京の萌え燃え日和

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。 咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。 その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

ユーフォはじめ京アニ作品と咲シリーズを応援するブログです。
咲シリーズは宮永咲ちゃん&清澄高校&シノハユ推しです。
その他に艦これも少しあります。旧ブログ名は咲クラ女子

小説感想

『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章後編』の感想

こんばんは。
ユーフォは原作も大好き、いぬもにです。

後編を読んだ後は、尊死しましたw
で、アイコンも2日ほど星に。
hosi
いくら、自筆とはいえ。
公式マスコットキャラのチューバくんを
セピアやゾンビカラーにする訳には
いきませんからね。

そんなことしたら、推しの緑ちゃんから
怒られちゃいます!


既に、先人のすばらな感想を沢山
読んだり聞いたりしてるので、無意識に
影響受けてるかもしれません。

そんなところを見つけたら、笑って
許して頂ければ幸いです。

ネタバレ防止に、イベントで配布された
缶バッジ画像を再び貼りますねー。
D7-yc-dV4AItYy_

では、ネタバレいきまーす!


まず、表紙ね。

久美子はんのみなのも珍しいですが。
「ヒミツの話」以来の笑顔表紙も
珍しいです。

この表紙の笑顔なら、途中でどんな困難が
あっても大丈夫!と安心して読めます?


・プロローグ

まさかの求きゅんでスタート!

府大会前のお墓参りエピソードをここに
持ってくるかーってなりました。

そして、お姉ちゃんは亡くなっていたのね。
何となく察してたけど。

似てるだけなら、緑ちゃんにワンコ状態で
懐かないもんね…

亡くなったお姉ちゃんに、めっちゃ可愛がって
もらってて。求きゅんもお姉ちゃんに甘えて
慕って、仲の良い姉弟だったんだろうなと
想像できてシンドイです。


・まゆゆ

ただの女神でした。

これは、私が久美子はんに正直そんなに
思い入れできなかったからなんですよね。

久美子はんに助けられ慕ってきた奏ちゃんや
サリーちゃんは、事あるたびに
「久美子先輩を応援してます」
「私は久美子先輩の味方ですよ」
と伝えてきます。

そう。
関西大会では、まゆゆがユーフォのソリを
担当したから。

関西大会オーディション発表後から全国大会の
オーディション発表までの部内のギスギスは
過去最高に凄まじかったですね。

でもまあ、下級生の麗奈ちゃんの陰口を
言ってた2年前よりマシなのかなー。

あの時は、麗奈ちゃんの味方は久美子はんしか
いなかったけど。

まゆゆには、つばめちゃんという親友がいて。
そして、久美子はんもライバルだけど味方で。
緑ちゃん葉月ちゃんも冷静に立ち振る舞ってて。
滝先生パトロールして陰口を言った部員を
〆る麗奈ちゃんがいて。


そして。まゆゆは2年前の麗奈ちゃんよりも、
遥かに強かった。
しなやかに北宇治高校吹奏楽部で過ごした。

まゆゆが強くて憧れる相手を麗奈ちゃんでなく、
緑ちゃんを選ぶのも納得です。

しなやかに強くなりたいんだろうなあ。
もう、とっくに、緑ちゃんの域にいるのにね。


カメラに映るのを嫌がってた彼女がユーフォ組
4人の撮影で収まってるのが嬉しいし。

そんな彼女とつばめちゃんの写真を撮りに
行かなきゃって呟いてる久美子はんもいい。


久美子はんが前編で聴かれるのを嫌がった
「響け!ユーフォニアム」を素直に
あすか先輩から教えてもらった曲と言えた
のも、まゆくみが仲良くなる兆候と思います。

まゆゆがユーフォのテーマ曲にしようよ!の
提案をするのもいいですね。

その提案を素直に受け取る久美子はんも。


全国大会が終わったら、親友にならなくても
卒業後も連絡取りあう友人になってそうだな。
まゆくみ。


久美子はんの言葉が、珍しくまゆゆに
刺さらないのは、彼女が全く困ってないから。

まゆゆはまゆゆのままで全国大会まで駆け抜け
ました。誰にも助けを求めずに、ひとりで
ひっそりと感情を整理して過ごして。

むしろ、まゆゆが転入してきたことで、
吹奏楽部という大所帯で自分の感情を抑える
事ばかり長けてきた久美子はんが、気持ちを
伝えてもいいと変わったのかもしれません。


