京の萌え燃え日和

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。 咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。 その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。
咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。
その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

アニメ感想

映画「リズと青い鳥」の感想2(ネタバレあり)

こんばんは。みじょ過激派のいぬもにです。←

「リズと青い鳥」を2回めに観に行って、先人の気付きを
参考に、いろんな視点で見たので追加感想を書きます。

「ハッピーアイスクリーム!」な画像を置いときますね☆
Db7uaHHVwAA9iyN
このアイスについては、別記事でも触れようかなと
思うのですが。あのポスターを完全再現するには、
夏季限定の「雪だるま大作戦」が必須ですねー。



さてさて。気づいたところを箇条書きでー。


・冒頭の童話シーン

初回に観た時は、青い少女の「リズはひとりぼっち」
という言葉にすっかり騙されました。

リズは一人暮らしだけど、動物に囲まれてるし、職場では
パン屋のおじさんもいるじゃないですかー。やだもー。


むしろ、ひとりぼっちなのは遠くから眺めていた
青い鳥=青い少女だよね…

動物に囲まれたリズと希美ちゃんがダブって見えました。



・最初のdisjoint

てっきり、黒白だと思ってたら、白い背景にピンクの文字。

希美ちゃんの好きなピンク色ですねー。
みじょの好きな色がないのも気になりました。


・泳ぎまくる夏紀先輩の瞳

リズでもイケメンの夏紀先輩ですが、何故か目が泳ぎます。

特に、希美ちゃんと一緒にいる時に。

ユーフォ2までは、「OK…」のシーン以外は、真っ直ぐに
見ることが多かったですし、目が泳ぐシーンはほとんど
なかった夏紀先輩。

夏紀先輩の中でも変化があったのかなあと思いました。


・くみれいの真昼のセッション

よく見たら暗譜ですねー。やだもー。

しかも、あの場所で演奏しようって麗奈ちゃんが
誘ってるじゃないですかー。やだもー。(二度め

コンクールメンバーのふたり。別パートの楽器の
メロディを何度も合奏練習したとは思えないですし、
まさか即興で演奏したとかないですよ…?

もし、即興で合わせたらくみれいちゃん化け物です。

コンクールに支障をきたさないように練習してても
暗譜で合わせちゃう時点で、十分に化け物だと
素人は思いました。


そして、このくみいちゃんセッション。

希美ちゃんとなかよしかわは最後まで窓を開けて
普通に聴いてますが、みじょは一瞬だけ窓を
開けるも、すぐに閉じちゃうんですよね。

この感性の差が音大に誘われた人そうでない人
も表してるのかなあと思うとキツいです。



・図書室シーン

みじょが借りた『リズと青い鳥』は図書分類で972。
これはイタリアの戯曲ということになります。

「『リズと青い鳥』って童話じゃなかったっけ?」
と思いましたが、元は戯曲で童話や絵本になったり
するからなあと考え直しました。

シェイクスピア原作の絵本も結構ありますしね。

岩波文庫っぽい装丁の文庫本。
北宇治の図書室には、『リズと青い鳥』の作者の
本がもう1冊あって、なかなかの充実っぷりですね。


なかなかの充実っぷりといえば、希美ちゃんが
借りていた絵本の『リズと青い鳥』。

分類が「Eニニ」となっていて、Eは絵本を表します。

つまり、北宇治高校図書室には絵本コーナーが
存在します!

しかも、図書記号が「ニニ」とふたつもあります!
児童室がある公共図書館ですら、図書記号はひとつ
なのに、すごい!

図書記号をふたつ使うほどの北宇治高校図書室の
絵本コーナーの蔵書数(本の数)がどれくらいか、
私、気になります!

ここまで充実した図書室なのに、めっちゃ人気が
あるだろう大学の問題集が綺麗すぎて泣けます。

希美ちゃんが借りた時期から考えて、貸出第一号
じゃないはずですが、明らかに初めて借りられた
本の綺麗さよね…

※リズに図書室のリアルを求めてはいけない。

あと、図書室が高校よりも専門書が多い
大学図書館っぽい作りなのが気になりましたが。

まあ、リアルな高校図書室を作ると、貸出促進の
カラフルな本のPOPや飾りつけが登場して、
リズの世界と相反するので、敢えて固い
イメージにしたんだと思うことにしました。

以上、元図書館員のどうでもいい拘りでした。



・プールに行ったメンバー

初回では、なかよしかわと希美ちゃん、みじょ、
りりりんしか気が付かなかったのですが。

後ろの二人はダブルリードの後輩ですね。

原作とは、プールに行ったメンバーをリズ仕様に
変更したんですね。奏ちゃんの水着姿を見たかったorz


・聡美ちゃん、もとい新山先生

みじょを音大に誘ったとはいえ、部活の時も
ずっと、みじょに付きっきりの聡美ちゃん。

休憩時間はみじょの隣に座って指導し、演奏を
聴く時は、木管パートの近くじゃなくて、
みじょに一番近い所。

これは、希美ちゃんも嫉妬するしかないです。

しかも、話し掛けたら、かなり間があっての
「傘木…さん?」

いやいや、文化祭の演奏も聴きにいらしてましたよね?
たぶん、そつのない希美ちゃんは挨拶をしてるはず
なのですが、覚えてないにも程があります。

というか、フルートソロなので、確実に存在は
知っていると思うのですががが。

どちらにせよ、音大に行くと言っても、
親身になってもらえなかった希美ちゃん辛い。



・「リズと青い鳥」は誰?

劇中では、リズ=希美ちゃん、青い鳥=みじょと
なっていましたが。

私は、リズは希美ちゃんでもみぞれちゃんでもあって、
青い鳥もみぞれちゃんであって希美ちゃんでもあると
思います。

冒頭のリズが動物に囲まれるシーン。

フルートパートの後輩に囲まれる希美ちゃんとダブり
ますが。実は、後半でみじょもダブルリードの後輩たちと
半円状態になって練習してたり、覚醒シーンで優子ちゃんと
後輩に囲まれたりしてるんですよね。

この1シーンだけでも、ふたりには共通点があります。

ただ、互いに素のすれ違っているふたり。
自分たちには意外と共通点が多かったことを知るのは、
大分先になるかもですね。


・「みぞれのオーボエが好き」

前後にかなり間があっての、この台詞。

希美ちゃんは、こう言えば、みじょが

「希美のフルートが好き」

と言ってくれると信じてたと思いました。
もちろん、みぞれのオーボエが好きも
いくらかは本心だと思いますが。

でも、みじょが絶対に言う訳ないのです。

昨年の同じ時期に、吐き気を催していた
希美ちゃんのフルートを好きだとは。

彼女にとってはトラウマです。
退部騒動も「私にとっては、今」なのだから、
希美ちゃんのフルートの音色を好きになる日は、
まだまだ先の話かもしれません。


・教卓のなかよしかわ

教卓シーンでも「優子」と呼ぶシーンがあるよと
フォロワーさんから聞いたので、耳を澄ませました。

そしたら、夏紀先輩が優子ちゃんを「君」と呼んでる!

