京の萌え燃え日和

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。 咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。 その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。
咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。
その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

立華マーチングバンド部へようこそ

『立華高校マーチングバンドへようこそ 後編』のネタバレ感想

こんばんは。ユーフォ(北宇治)も、立華もいいぞな、いぬもにです。

9月6日に発売された『立華高校マーチングバンドへようこそ 後編』を
読まれました?


京都橘高校がモデルになった立華高校。
「響け!ユーフォニアム」シリーズのでは、北宇治高校のライバル的存在?
として描かれています。

?がつくのは、北宇治高校は座奏メインで全国大会を目指すのに対し、
立華高校は座奏でコンクールにも参加するけれど、メインはマーチングなのです。



ここからは、前編同様に、遠慮なくネタバレをガンガン書きますので、

「何で、ネタバレするん?」

という方は回れ右してくださいねー。

_SX342_BO1,204,203,200_



・後編は、「響け!ユーフォニアム2」のネタバレが若干あり

北宇治&立華の関西大会の結末を知りたくない人は、読まない方が
無難ですね。


・「Sing Sing Sing」キマシタワー!!!!! Part2

京都橘の十八番といえば、「Sing Sing Sing」ですね。

前編よりも、さーらーにー、細かい振り付けや練習方法を知ることが
できます。

ぜひ、京アニさんにアニメ化して頂き、立華の「Sing Sing Sing」マーチングを見たいです!!
(大切なことなので、前編に続き二回めのお願い☆)


・梓ちゃんの手首をギュッと掴む癖がっ!!


TV版でも劇場版でも、京都府大会の時に、手首をギュッと掴む梓ちゃんの姿が
ありましたが、小説でも再現されています。


・後編も久美子はん、そして麗奈ちゃんが登場!

梓ちゃんの中学時代の友人だから、久美子はんが出るのは当然として。
まさかの麗奈ちゃんが梓ちゃんと会話するとはっ!!!


・前編のフラグが次々に回収される。

あみかちゃんと梓ちゃんの仲、レギュラーメンバーは交代制。

フラグが回収されたなあと思ったら、更に大きな事件へのフラグになっていたり。
あみかちゃんとの仲だけが問題になるのかと思ったら、梓ちゃんの過去に遡ったり。

読み応えたっぷりでした!

将来は武田先生が書かれたミステリーも読みたいなと思いました。
想像外のどんでん返しにワクワクしながら読めそうだもの。


・ノーマルカップリングなし!

ユーフォでは、数組ほどノーマルカップリングがいましたが。立華では一切描写なし。
百合好きな人には、たまらない作品になってるかな。いや、読み方によっては
ホラーを感じるかも。

共依存百合を感じた前編よりも、解決したように見える後編の方が怖かったです。
正直、人間できすぎてる未来先輩が怖い・・・



とりあえず、読んだ感想でしたー。

新舞台も登場してるけど、体育館が多くて、普通に入るのは無理っぽい?
マーチングコンテストを見に行くしかないようで。

今年の関西大会は用事があって行けないから、来年は行きたいなあ。
コンテストでなくても、立華こと、京都橘のマーチングを生で見たいっ!と
強く願っています。


前後編通しての感想は、

「響け!ユーフォニアム」の北宇治高校が弱小高校が全国大会を本気で目指すという
ファンタジーのような物語になっているのに対し、全国金賞常連の立華高校は現実的
だなあと思いました。

高校時代、それなりに強豪校の合唱部に所属していたので、練習内容は頷きまくりで。

早弁してお昼休みは練習とか、「近所のお祭り、何それ?練習してて行けません」とか。
強豪校あるあるじゃないかなあ。

学校か家かの差はあるけど、夜遅くまで練習してたなあ。


先輩ができない後輩に付きっきりで育てるのも、身に覚えがあり過ぎます。
マーチングや吹奏楽同様に合唱も、誰か一人ができないと悪目立ちするのは
一緒なので、先輩は後輩を一定レベルまで育て上げるのですよ。


だから、初心者のあみかちゃんや一生懸命に頑張って練習しても上手い人のレベルに
届かない志保ちゃんには共感しまくりました!はい。

あと、あみかちゃんがカラーガードならレギュラーになれるのも共感しちゃいました。

人数が多いソプラノはレギュラー争奪戦でしたが、私が所属してたアルトは人不足のため
毎回全員レギュラーで、出席率さえクリアしてればコンクールに出場できたのです。



吹奏楽やマーチング経験者だけでなく、何かに熱中してたことがある人なら「あるある」で
頷きながら、あっという間に読めるんじゃないかなあと思うのです。



ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!

『立華高校マーチングバンドへようこそ 前編』のネタバレ感想

こんばんは。ユーフォ(北宇治)も、立華もいいぞな、いぬもにです。

8月4日に発売された『立華高校マーチングバンドへようこそ 前編』を
読みました?

