こんばんは。いぬもにです。

数日に1回な、「シノハユ」過去話の感想です。
画像は該当話数が載っている表紙のみになります。ぺっこりん。

今回の24話は、5巻に収録されています。
pic-comic05

いよいよ、決勝戦!

の前に、準決勝の「有難うございました」の挨拶から。

慕ちゃんにリベンジを誓う赤土さんに。

赤土さんに、にこっとしてる心ちゃん。

心ちゃんの「にこっ」顔も可愛いですねー。
たぶん、何か考えがあって話し掛けてる様な気がしますが、
無邪気に見える笑顔を見せられたら、何でも話しちゃいそうです。


そして、扉絵がニワチョコ!

しかも、背景は東京国際フォーラムじゃなく、東山動物園?
というか、服装も秋っぽいのですが、全国大会後もふたりで
会っているということ??

いやいやいやいや。このふたり、東京代表と愛知代表よね?
何で、大会後に会ってるのー??

連載当時は扉絵を見た瞬間、軽くパニくりましたよー。


島根のみんなも慕ちゃんを応援。

悠彗ちゃんの「応援しよう―」も、はやりんの
「やっぱり少しくやしいな」もいいですね!

もちろん、湯町の子たちの反応も素敵です。


決勝戦の場には、慕ちゃんが一番乗り。
リチャのところにいればよかったと思う慕ちゃん、可愛い・・・

二番乗りの咏ちゃんはぬいぐるみを係の人に見てもらってます。

咲-Saki-本編で、和ちゃんがエトペンを係の人に渡してOKを貰って
ましたが、咏ちゃんという前例があったのですねー。


三番目に登場したのは善野さん。

慕ちゃんも咏ちゃんもゾクっとしているのは、魔物オーラ
でしょうか。
明らかに今までと違う強者オーラが漂ってますものね。

残り1分で心ちゃんが会場に。


試合開始。

咏ちゃんについて、慕ちゃんが回想したのは。

なんと、はやりんとの会話!

第17話で「聞きそびれちゃった 全国での戦い方~」
と慕ちゃんは呟いていたのですが、ちゃんと聞けたのですね。


慕ちゃんは速攻モードでいきます。

でも、残り3人はなかなか強い。

(ダンラスだけど・・・ 楽しい・・・!!)
と笑顔でいられる慕ちゃんは、麻雀が本当に好きなんだなあって
思います。


そして、南三局。

咏ちゃんがゾクっとしてる相手は、慕ちゃん!


(じゃあ ぶつかったらどうなるか 勝負!!)
と超強気モード笑顔の慕ちゃんもいいですねー。

慕ちゃんが連続で和了ったり、善野さんが
隙を狙って和了ったりしてる中、ひとり
虎視眈々と狙ってる心ちゃん。

冒頭で、赤土さんににこっとしてたのは
対策を教えて貰いにいったのですね。

素直に教える訳ないと言いつつ、かなり
教えちゃう赤土さんもお人好し…いえ、
きっと心ちゃんの熱意に心を打たれた
のですよね、きっと!

アドバイス通りの状況が起きて、
心ちゃんが咏ちゃんからロン和了りして
試合終了!

優勝は心ちゃん!

慕ちゃんは3位でしたが、紙一重の勝負
だったと思いました。


そして、ニワチョココンビから受け取った
手紙を見た瞬間に泣きながら走り出す
慕ちゃん。

手紙の差出人はお母さん…!


というところで次回へ。

途中でニワチョコの後ろに不思議な
女性がいたのですが、あの女性こそ
お母さんだったのですね。

連載当時は走り出す慕ちゃんで終わったから
全国大会の余韻も吹っ飛んでハラハラしてました。



ではでは。ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!