あの低めの甘いボイスで「君」ですよ!

何度目かの私の中のなかよしかわは氾濫しました。


以上です。

今週末も3週目の特典狙いもあって、「リズと青い鳥」
を観に行く予定です。


また、胃がキリキリしたり、みじょに萌えたり、
なかよしかわが私の中で氾濫したり、くみれいちゃんに
カタカタしたりするんだろうなって楽しみです。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

映画「リズと青い鳥」の感想(ネタバレあり)

こんばんは。みぞれちゃん大好き、いぬもにです。

みぞれちゃんが主演の「リズと青い鳥」を観に行きました。

ここから先は、ネタバレの嵐になるので。
ネタバレ防止に、京都アニメーションショップ限定の
線画集付き前売り券セットの画像を貼ります。
Da4dOJbU8AAKmHk
16ページの線画集が実質498円で買えてしまう。
前売り券セット。

いえ、通常のチケットなら1,800円するから、線画集は198円!

買う前に「やだー、通常チケットより高いじゃん」
と思ってた過去の自分に説教したいです。



ではでは。

感想いきますよーぅ。



最初に、突然始まったので。
慌ててスマホの電源を落としました。


今回はフォトセッションないんですね。

「リズと青い鳥」でもフォトセッションがあるかと
思ったんですが。まあ、そんな雰囲気の映画じゃ
なかったですよねー。


物語は「リズと青い鳥」の童話を挟みつつ、
希美ちゃんとみぞれちゃんの高校3年の話が
綴られました。


あ、南中の銀賞も希美ちゃんの復帰騒動も
全てカットされるんですね。

でも、希美ちゃんとみぞれちゃんがチグハグ
なのは痛いほど伝わってきます。


彼女たちのチグハグとは裏腹に、


南中のハグを楽しむ後輩。(チューバのW鈴木)


戯れなのに、息の合った合奏を魅せたくみれい。

そして、喧嘩しながらも、互いを信頼している
のが伝わってくるなかよしかわ。

夏紀先輩が「優子」と名前だけで窘めるし、
優子ちゃんもそれで理解しちゃうんですよ。
すごくないですか?

しかも、夏紀先輩が優子ちゃんに向かって
「優子」と呼んだのは今回が初めて。
私の中のなかよしかわが大氾濫しました…


武田先生の上手くいってる人といってない人の
対比は見事なのですが。映画でも、この対比が
綺麗すぎて、胸が痛くなるほどです。



フルートパートの和気あいあいっぷりを
外から眺めるみぞれちゃん…


今まで、黄前久美子の視点で見てきた
ユーフォシリーズですが。みぞれちゃん視点だと、
全然違った風景になるんだなと何度も思いました。


同じ出来事でも、主人公が黄前久美子から
鎧塚みぞれに変わったので、原作を読んでいても
オリジナルの映画を観てる気分になりました。


一番新鮮だったのは、フルートパートと
ダブルリードパートの出番が多いことですね。


そして、一瞬しか映らないチューバカップル。
低音パートの葉月ちゃんが喋ったのは1カット。
緑ちゃんも2カットだけでしたし、まあそうなる。


フルートパートの和気あいあいというか、
若干馴れ合いっぽいものが気になって仕方ないです。

この子達、昨年と同じぐらいの練習してるのかな?
と…
(原作で、あすか先輩から部活クラッシャーと呼ばれたのは、
優子ちゃんでしたが。実は、希美ちゃんだと思います。



ここからは、思ったことをツラツラと。


みぞれちゃんが冒頭で希美ちゃんの足音を
キチンと聞き分けているのは、絶対音感の持ち主
という隠し設定があるのかなあと思いました。



夏紀先輩が超イケメンで、バスケのシーンで
何度目かに惚れ直しました。

直接の接点がないように見えて、夏紀先輩は
みぞれちゃんをそっと見守ってたんですね。


希美ちゃんが問題発言する度にキレかける
優子ちゃんがマジ優子ちゃんで。

いつものユーフォシリーズと姿が違っても
部長になっても、みぞれちゃんを守ろうとする
優子ちゃんは変わらないんだと安心しました。


図書館のカウンターにいた2年生。

やめて。
元同業として、返却したみぞれちゃんに
そこまで皮肉を言いまくるのはマジやめて。

どうして、図書館スタッフの描写は暇そうか
嫌味を垂れるかのどっちかしかないんでしょう?

唯一、リズで一番嫌いなシーンです。
ぶっちゃけ必要ないですよね?
原作にない余計なシーンつけないで★


プールに行くエピソード。

スマホの写真であっさり終了。
女子高生の水着姿を簡単には見せてくれないのね…


ラストの下校シーン。

このやり取りがあって、映画公開前に
出た新作イラストのアイスを食べてるふたりが
いるんだと思うと、尊いですね。



童話「リズと青い鳥」

このお話のファンタジー感のために、
敢えて本編は学校内のみのストーリーで
制服も夏服のみにしたのかなと思いました。

ユーフォシリーズの冬服だと、リズの私服と
少し被りますもんね。

本業が声優ではない本田さんの演技ですが、
テレビで聴いてたのより違和感がなかったです。

映像で見て、やっと「リズと青い鳥」の物語を
理解できたので、作中にあって良かったです。



新山先生の希美ちゃんとみぞれちゃんの対応差が
激し過ぎて辛い。

みぞれちゃん派でも、優雅ながらも希美ちゃんへの
塩対応が泣けてきたので、彼女のファンだったら
余計にキツいだろうなーと思いました。


森田しのぶちゃん、コンクールメンバー入り!

中野蕾美ちゃん、吉沢秋子ちゃんもコンクールメンバー。
昨年落ちた子がコンクールメンバーで演奏してるのは
チームもなか好きとして嬉しかったです。


逆に、りりりんがオーディション落ちたって、
みぞれちゃんの前で泣いてたのが辛い。

オーボエ枠はひとりだから、りりりんは落ちて
当たり前と思っていたけど、みぞれちゃんと一緒に
吹きたかったんだね。
どれだけ、先輩を慕ってるのかと思うと、もう辛い。


中学回想シーンのショートヘアみぞれちゃん

原作のショートヘアみぞれちゃんが大好きなので、
ショートヘアを確認した時に

「ショートヘアみじょぉおおおおっ!!!」

と脳内で叫んでました。有難うございます。
ショートヘアみじょ、めっちゃ可愛かった…!



