京の萌え燃え日和

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。 咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。 その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。
咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。
その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

2017年04月

咲キャラの名前が入った飲み物で楽しもう! 第18局

こんばんは。最近はジュースが気になるいぬもにです。
絶賛禁酒中&カフェイン制限ありだと、ジュースか麦茶ぐらいしか
飲めるものがないんですよねー。 


そんな愚痴は置いといて。

本日誕生日の河内智世美(かわち・ちせみ)さんの名前がついた
飲み物を発見しましたよーぅ。


と言っても、「河内さんって誰?」って方も多いと思うので。
画像で説明しますと。
200px-KawachiChisemi
長野県予選1回戦で、和ちゃんと戦った東福寺高校副将の子です。

後に、エトペンを盗んで壊すヒール役になってしまった田中舞さんや
「わたしゃ、大将に託しますよ」と自滅した上柿恵ちゃんと同卓
だったので、一番影が薄いかもしれませんね・・・

私も、自販機でジュースを見つけた時は
「たしか、河内さんって咲-Saki-にいた気がする」
と買ってみたものの、フルネームを「河内智美」と勘違いしてました・・・

資料が手元にない状態でしたが、先輩咲ブログさんのお陰で、彼女の
フルネームと所属がわかったので、大変助かりました。


と、前置きが長くなりましたがー。

エントリーNo.34「愛媛河内晩柑(かわちばんかん)ゼリー」  
C-JMs2PVYAASBRc
読みもちゃんと、「かわち」です!

飲むゼリー飲料は、「軽く振って」と書いてあるのが多いのですが。
こちらは「強く振って」と強調しています。

実際、ガンガン振らないと全く出てきませんでした。

ポンジュースのメーカーなので、果汁10%未満とは思えないほど
ジューシーで美味しかったです。

甘い柑橘系ジュースが好きな人にはおすすめですね。
もちろん、河内智世美さんファンの方にも。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!

シノハユごはんで料理修行します!第11回

こんばんは。4月は桜に浮かれていたいぬもにです。

「そういえば、4月はたけのこご飯のシーズンでもあったんだ!」 
と慌てて、たけのこご飯を作りました。 
 C9cyQBVUAAAmzhO
画像で見ると、もうちょい、たけのこを細かく切った方が良かったんじゃ
ぐらいしか、粗が見えませんが・・・

実は、味が全然薄かったんですよー。
塩味もしょうゆの味も出汁も全然効いてないんです。

どのぐらい、薄味かと言うと。おかず味噌をつけて食べて丁度いい
塩梅でした。レシピどおりに作ったんだけどなあ。


次回は、たけのこをもう少し細かく切って、レシピよりも出汁を多く、
しょうゆなどの味付けも心持ち強めにしてみようと思いました。

それか、たけのこご飯の素を買って、どんな味付けが美味しいのか
学ぶのも近道のような気がします。


ということで、今回はおしまいです。 

ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!

響け!ユーフォニアム2の舞台巡り(三室戸駅周辺)

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

ユーフォ2では、新たに三室戸駅周辺も舞台として登場したので、
何度か立ち寄ってきました。

せっかく行ったんだから、記事にしてまとめようかなと。


三室戸駅
C5Ks7HpUcAAqpGa
 10話冒頭で登場するシーンですね。

久美子はんが1駅分でも電車に乗ってわざわざ帰ったのは、
夜道が暗くて危ないからかなあと。
それに、通学定期ありますから、わざわざ危険をおかさなくても
安全に帰宅したほうがいいですよね。


三室戸駅前
C5Ks5TbVUAEboTn
 OPであすか先輩が自転車で颯爽と登場します。
最初にOPを見た時は、「あすか先輩、三室戸駅が最寄りなの!?」
と衝撃を受けました。

や、原作を読んだらですね。「学校から自転車で10分」みたいな
表記があったから、ずっと六地蔵駅最寄りだと決め込んでたのですよー。 


楽器店!
C5Ks9CiUMAMwvGI
現実は不動産屋さんですが、アニメでは楽器店になっていましたね。

三室戸駅は葉月ちゃん最寄りの黄檗駅の隣にあるので、1期で
葉月ちゃんがマウスピースを買ったお店はここかもしれませんね。

県祭りや花火大会で宇治に何度も行っている葉月ちゃんも
このお店の存在を知ってたかなあとか。
または、あすか先輩が「楽器店に行きたいの?三室戸駅前にあるよー」
とか葉月ちゃんに教えたとか。妄想は止まらないです。


ARあすか先輩付きでー。
C5KpxXPVUAANW1D
三室戸駅もデジタルスタンプラリーのチェックインがあるのですよー。
せっかくなので、あすか先輩AR付きでパチリと。
 
