻第2話105p
P1000126
 
シノハユ4巻(予定)第16話
P1000127
 
ずんずん歩きながら、舞台を回収できるので効率いいですねー。
これも、今回の幹事の大三元さんをはじめとした先駆者の皆さまのお陰です。
本当に有難うございます。ぺっこりん。

P1000128


さてさて。しんじ湖沿岸部に近づいてきました。

え、まさかさあ。
ここに来るってことは??


シノハユ1巻第1話26~27p
P1000131

 ???

なんで、発売日にこの場所を見つけられたんですか、みのおさん?
訳わかんないんですけど。(超褒め言葉)

しかも、大三元さんも
「これはわかるでしょう~」
と。

いやいやいや、わかりません!笑顔が怖いです・・・(1度目)

ちなみに、しのちゃーが座ってた椅子は鳥さんの××で、ちょっぴり
汚れてたので、座りたい方はウェットティッシュなどを持参されることを
おススメします。


 シノハユ1巻第1話28p
P1000135

シノハユ1巻第1話29p
P1000133

たしか、このあたりで。

「そろそろ時間がないから、まいていきましょう」

の声が掛かったのですよ。たしかに、飛行機組は時間が決まってます。
早めの行動、大切です。

しのちゃーが走った道をてくてく歩きながら、到着!
 
シノハユ1巻第3話198~199p
P1000137

ここは外せないですよね!
天気がいい時に、もーいっかいチャレンジしたいですねー。

少し後ろに下がって、 こちらのカットも回収。

シノハユ1巻第3話200p 
P1000138

「BUS STOP」が本物でビックリした。
よくある漫画表現に書き直したんだとばかり。島根、お洒落なのよー。

そして。
「あ、時間に余裕が出ました。もう大丈夫です」
と、大三元さんのお言葉。


はて?

そして、しおりをよーく見るとですね。
シノハユ1巻第3話197pの舞台写真に「特急」が写ってるんです!

「まさか、これ再現しないですよねー。本数少ないですし」
って言ってみました。

「まさか、逃すわけないでしょう?
そのためのスケジュールですよ」 



舞台探訪ガチ勢の本気、超怖いです・・・(2回目)

って訳で、電車入りの写真に初挑戦した結果がこちら。
シノハユ1巻第3話197p
P1000147

少し通過しちゃったけど、特急入りの写真は格別ですね!
時間を狙って撮るだけの価値はあります。


シノハユ1巻第3話197p
P1000143


時間調整ついでに、こちらも回収。


そして、坂を上っててくてくあるくと、湯町小学校のモデルの中学校が
ありますが、この日は生徒さん達がいたので撮影は自粛。

で、この中学校校舎にも時計があってですねー。
何となく、時間を見たら15分しか違わないの!!怖いっ!

しかもー、特急を撮影しなかった場合は、
こちらの建物の時計と一致してたんですよー。
ガチ勢の本気、怖すぎ、やだもー。(3回目)


他にも色々舞台はあったけど、時間の都合により省略。

シノハユ2巻第5話73p
P1000150

咲で言うと、第何局の扉絵になるのかなー。
シノハユって、扉絵がなくてストーリーがそのまま始まる形式が多いですね。
だから、すんなり読めるのかなあと。


ここからテクテク歩くと、やっと玉造温泉エリアに入りますが。
もちろん、時間の都合と聖地がほぼない温泉エリアは通過です。


そして、いよいよ。
あの舞台を回収しますよ!ってことで、最終局に続く。