こんばんは。京咲も慕リチャも大好物だよ!な、いぬもにです。

ある時、Twitterで「恋は堕落 愛は偽者(フェイク)」を使って、
140文字SSを書きなさいというお題をもらったので、Twitterで
京咲ver.と慕リチャver.を書きました。

せっかく、ブログをやっているので、完成版を作ってしまえと
書いてみたのがこちらです。どうぞ~。



【京咲ver.】

読書の秋

「最近、好きな作家さんの本を全部読み終えて、新作が待ち遠しい」

と、こぼしたら、和ちゃんが『恋は堕落 愛は偽物(フェイク)』
を貸してくれた。


「恋愛小説ですが、推理要素もあるので咲さんにも気に入って
もらえると思いますよ」


ニッコリ笑顔付きで借りた本は、和ちゃんの予言どおりに
私のお気に入りになった。

今日も続きが気になって、部室で読んでいたら、京ちゃんから
声を掛けられた。


京太郎「咲、また本を読んでるのか?」

咲「うん。和ちゃんに借りたんだ」

京太郎「恋愛小説か。和らしいな」

咲「違うよ、推理小説。残念でしたー」

京太郎「だよなー。咲が恋愛小説を読むとか想像できないぜ」

咲「どうせ、私は和ちゃんと違って推理小説しか読みませんよーだ!」


本当は恋愛小説だけど、京ちゃんには教えない。
私だって、たまには恋愛小説を読むんだから!
誰かさんとの予習のためにも、ね。



【慕リチャver.】

晩ご飯の時、慕が突然言い始めた。

慕「おじさん、恋は堕落 愛は偽物(フェイク)なんだって」

耕介「何だそりゃ?」


麻雀しか頭になさそうな慕の口から、恋だの愛だのが出てきた
事に驚いた。

でも、慕は頭をかしげながら続けた。


慕「玲奈ちゃんが言ってたけど、誰もわからなかったの」

耕介「俺だってわからないよ」


嘘だ。

正直、自分の事を言われてるとドキリとした。
姪に恋をしているのは堕落で、その愛は偽物だと世間には
言われるだろう。

それでも、慕への恋慕は止められない。
慕が彼氏を連れてくる日が怖い。いや、彼女の場合もあるのか。
どちらにしても、笑って迎えられる自信はない。

慕が誰かのものになる前。
いや、誰かに恋や愛をする前に自分のものにしてしまいたい。

そんなどす黒い想いを抱いているのを知られたくない。
抱え続けるのは辛いから、吐き出してしまいたい。

今日も二律背反の想いを抱えながら、無邪気な姪の質問に
いつもの笑顔を保って平静を装って答えている。


ダブルカンっ!


ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!