こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

数日に1回のはずな、「シノハユ」過去話の感想です。
画像は該当話数が載っている表紙のみになります。ぺっこりん。

今回の27話は、6巻に収録されています。 
pic-comic06
 
今回は、修学旅行からスタートです。
前回の心ちゃんとの電話で「隣の県」と慕ちゃんが話していた
修学旅行先は広島だったのですね。

広島の名所といえば、厳島神社ですっ!!
宮島大好きなので、シノハユに登場したのを見たら、すっごく
嬉しくなりました。


宮島や宿泊先でのやり取りに和みます。

脱衣所で、髪を乾かしている杏果ちゃんと慕ちゃんの会話。
慕ちゃんが高校生の時にロングヘアになっていたのは、
この会話がきっかけだったんですね。感慨深いです。


翌日は工場見学以外にも遊園地に回って、帰宅。

家に帰って、リチャードソンが作ったお鍋を食べながら
修学旅行についてあれこれ話す慕ちゃんが楽しそうで
よかった、よかった。


そして、場面は一気に秋から冬へ。

全国大会で闘った相手や悠彗ちゃん達の近況が1コマずつ
紹介されてました。


慕ちゃんたちは、出雲大社に初詣なのかな?
はやりんも一緒にいるのがいいですねー。すっかり、湯町の子と
仲良くなったんでしょうね。


ある日、リチャードソンが帰宅すると。制服が入った箱を
持ってる慕ちゃんが。


一人じゃ恥ずかしいからとリチャードソンを待つ慕ちゃんが
甘えん坊で可愛いです。

湯町中学校の制服はブレザータイプ。
ちょっとブカブカ気味なのもまた似合ってて可愛いです。

髪の毛も伸ばして、お母さんに雰囲気が似てると言われた
慕ちゃん。

これからもっと素敵な女性になるんでしょうね。
そして、中学の制服を試着したということは、愛らしい
小学時代もそろそろ終わるのが切ないです。

もっと、無邪気な姿を見たかったなあ。でも、成長していく姿が
見られるのもシノハユの良さなので、中学時代も楽しみです。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん。