こんばんは。シノハユ大好き。いぬもにです。

最新話の感想です。

「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレは嫌っ!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。
pic-main201803

今回の扉絵を見て「あれあれ?」となったのは私だけ
でしょうか?

だって、夜のシーンで終わったよね?
団体戦は終わったけど、個人戦残ってるよね??
大会モード、どこ行った???


頭の中は?だらけでした。


でも、次のページからの物語は前号の続きなんですよね。
質リチャは前号と同じ服を着てるし、会話も続っぽいし。


で。
何で、ここでナナさんの話になるの?

「団体戦、残念だったね」
「強豪相手に頑張ったね」
「一位すごいね」

とかの労いの言葉は一切ナシで、団体戦の結果よりも
重いナナさんの話になっちゃうの、何で??


再び、頭の中が?マークでいっぱいになりました。


頭が?マークになりながら、リチャの前ですら泣かない
慕ちゃんに胸がぎゅーっと締め付けられました。

しかも、泣き顔は小5の時とあまり変わらないんですよ・・・
どんどん成長したというのに、もう辛い。


でも、小5の頃と違うのは翌朝。

まだ引きずって作り笑顔をしていたあの頃と違って、
今は心から気を引き締められる強さがありました。

ますます強靭な精神になっちゃったんだなあ・・・

中1の女の子が、ここまで頑張ってしまう背景が
切なすぎます。


しんみりしてたところに。
何故か、麻雀部の部室で掃除して麻雀牌を磨く
慕ちゃんに何度目かの?が頭の中を飛びました。


あれ?
個人戦はいつなの?来週なの??
それとも、もう個人戦は終わっちゃった???


誰も個人戦の話をしないし、どうなってるの?


来月になったら、個人戦がいつ始まる(った)のか
きっと判明すると信じて、待とうと思います。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!