・秀一さん

部長と呼んでたのはカモフラージュでした。

ひたすらに、久美子はんを見ていて、
いざとなったら手助けができるように、
用意周到だった。

と言うか。
ほんっとーに、久美子はん大好き過ぎるな!
の一言に尽きるわ。

久美子はん以上に、まゆゆソリになった時に
求きゅんを怯えさせるぐらいに荒れるし。

麗奈ちゃんが「部長失格」と言ったことを
知った時は、剣呑な表情になって、
あの麗奈ちゃんが逃げ出すぐらいになるし。

その後の久美子はんが心配し過ぎて、
マンションの前で何時間も待つし。
いやいや、君は受験生だよね?って。

そして、全国大会!
イタリアンホワイトのヘアピンをポケットに
入れて演奏に向かうって、どれだけ好きなの。

本当にごちそうさまですとしか!
そして、卒業7年後も付き合っているのが
確定してるのが嬉しい。

だって、久美子はんは別れる時は貰った
アクセサリーを返す女だから。

そのヘアピンを大事に持っているって事は
今も秀一さんと付き合っている訳で。

もしかしたら、職場では旧姓を使ってるけど。
すでに結婚して塚本久美子になってるかもね?

そんな妄想も楽しい。

何よりも、「誓いのフィナーレ」で
「絶対に全国金を獲ろうな」
の誓いは、1年越しに達成できて良かったね…

となりました。


・麗奈ちゃん

鬼のドラムメジャー。
全国金を獲れてよかったね。

そして、滝先生の母校じゃなくて
アメリカの音大に行くんだねぇ。

彼女の未来にも幸あれ。

1年の頃は大人っぽいと言われた彼女でしたが
周りのみんながどんどん成長したからか。
最終巻では大人っぽいと言われなかったような?

それもまた、麗奈ちゃんなんでしょうね。



・葉月ちゃん

最終楽章後編は、久美子はん成長物語
だけど。

同時に、葉月ちゃん成長物語でも
あったなと思うのです。

久美子はんと共に進路が決まってなかったのに
夏休みに、保育士の資格が取れる短大に行く
と決めるとか。

ギスギスしたユーフォとは裏腹に。
技術面は美玲ちゃん、精神面は葉月ちゃんが
引っ張って和気あいあいのチューバパート。

演奏も上達した葉月ちゃんが発言力を持ち
始めてるのも、吹奏楽あるあるだろうなー。

葉月ちゃんの部活面の発言に、ドキッとする
久美子はんは、最終楽章後編が初めてだし。

葉月ちゃんの未来も明るいものであります
ように!って、祈らなくても、明るい未来を
切り開いていくのが葉月ちゃんですね。

そう言えば、葉月ちゃんが志望する短大。
仏教系の保育士の資格が取れる短大って、
京都文教短期大学じゃないですかねー。
葉月ちゃんの自宅から通えるし。

宇治で、響け!ユーフォニアムプロジェクト
している大学さんの短大!

「誓いのフィナーレ」の北宇治吹奏楽団の
定期演奏会のポスターといい。

これまで、宇治の舞台を盛り上げてくれた
団体さんに、公式が
「これは愛の告白」
をしている可能性はあるんじゃないかなって。

そんな事も妄想できて美味しいです。


・緑ちゃん

不穏さが全くなく終わりました。
強豪から、府大会銅賞の学校に来た時点で
闇深いと思ったんですけどねー。

単に、恋愛したかっただけかなー。
それとも、聖女の高校の制服が死ぬほどに
ダサい設定なのか。謎のまま終わりました。

でも、緑ちゃんも志望校に合格したので、
OKです。

ついでに、求きゅんと恋愛関係になりそう
なので、そこもOKです。

緑求の恋愛話は短編集でやるはず。きっと!
緑ちゃんの少女漫画見たいな恋愛をしたい
夢を叶えてくれるのは、求きゅんだ!