ちょっと宙に浮いてるのは見逃してくださ・・・orz

人も車も多いので、人がいなくなった隙にパチリと撮るのは
なかなか難しいです。 



そして、三室戸駅と言えば、香織先輩おススメの栗饅頭でお馴染みになった
幸富堂さんこと幸栄堂さんですよね!
C2_Uo5RWgAMWHvs
※店員さんに許可を頂いて撮影してます。

栗饅頭の名前が「源氏夢物語」なのも宇治らしくていいですよね。
こちらは季節限定商品ですが、栗のオフシーズンの時も「宝珠栗」
という名の栗饅頭がありましたよー。



こちらは舞台として登場していませんが。
三室戸駅近くの桜並木(の一部)。
C85-9d2UAAAFZJn
あすか先輩も見ている桜並木かなと思ったら、思わず車内から
撮影しちゃいました。

香織先輩と一緒に夜桜を見に行ったりしてるかもですねー。
来年は桜のシーズンにのんびりと桜並木を歩いてみたいです。


あすか先輩と久美子はんが歩いた河川敷の舞台もいつか行きたいです。
楽しみはとっておくことにします。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん! 

シノハユ第32話「上級生」感想 

こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

数日に1回のはずな、「シノハユ」過去話の感想です。
画像は該当話数が載っている表紙のみになります。ぺっこりん。

今回の32話は、7巻に収録されています。 
pic-comic07
今回は、いよいよ中堅の慕ちゃんの出番です。

はやりんと慕ちゃんの無言のハイタッチいいですねー。
何も言わなくても分かってる感じが素敵です。


曖奈さんの姿を見て、驚く慕ちゃんと湯町中1年生組。
昨年夏に麻雀をしたときに誰も曖奈さんに勝ち越したことが
ないんだとか。あらら・・・

そして、2年ぶりの再会になる河杉さくらちゃん。
慕ちゃんが小5の時に大会で初めて同卓した子ですね。


試合開始。
曖奈さん強いですねー。連荘していく姿が、まるで咲-Saki-本編の
宮永照さんを見ているようです。

強い曖奈さんと打っていて楽しそうな慕ちゃん。
でも、ちゃんと「この点数は自分だけじゃない。みんなのもの」
と理解してます。

だからこそ、曖奈さんの勢いを止めたい慕ちゃん達。
さくらちゃんと楽しそうに共闘する姿が真剣可愛いです。

一方、応援する方はハラハラドキドキ。

特に1年生が曖奈さんの強さならと思っているのが、雫部長には
ご不満のようで。裏を返せば、慕ちゃんを信頼してるってこと
なんですよね。本当にいい先輩に恵まれたなあと思いました。


曖奈さんの親を何とか流して、慕ちゃんの親番。
速攻を目指す慕ちゃん。でも、他の3人も手が早い。

それでも、先に和了ったのは鳥さんを引いた慕ちゃん!
さあ、ここから慕ちゃんの反撃。というところで、今回はおしまい。



ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん。

シノハユ第31話「団体戦」感想 

こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

数日に1回のはずな、「シノハユ」過去話の感想です。
画像は該当話数が載っている表紙のみになります。ぺっこりん。

今回の31話から、7巻に収録されています。 
pic-comic07
閑無ちゃんが先鋒戦で飛ばされて試合終了後の様子から。

悠彗ちゃんは小学生の時のように、倒れこんだ閑無ちゃんを
心配してましたねー。

前回の引きで邪悪っぽ・・・いえ、魔王オーラをまとっていたのは
閑無ちゃん&湯町中学目線だったようです。
 
悠彗ちゃんが昨年よりも強くなったのは、曖奈ちゃんに鍛えて
もらってるからという回想シーンが。

昨年夏の話では、「お魚よりも麻雀を選んだ」ぐらいで終わって
ましたが、あれから継続して麻雀修行してたのですね。
中学生に混じって打っていたら、かなり強くなったのもわかります。


珍しく凹んだ閑無ちゃんがはやりんに後を託します。

はやりんの「頼まれた」がかっこいいなあ。

アイドルらしく、見た目はいつもと変わらずに内面は男前に
ガンガン和了っていくのが、さすが将来の牌のお姉さん!
ですね。

そして、1位で終了したのに「総合得点を縮められなかった」
と自分に厳しいのもアイドルはやりんだと思いました。


「慕ちゃんお願い・・・」と、中堅の慕ちゃんに託しますが。
万原中の中堅は、あの曖奈さん!

一筋縄ではいかないような気がしますねー。
ってところで、今回はおしまいです。





ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん。
咲まとめアンテナ
清澄高校応援中です♪
OuenKiyosumi
  • ライブドアブログ