こんばんは。いぬもにです。

ビッグガンガン読みました?
まだ、買えてor買ってないです?でしたら、電子書籍版がありますよーぅ。

「紙媒体がいいの」って方は、「ビッグガンガン」のトップページからも、

amazon、 楽天ブックスセブンネットショッピング へのリンクが貼られています。

※ 9/1 17時現在、在庫がありました。 


「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレはいやや!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。 
 pic-main201609




ではでは、第4局の感想にいきますねー。

 いつも通りに、しろーと感溢れる予想をば。 助けるところは当たりですが、怜ちゃんは必死すぎて、竜華ちゃんの手助けに
気が付いてないかな?


竜華ちゃんのど真ん中。
P1020515
怜ちゃんの困った様子を見て、あえての、ど真ん中!

竜華ちゃんは、小学生の頃から能力持ちだったとしか思えません。


次の予想。
まだまだ、ここまで話は進んでませんでした。


本編やシノハユのように、ガチで麻雀描写があるのは驚きでした。
原案ということは牌譜までは用意されてないと思うので、めきめき先生か担当さん、
アシスタントさんの誰かが用意したのでしょうね。お疲れ様です。

そして、リアリティある描写を有難うございますっ!


ダブリーがいかに危険な役かを、今回の第4局で理解しました。

たしかに、安心して捨てられる牌はリーチした牌ひとつだけ。
どんな役を作ってるのか、その手は高いのか低いのか、さっぱりわからない。

これは恐怖ですね・・・

リーチされたら、すぐおりちゃう癖がある私には、怜ちゃんの恐怖が痛いほど
わかります。

その中で、まさかの心の声が。
P1020513
怜ちゃん、あと数年待てば、一巡先や無理すれば二巡先が見られるよっ!!

結局、この局も含めて、怜ちゃんは振り込んで、どんどん点数が減っていくのですが。


途中で気を取り直しての、この決意。
P1020519
この心意気を見習いたいです!

智葉さんも「前を向く者に牌は答える」と言っていたので、きっと怜ちゃんの
戦いは明るいものになるはず!

次号が楽しみですねー。


ところで、対戦相手の野上さん。
P1020521
流れをつかむ者として、純君やネリーちゃんと一緒に紹介されても良さそうな
実力者っぽいのですが・・・

現在、どの学校にいて、何をしているのか気になります!


あと、階段を駆け上がって行ったロングヘアの子は誰?
まさかの千里山女子六番目の中牟田さんですかねー。



そういえば、明日は咲の重大発表があるようで。

本編かシノハユのアニメ化か、それとも他の何か。
さっぱりわかりませんが。

ここでもうひとつ、しろーと感あふれる予想を。

根拠としては、本編の休載が少ないこと、咲日和が数ヶ月連続で二話掲載なこと。

何よりも、本編16巻、咲日和6巻には怜ちゃんと竜華ちゃんが登場します。

「怜-Toki-」1巻で発売するよりも、本編16巻と咲日和6巻も同時に発売したほうが、
相互乗り入れでいいかな?と。

シノハユだけ外すことはなさそうですから、4冊同時発売はあると見ています。

ついでに、予想しちゃうと、本編16巻表紙は竜華ちゃん! 



まあ、何にせよ。重大発表で、みんながワクワクすることだと、いいですよね!


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!