「響け!ユーフォニアム」のアニメを見たり、原作小説を読んだりした方は
「立華高校」といえば、「水色の悪魔」と呼ばれてた強豪校でご存知ですよね?

立華高校のモデルは、「オレンジの悪魔」こと京都橘高校なのです!
京都橘高校の顧問の先生も宇治市のイベントで「立華高校です」と挨拶するほど。

マーチングで全国大会に出場している強豪校なのです。もちろん、座奏と
呼ばれる吹奏楽コンクールも府大会金賞の実力があります。 


そんな強豪校のお話をたっぷり読めるのですよー。
発売当日にワクワクして買いました!

ここから先は遠慮なく、ネタバレ全開でいきますので、

「ネタバレはあかん・・・」

という方は回れ右してくださいねー。

_SX341_BO1,204,203,200_

 



・前編は、「響け!ユーフォニアム2」のネタバレが一切なし!


サンフェス直後から京都府吹奏楽コンクール結果発表が本作の内容です。
ユーフォ2のネタバレが嫌な方も安心して読めますよーぅ。

本音は、アニメ放映前に原作の2巻以降も読んで欲しいなとちょっぴり思っていたり。


・「Sing Sing Sing」キマシタワー!!!!!

京都橘の十八番といえば、「Sing Sing Sing」ですね。


『立華高校マーチングバンドへようこそ 前編』では、

「Sing Sing Sing」のマーチング練習をしてるのですっ!!

練習内容、先輩の指導方法やアドバイスなどが、あまりにもリアルで

「これ、以前に見た「笑ってこらえて」に出ていた京都橘の話を小説化したの??」

と思っちゃいそうなほどに。

京都橘ファンも満足すると思う内容ですよー。

ぜひ、京アニさんにアニメ化して頂き、立華の「Sing Sing Sing」マーチングを見たいです!!



・コンクール前に梓ちゃんがひとりでいた理由も判明

立華高校の部員数は103名。コンクール高校生の部A編成の定員は55名。

部内オーディションを勝ち抜いてオーディション入りした1年生は梓ちゃんを含めて7名。
同じトロンボーンでは1年生は梓ちゃんだけなので、先輩への遠慮もあって、
ひとり静かに緊張するしかなかったよね・・・


・京阪電車&宇治が舞台

立華高校の最寄り駅は桃山南口駅。梓ちゃんの最寄り駅が黄檗駅。
あみかちゃんの最寄り駅は京阪宇治駅。

京阪宇治線に乗るのが、ますます楽しみになりますねー。

京阪宇治駅のコンビニでピザまん&肉まんを買って、塔の島のベンチで
食べるのが流行りそうです。


・久美子はんも登場

プロローグのサンフェス後の再会から登場してます。
その後もたびたび、梓ちゃんの回想に出てきます。
ちなみに、麗奈ちゃんも梓ちゃんの回想に何度か出ます。

・・・同じ中学だったはずの秀一が苗字しか出なかったのは、まあ、うん。


梓ちゃんの回想や友達との会話で判明したのですが、久美子はんのユーフォニアムの
実力が中々なものだったのは意外でした。

「上手くなりたい」のシーンが強烈過ぎて。

中学、高校とオーディションでA編成枠を勝ち取っているのだから当然といえば、
当然でしたね。


・見た目はみどりちゃん、中身は葉月ちゃんっぽい、あみかちゃ

梓ちゃんの親友に新キャラあみかちゃんが登場します。
守ってあげたくなる感じの吹奏楽初心者。その上、運動音痴っぽい・・・

「立華高校のマーチングについていけるの?」

と心配になりますが、梓ちゃんが面倒見いいので、どんどん成長してます。

面倒見のよさがちょーっと異常っぽいのは、気のせいでしょうかね?
そういえば、久美子はんとの会話も改めて思い返すと、世話焼きな発言にとれるものが
いくつかありましたねー。

後編で梓ちゃんとあみかちゃんの仲がどうなるのかドキドキです。


・共依存百合ものとしても超おススメ!

上記の梓ちゃんとあみかちゃん。未来先輩と栞先輩。

何もできない初心者を異様な熱心さで育てるベテランの構図です。
これが崩れてしまう?ところまで、きっちり書くのが武田先生の怖さ。

梓ちゃんとあみかちゃんの関係が後編でどう変わるのか、楽しみのような怖いような。



つらつらと感想を述べましたが。一言でまとめると


「もう、最高っ!!

アニメでも、立華のシングのマーチングを最初から最後まで観たい!!」



に尽きました。

ついでに、サンフェスの「フニクリ フニクラ」もフル演奏で見たいですねー。


後編の発売が今から待ち遠しいです。

その前に京阪電車に乗って、梓ちゃんとあみかちゃんも感じながら宇治巡りしたいです。 


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん! 
咲まとめアンテナ
清澄高校応援中です♪
OuenKiyosumi
  • ライブドアブログ