京の萌え燃え日和

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。 咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。 その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。
咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。
その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

シノハユ感想

シノハユ第53話「真影」感想

こんばんは。シノハユ大好き。いぬもにです。

最新話の感想です。

「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレは嫌っ!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。
pic-main201803

今回の扉絵を見て「あれあれ?」となったのは私だけ
でしょうか?

だって、夜のシーンで終わったよね?
団体戦は終わったけど、個人戦残ってるよね??
大会モード、どこ行った???


頭の中は?だらけでした。


でも、次のページからの物語は前号の続きなんですよね。
質リチャは前号と同じ服を着てるし、会話も続っぽいし。


で。
何で、ここでナナさんの話になるの?

「団体戦、残念だったね」
「強豪相手に頑張ったね」
「一位すごいね」

とかの労いの言葉は一切ナシで、団体戦の結果よりも
重いナナさんの話になっちゃうの、何で??


再び、頭の中が?マークでいっぱいになりました。


頭が?マークになりながら、リチャの前ですら泣かない
慕ちゃんに胸がぎゅーっと締め付けられました。

しかも、泣き顔は小5の時とあまり変わらないんですよ・・・
どんどん成長したというのに、もう辛い。


でも、小5の頃と違うのは翌朝。

まだ引きずって作り笑顔をしていたあの頃と違って、
今は心から気を引き締められる強さがありました。

ますます強靭な精神になっちゃったんだなあ・・・

中1の女の子が、ここまで頑張ってしまう背景が
切なすぎます。


しんみりしてたところに。
何故か、麻雀部の部室で掃除して麻雀牌を磨く
慕ちゃんに何度目かの?が頭の中を飛びました。


あれ?
個人戦はいつなの?来週なの??
それとも、もう個人戦は終わっちゃった???


誰も個人戦の話をしないし、どうなってるの?


来月になったら、個人戦がいつ始まる(った)のか
きっと判明すると信じて、待とうと思います。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

シノハユ第52話「戮力協心」感想

こんばんは。シノハユ大好き。いぬもにです。

最新話の感想です。

「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレは嫌っ!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。

pic-main201802

試合終了。

千尋ちゃんは笑顔で「ほんならね~」と挨拶。

力を温存してても、全員トバしての完全勝利。
凄すぎますね。


凹んだ雫部長を優しく慰める部員達の中で

「部長ならあの子に勝つって思ってました・・・」

と真顔で伝える慕ちゃん。

慰めじゃなくて本気なんでしょうね。
突破口を見つけてるのかもしれません。


七類では、自信なさそうな悠彗ちゃんを
挑発するような曖奈ちゃん。

このやり取りが信頼しあってる先輩後輩で
万原中もいいなあって思いました。


再び、湯町中。
玉造温泉駅で解散。

はやりんのことを考えたら、電車内で解散して
あげて・・・と思ってしまいました。

次の電車は30分後または1時間後ですから・・・


玉造温泉駅で降りた慕ちゃん達は
部長がいないことに気が付きます。


一足早く、湯町中に戻ってたんですね。

麻雀卓を前に涙が出る部長に追いついた慕ちゃん達が

「私たちも混ぜてほしいです」
「ずるい」
「ひとりじゃ打てないしな」

って言うの最高だったし。

美凜先輩が

「むしゃくしゃしてるのはこの子たちも同じってことだよ」
「むしゃ仲間だね」

と伝えるのも本当に最高で。

山本先輩の

「ムショ仲間みたいに」

の突っ込みも素敵です。


その後の坂根先生とのやり取りも湯町中でいいなって
思いました。

電車で松江駅まで帰るはやりんは「はやあ・・・」と
なるのは、一致団結した空気も感じたんでしょうね。

そして、少し寂しくなったのかも。


はやりんの反応も含めて、湯町中麻雀部の雰囲気が
大好きだと改めて思いました。


団体戦が終わったら、すぐ個人戦が始まると思ったので、
今話の素敵なエピソードを読めて良かったです。


そういえば、「シノハユ」9巻は3月24日に発売するとか。

「怜-Toki-」3巻、「咲日和」7巻も同時発売なので、
また同時購入特典などもありそうで楽しみです。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

シノハユ第51話「無前」感想

こんばんは。シノハユ大好き。いぬもにです。

最新話の感想です。

「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレは嫌っ!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。
pic-main201801

立先生の慕ちゃん&怜ちゃん可愛い。

それよりも超気になるのが

「本当に出会う、その日まで―」

ん?
慕ちゃんは麻雀関係の道に進むので確定??

というか、千里山に麻雀指導に行くとか???


将来への謎が深まりました。


未来の話はさておいて。
今回のお話をしましょう。


千尋ちゃんがずんどこ和了っていきます。

これでも、手の内はかなり温存してるというから恐ろしいです。


だからこそ。
咲本編や阿知賀編を読んできた私は、あのプロの存在に
恐怖しています。

あのプロ、麻雀を始めたばかりでどれだけ稼いだの・・・?


