こんばんは。いぬもにです。

咲ちゃん誕生日が過ぎましたが、実はTwitterにアップしたSSツイートがありまして・・・
昨年はイェイ~♪+誕生日プレゼントネタでしたが、今年はタイトルどおり、好物ネタです。

連載10年ですが、未だに咲ちゃんの好物は判明していません。

「好物が判明してないなら、SSネタにしちゃえばいいじゃない!」

と、以前フォロワーさんからアドバイスを頂いたので、SSとなりました。
前編はこちらですよーぅ。


<このSSの注意事項>

咲たんイェイ~♪なので、ご都合全開主義です。

※咲ちゃんは照さんと仲直りしてますが、学校もあるので住まいは今までどおり。

※全国の対戦校とも、それなりに仲良くなってます。

※遠方の学校は龍門渕グループがヘリで送り迎えする話がついてます。

※阿知賀とは和ちゃんを通じて、特に仲良くなってます。


<誕生日会> 
透華「いらっしゃいまし!」

咲「今回はお誕生日会を開いてくださり有難うございます!」

衣「それだけではないぞ。聞いて驚くな」

透華「咲さんの好物と思ったものをみんなで用意しましたわ」

咲「え」

久「咲の好物って誰も知らなくてねー、折角だからコンテストにしたのよ」


咲「うわあ。チーズフォンデュ、ラーメン、お寿司、鍋、プリン。見事にバラバラ・・・」

和「他にも沢山ありますよ。私からはお弁当です!」

優希「私からはタコスだじぇ!」

まこ「わしからは卵焼きじゃな」

咲「あ、有難うございます!」

久「私は料理無理だから、ラーメンを頼んだわ」


憧「やっほー、咲!うちからはラ・ペッシュの焼き菓子とモンブランよ」

和「憧!何で、咲さんがラ・ペッシュの焼き菓子を食べたのを知ってるんですか?」

穏乃「玄さんの推理が当たりましたよ」

玄「前に和ちゃんのお家に行った時に食べたから、もしかしたら今も取り寄せてるかなって」

洋榎「お菓子は後でいいやん。まずはご飯やで!」

和「お好み焼きがご飯?」

恭子「お好み焼きは主食に決まってるやろ?」

咲「うわっ、美味しそうですね」

恭子「そらそうよ。漫ちゃんお手製だから味わって食べるんやで」

由子「何故か恭子が威張ってるのよー」

美穂子「こちらはちゃんとご飯ものよ。はい、茶巾寿司」

久「あら、美穂子の茶巾寿司は絶品なのよね」

華菜「宮永もきちんと食べるし!」

咲「もちろん、頂きます。準決勝のお昼休みが懐かしいです」

まこ「お弁当が少なかったから、あれは助かったのぅ」

霞「ふふっ、ご飯の後でいいから、春ちゃんの黒糖も食べてね」

咲「あ、鹿児島のお姉さん!」

霞「霞お姉さんと呼んでくれていいのよ、咲ちゃん」

咲「はい。霞お姉さん」


照「あ、咲が、咲が他の女をお姉さんを呼んでる・・・」

菫「早く挨拶しないからだろう」

淡「ほら、早く行きなよー、テル」

咲「淡ちゃん?久しぶり」

淡「やっほー、サッキー!テルもちゃんといるよ!」

咲「お姉ちゃんも?」

照「ゴフッ」

菫「鼻血出して倒れるなよ・・・」

淡「テルがヘタレ過ぎ」

咲「お姉ちゃん、来てくれて有難う」

照(お姉ちゃん、お姉ちゃん、お姉ちゃん!!!)ブハッー

咲「うわわ」

淡「あ、完全に逝った」

菫「コホン。咲ちゃん、我々はプリンを用意してもらったから食べてほしい」

咲「はい。お姉ちゃんの好物ですよね。楽しみにしてます!」

淡菫誠子堯深「「「「外した!!!」」」」

ネリー「プリンの前に寿司を食べなよ」

咲「ネリーさん」