まとまらない感想をダラダラと書いてみましたが。

「1回じゃ、まだまだ足りない。また観たい」

上映終了後に思いました。


ぶっちゃけ、キッツい話が待ってると思ったんですが。

個人的に一番キツかったのは図書館シーンぐらいで。
想像以上に爽やかだったなあと思いました。


希美ちゃんがみぞれちゃんの想いに気が付いてない
(フリしてる)のは、前からわかってましたし。


それよりも。
のぞみぞれの物語なのに。


何故か、私の脳内は。


濃厚すぎるくみれい

大氾濫したなかよしかわ

このふたつのカップルでいっぱいになってます。


特に、くみれいとして出番はそんなにないのに。
過去最高の濃厚さを味わったのは何故でしょう?


なかよしかわは面と向かっての「優子」呼びが
頭からこびりついて離れませんし。

ナチュラルに、縣祭りもプールも一緒に行くこと
大前提になってるの何なの?
なかよしかわセットなの?

「大学も偶然一緒と劇場版で初めて明かされた
身にもなって!」

と脳内で叫んでました。


正直に言います。

私にとって、「リズと青い鳥」は

みぞれちゃんを愛でまくって、脳内のなかよしかわが
大氾濫し、濃厚なくみれいを味わう物語でした。



なかよしかわ&くみれい好きさんも劇場に行こう!


と書いて、この長すぎる感想を〆ようと思います、


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

「響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~」感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~」が
9月30日から公開されました。


さーて、ネタバレな感想を書いちゃうぞ☆
ついでに、さらっと第二楽章のことも書いちゃうかも。
※第二楽章部分に関わる部分は白字にしておきますね☆

前回の映画は初日の初回に行きましたが。
まあ、生後3ヶ月の息子がいるのでねー。初回はユーフォをこよなく
愛する相方さんに譲りまして。初日の4回目に行ってきました。

京都MOVIXで1日に6回も公開してくださるのは、前回の劇場版が
好評だったのかなと思うので、何度も足を運んでくださった
ユーフォファンの方に感謝です。


コラボのポップコーンを買って(今回はユーフォ限定の抹茶ミルク味
はなく、塩かキャラメルか選べて、抹茶苦手な私はホッとしました)。

1週目プレゼントのコースターをもらって。
DLA4RLHVYAAywor
こちらは2回目で引き当てた念願のはづみどコースター☆


さて、ここからは完全にネタバレですよーぅ。


映画館に入ったので、ちゃんとマナーを守る私は
スマホの電源をシッカリオフしました。

「電源を切ってね☆」
という画面の表示をうんうんと頷きながら見ましたとも。


松竹、京都アニメーションの表示が出て

「さあ、始まるぞー!!」


あれ?本編じゃない??


ふぉとせっしょん。何それ?

「はい、チーズ」から「バッチリです!」の間に
写真を撮っていいです?


ん??

つまり、「スマホで撮ってね☆」ってことですかー!!


きゃー、スマホの電源つけなきゃー。


1回目のフォトセッションの内容はパニくって覚えてませんとも!
写真も間に合いませんでしたとも!!


下の画像は2回めでやっと撮れたものですよーぅ・・・
DLM0LfGUQAId16L
しかも、最低限の容量で撮ったから画質最悪というね・・・
さすがに今週3回目は(息子を一時保育に預けてまで)行けないよう・・・



そんな泣き言はおいといて。

本編の感想が始まりますよーぅ。


ん??
あすか先輩の回想?

のっけから新規シーンですよ!?

ところで、あすか先輩と並んで帰った2人の女の子。
後姿が香織先輩と晴香部長に似てるのですが。

あすか先輩と2人が昔からの幼馴染だとすると、
退部騒動の重みが変わりますね・・・


回想が終わった後の関西大会。

ん?届けたいメロディのあらすじは「全国大会出場云々」
と書いてありませんでしたっけ??

てっきり、文化祭ぐらいからスタートするんだとばかり。


でも、届けたいメロディなんだから、関西大会前の
あすか先輩の「全国に北宇治の演奏を響かせたい」は
必須でしたね。


そして、まさかの「プロヴァンスの風」のフル演奏!

TV版は自由曲の三日月の舞がフル演奏でしたが、劇場版は課題曲に。
やっぱり、劇場で聴くのは最高でした・・・!


文化祭も新規シーン多めでしたねー。

まさかの秀久美追加シーンっ!!!

今回はあすくみ物語りだから、秀久美シーンは軒並みカットされると
諦めてましたよ。それが、まさかの新規。しかも、夏紀先輩に
からかわれるおまけつきですよ!有難うございます・・・!


くみれいや北宇治カルテットも新規シーンありましたねー。
とことんカットされるとばかり。


新規シーンといえば、のぞみぞも。
希美ちゃんがあすか先輩に頑張りますというシーンは追加されて
良かったなあと。
テレビ版だと、いつの間にか・・・でしたもんね。

希美ちゃんと話し終わった直後のあすか先輩が怖かったです。はい。


合宿が関西大会後に(も)ある設定にしたのは嬉しいですねー。

ほらっ、原作ファンの方ならご存知だと思うのですが。
あすか先輩が早朝に吹いた後に、あすくみの会話があるのですよ。
テレビ版はなかったけれど、ここで合宿があるってことはー。

劇場版も、早朝のあすくみの会話はなかったですね・・・orz
でも、アニメ版は会話がない方が綺麗におさまるのかな。

その代わり、
滝先生の「関西大会はふたりで」が「黄前さんも安定しました」に
変更して、その後のあすくみの会話は最高でしたからね。


今回は黄前家の新規シーンも盛り沢山!

お母さんの「お姉ちゃんを見習ったら」の台詞は新規ですよね?
久美子はんがお姉ちゃんへのコンプレックスを持ってるなって
思わせるのに必要なやり取りだなと思いました。

このやり取りがあってこそ、後半の姉妹の会話で
「お姉ちゃんのほうが云々」
が活きてくると思うのですよ。


あすか先輩の退部騒動で、久美子はんの隣にはパーカスの
釜谷つばめちゃんがいたんですね。
他にも吹部の子が職員室にいたのかな?


低音の絆も変わらず。

梨子ちゃんが泣いちゃうシーンも
「あんたの彼女、何とかしなさい」も入っていて、
チューバカップル推しとしては大歓喜でした。

ほら、今回はあすくみ物語ですし。


晴香部長の演説に「舐めないでください」と優子ちゃんが
答えるのも健在。
やっぱりね、欠かせないですよねー。その代わり、優子ちゃんを
茶化す夏紀先輩はナシ。なかよしかわ要素は薄かったかな?

何せ、今回はあすくみ以下略。



駅ビルコンサートでは、宝島がフルサイズ演奏!