千尋ちゃんがずんどこ和了っていくのを絶望して見るしか
ない湯町中を始め、他校のメンバーと個人戦に出場する
曖奈ちゃんと悠彗ちゃん。


でも、慕ちゃんだけワクワクした顔で見ています。

きっと「こんな強敵と戦えるんだ!」って、ワクワク
しているんだろうなあと思うと、メンタル強いですね。

そういえば、慕ちゃんは今までに勝ったことがない
曖奈ちゃんと戦っても絶望してないから、当然かな。


千尋ちゃんがずーっと和了り続けて、試合終了。

優勝はもちろん菰沢中。


というところで、今回はおしまい。
次回から個人戦になるのかな?


前回から何となく見えていた結果とはいえ、
「優勝は菰沢中学校ー!!」
を見るのは、湯町好きとして辛いです・・・

あまりの辛さに、なかなか更新できませんでした。



ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

シノハユ第50話「三嘆」感想

こんばんは。シノハユ大好き。いぬもにです。

最新話の感想です。

「雑誌(または単行本)を読むまで、ネタバレは嫌っ!」
という方は回れ右してくださいませー。

ネタバレ防止に今号のビッグガンガンの表紙画像をペタリと貼りますね。
pic-main201711



はやりんの絶望顔で終わった前号。

でも、今月は目を閉じた後は全く絶望していません。
今の状況を冷静に分析しています。


そして、得意の早和了りをしていきます。

はやりんがいつもの状態になったのを見たからか、
今まで表立って?動かなかった菰沢中の益子原さんが
和了っていきます。さすが、強豪校の一員ですねー。

ほんと、菰沢中は隙がなさ過ぎて、今まで咲シリーズに登場した
強豪校の中で最強で鉄壁の壁なのでは?と思います。


ずんどこ和了っていく益子原さんが1位を取ってしまうと
決勝戦は、ここで終了。

(ちょっとヤバいかも)
と、危惧するはやりんに残りの2人が心中でメッセージを送ります。

そのメッセージを受け取ったはやりんは
(そっか・・・ そうだよね・・・・・・)
納得して、(私もがんばるっ)に繋がります。


ん??
もしかしたら、今後の超ネタバレになるかもですが。

はやりん高校3年の準決勝のあの卓。
強すぎるすこやん相手に、はやりんは協力プレイするつもり
だったんじゃないかなあ。

赤土さんは
「私の時は他の二人と共闘なんて考えもしなかった」
と回想していますが。
はやりんは共闘を持ちかけたのかもしれませんね。

シノハユにとっては、未来のことが気になる回でもありました。


オーラス。はやりんは3位まで順位を上げていますが、
2人1位の菰沢中の益子原さんはトップ。

はやりんは自分は3位でいいけれど、益子原さんを2位に
落とそうと考えます。

無理に1位を目指そうとしないところが冷静沈着で憧れます。


残り2枚で来た牌は6索ってところで、おしまい。


これがツモになるのかどうなのかは、麻雀無知勢の私にはサッパリです。
もちろん、役も点数もサッパリわかりません☆


この真相が私にわかるのは、今月25日までお預けのようですね。
そういえば、25日は咲シリーズ3冊の発売日でもありますねー。
単行本も「ビッグガンガン」も両方買わなくちゃです。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

シノハユ第46話「鷹乃学習」感想

こんばんは。シノハユ大好き、いぬもにです。

「シノハユ」過去話の感想です。

まだまだ決勝先鋒戦が続いてますよー。
慕ちゃんの活躍が見られるのは嬉しいです。

石原さんの連続和了りの続いて、慕ちゃんの南三局からの
追い上げを警戒している行長さんが、届かないほどに
稼いでおくと連続和了をして独走状態に。

普通は5万点以上差をつけられて絶望するところ。

でも、卓にいる慕ちゃんは笑顔。
見守るはやりんと玲奈ちゃんも笑顔。

だって、そこに座っているのは慕ちゃんだから。

慕ちゃんの反撃は南二局から始まります。

高めの役でガンガン和了っていきます。

菰沢中の顧問さんが言うには、古役だそうです。

花鳥風月、金鶏独立、紅孔雀。

どれも鳥が入る役なんですね。一索を鳥さんと言う
慕ちゃんらしいです。


南三局は二本場で終了したようですが、オーラスで
慕ちゃんがまた和了りました。


どうやら、最後は大逆転したっぽいですね。


慕ちゃんが1位。
もしかしたら、湯町中が全国大会に行けるかも!?と
思った回でした。



これで、シノハユ最新話感想に追いつきました。
シノハユ感想の更新は、次回から25日過ぎに月1回になります。
どうぞ、よろしくお願いします。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!
咲まとめアンテナ
清澄高校応援中です♪
OuenKiyosumi
  • ライブドアブログ