智葉「私達はあらゆるネタの寿司を用意してもらった。好きなものを選ぶが良い」

咲「有難うございます。うわあ、多くて悩みますね」

ミョンファ「いくらがおススメですよ」 ハオ「それはミョンファの好物だから」

智葉「他の者に取られる前に選ぶんだぞ。特にいくらが好物の場合は、な」

咲「はい」

智美「ワハハ、米ばっかりだと飽きるだろー。鍋もあるぞー」

咲「鍋?」

ゆみ「安心していい、普通の寄せ鍋だ」

咲「普通の?」

桃子「元部長さんが闇鍋するって聞かなかったんすよ」

咲「あはは」

久「えー、闇鍋面白そうなのにボツにしたのー」

ゆみ「久の時は闇鍋だな」

久「約束よ?みんなで闇鍋しましょう?」

智美「ワハハ、ゆみちん、やぶへびだったなー」


豊音「宮永さーん。ウチからはマルカンデパートのソフトクリームだよー」

咲「あ、姉帯さん。でも、マルカンデパートは確か閉店しましたよね?」

塞「よく知ってるね」

咲「ええ、ニュースで見て一度食べてみたいなと思ってたんです」

白望「再現してもらった」

咲「えええー」

胡桃「さっき見たけど、再現度高いよ。食べてね」

咲「はい」 エイスリン「ゼッタイオイシイカラ」

咲「わかりました」


マホ「宮永先輩、マホたちからはおにぎりです!」

咲「おにぎり?」

ムロ「好物がわからなくて、あらゆるネタのおにぎりで」

咲「うん、おにぎりはよく食べるからどんなネタがあるか楽しみだよ」

マホ「ムロ先輩はすごいです!宮永先輩の好物を当ててます」

ムロ「まだ、好物とわかった訳じゃないけどな」

咲「マホちゃんは何を候補を挙げたの?」

マホ「ざざ虫です!」

咲「流石に苦手かな」


衣「うちからはチーズフォンデュだぞ」

一「沢山あるから、みんなで一緒に食べよう」

咲「うん!」

透華「純の言ったとおりですね。咲さんが嬉しそうです」

純「案外、何が好きかではなく、一緒に食べるのが一番嬉しいのかもな」

智紀「それが咲の好物」

久「そういえば、咲が嬉しそうに食べてたものは誰かと一緒の時が多かったわ」

まこ「ワシと和はお弁当だし、優希のタコスも昼休みに一緒に食べてたものじゃった」

優希「でも、好物だったら、もっと幸せになれるじょ?」

和「それもそうですね」

久「そうよ!これは好物当てコンテストなんだから、咲に一番好きな食べ物を聞きましょう!」

透華「勝負事はキッチリしないといけませんわね。一通り食べ終わった後に聞いてみましょう」

純「折角のいい話が・・・」

一「でも、透華らしいよね」

久「咲に聞いても、全部美味しかったって言うに決まってるから、それとなく観察してましょうか」

美穂子「観察する作業を手伝いますね」

ゆみ「私も手伝おうか」

淡「あー、もう、イライラするっ!」

久「大星さん?」

淡「そんなまどろっこしいことしないで、サッキーに直接聞けばいいじゃん!」

憧「咲を連れてきたわよ。さて、好物をちゃんと言わないとお預けよ?」

咲「ええー」

久「咲は遠慮しすぎ。好物を黙ってるなんて」

照「本当にそう。咲はもっとわがままを言うべき」

咲「お姉ちゃん・・・」

淡「ほらほら、好物あるんでしょー。サッキー、言っちゃえ、言っちゃえ!」

咲「あのね、私の好物は・・

<ノーマルEND>


ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!



☆おまけ☆

前編に出てきたあの人が後編に出てないのは、わざとなのですよー。
このブログの中の人は、〇〇派なので〇〇派エンドに続くのです。