求きゅんと言えば。
合宿でお姉ちゃんの話を打ち明けられて
動揺しても。友達の久美子はんや麗奈ちゃんに
全く話さないのは強いな。

そりゃ、まゆゆも緑ちゃんに憧れる。

秀一さんがブチ切れしそうな瞬間に逃亡した
麗奈ちゃんと違って、しなやかに強い。


・奏ちゃん

まゆゆに懐かない訳が判明しましたね。

そして、関西大会以降はメンバーから
外れてしまう奏ちゃん。

発表時に泣き崩れるどころか、普段と
変わらない表情を作るのは、強いですね。

まゆゆが転入してきた時点から、メンバーに
入れないことも考えていたのは聡明でした。


何よりも、久美子はん好き過ぎて。

よく考えれば、久美子はんは何度も
「響け!ユーフォニアム」を学内で吹いて
いるから、奏ちゃんも聴いてるんですよね。

でも、久美子はんが、まゆゆに言うまでは
「その曲、素敵ですよね」
って言わずに、黙って聴いてきたんですね…

ノートを見て、曲名を知っていても。それでも、
ずっとずっと黙っていて。

どれだけ、久美子はんを好きなのか伝わります。

最後に、久美子はんから引き継がれて良かった。

奏ちゃんが佳穂ちゃんと新しい後輩に
「響け!ユーフォニアム」を引き継ぐ姿も
見たいですね…

もちろん、最高学年になった奏ちゃんが、
ユーフォニアムのソロを担当するコンクールも
見たいです。

まゆゆに懐かない理由も
「久美子先輩の場所を取られちゃう」
が大きいのも健気で可愛いでしょ…

最終楽章後編以降は、くみかなも流行って…
なつかなと同じか、それ以上に熱いCPだと
思うの。


・新1年低音トリオ

佳穂ちゃんと弥生ちゃんは癒し系可愛い。

特に佳穂ちゃんの笑いの低さが、低音の
癒しになってていいですねー。

本当に愛らしい後輩。そう言えば、
久美子はんは、新1年低音トリオに
「めんどくさいなー、1年生」
とは言わなかったですね。


・すずめちゃん

低音の台風の目。

さっちゃん先輩が善人で良かったね…

来年以降、美玲ちゃんがんば…



・サリーちゃん

久美子部長応援団長と化していた!

今年は、優子ちゃん状態になった後輩が
奏ちゃんとサリーちゃんと2人になってる!

他にも、応援してますって声を掛けてた
後輩がいたから、久美子部長ファンクラブが
出来てたんじゃ?

でも、サリーちゃんが心身ともに元気に
部活してるのでOKです!


・美玲ちゃん

「来年は一緒に吹きましょう!」

関西大会以降は夢が叶って良かったね…

チューバ4人のコンクール編成も中々見ない
けど。

音大行きのクラリネットとトランペット。
音大行きのクラリネットの彼氏はサックス。
覚醒したトランペットの夢ちゃん。
その他の麗奈ちゃんが鍛え上げたトランペット。
どっちがソロでもおかしくないユーフォ2人。
高校で転向したトロンボーンのヤバい奴。
ヤバい奴らの集団でしかないパーカス。
のぞみぞと新山先生が鍛え上げた木管㌠。

うん、チューバ4人必要だわ。(素人発想


・さっちゃん

さっちゃん先輩と呼ばせてるのかー。
そして、美玲ちゃんをみっちゃん先輩と
後輩に呼ばせてるのね。

みっちゃん先輩を受け入れてる美玲ちゃんも
いいね!

