こんばんは。
久美みじょ大好き、いぬもにです。

原作は、標準語を喋る数少ない部員という
共通点もあってか、久美子はんとみぞれちゃんは
アニメ以上に仲良しです。

みじょパニック事件の時も、優子ちゃんが

「アンタ、みぞれと仲いいやろ?」

と久美子はんに捜索を託すほどです。

アニメだと事情を知ってるだけですが、
原作の仲いいなら、みぞれは久美子はんと
会ってもパニックにならないという
裏付けもあるんですよ。


そんな訳でしてー。

仲良し久美みじょワールドのSSです。


【響け!SS】久美子「みぞれ先輩の誕生日」

久美子「みぞれ先輩、今日がお誕生日なんですか?」

みぞれ「そう」

久美子「わー、お誕生日おめでとうございます!」

みぞれ「だから、来て欲しい」

久美子「へ?」

みぞれ「梨々花ちゃんと合同お誕生日会するの。
あなたにも祝…」

久美子「わかりました。お誕生日プレゼントは
何がいいですか?」 

みぞれ「来てくれるだけで十分嬉しい…」

久美子「そんな訳にはいきませんよ。
あ、好きな物は何ですか?」

みぞれ「黒猫のモチーフ?」

久美子「黒猫ですね。お誕生会は
いつですか?」

みぞれ「今度の土曜日の部活の後に」

久美子「わかりました!」


久美子(黒猫…希美先輩みたい。
そっか、希美先輩っぽい黒猫の
グッズを探そう)



誕生日当日

久美子「みぞれ先輩、お誕生日
おめでとうございます!」

みぞれ「元気な黒猫の…!
有難う、大事にする」

久美子「喜んでもらえて良かったです」

梨々花「私もー、みぞ先輩にー」

久美子梨々花(全く同じハンカチ…!)

みぞれ「有難う、2枚とも大事に使う…」

希美「えー、同じじゃん」

みぞれ「どっちも希美に似てるし、
一生懸命に選んでくれたから大切…」

優子「はぁ、みぞれ、マジ天使!」

夏紀「その言葉、みぞれにも使う訳?」

優子「今、使わないで、いつ使うのよ?」

夏紀「まあ、みぞれが天使なのは認める」

みぞれ「///」

久美子「主役が照れちゃダメですよ」

奏「そうですよ。堂々と胸張りましょう」

久美子「奏ちゃんが何でここに?」

奏「私は梨々花の親友ですから」

梨々花「そうなんですよー、うふっ」

久美子「うん、納得した」

奏「梨々花の方が信用されてる?」

久美子「ソンナコトナイヨ」

夏紀「まあまあ、今日の主役はあっち」

みぞれ「主役なんて照れる」

梨々花「誕生日会の主役はお誕生日の
人ですよ、みぞ先輩」

久美子「梨々花ちゃんもね。はい、これ」

梨々花「わー、有難うございます!」

奏「久美子先輩とふたりで選んだから、
有難く使ってね」

梨々花「勿論ですぅー」

みぞれ「やっぱり、あなたをお誕生会に
誘ってよかった。楽しい」

久美子「いえ、私は何も…」

みぞれ「いるだけで楽しいから良かった」

久美子「先輩がそう言うなら良かったです」


誕生日プレゼントは梨々花ちゃんと被るし、
先輩達と梨々花ちゃんと奏ちゃんの会話に
相槌しか打ってないし、散々だけど。


それでも、みぞれ先輩が幸せそうに
来てくれてよかったと言ってくれて。

私は、なんだか心が温かくなった。

<Fin.>


では、ここまで読んで下さり有難うございました。
感謝のぺっこりん!