大穴1が当たりました!ドヤッ

そんな予想はともかく、生き生きと演奏してる北宇治吹奏楽部、
最高ですね!滝先生もめっちゃ楽しそうに指揮してるし。

晴香部長のソロが頑張っただけじゃなくて、ノリノリにファンキーに
吹いたよってわかるのが、あすか先輩とのアイコンタクトですねー。
最高すぎ。


立華はフルサイズ演奏どころか、梓ちゃんすら映画に一切出ません
でしたね。まあ、今回は北宇治のあすくみ物語ですから。(n度目

あすか先輩騒動で部活も大変ですが、黄前家もお姉ちゃんの退学騒動で
大変に荒れてます。

秀一さんも気に掛けるぐらいに荒れてます。

家族全員から非難されまくる麻美子さんには、癒しの秀一さん。
「ほんとに久しぶり」
の体を崩さずに、
「久美子は演奏を聴きに来て欲しいと思ってる」
を自然に伝えるイケメンぶり。

ところで、このイケメンに久美子はんは何で惚れないの?
普通は葉月ちゃんのようにベタ惚れでしょ?



あすか先輩を連れ戻す作戦。

夏紀先輩の
「私には来年もあるから」
は、第二楽章を読んだ後だと余計に響きますね・・・
結果、A編成に入れて本当に良かったよね・・・・


あすか先輩の家に行く時の香織先輩が加わるシーンすらカット。
さすが、あすくみ。


勉強を教わって、あすか先輩の話を聞いて、河辺で演奏を。

はい、演奏流れませんでしたー。
100分しかないから仕方ないね☆



翌日の低音1・2年生全員集合も健在。
チューバカップルもいるし、夏紀先輩がいいお姉ちゃんしてます。

「2年生が殆ど出ないってないよね?」とビクビクしてたのが
嘘のようです!
むしろ、はづみどが空気



黄前姉妹の台所並び、いつ見てもいいですねー。ほっこり。
翌日の電車内で泣いちゃう久美子はんも可愛い。


ところで、どなたかがTwitterで呟いてたのですが、泣いてる
久美子はんを見てた姉妹、パーカスの井上順菜ちゃんに
似てますよね。もしかしたら、順菜ちゃんの妹?

学校に来たら、北宇治のモブ女子学生もめっちゃ可愛い・・・
吹奏楽部員だけでなく、モブも可愛いのが京アニクオリティですね。


そして、昼休みのあすくみ会話というよりもやり取り。

TV版よりも迫力ありました。


指導室を出た後のあすか先輩が肩を震わせる姿。
ただただ良かったです。

クレジットに葵ちゃんの名前があって
「どこで出たっけ?」
一瞬思ってしまったのは、ココだけの内緒で・・・


いよいよ、あすか先輩が復帰する時に
さり気なく耳打ちするチューバカップル。
劇場版はチューバカップルの美味しいところ全て入ってましたね。

夏紀先輩の「謝らないでください」はガッツリと。

でも、「お帰りなさい」は久美子はんだけでした。
ひたすらに、あすくみに徹底してます。


あすくみ物語なので、麗奈ちゃんの滝先生への想いなどは
全てカットして、あっという間に全国大会へ。


あすか先輩のお父さんへの想いが伝わるようなカット
ばかりで良かったです。

そして、全国大会の演奏シーンが来ましたよ!
三日月の舞がっ!! ドヤッ2
全国大会の客席に奏ちゃんがいないか必死に探しましたとも!

演奏後に3年トリオが喫茶室に行くシーンいいですね。
あの仲の良さ。高校3年間だけでなく昔からの付き合い
なのかなーって冒頭のシーンを思い返してました。


結果発表後の集合シーンの久美子はん脱走。
「後でちゃんと叱らないとね」
が加わって良かったです。ここ、部活では大事ですもんね。


久美子はんをあすか先輩がひとり待ってるのもいいですし、
叱ると晴香部長には言っておいて、久美子はんから謝らせた
だけで終わらせてるっぽいのも、あすか先輩だなって。(語彙力ゼロ


卒業式のシーンも素敵で。
優子ちゃんが香織先輩に抱きつくシーンとお手玉の2人のやり取りは
残ってて良かった・・・


この映画、TV版の美味しいシーンの取捨選択が上手すぎますね。


そして、あすくみ物語の真骨頂。
久美子はんの愛の告白。

もし、この映画で初めてユーフォに触れたよ!って方は、
昨年公開の「響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ」
を見たほうが、卒業式シーンをより理解して楽しめるかと思います。


久美子はんのナレーションで終わりかと思ったら、まさかの
河辺でのユーフォ演奏シーンが!


そして、演奏後のあすくみの笑いあう姿。
これ、これですよ!ユーフォ2のオープニングにあって、
ずっとずっと見たかったものは!

最高でした。



延々と、「TV版がー」「新規シーンのー」と書いてきましたが。
TV版の総集編ではなく、あすくみ物語として原作とも少し違う
完全新作に変わっていました。

予習をするなら、昨年公開の
「響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ」
だけの方がいいかもしれません。


そして、田中あすか好き、あすか久美子のカップリングが好物な方には
最高の映画になってるから、是非観に行って!!!と強く思いますし。

秀久美、チューバカップル、北宇治カルテット好きも観て損はないよ!
というぐらいに、どのキャラにも見せ場が一通りありました。

みぞれちゃんが「うん」「はい」ぐらいしか台詞がないのも、逆に
彼女らしいなと思いましたし、その代わり演奏シーンはバッチリ
映ってて美味しかったです。



2回しか観てないので、抜けてるところや間違ってるところも
あるかもですが、とにかく

「超おススメなんですっ!!!」

が伝わればいいなと願っています。

流石に

「総集編だったら何だって言うんですか!
劇場版の音響で、あすくみじゃなかった北宇治の物語を味わって欲しい。
映画館の大画面で味わって欲しい。それだけなんですっ!」

と大きな文字で書くのは自重しました。




ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

「響け!ユーフォニアム2」13話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。
euph_st13_05
 公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。 

この横顔久美子はん美人ですね。


・OP

最終回なのに、普通にOPが始まってビックリしました。
一期の最終回はOPなしでスタートして、最後にOPの吹奏楽verが流れたので。


・二年生会議

部長が優子ちゃん、副部長が夏紀先輩。
euph_st13_02
euph_st13_01
夏紀先輩が推薦されたと言った途端に頭を抱える後藤先輩。
どこまでも苦労人だ・・・

ともあれ、なかよし川が先導する新生北宇治吹奏楽部。
数話分ぐらいは見てみたかったなーって、ちょっと残念です。


・優子ちゃん初指揮?


3年生が抜けた後の穴は大きかったようで、優子ちゃんが内心焦りながら、
来年の勧誘を考えてるのがすごいですね。もう、立派な部長です!