すずめちゃんの鋭い発言も笑顔で受け入れてる
度量の大きさよ…

来年の低音はさっちゃん先輩に掛かってる。
でも、彼女なら難なく解決しそう。
そう頼れそうな未来が見えた。


・求きゅん

過去が判明しましたねー。
緑ちゃんには勿論。サンフェス以降は
久美子はんにも少し打ち解けたのかな。

緑ちゃんを異性として好きになってきて
付き合えたらいいねー。って思う。

彼が北宇治に来て後悔したことがないと
久美子はんに伝えたのは、自分の過去を
話すのもあったけど、激励と感謝の意味も
あったんじゃないかなーって思う。


・梨々花ちゃん

今回はそんなに出番ないけど。

たぶん、奏ちゃんがメンバーから外れた時に
慰めてるのは梨々花ちゃんじゃないかなと。

1年の時に、同じように、先輩が上手過ぎて
枠がなくて落ちたからねぇ。奏ちゃんの
気持ちは痛いほどわかるはず。

大好きな先輩の最後のコンクールで一緒に
舞台に立てなかったのも共通してますね。

メンバー落ちの経験をしたりりかなが引っ張る
だろう北宇治の物語も見たいです。

南中で部長してた北山タイル君が幹部入り
するかどうかも、秘かに気になります。


あすかおり

魔法のチケットが活躍しましたねー。

まさか、連絡もなく会いに行くとは思わず。
それでも出会えてしまうんだから、あすくみも
引力ですね。

ルームシェアしてる香織先輩が久美子はんの
悩みを真剣に聞いて、アドバイスしてるのが
もうね…

あすか先輩もアドバイスするんだけど。最終的に
久美子はんが選ぶのは香織先輩のアドバイスと
自分の考えなのも、もうね…

そう言えば、久美子はんが一番似ている先輩は
意外と香織先輩なんだなって。

周りが困っている時に手を差し伸べて助けて。
かなり演奏が上手で。
実力者とソロ争いすることになって。
自分の方が人望があるから、みんな動くのが
ちょっと怖い。

部活面での共通点も多くて震えます。


・なかよしかわ

他校の吹部の子とガールズバンドしている!

その他校の子って、立華高校の橋本杏奈ちゃん
いませんかねー。京都の私立大学なら有り得る
話だと思うんですけどー。
立華大学だよってツッコミはナシで。
(モデルの京都橘高校は大学もあるのです)

でも、立華大学になかよしかわが進学すれば
杏奈ちゃんがガールズバンドにいるのも、
十分有り得るよね?

なかよしかわのアイス差し入れで、なつかなの
ハッピーアイスクリーム!も達成しましたね。

誓いのフィナーレネタを原作で回収する
スタイル、大好物です!


