こんばんは。重たいヤバいキャラ大好きな、いぬもにです。


さてさて。
昨日発売の短編集や映画「リズと青い鳥」で、色んなキャラ
の意外な一面が更に出ました。

私なりに、ヤバい奴ランキングをつけてみました。
今回は北宇治吹部編です。

SSランクに相当する芹菜ちゃんはいませんよーぅ。



SS:中世古香織、黄前久美子

S:田中あすか、笠木希美

A:新山聡美、鎧塚みぞれ、塚本秀一

B:吉川優子、高坂麗奈

C:久石奏

-------------ヤバいライン-------------

D:中川夏紀、加藤葉月

E:後藤卓也

F:小笠原晴香、斉藤葵、長瀬梨子


では、それぞれに解説しますね。


<SSランク>

香織先輩は、あすか先輩しか見てなさ過ぎです。
監禁し兼ねないですよ…

あんなに慕っている後輩の優子ちゃんを保険に
しないのはマジエンジェルですが、その分ガチ度が
高いです。


久美子はんのヤバさは、秀一さんを保険に取りつつ
やり放題ってことですね!

その癖、葉月ちゃんと仲良くなったらどうしようとか
一瞬考えてます。

主人公だからとはいえ、先輩に物怖じしなさ過ぎで
言い放題なのもヤバい。
失言女王と周囲から認められてるのもヤバい。

それでいて、孤立どころか周りに人が集まる
カリスマ性が意外とあるのが一番ヤバい。


現在、SSランクですが、今後の展開によっては
SSSランク以上に駆け上る可能性も高いです。




<Sランク>

あすか先輩は香織先輩に対しては普通ですけど。
久美子はんへの愛が重すぎます!

ユーフォのチラシを見て、久美子はん(の髪の毛)を
モフモフしたことを思い出すって、どれだけですか!

その前に、同じ型番の色違いのユーフォをキープ
していたのもヤバい。

4番ピストンが使いやすい、そのユーフォは
初心者の夏紀先輩に勧めようよ…

いやいや、更に前に、ユーフォ担当にするように
ロックオンし続けたのが最高にヤバい。

もちろん、お父さんのノートを渡しちゃうのも
ひたすらに重い。


希美ちゃんのヤバさは、どんな時でも快活な人気者に
見られたいのと、みぞれちゃんへの嫉妬ですね。

みぞれちゃんに嫉妬してるからこそ、彼女の友情以上の
愛に気が付いていても無視し続けている。

そして、無視していてもずっと愛してくれると思って
いるのがヤバいです。


<Aランク>

新山聡美

みぞれちゃんの重たい愛を見抜いてる時点でヤバイ。

もしかしたら、音大への進学を後押しした理由の
ひとつには同性への想いを感じた同志だからも
あるのかもと思いました。

好きだった人の望みを叶えるために、どうでも
良かった存在だろう滝先生を支えるのも重い。



鎧塚みぞれ

Aランク入りは希美ちゃんへのひたすらに重い愛でした。

第二楽章後編の途中までなら、Sランク入りでした。

「希美ちゃんが行くなら、私も音大に行く」

って決めるのは中々の中々ですよ。
でもって、自分が音大を落ちる可能性は一ミリも
考えてないからね、みじょ…


「希美が私の全て」

と言いながらも、短編集時点では、すっかりと
希美ちゃんから巣立っているみぞれちゃん。

案外、音大に進学したら、希美ちゃん抜きでも
楽しんでるかもしれませんね。


新山先生とみじょは発想はSSランク並みですが、
「この発想はヤバイもの」という自覚がある程度
あるので、Aランクに留まってます。


塚本秀一

北中の子が殆ど行かない北宇治に進学。

彼には、やりたい事が特にありません。
唯一、北宇治に進学してよかったのは黄前久美子が
いることでしょう。

久美子はんを追って進学したとしか思えません。

その後も、

・久美子はんが乗る1本前の電車に乗って待ち伏せ。

・練習中も久美子はんロックオン

・とにかく、久美子はんのいる所に秀一さんあり。


どう見ても、ストーカーです。有難うございました。
秀一さんがAランクなのが一番ヤバいですね。彼と
同ランク以上の人がこんなにいるんですから。


 
<Bランク>

吉川優子

とにかく、慕情も愛情も友情も全てが重い!

「この人を大切にする」となったら、敵を作ろうが
自分が傷つこうがお構いなしに突進する。

一見すると、一番ヤバげですが。
Aランク以上の人達と比べて、ストーカーなど
しない平和っぷりなので、Bランクに。



高坂麗奈

滝先生の奥さんのお墓を教えてもらって墓参りする
行動力は愛が重い。

そのお墓の場所を教えちゃう新山先生は、
ヤバいのですが…(滝先生の許可取ってないだろうし

でも、ひとりでお墓参りできずに久美子はんを
呼んでしまうヘタレぶりがBランクに落ち着きました。


<Cランク>

久石奏

「私、とっても性格悪いんです。うふっ」

と気取ってるところは、おこちゃま可愛い。

彼女がヤバいのは、ゲットした情報で何をやらかすか
わからないところぐらいですね。

まあ、基本は隙になった先輩に挨拶にすら
行けないヘタレなので、Cランクです。



<Dランク>


中川夏紀

北宇治の良心。
と言っていい夏紀先輩ですが。

優子ちゃんに対しての愛が秘かに重い。

原作だと、優子ちゃんをひたすら目で追ってますからね。
ただ、どこかのストーカーのように同じ場所にいようと
頑張らずに、遠くから見守るだけなので、Dランクで。



加藤葉月

「恋愛なんて初めてだ」

と言いつつ、一見おとなしそうな久美子はん相手
だから、強気に勝負に出た姿は、どうかと。

アニメ版の爽やかオンリーな彼女の姿からは想像も
つかない原作版の周到っぷり。

今後の活躍次第ではランクを駆け上がりそうです。



<Eランク>

後藤卓也

低音パートのお父さん。基本いい人。

「ホントの話」の某エピソードでFランクからランクアップ。
相手が梨子ちゃんで良かった…



<Fランク>

小笠原晴香、斉藤葵、長瀬梨子


特にヤバいところもなく、普通の人達です。

しいて言えば、上記のCランク以上の人達と一緒にいて
普通を保ってるのは超人だと思います。

特に、晴香部長は凄い…



ちなみに、このランクに出てこない川島緑輝、
剣崎梨々花、W鈴木は、ランク認定不可です。


特に、川島緑輝は今後の展開によっては、
上位ランクに食い込むのではないかと期待…
いえ、ハラハラしています。



余談ですが。
立華編の主人公の佐々木梓ちゃんは、SSSランクでも
足りません。彼女のランクは魔王です。

色々ヤバイ。

強いて言えば、希美ちゃん上位変換です。桁違いの。




ということでー。「遊んでみたの」枠でした。


毒を隠し持ってるからこそ、輝く青春ってあるよね☆


と訳わからないことを言いながら逃走します。では!