こんばんは。シノハユ大好き。いぬもにです。

最新話の感想です。

「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレは嫌っ!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。
pic-main201801

立先生の慕ちゃん&怜ちゃん可愛い。

それよりも超気になるのが

「本当に出会う、その日まで―」

ん?
慕ちゃんは麻雀関係の道に進むので確定??

というか、千里山に麻雀指導に行くとか???


将来への謎が深まりました。


未来の話はさておいて。
今回のお話をしましょう。


千尋ちゃんがずんどこ和了っていきます。

これでも、手の内はかなり温存してるというから恐ろしいです。


だからこそ。
咲本編や阿知賀編を読んできた私は、あのプロの存在に
恐怖しています。

あのプロ、麻雀を始めたばかりでどれだけ稼いだの・・・?


千尋ちゃんがずんどこ和了っていくのを絶望して見るしか
ない湯町中を始め、他校のメンバーと個人戦に出場する
曖奈ちゃんと悠彗ちゃん。


でも、慕ちゃんだけワクワクした顔で見ています。

きっと「こんな強敵と戦えるんだ!」って、ワクワク
しているんだろうなあと思うと、メンタル強いですね。

そういえば、慕ちゃんは今までに勝ったことがない
曖奈ちゃんと戦っても絶望してないから、当然かな。


千尋ちゃんがずーっと和了り続けて、試合終了。

優勝はもちろん菰沢中。


というところで、今回はおしまい。
次回から個人戦になるのかな?


前回から何となく見えていた結果とはいえ、
「優勝は菰沢中学校ー!!」
を見るのは、湯町好きとして辛いです・・・

あまりの辛さに、なかなか更新できませんでした。



ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!