・北宇治カルテットでコンビニに寄り道


先輩が抜けて若干落ち込み気味の久美子はんに、意外だと声を掛ける麗奈ちゃん。

そんな久美子はんを知ってかしらずか、秀一さんから何か貰っただろうと言う
緑ちゃんと葉月ちゃん。

もちろん、秀一さんは誰にも言っていないので。緑ちゃんが葉月ちゃんに教えた
だけでしょうね。
数ヶ月前に失恋したのに、自然に明るく振舞える葉月ちゃんは強い子です。


・ あすか先輩と葵ちゃんとの再会

秀一さんとのやり取りよりも、あすか先輩とあまり話せないほうがショックを受けてる
久美子はん。

葵ちゃんが秀一さんの久美子はんへの片思いに気が付いてるのが、幼馴染ですね。
そこまで葵ちゃんが言っても、あすか先輩のことばかり考えてる久美子はんには
伝わらないのが何ともですねー。秀一さん、頑張って・・・


・あの曲を吹く久美子はん


みぞれちゃんと希美ちゃんにあすか先輩みたいと言われるほどの綺麗なメロディを
奏でていた久美子はん。まだ、この時は楽譜を貰っていないはずなので、耳コピで
演奏したのでしょう。

希美ちゃんの演奏を「南中のフルートだ!」 と一瞬でわかったり、本人も気付かない
何かの才能を持っていたりするのかな。 


・最後のアイキャッチ


あすか先輩でした!


・お姉ちゃんへの手紙

「拝啓 お姉ちゃん」って可愛いですねー。
手紙の内容も麻美子さんが喜びそうです。いや、久美子はんから手紙が来ただけで
麻美子さんは大喜びするに決まっていますね!


・卒部会

原作にはないオリジナル展開でしたが、いいですね!
余興や合宿のビデオ上映。

何よりも、3年生の「Starting the project」と1・2年生の「三日月の舞」が最高でした。

3年生が演奏した「Starting the project」は劇中では一回も演奏されなかった曲
なので意外でしたが、格好良かったです!


「三日月の舞」の指揮者は希美ちゃん!
もしかして、来年度のドラムメジャーも彼女になるのかな?

麗奈ちゃんのソロの時、優子ちゃんが、府大会の時の香織先輩と同じ表情
だったのが印象的でした。香織先輩もそうかな?

ユーフォのソロは久美子はんが担当していました!
一期でオーディションで先輩と戦うのが怖いと言っていたのが嘘のように
凛々し顔つきで、あすか先輩にも劣らない素敵な演奏でした。

そして、音楽が進むのと反して遡っていく北宇治吹奏楽部の思い出たち。

下級生の演奏を聴いていたら、先輩達は泣いちゃいますよね・・・


・卒業式

答辞は、あすか先輩。そりゃ、模試で全国の30位以内に入るぐらいだもんね。

卒業式後は、3年生と下級生のお別れが。

お手玉2人組と香織先輩に抱きついて泣いてる優子ちゃんが印象的でした。
香織先輩からスカーフもらえて良かったね、優子ちゃん・・・


走り回って、あすか先輩を探しまくって、やっと見つけた久美子はん。

二度目の本心ぶちまけですねー。
本当に後輩から先輩への愛の告白でした・・・!

原作にない会話も多かったのですが、アニメの流れなら、この会話でないと!
と思いました。
euph_st13_04

あすか先輩から受け取ったノートを開いた久美子はんが見たものは

「響け!ユーフォニアム」


ここで、タイトル回収ですかー!!


麗奈ちゃんとのやり取りの後に、画面右下に「終」の文字が。
そして、いつもの久美子はんの「そして、次の曲が始まるのです!」の
台詞がないのが、本当の最終回だと思うと淋しかったです。

EDですが、「ヴィヴァーチェ」じゃないっ!!

なんと、「響け!ユーフォニアム(Last ver.)でした。


吹奏楽ではなく、ユーフォ単体の曲で〆るのも、「響け!ユーフォニアム2」だなと
思いました。
この思いを上手く表現できないのが、悔しくて死にそうです。


10月から12月の木曜日の朝。たまに、水曜日の深夜に楽しみに見ていた
「響け!ユーフォニアム2」が終わってしまって、今は喪失感が大きいです。 


まだまだ、北宇治吹奏楽部の次の曲を聴いていたいです。

いつか、ユーフォ3があったらいいなって夢を見ながら、まずはユーフォ2の
円盤や来月に発売される「おんがくエンドレス」を楽しみたいと思います。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました!感謝のぺっこりん! 

「響け!ユーフォニアム2」12話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。
euph_st12_01

公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。 

Tシャツ姿の葉月ちゃん可愛いですー。


・黄前姉妹の回想シーン

お姉ちゃん、お手入れしていて、トランペットを大事にしてたのね。

「上手くなってきたじゃん」
と誉められて、えへへと喜ぶ幼久美子ちゃん、超可愛い。


・最後の練習

チューニングの音だけでおしまいですね。
それはそうと、鳥塚さん可愛い!


・宿のお部屋でのシーン

北宇治カルテットのトランプシーンが!
原作でも楽しかったのですが、アニメで動くと4人が更に可愛いですねぇ。

手前でお手玉してる先輩たち。合宿で一緒に寝泊りした人かな?

手前で寛いでる順菜ちゃんやしっかり者の万紗子ちゃんなど、一瞬ですが
キャラがわかるの楽しいですねー。

この部屋の様子だけで30分見てみたかったかも。


・自販機の前のやり取り

アニメは引力激推しだったから、このシーンはカットされるかなあと思ったら、
バッチリ入っていて秀久美好きの私は大歓喜しました。

麻美子さんに関する話はアニメオリジナルですねー。


・出番直前

みぞれちゃんと久美子はんのやり取りがいいなあ。
あの事件があったからこそ、仲良くなったんでしょうね。

もちろん、その後にあすか先輩と久美子はんのやり取りも最高でした。


・CM明け

芝生で座っている麗奈ちゃんから始まって。

あれ?もしかして、演奏終わった??
と頭の中が?マークになっていたら、希美ちゃんの「お疲れ様っ」で
終わったんだなとわかりました。

そういえば、この話ではチューニングなどはあっても、「プロヴァンスの風」も
「三日月の舞」もワンフレーズすら流れませんでしたね。

関西大会で「三日月の舞」をフル演奏したのと打って変わって、

それぞれの演奏明けの行動がらしくていいですねー。

特に3年トリオの役職を解き放たれて、喫茶室に行くシーンが良かったです。
仲良くパフェを食べてる姿も見たかったですねー。


・指揮者賞

何も決めてなくて、みんながワタワタしてる中、思わず告白しちゃった麗奈ちゃん。

自分がした事に気が付いて涙目になっている麗奈ちゃんをなだめる久美子はんが
大人ですねぇ。合宿の時は「麗奈は大人だよ」と言ってたけど、そんなことないよ?

