トリックオアトリート!いぬもにです。


リアルハロウィンに参加できないので、
SSだけでもハロウィン気分に浸りました。

Twitterに大量にアップしたのを載せますね。


<くみかな編>

奏「トリックオアトリート!セ・ン・パ・イ?」

久美子「お菓子持ってなくてゴメンねー」フフッ

奏「え、くみこ先輩、お菓子持ってましたよね?」

久美子「奏ちゃんに公然とイタズラできるんだぁ」

奏「イタズラするのは私の方ですよね?」

久美子「えー、聞こえなーい」ガバツ


<なつかな編>

奏「トリックオアトリート!センパ…!?」

夏紀「ごめーん」
「アイツにお菓子を全てあげちゃってさー」

奏「アイツって誰ですか?夏紀先輩もイタズラ
するおつもりですか!?」

夏紀「モ・チ・ロ・ン」カベドンッ!

奏「ゆ、許してくだひゃ…」グスグス


<なかよしかわ編>

優子「トリートオアトリート!」

夏紀「お菓子ね、はい、どうぞ!」

優子「有難う!」


久美子「トリックオアトリートじゃなく?」

夏紀「1年の時、手作り菓子を渡したら、アイツ
すごく喜んじゃってさ。去年から、ああなったよ」

久美子「ご馳走様でーす」


<ダブルリードの会編>

梨々花える駿河「「「トリックオアトリート!」」」

みぞれ「はい、これ」

梨々花える駿河「「「ワンホールケーキ!」」」

みぞれ「希美がお菓子を用意しておいてって
言ってたんだけど、間違ってた?」

える「ぜ、全然、間違ってないです!」

駿河「ケーキですけど」

梨々花「有難うございます、みぞせんぱーい」



<秀久美編>

秀一「ハロウィンかぁ」

久美子「昔、マンションの子ども会で
歩き回ったよね」

秀一「隣の部屋に突撃したりとか」

久美子「あったあった!」

秀一「懐かしいよな」

久美子「と、トリックオアトリート…!」

秀一「え、お菓子持ってないぞ」

久美子「じゃ、イタズラだね」コチョコチョ


<くみかな&なつかな後日談>

奏「もう、ハロウィンは散々でした。久美子先輩は
耳元で私の体の観察を延々と囁き続けますし、
夏紀先輩は壁ドンしてハッピーハロウィンとか
言い出して。
でも、私が泣き出したら、おふたりともオロオロ
してお菓子を渡すんですもの。本当にお人好し
過ぎて心配ですよ…」


以上です。

では、ここまで読んで下さり有難うございました。
感謝のぺっこりん!