こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

「シノハユ」過去話の感想です。

まだまだ決勝先鋒戦が続いてますよー。
慕ちゃんの活躍が見られるのは嬉しいです。

石原さんの連続和了りの続いて、慕ちゃんの南三局からの
追い上げを警戒している行長さんが、届かないほどに
稼いでおくと連続和了をして独走状態に。

普通は5万点以上差をつけられて絶望するところ。

でも、卓にいる慕ちゃんは笑顔。
見守るはやりんと玲奈ちゃんも笑顔。

だって、そこに座っているのは慕ちゃんだから。

慕ちゃんの反撃は南二局から始まります。

高めの役でガンガン和了っていきます。

菰沢中の顧問さんが言うには、古役だそうです。

花鳥風月、金鶏独立、紅孔雀。

どれも鳥が入る役なんですね。一索を鳥さんと言う
慕ちゃんらしいです。


南三局は二本場で終了したようですが、オーラスで
慕ちゃんがまた和了りました。


どうやら、最後は大逆転したっぽいですね。


慕ちゃんが1位。
もしかしたら、湯町中が全国大会に行けるかも!?と
思った回でした。



これで、シノハユ最新話感想に追いつきました。
シノハユ感想の更新は、次回から25日過ぎに月1回になります。
どうぞ、よろしくお願いします。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!