京の萌え燃え日和

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。 咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。 その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。
咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。
その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

2017年06月

国立オリンピック記念青少年総合センターに行ってきました

こんばんは。清澄高校後援会員のいぬもにです。

昨年9月に国立オリンピック記念青少年総合センターに行ってきました。

代々木公園駅で降りてー。

TV阿知賀編10話に出てきた階段を登ってー。
P1020629


地上に出たら、また聖地!
本編9巻79p
P1020625

ついでに、正面からもパチリと。
P1020628


清澄のメンバーはじめ、風越女子や龍門渕のメンバーも歩いたっぽい
この道路をひたすら真っ直ぐ進みます。
P1020626
一直線なので、迷子属性の咲ちゃんも安心です。


国立オリンピック記念青少年総合センターに到着!
P1020619


本編8巻63p
P1020603
夢にまで見た清澄の宿泊所です!
ここを自分の目で見たかったのですよー。


エレベータで上がったら、また聖地。
本編11巻184p
P1020610
あと数歩下がって撮影するべきでした・・・orz


咲ちゃんが行く予定だっただろう朝9時までのバイキングのお店。
P1020601


ではない、違うお店でランチタイム~。
行くお店を間違えたっぽい?

でーもー。もしかしたら、咲ちゃんたちも利用したかもしれないお店で
食べるのはテンション上がります!
P1020606


青少年が利用するってことで、お値段も良心的でした。
P1020607
上の写真のかた焼きそばは、サラダもついて500円なのですよー。
ドリンクはリニューアルオープン記念で無料でした☆
もしかしたら、このお店で晩ご飯を食べたかもしれませんね。


あと、コンビニもありました。
P1020613
お店の中を見たら、普通のコンビニのように麺類も置いてあったので、
咲ちゃんが食べた冷やし中華はここで買ったかも!

代々木公園駅から国立オリンピック記念青少年総合センターの間には
コンビニが見当たらなかったし、きっと。


腹ごしらえしたので、探検開始。

本編8巻65p
P1020617
連載から数年。表示はすっかり変わってしまったようです。


お風呂の時間はというと・・・
P1020618
夕方5時からでしたー。

まあ、宿泊者じゃないと利用できないお風呂なんですけどねぃ。
このお風呂タイムから、初日に清澄が国立オリンピック記念青少年
総合センターに到着した時間も割り出せそう。楽しい!


あとは「なんですか?これ」という謎写真を4枚ほど。
国立オリンピック記念青少年総合センターに来て浮かれまくったのね
と笑っていただけたら幸いです。
P1020623

P1020620

P1020616

P1020615


8巻63pの建物も何度も出てきたのにね・・・ もうちょい。いや、
もっと左側を何で撮らなかったんだ!って、昨年9月の自分に
突っ込みたいですよー。もー。


ってことで、国立オリンピック記念青少年総合センターはおしまいです。
やっぱり、清澄関係の聖地は一番テンションが上がりました。また、
いつか清澄の聖地に行きたいです。




さてっと。
突然ですが、お知らせです。

そろそろ出産するため、この記事を持ちましてブログの更新をお休みします。

この何ヶ月間か、遠方の聖地巡りやお酒に関する記事がなかったのは、
そんな訳でした。ついでに、よしさみに行けなかった理由もね。


まあ、子どもが無事に産まれて成長したら、「怜-Toki-」はじめ、
公園関係の聖地は堂々と子連れで行けるので、来年以降が楽しみです♪


妊娠発覚してから、一旦お別れ前の最後の記事を清澄関係にしようと
思っていたので、念願を叶えられて良かったです。

いつか、戻ってくるかもしれないので、このブログはこのまま置いておきますね。

また、どこかでお会いしましょう。

ではでは、今まで読んでくださり有難うございました。超感謝のぺっこりん!

瑞原はやり(28)について考えてみた

こんばんは。はやりん大好き、いぬもにです。

初登場時には、番組のセットに☆を吊るして、語尾も「☆」をつける
徹底したアイドルの瑞原はやり。通称はやりん。


でも、「シノハユ」のはやりの章では、冷静沈着な姿が描かれてました。


最初は、
「小学生の時はあんなに落ち着いていたのに、大人になったら・・・」
と思っていたのですよ。

絵文字オンリーのメールを送るわ、お酒ですぐに酔いつぶれちゃうわ、
そしてベテランアイドルと言われちゃうほどの徹底したぶりっ子だわ。

そんなところも愛おしいなって思っていたのですが。


「実は、はやりんの本質って変わってないのでは?」
というエピソードが登場しました。


それは、咲本編16巻のカバー裏漫画です。

瑞原親子、戒能プロが杏果ちゃんの旅館に泊まりに行くお話。
美月ママが暴走するのを呆れてジト目で見るはやりん。

ん?

瑞原はやり(28)がジト目??

今まで、どんな時も笑顔だったはやり(28)がシノハユで何度か見せた
あの呆れきった表情をしているんです!


単行本が発売されて半年経った今頃になって、やっと気が付きました。


杏果ちゃんの旅館にいたメンバーは、美月ママと湯町中から一緒だった
杏果ちゃん。そして、戒能プロ。


戒能プロとは同じ部屋にフランクに泊まれる仲ですし、杏果ちゃんも
長い付き合いですし、はやり(28)が心から許せるメンバーしかいない
からこそ出た素の表情だったのかなと思います。


テレビ以外でも、他の誰かがいるところでは「明るい牌のお姉さん」の
イメージを決して崩さない彼女に愛おしさを更に感じました。


大人になった白築慕(27)や石飛閑無(27)と再会したら、どんな表情を
見せるのか、今後がますます楽しみになってきました。

もちろん、シノハユでの成長も楽しみです。


と、今回は超ゆるふわな考察でおしまいです。

ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん。
咲まとめアンテナ
清澄高校応援中です♪
OuenKiyosumi
  • ライブドアブログ