そして、直後の優子ちゃんのこの台詞!
euph_st12_04
優子ちゃんこそ、マジファインプレー!!ですよー。

周りを見渡す能力に長けてる優子ちゃんだから、涙目になってワタワタしてる
麗奈ちゃんに気が付いてフォローしたのかもですね。


・北宇治の全国大会の結果は・・・

アニメだと別ルートかなあと思ったのですが、アニメも銅賞でしたねぃ。
全国の壁は厚いよねー。

とはいえ、このメンバーで初出場なのに銅賞で落ち込んでる北宇治は、良い意味で
意識が高いから、来年以降に期待できます!


・麗奈ちゃんの本当の告白

滝先生に有難うと言われた直後に、本当に告白しちゃった麗奈ちゃん。

トランペットパートのみんなは気が付くけど、滝先生は全く気が付かないっぽい。
麗奈ちゃんに気遣う優子ちゃんが、また優しいですねー。

同じパートにいい先輩がいて本当に良かったね、麗奈ちゃん・・・


・あの伝言

「今までよく続けてきたね。いい音色だったよ」

この一言だけで、あすか先輩は頑張ってきた甲斐あったよね・・・
本当に全国に行けて良かったと思いました。

進藤先生はあすか先輩の音色で気が付いたのかな?それとも、昔の面影で
娘とわかったのかな?両方のような気がします。

嬉しさのあまり、久美子はんに抱きついて「ユーフォ誉められたよ!」って
無邪気に喜びまくるあすか先輩が可愛いかったです。
復帰以降、あすか先輩の表情は作り笑顔じゃなくて本当の笑顔が増えました。


・麻美子お姉ちゃんと久美子はんのやり取り

途中で抜け出してお姉ちゃんを追いかける久美子はん。
そして、お姉ちゃんに「大好き!」と伝えられて良かったね・・・


全国大会が終わってしまって、最終回を残すのみになりました。

番外編の話が入るかなあ。あと、1話みたいに拡大版をしないかなあとか、
最終回がくるのは淋しくて仕方ないのですが、同じぐらいにどんなストーリーが
待っているのかも楽しみです。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!





 

「響け!ユーフォニアム2」11話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。

euph_st11_05
公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。

幼麗奈ちゃん可愛いですねー。


・あすか先輩の挨拶

真面目な挨拶して、「ちょっぴり大人になったかも」と久美子はんにアイコンタクト
してるんですよー。もー。


・緑ちゃん動く!
euph_st11_03
麗奈ちゃんと上手くいってないと久美子はんから聞いた緑ちゃんが動きます。

緑ちゃんは意外と麗奈ちゃんのことを見抜いてるのね。葉月ちゃんの反応を
見ると葉月ちゃんも「それはないわー」みたいな顔をしてるので、麗奈ちゃんが
意味なく怒る子じゃないと思ってるのでしょうね。


・夏紀先輩の差し入れ
euph_st11_01
あすか先輩とのやり取りが最高でした・・・!


・静かに。かなり怒っている麗奈ちゃん
euph_st11_02
滝先生の奥さんのことを黙っていた久美子はんに静かにかなり怒っていました。
9話の時に写真立てで気が付いちゃったものね。

ところで、小学生の時から家族で付き合ってたっぽい仲なのに、滝先生が結婚した
ことも麗奈ちゃんは知らなかったのね。亡くなったことよりも結婚したことを知らない
ほうがビックリした。

そして、久美子はんの冷静な言葉と声が怖い・・・
性格悪いどころか怖いよ、久美子はん。この人、一番怒らせたらやばい・・・!


・ 麗奈ちゃん回想

小学生低学年っぽい麗奈ちゃんの初恋と中学生麗奈ちゃんですね。
中学生麗奈ちゃんが渡された楽譜は「孤高のトランペット」でした。

麗奈ちゃんが中学生ということは奥さんを亡くされた後なのでしょう。。滝先生の
胸中を考えると切ないし、麗奈ちゃんが何で楽譜を貰ったかに後で気が付いたこと
を考えても辛いシーンでした。


・優子ちゃん動く

あすか先輩の退部騒動の時も優子ちゃんは様子を伺っていましたが、麗奈ちゃんの
様子もしっかり見ていたのですね。

声を掛けるタイミングや状況も狙っていたんでしょうね。いざとなったら、顔を赤くして
そっぽ向いて照れちゃうのも優子ちゃんらしいです。
麗奈ちゃんは本当にいい先輩を持ったよね・・・


・ 滝先生に奥さんのことを聞く麗奈ちゃん

必死に奥さんの事を聞こうとする麗奈ちゃんは可愛いのですが。
その帰り道の久美子はんが怖かったです。やっぱり、この人、一番怒らせたらやばい! 


・お墓参り

麗奈ちゃんの行動力がすごい。お墓の場所まで聞き出したんかい・・・!
何も言わずに「わかった」と付き合う久美子はん。あなた、本当に高校1年生?

麗奈ちゃんがラストに演奏した曲が、中学生の時に滝先生からもらった楽譜の
曲らしいですね。


晴香部長が「当日は~」と指示をしていたので、次回は、そろそろ全国大会に
向かうのかな?とても楽しみです。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!

「響け!ユーフォニアム2」10話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。
euph_st10_02
公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。 


・帰り道の久美子はん

あすか先輩のユーフォが良かったじゃなくて、「頭にこびりついて離れない」
という感想が印象的でした。

「先輩の音色は相変わらずいいな。いい曲だったな」 
では、ないんですね。


・翌朝に聞きだす低音パートメンバーたち

部活ではないのに、全員集合する仲良しっぷり。

憤慨する緑ちゃんをナデナデする夏紀先輩の姿やチューバカップルのやり取りが
微笑ましかったです。
あすか先輩は低音パートメンバーにかなり慕われてるなあって改めて思いました。 


・黄前姉妹

麻美子さんはご飯作りが苦手なんですね。
ひとり暮らししてるのにお味噌汁が作れないレベルなんて、すっごく共感できます!
妹の方が料理できて、「その鍋を何とかして」と指示されてる姿も特に・・・

姉妹のやり取りが、姉妹あるある過ぎて!
「お姉ちゃんだから我慢した」「私の方が見捨てられてたからだよ」の言い合いって
武田先生や京アニスタッフさんに我が家の姉妹喧嘩を見られてたのかしら?
と思うぐらいにリアルでした。

電車の中で「私も淋しいよ・・・」ってボロボロ泣く久美子はんが可愛すぎて。
麻美子さんが羨ましいです。
怒るシーンが多くても、何だかんだと優しくて憧れのお姉ちゃんだから当たり前ですね。


・アイキャッチ


まさかの後藤先輩!
女の子13人で揃えると思ってたので、チューバカップル揃い踏みで嬉しいです!


