こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

「シノハユ」過去話の感想も再会しますね。

慕ちゃんと千尋ちゃんの横顔が扉絵。

シノハユはキャラのみの扉絵も多いのですが、ドアップの横顔は
なかなか珍しい気がします。


そして、2ページめは閑無ちゃんの回想と上に小さく「尾行」
の副題が。


この次点ではシノハユと尾行が頭の中で結びつかなかったです。


個人戦後の月曜日。
「部活は休み」と言われてしまった湯町中1年。

上級生の姿が見えないのは、先生に何を言っても変わらないことを
知っているからかもですね。


坂根先生が何をしているか気になる閑無ちゃんと玲奈ちゃん。
たまに衝突しても気が合うようで。
杏果ちゃんの「悪ガキども」がツボでした。

その2人に目をキラキラさせて「内定調査だね!」
と食いつく慕ちゃん。
慕ちゃんも閑無ちゃんと玲奈ちゃん側だったのは意外です。


呆れる杏果ちゃんとはやりん。
でも、3人の尾行には付き合ってあげるんですね、優しい。


先生は喫茶店へ。
「あのお店に入ったことない」

校則で禁止されてるからじゃなくて、入ったことない店に
行くのはちょっとって思うのが、また意外でした。

まあ、慕ちゃんと玲奈ちゃんは制服姿で松江市街にいたことが
あったから、寄り道禁止の校則はないのかもですねー。


先生の尾行は諦めて、各自帰宅。


慕ちゃんも帰宅して、リチャに経緯を話す。
ここで終わりかと思ったら、2人で喫茶店に行くことに。


「デートですか」
に動揺しまくる慕ちゃん可愛い。
叔父さんに甘えるだけじゃなくなってるのも成長ですねぇ。


そして、まさかの喫茶店で坂根先生の過去を聞いてしまう慕ちゃん。

翌日、麻雀部のみんなに先生のことを話したのでしょうか。
今度は上級生も含めて全員で先生に直談判したら、休息日も部室が
使えるようになりました。

「県大会まであと1ヶ月」
で、今回は終了。

いよいよ、次回は県大会に入るのかな?って、当時は楽しみでした。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!