こんばんは。新米母いぬもにです。

育児生活して、咲シリーズにも応用できそうな知識が増えたので。
どうせなら、ブログに残しちゃえーと思いまして!

咲シリーズには瑞原美月ママや愛宕雅枝ママなど、たくさんの
おかーさんが登場しますしね!

今回は母乳育児編です。

※母乳育児ができるかどうかは個人差がありまして、ミルクと混合だったり
完全ミルク育児だったりするケースも結構あります。

咲シリーズのおかーさんの中にも完全ミルク育児タイプがいるかもですが、
今回は母乳育児ってことで例えさせていただきました。ぺっこりん。




<その1.おもちが大きいお母さんはフットボール抱きで飲ませる>

イラストでよく見る横抱きにするとですね。赤ちゃんの鼻が潰れて
窒息するので、フットボールやラクビーのボールのように赤ちゃんを
脇に抱えて飲ませるんだとか。

って、病院の同室の巨乳おかーさんが指導を受けてました。

美月ママ、雅枝ママ、嘉帆ママなど、咲シリーズのママたちはおもちが
大きい人が多いので、フットボール抱きで飲ませてたかもしれません。
 


<その2.上の子の年齢が3歳前後以内なら、同時に授乳可能>

つまり、右の乳は上の子、左の乳は下の子が同時に吸うんですね。
こんな形式の授乳をタンデム授乳というんだとか。

同室には2歳の子がいるおかーさんもいて。
「同時に授乳できるのよー」
って、助産師さんからアドバイスを受けてましたね。

病院には、きょうだいが同時に授乳する姿の写真も何枚かあったので、
きょうだいの歳が近い場合はよくある光景のようです。

松実姉妹、愛宕姉妹、宮永姉妹も同時に授乳したことがあるかも
しれませんね。


 
<その3.おもち検診がある>

助産師さんによる母乳が出るかどうかのおもち検診がありました。

ええ、ガッツリと胸を掴まれたり揉まれたりと、入院中は何度も
検診があって痛かったな・・・(トオイメ

あまり母乳が出ないと、更にガッツリとしたおもちマッサージが
あります。
母乳の悩み専門の母乳外来も存在します。

おもち大好きな松実玄さんには、是非とも助産師というお仕事も
おススメしたいです。



<その4.母乳は鉄分から作られる>

鉄分から作られるので、授乳するおかーさん達は貧血になりやすいんです。
妊娠中からですが、鉄分を含む食べ物を積極的に食べる必要があります。

鉄分が多いといわれる食品は、レバー、赤身の肉、まぐろ、ほうれん草、
大豆、海草類、ドライフルーツなどなど。

咲シリーズのおかーさん達も貧血予防に、これらの食品を一生懸命に
食べていたのかもしれません。



<その5.授乳中は食べ物制限がある>

母乳がわんさか出る人の場合、カフェインとお酒以外にも、
乳脂肪食品や脂っこいものも制限されます。

これらのもの食べると、母乳が詰まっておかーさんは胸が痛いと
苦しむんだそうで恐ろしいです・・・

もし、母乳がたくさん出るタイプだとしたら、なかなかに
辛い環境だったのではないかと思います。
特に、美月ママはケーキ屋さんを営んでいますしね。

でもまあ、美月ママのことですから
「クレームブリュレを食べたら、胸からクレームが来た♪」
など駄洒落を言って乗り切ったんじゃないかなあ。


以上。
咲シリーズのおかーさんの母乳育児妄想編は終了です。


現実では、ほぼミルク育児をしているので、母乳に関する知識を
ブログに強引に残してみました。



最後まで読んでくださり本当に有難うございました・・・!

感謝のぺっこりん。