こんばんは。隠れ鉄子(え?全く隠れてないです?)いぬもにです。

近鉄から青の交響曲(シンフォニー)という特急が登場したと聞き、
一度は乗ってみたいなあと、ずっと思っていました。 

しかも、その特急が吉野山に向かうのなら 、ますます乗りたいって
ものですよー。


登場してから半年近く。
そろそろブームは落ち着いたかなあと思って、丹波橋駅の窓口に
行ってみました。

窓口に行くまで、券売機の前で
「青の交響曲のチケットはどう買うんだろう?」
って悩んだのは、ここだけのヒミツです☆


土曜日だったからか、吉野行きのチケットは全てソールドアウト。
その代わり、帰りのチケットは空席があったので、16時台ので
チケットを取りました。
C80LoVOV0AAi0fy
一見すると、普通の近鉄特急のような乗車券・特急券ですが、
青丸のところを見ると、「青」「DX」と記載されていて、
これが青の交響曲の証ですね。


青の交響曲に乗る当日。
吉野山で遊んだ後、吉野駅に戻りました。

すでに、青の交響曲はホームにいたのでパチリ。
C7K7cH9V4AAmUUB
・・・嘘つきました。
この写真は、吉野駅に到着した時にホームにいた青の交響曲を
撮ったものです。

駅に戻った時は、慌てて2号車の扉の前に並びました。

何故かというと、2号車のラウンジでお茶したかったからです!

以前、青の交響曲に乗った人から
「ラウンジはあっという間に満席になる」 
と聞いていたので、扉の前に並んでおくのが一番かなあって。

その甲斐あって、扉が開いてからラウンジの席を確保できました!
一瞬でラウンジが埋まったので、ドアの前で待っていて良かったなあ
と思いました。


青の交響曲の飲食提供は、カウンターでのセルフサービスです。
車内アナウンスがあったら、カウンターに並んで注文します。


日本酒の利き酒もあって、禁酒してなかったら試したかったなあ・・・
お酒が解禁になったら、利き酒セットも飲んでみたいですねぇ。


今回はこちら。
C7LqXGjV4AIMiR0
六田駅最寄りのラ・ペッシュのマカロンと飲み物のセットです!

このマカロン。
咲ファンだったら、「胸にしか脂肪がつかないお菓子」として
ご存知のものですよね。

六田駅で途中下車せずとも、青の交響曲でラ・ペッシュのマカロンが
食べられるなんて幸せです!

特急の中でじっくりと味わってきました。


ラウンジでのお茶が終わったら、席に戻りつつ車内探検。

ライブラリーコーナー
C7L3K2oU8AE4JJq

吉野をはじめ、奈良の本がたっぷり。
奈良に行く時は予習として、大阪方面に戻る時は復習として読書するのも
アリですね!

近くにベンチもありますよー。
C7L3MkFVsAAtKsd

もちろん、本を持って座席で読むのもOKです!


座席はこんな感じ。
C7L3N5bUwAAPdV6
ゆったりとしてフカフカした座席でした。

新幹線のグリーン車っぽいのかな?
フットレスも欲しかったなーって、足が短い私はチラリと思いました。


C7L3OvjVAAAW2lf
ラウンジが満席だったら、カウンターで注文して、座席で食べるのも
アリですね。
いつか、もーいっかい乗る機会があったら、今度は座席でのんびりと
呑んだり食べたりしたいですねー。


あまりにも、居心地が良すぎて、気持ちよくうたた寝。
気が付いたら、降りる橿原神宮駅直前でした・・・


窓も広いから、もっと景色も楽しみたかったなー
ぶどうジュースも飲んでみたかったですねー
お手洗いも見たかったなー

色々後悔するところはありますが、40分弱の乗車では
できることが限られてしまいますね。


できなかったことは、いつかの楽しみにとっておくことにします。


青の交響曲は、想像以上にゆったりと楽しめました。
こんなに楽しめて、近鉄特急のプラス210円で楽しめるのは
素晴らしいですね。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!