・のぞみぞ

見た目は変わらないけど、急成長したみじょ。
見た目が大きく変わった希美ちゃん。

希美ちゃんがみじょの演奏会に来たことが
嬉しいし、希美ちゃんを見たみじょが
「希美」
と真っ先に声を掛けるブレなさも懐かしい。

希美ちゃんが大学のオケサークルに入って
フルートを続けているのも本当に良かった。

コンクールがどんな結果になっても、
希美ちゃんにとってフルートは吹き続けるもの
なんだなと改めて思いました。


・久美子はん

最終楽章。特に、後編は久美子はん成長物語。
今まで、なあなあにしてきたと言うよりも。
感情を堪えて黙ってきました。

部活のためにと、精神的に辛くても、
ずる休みすることもなく、倒れることもなく。

北宇治高校吹奏楽部の部長で一番強い人
でした。

本人は強さに憧れているけど。とっくに最強に
強いんですよね。
部内の誰にも頼らずに、愚痴らずにいられる
部長さんって、中々いない。

演奏面も、まゆゆと互角レベルだったと判明し
音大を薦められるのも納得です。

吹奏楽部では気を張っているから、麻美子
お姉ちゃんやあすかおの前で、妹や後輩の
顔になれて良かったね…

最後は、秀一さんが受け止めるって
言ってくれて良かったねと。

秀一さんを頼れると理解した久美子はんは
更に、しなやかに強くなって。

自分の恋心にも気が付いて。

全国大会金の後で、告白して良かったね。
イタリアンホワイトのヘアピンを貰えて
良かったね。

でも、秀一さんがイタリアンホワイトの
ヘアピンを持っていると気が付いて告白した
可能性もあるな。
だって、久美子はんだもん!

秀久美、添い遂げた!

もちろん、くみれいちゃんも添い遂げた。

普通は、ノンケと百合は両立しないけど。
久美子はんに関しては、完全成立する。

だって、秀一さんと麗奈ちゃんは、
久美子はんの翼だから!


滝先生と部長として色々話してきた結果、
「私も先生のような人になりたいです」
と先生を目指すくだりを読んだ時に
思い出す前編プロローグ。

その後に出てくる桜の植樹イベントに
北宇治カルテットの写真撮影。
まゆゆから写真を貰ったらフォトフレームに
入れて飾ろうと思ったこと。

あのプロローグの先生は、久美子はんだと
確信しました。

まゆゆは、ちゃんと写真を焼き増しして、
久美子はん達に渡したこともわかって
ホッコリします。


・エピローグ

副顧問黄前久美子先生がイタリアンホワイトの
ヘアピンを持っていることが判明して、
秀一さんと付き合って(結婚して)いることが
わかるのがニヤニヤポイントですねー。

ここでニヤニヤできるために、一旦ヘアピンを
返す必要があったんですね!

だって、久美子はんは別れる時にアクセサリー
を返す女って、読者は理解しましたから。

そして、ラスト1行が
「北宇治高校吹奏楽部へようこそ!」

ここで、最初の巻の副タイトルを回収!

って、ゾクゾクしました。

正直、3巻で「響け!ユーフォニアム」を回収
したので、今後はどうなるかと思ってたんです。

まさかのでした。

久美子はんは副顧問なので、顧問がいる筈
なのですが。果たして、滝先生か松本先生か。

年数的には、滝先生がギリギリ在籍していると
思うんですが。公立の高校なので、2人とも
異動してる可能性もあるかなと。

または、先生を目指した北宇治OBの誰かが
顧問だったりして。
こちらも顧問が誰か考えると夢が膨らみます。


以上。
キャラごとに感想を書いてみました。

かつて、希美ちゃんが言っていた
「物語はハッピーエンドがいいよ!」
を体現した最終巻でした。

途中でギスギスした雰囲気になっても、
北宇治高校吹奏楽部103人は誰一人欠けること
なく、全国大会まで在籍しました。

コンクール結果も全国大会金賞。

周りの子の進路も次々に決まり、作中で
明記されなかった葉月ちゃん、秀一さん、まゆゆ
もストレートに進学で来たんじゃないかなと。

久美子はんは、前編プロローグの7年後と北宇治
赴任3年目の描写で、現役で大学に合格して
留年もしなかったことがわかります。

「響け!ユーフォニアム」も無事に奏ちゃんと
佳穂ちゃんや未来の後輩に引き継がれていって。

これ以上ない大円団だなと思います。

12作に渡って、素敵な作品を提供してくださった
武田綾乃先生と表紙だけで色々妄想させて
くださったアサダニッキ先生には、感謝の気持ち
でいっぱいです。

本当に素敵な物語を有難うございました!

次回の短編集も楽しみにしています。


では、ここまで読んで下さり有難うございました。感謝のぺっこりん!

