こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

「シノハユ」過去話の感想です。


前回、菰沢中が中堅戦までの3人だけで決勝戦進出を決めた
話の続きからですね。

菰沢中の控え室シーンが出てます。

部長の楫野さん、遅れてきた千尋ちゃんに
「なんなんお前」
と言ってるんですね。

他の子は方言じゃないから、あえての方言は島根以外の
出身者なのか、咲シリーズ本編の染谷まこさんのように
誰かの影響を受けた方言なのか気になります。


そして、湯町中も1回戦へ。

李緒ちゃん先輩2位。
朝が強いとのことでしたが、強豪だらけの県大会で2位は
かなり優秀なのでは。

閑無ちゃん、はやりん、慕ちゃんが1位なのは順当ですね。

そして、とっても貴重なめちゃくちゃ悔しがる杏果ちゃん。

「くやしいよそりゃ」

市大会1回戦から本格的に覚醒したのかもですねー。


1回戦を突破した慕ちゃんに記者がインタビューというよりも、
昨年小学生だった子の情報を聞いてくる。

うーん・・・
慕ちゃんだから丁寧に答えたけれど、普通は「知りません」で
終わるよなあ・・・

このやり取りも今後の何かのフラグでしょうか。


湯町中は作戦会議も兼ねて、居酒屋でお昼ごはん。


ここで、1回だけのメンバー&ポジションチェンジが効きますね。

朝に強い李緒ちゃんに代わり、雫部長。
雫部長が大将になり、大将ポジションだった慕ちゃんは先鋒へ。


千尋ちゃんと戦ってみたい慕ちゃんの提案は却下されて、
お昼休みが終わり決勝戦に。


決勝戦に向かう途中で慕ちゃんのスマホに振動が。
ニワチョコが県大会突破したという連絡。


はい?


県大会ですと??

たしか、チョコちゃんは東京代表だったはず???


頭の中がはてなになりながら次のページをめくると
同じ制服を着ているニワチョコ!!!


ちょっとちょっと何で同じ制服を着てるの?!?!

チョコちゃんは愛知に引越したの?!?!?!


慕ちゃんは既に知っているようだけど、読者の私は
初耳ですよー。そんなの全然聞いてないっ!


全国大会に行くと知った時、慕ちゃんの目から涙が。


この涙の意味は何でしょう?
湯町中だと絶望的だからなのか、それとも他の何かか。


でも、すぐ涙を拭いて前を向く強さがあるのが慕ちゃん。


決勝戦の部屋に入ったところで次回へ。


当時は、菰沢中はじめ、どんな強い人が来るのかドキドキしながら
読んでいました。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!