・3年トリオの会話

目が赤くなってないか確認した久美子はんが偶然聞いてしまった3年トリオの会話。
晴香部長と香織先輩の説得も全くきかないあすか先輩に違和感を覚える久美子はん。


・久美子はんとあすか先輩との会話

最初は久美子はんも晴香部長と香織先輩のように出て欲しいだけしか話しません。

あすか先輩から正論を言われて、一時何も言えなくなってしまう久美子はん。
でも、あすか先輩が立ち去ろうとした時に、本当の本音をぶちまけることができました。

流石に、久美子はんの心からの本音は、あすか先輩にかなり効いたようです。


・あすか先輩復帰の前触れ

チューバカップル、耳打ち話してるのですが。ここ、部室だからね!!
(いいぞ、もっとやれ・・・)

それはそうと、休憩時間に「じゃあ」って席を立つ夏紀先輩が格好良すぎて
泣けます。


・あすか先輩復帰
euph_st10_03
耳打ちしても、実際に復帰したのをみて涙ぐむ梨子ちゃん可愛い。
あすか先輩がらみだと泣き虫だった一面を知ることができて良かったというのは、
騒動が決着したから言えることですねー。

夏紀先輩の「謝らないでくださいよ。私、待ってたんですから」の笑顔がぁああ!
チームもなかで夏紀先輩お疲れ様会してあげてぇえええ!

そして、あすか先輩と久美子はんの「ただいま」「お帰りなさい」は最高でした!
euph_st10_05
euph_st10_04


・・・間違っても、「OPで全国大会のシーンであすか先輩いるじゃん?」
とか突っ込んではいけないよね?突っ込まない、突っ込まないよ??


あすか先輩が復帰したと思ったら、麗奈ちゃんの様子が???
と気になるところで次回へ。

引力の関係が変わるのかどうか。私、気になります!


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん! 

「響け!ユーフォニアム2」9話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。

euph_st09_01
公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。


・香織先輩の作戦

euph_st09_04
栗饅頭キター!!! 

紙袋しか出番がなかったので、幸栄堂さんのものか特定できず。
でも、袋の色合いや、あすか先輩の最寄り駅が幸栄堂さんも近くにある
三室戸駅なので、モデルになったお店だと思ってもいいのかな?

香織先輩があすかママの好物を知っているのはお母さん同士が知り合いだったりして?
そんなご都合主義ある訳ないですね。


・くみれいのやり取り

「いい子ちゃんの皮をペリペリっと剥がしたくなる」
って、これ、1期8話の再来じゃないですかー。やだもー(大歓喜

しかも、あの時に比べてくみれいの距離が近い、近すぎるっ!
県祭りから数ヶ月経って、ふたりが仲良くなった証ですね。


・写真立て

とうとう麗奈ちゃんが気づいてしまいました・・・!
机に写真をいつも置いていたら、今になって気が付いたのも不思議な感じが
するけど、先生が起きていたら麗奈ちゃんは先生しか見ないよね。


・あすか先輩との会話

「久美子はんはユーフォっぽい」
というアニオリ台詞は最高ですねー。

普段は警戒されてる久美子はんに「先輩のユーフォを聴きたいです!」って
素直に言われてしまったら、あすか先輩も吹きたくなっちゃいますよね。

そして、この笑顔。
euph_st09_05
あすか先輩って、こんなにいい笑顔するんだ・・・って思いました。
たぶん、心からの笑顔なんでしょうね。

久美子はんがあすか先輩の鉄壁の仮面をペリペリ剥がす方になっていた
ような気がしますよ、これ。


そして、あすか先輩のユーフォの演奏が今回のED。

くみれいのやり取りといい、特別EDといい、1期8話の「おまつりトライアングル」
を髣髴させるお話でした。


まだまだ、あすか先輩の退部騒動は解決してないけれど、何とかなりそうな
雰囲気もあった9話でした。

何よりも、あすか先輩とのやり取りからのユーフォ演奏が最高でした。


次の話が怖いけれど楽しみです。


ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん! 

「響け!ユーフォニアム2」8話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。
euph_st08_04
公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。 

それにしても、小学生久美子はん天使可愛いです。 


・小学1年生久美子はんの回想

上のアイコンよりも更に幼くて可愛いですねー。
舞台のお姉ちゃんを見て憧れちゃうのもわかります!
 

・黄前家の家族会議


一番上の兄や姉。そして、一人っ子だと、あるあるな話ですね。
この会議を近くで聞いてた久美子はんも滅茶苦茶気まずいだろうなあ。

「転校したくなかった」だけなのは、アニメ版だと全員が標準語仕様なので
東京から引っ越してきた設定はなさそうですね。

※原作だと、みぞれちゃんと久美子はん以外は京都弁なので、何度か
「小学生の時に東京から引っ越してきたから」と説明してるのですよ。


・回想シーンの久美子はんの関西弁っぽいイントネーション


麻美子さんが中学3年生のようなので、久美子はんは小学4年生ですね。
原作だと、ちょうど東京から引っ越してきた歳になります。

今のところ、久美子はんが関西弁っぽいイントネーションで話してるのはココだけ
のような気がします。

もしかしたら、久美子はんが標準語を話しているのは、引越当時は周囲に馴染もうと
京都弁喋ろうとしてたけど、秀一さんに突っ込まれて、かたくなにやめてしまったなんて
裏設定があったりするのかなーとか。ちょっと妄想しました。


・あすか先輩、お家に誘う
euph_st08_01
退部騒動の渦中の先輩から、勉強を教えるからと誘われた久美子はん。

数学苦手で良かったね・・・なのかどうか。
あすか先輩は勉強も教えるの上手そうですよね。これは期待できそう。


・低音パートはママばかり

風邪気味の久美子はんを心配する姿が、どう見てもママ達でした・・・
後藤パパもいましたね。
低音パートって包容力多い人が集まってるのは気のせいでしょうか。

同じく心配する麗奈ちゃんはママというよりお姉さんって感じに思えました。


・久美子はんと葵ちゃんの会話


部活の先輩後輩の関係から、すっかり昔の幼馴染みに戻った会話でしたね。
久美子はん、敬語やめたどころか軽く怒ってたし。


・「プリン。抹茶じゃないやつ」

宇治で「抹茶じゃないやつ」をリクエストしたら、ほうじ茶プリンが来るのは京アニさん、
わかり過ぎてるなあ。

宇治の甘味どころでは抹茶かほうじ茶の二択のお店が多いですから。
バニラって選択肢すら、あまりないのですよー。

さて、宇治駅近辺のスーパーには、ほうじ茶プリンはあるのかな?
ちょっと怖いものみたさで食べたみたいです。


・小学4年生久美子はんの回想

ユーフォとの初めての出会いですね。

トロンボーンパートに梓ちゃんっぽい子(右端のピンクのトレーナーを着てる子)が
いますが、黄檗駅が最寄りの梓ちゃんと宇治駅が最寄りの久美子はんでは小学校は
別々だろうなあ。

指で音を鳴らす練習で「お姉ちゃんが教えてくれた」というシーンで左隣にいる
男の子は秀一さんっぽく見えますが、髪の色が違いますよね。

もしかしたら、高校の時に「他の楽器も見てくるね」と緑ちゃん達に言って、真っ先に
向かったのはトロンボーンだったりするのかな?


