こんばんは。はやりんがいたからシノハユが気になった系女子、いぬもにです。

週に一度の「シノハユ」過去話の感想です。 


小2はやりんですよー。

おばあちゃんの忘れ物を病院に取りに行くはやりん。
P1020674


お手伝いさんと看護師さんとのそれぞれのやり取りが

「本当に小学2年生?」

と疑いたいぐらいに大人びている。

いやいや、大人でも、こんなに立派な対応できるとは限らないですって!


病院内で、真深さんに4度目の再会をしたのは、もう必然の出会いですね。

そして、
「マドレーヌ焼いて持って来ます」
と提案します。
 P1020675


ケーキ屋さんで評判のマドレーヌを焼けるって、スーパー小学2年生過ぎるでしょ・・・

まふふの胃袋もわしづかみ☆しちゃうのも、仕方ないですねー。


3度目にお見舞いに行ったら、真深さんは「面会謝絶」
P1020676
流石に、小学2年生のはやりんに難しい言葉はわからないけど、「よくない感じ」だと
理解します。


はやりんは次に会えた時に、元気を出してもらおうと、真深さんが最初に
見せてくれた手品をすることに。

図書館に行って、手品の本から該当するネタを探すのも大変そうなのに、
更に練習するんですよね・・・


ん?
はやりんの家には麻雀牌が最初からあったのかな?
それとも、この手品のためにお母さんに買ってもらったのかな?

いつか、はやりんの家に麻雀牌が来たエピソードも知りたいです。


面会謝絶がとけた真深さんに練習した手品を披露して、無事成功!

P1020677
アイドルの素質があるかもと言われて、「私には似合わないよ」と顔を背ける
はやりんが新鮮ですねー。シノハユスタート時の小学5年生ですら考えられません!

アイドル瑞原はやり(28)がつけているあのピンクの髪飾りを真深さんに
もらいます。

シノハユ3巻表紙の高校生はやりんはピンクの髪飾りをつけているのですが、
シノハユ1~2巻の小学生はやりんは、つけていないのですよね。

いつから、あの髪飾りをつけるようになるのかも、今後のシノハユの
見所のひとつかもしれませんね。


真深さんから、「ちょっと会えなくなる」と言われて、ショックを受けてる
ところで次回になります。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!