こんばんは。いぬもにです。

今日は「響け!ユーフォニアム」のヒロイン、
高坂麗奈ちゃんのお誕生日ですね。


お誕生日SSをTwitterで書いたので、
ブログにもアップしちゃいます。


【響け!SS】緑「麗奈ちゃんのお誕生日です!」


休日の練習が終わって、教室で帰り支度をしていた時に
それは始まった。

緑「久美子ちゃん、葉月ちゃん!明後日は麗奈ちゃんの
お誕生日ですよ!もう、プレゼントは用意しましたか?」

緑ちゃんが聞くまで、麗奈の誕生日が近かったことすら、
すっかり忘れていた。ヤバいと思いつつ、葉月ちゃんの
様子をちらっと見る。

葉月「えー、明後日だよー、早くない?」

緑「早くない?じゃないです!もう、明後日なんですよ!
早く用意しないと麗奈ちゃんガッカリしますよ」

久美子「そうかなー」

緑「ガッカリするに決まってるじゃないですか。さあさあ、
プレゼントを買いに行きましょう!レッツショッピング!」

久美子「あー、緑ちゃんも用意してなかったんだねー」

葉月「久美子、声に出てる…」

緑「ついでにお誕生日パーティもしちゃいましょう!」

葉月「いいね、それ!」

緑「緑、オリジナルケーキを作ったりしたいです!」

久美子「オリジナルケーキ?」

緑「はい。市販のスポンジに生クリームを塗って、
お菓子を突き立てるんですよ。前に見て面白そうで、
やってみたいなーって思ったんです」

久美子「どこかの漫画のパクリ?」

葉月「久美子、声に出てる」

ふと、教室の外を見ると、先に支度を終えた麗奈が
ソワソワして、こちらの様子を伺っていた。

あのソワソワっぷり、間違いなく私たちの話を
聞いていた!ヤバいヤバいヤバい…!


緑「あ、麗奈ちゃん!いいところにいました!」


でも、緑ちゃんは全く動じずに麗奈ちゃんを見つけて
話し掛ける。

隣の葉月ちゃんと心の中で「いいところ?」と
突っ込んだけど、口に出す勇気はなかった。


緑「今度の週末は空いてますか?」

麗奈「うん、空いてる」

緑「じゃあ、麗奈ちゃんのお誕生日パーティをしませんか?
去年はまだ仲良くなる前でお誕生日会出来なかったから、
今年こそやりたいなーって。ダメ、でしょうか?」

麗奈「ううん、ダメじゃない」

緑「良かったですー。何か、お誕生日にやりたいことは
ないですか?」

麗奈「市販のスポンジにお菓子を突き立てるケーキを
作ってみたいんだけど…」


あー、それ、今話していたやつだよねー。
麗奈がソワソワしてたのは、このケーキを作りたかったんだ。
でも、いつもの口調で話そうと頑張ってる麗奈、可愛い。

緑「わかりましたー。ちょうど、緑も葉月ちゃんと
久美子ちゃんに提案してたんです。ぜひ、やりましょう!」

麗奈「有難う!」

久美子「麗奈、すごく嬉しそう」

葉月「だから、声に出てるよ、久美子…」

緑「他にあったら、どんどん言ってくださいね!」

麗奈「ほんと?じゃ、じゃあ、じゃあ…」


誕生日パーティに誘われた麗奈はすっごく嬉しそうで、
頬を紅潮させながらやりたいことを一生懸命に思い出そう
とする姿が愛おしかった。

明後日の麗奈の誕生日プレゼントをどうしようか。

レッツショッピング!という話だったけど、主役の麗奈も
一緒に帰るから、ショッピングはお流れだよね。

行きも帰りも麗奈と一緒だし、帰りに空いているお店もないし、
お菓子を手作りして渡そう。後にも残るプレゼントは
そのうち渡すってことにしよう、そうしよう。

今も、誕生日パーティにやりたいことを次々に緑ちゃんに
言っている麗奈を見ながら思った。


<Fin.>


Twitterでは、麗奈ちゃん視点もあったのですが、
ブログは久美子はん視点のみに修正しました。


スポンジケーキにお菓子を突き立てるネタは
「咲日和」だったりします。
こっそり別漫画をリスペクト。

でも、こういったくだらないけど楽しいことを
麗奈ちゃんはやりたがると思いましてー。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!