・麗奈ちゃんのお見舞い

風邪のお見舞いでユーフォのCDを買ってくる麗奈ちゃん。「愛が重い、重すぎる!」
お見舞いに来た本人が起きるまで待っている。「愛が重いっ!だが、その重さがいい」

緑ちゃんのガチャガチャと葉月ちゃんの普通のプリンのお見舞いの品がそれぞれ
らしいですね。葉月ちゃんが一番お見舞い慣れしてるっぽいようで。


・姉妹喧嘩

「あー、この手の姉妹喧嘩あるあるあるー」

というか、私は妹と何度か「そのCD止めて!」「嫌!」「じゃあイヤホンして!」と
やり取りしてたので、めっちゃリアルだなあと思いました。

CDが切っ掛けの喧嘩なのに、他の方向まで発展するのもあるあるあるですね。

そんな軽い姉妹喧嘩の話じゃないのは、十分にわかっているのですが、
共感し過ぎてついつい・・・


・秀一さん動く

数日前に久美子はんから「お姉ちゃんとはほとんど話してない」と聞いて、
何かを感じたのでしょうか。

麻美子さんに色々自然に伝えてるのは、グッジョブと言いたくなりました。

ところで、麻美子さんが名古屋で全国大会をすることを知ってるというか
ちゃんと覚えていたんですね。
実は、何だかんだと妹の久美子はんのことを応援してたりするのかな?


・麻美子さん回想

回想シーンの久美子はん可愛い。中学生の麻美子さんもまだ小柄だったのか、
通称久美子ベンチに足が着いてないのも可愛いです。

麻美子さんが関西大会のCDを聴こうと思ったのも、秀一さんのお陰ですね。


・あすか先輩が来なかった場合は・・・

滝先生の報告で一番驚いてるのが優子ちゃんなのが意外です。

果たして、どんな思いで聞いたのか、彼女の心境が知りたいです。
のぞみぞれ編から、優子ちゃんの心境があまりわからなくなってしまったのは
残念です。


7話で少し崩れたように感じた作画も、この8話では劇場版以上になっていて
安心するというより「凄い」と思いました。
もちろん、ストーリーも重厚で30分があっという間に終わります。


ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!

「響け!ユーフォニアム2」7話感想

こんばんは。ユーフォ大好き、いぬもにです。

「響け!ユーフォニアム2」を見てますか?
もう、ユーフォ好きな人といっぱい喋りたくって、語りたくって、うずうずしてます。

という訳でネタバレ感想です。
ネタバレが苦手な方は回れ右してくださいねー。

また、いぬもには、

「きゃぷちゃー?何それ?」

というPC音痴ですから、ほぼ文章のみの感想になります。ぺっこりん。
 euph_st07_01
公式のスタンプ風アイコンいいですよね。
1話ごとにもっともっとあったらいいなって欲張りなことを思ってしまいます。 


・後藤先輩痩せすぎぃいい

この7話はちょっと作画があらあら・・・なところが目立ちました。
そのひとつに、後藤先輩が細くなったような?

作画があららと言っても、今までが劇場版を超える神レベルでしたから、
毎週の放送で同じレベルを望むのは贅沢過ぎますね。


・ あすかママと滝先生のやりとり


あすかママの喜怒哀楽の「怒」と「哀」がすさまじいシーンですが。

滝先生が話してる時に、ひそかに顔をぱぁっと明るくしたあすか先輩が
印象的でした。 
初めて見るあすか先輩の素の表情だった気がします。 


・梨子ちゃん泣きすぎ

他の低音メンバーもあすか先輩が低音パートの練習に来た時に
駆け寄ったのですが、梨子ちゃんの反応が凄かったですねぇ。

あすか先輩をかなり慕っていたんだなあと改めて思いました。


・3年トリオ

後輩の低音メンバーには不機嫌さを出さなかったあすか先輩も
同じ学年の晴香部長と香織先輩には少し本音を見せたような気がします。

一番板ばさみで辛くて退部させられるかもしれなくて悔しい思いをしてるのは
あすか先輩なんですよね。


・何ですか?これ。
euph_st07_02
違う、違うんだよ・・・

原作だと、このシーンは

「皆が最初の時と違って、頑張っているのはわかってるけど、これ以上
演奏したらミスが増えてしまっていい演奏から遠くなってしまうから」

といった感じで滝先生がみんなを宥めるんですよ。

このシーンだけは原作どおりにやって欲しかったので残念でした。


・晴香部長と優子ちゃん

晴香部長の演説時に何気なくうつる3年生達がいいですね。

もちろん、晴香部長の演説内容もすばらでした。
その演説に応える優子ちゃんの「あんまり舐めないでください」も。

このいいシーンなのに、優子ちゃんの作画がが。。。orz


・久しぶりに梓ちゃん登場


久美子はんと話すシーンと晴香部長のソロを見てるシーンで登場。

関西大会の後なのに、ひとりで北宇治の演奏を見てるのね。
『立華高校マーチングバンドへようこそ』を読んだ後なので少し違和感。

まあ、これ以上モブとはいえ、登場人物を増やすのも難しいよねー。
梓ちゃんの周りだけ誰もいないのも不自然とかも禁句かしら?


・北宇治の演奏

euph_st07_03
晴香部長のソロ、格好良かったです!

パーカッション組が楽しそうに演奏してるのも良かったし、葉月ちゃん始め、
チームもなかのメンバーが一生懸命に演奏してるのも良かったし。
とにかく最高でした!

来年1月に発売されるサントラの吹奏楽盤ではフル演奏が聴けるのかなと
思うと今から楽しみです!
学園祭ver と駅ビルコンサートver のふたつが聴きたいと思うのは贅沢かな?
でも、三日月の舞で香織先輩ver と麗奈ちゃんver を作ったじゃら、期待しちゃって
いいですよね?


・京都の駅ビル風景がリアル!


昨年、京都の中学校吹奏楽部が集まったコンサートをチラっと見たことがあって、
今回の「えきびるコンサート」で見事に再現されてるなあって思いました。

背景はもちろん、コンサートを階段で見てる人たちやコンサートに気が付く人の様子も
昨年見た光景そのままでビックリしました。


・全国大会金賞の清良女子

「お見せしよう、全国の演奏を!」

演奏シーンがあるかと思ったら、北宇治のみでしたね。清良女子の演奏は全国大会
までの楽しみにとっておきましょう。



ちょっと不満が残るところもありましたが、今回も見所たくさんで良かったです。
不穏な終わり方も気になりました。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!
咲まとめアンテナ
清澄高校応援中です♪
OuenKiyosumi
  • ライブドアブログ