『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章前編』の感想

こんばんは。
ユーフォは原作も大好き、いぬもにです。

出遅れ感がありますが、最終楽章前編の
感想を書いていこうかなと思います。

既に、先人のすばらな感想を沢山
読んだり聞いたりしてるので、無意識に
影響受けてるかもしれません。

そんなところを見つけたら、笑って
許して頂ければ幸いです。

ネタバレ防止に、イベントで配布された
缶バッジ画像を貼りますねー。
D7-yc-dV4AItYy_

では、ネタバレいきまーす!


まず、表紙でビックリしましたよねー。

だって、全国大会に行った時しか付けない
肩の赤いリボン付きで登場してるんですから。

久美子達が3年生になった時は、全国大会行きは
確定してると思って良さそうですよね。

奏ちゃんの表情が、2年前の優子ちゃんを
思い出します。香織先輩を慕っていて、ソロは
香織先輩に吹いて欲しいと麗奈ちゃんに頭を
下げていた、あの優子ちゃんに。


まゆゆの柔らかな笑みとは対照的に引きつり
気味のくみかな。

この3人のトラブルは前編で描かれるはず…
と思ったら、不穏なだけで終わりました。


そう。
今回の前編は、不穏な伏線だらけで。

解決したっぽいのは、サリーちゃんの悩み
ぐらいでした。

後は、トラブルには発展してないけれど、何か
起きてもおかしくな不穏な状況で、読んでて
怖かったです。


・プロローグ

最初は、「滝先生のモノローグって珍しい」
と思ったんですよ。

Twitterで、滝先生にしては違和感ない?って
感想を見るまでは。


久美子はんっぽいんですよね。
将来、北宇治に就任して吹奏楽部顧問になって
3年目の黄前久美子に。

よーく見ると、今まで全く描写がなかった
中庭の桜の木とか、ケラケラとはしゃぐような
笑い声の学生に自分を重ねるとか。

滝先生だと、不自然なところが多くて。
これ、久美子はんじゃない?と。


・まゆゆ登場

転入生のまゆゆ登場。

今まで、久美子部長の波乱の原因になる人物は
緑ちゃんだと思ってたんですよ。

コンクール主義になりつつある北宇治で、
先輩の厳しい指導から後輩を守るために

「コンクール主義なんておかしい。音楽は
もっと楽しいものなのに」

と反論するかなーって。

でも、その役目は、まゆゆでした。

ただ、まゆゆは柔らかく

「でも、それでいいんじゃない?」

と反論ではなく、自分の意見をふんわり言う
だけなので、大きなトラブルにはならずに
済んでます。

ただただ不穏ですけど。


また、まゆゆは久美子はん達と同じクラスに
なりましたが、修学旅行のグループ行動は、
つばめちゃんと一緒なんですよね。

つばめちゃんとまゆゆは相性がいい友達なのは
わかるんですけど。

同じ低音なのに、グループ行動は別の関係性
なのが、何となく女子リアルだなあって。

ソリ争いをしそうになってる久美子はんは
おいとくとして、緑ちゃんと葉月ちゃんも
まゆゆやつばめちゃんを修学旅行の電車行動
に誘わなかったのかなと疑問が残ります。

ディズニーでは5人一緒に行動してて、
ちょっとホッとしました。


柔らかな笑みで包み込む感じのまゆゆは、
奏ちゃん以外の後輩には好評でしたね。

このあたり、後編で、久美子部長派とまゆゆ派に
分かれたりするのかなーって穿った見方を
したくなり…


・秀一さん

頑なに部長としか呼ばない秀一さん。

仏の副部長と呼ばれてる彼が調整役をやって
いるとの説をTwitterなどで見ました。

でも、本当の意味で調整役にならないと、
部長の久美子はんが潰れそうだなと。

もしかしたら、彼の言動が引き金になって、
久美子部長が関西大会や全国大会直前に
倒れたり、精神的に潰れたりしないだろうか
と冷や冷やしてます。

だって、弱点メンタルって、夏紀先輩にハッキリ
言われてるのに。その伏線が回収されないまま
終わるなんて思えないです…


・麗奈ちゃん

北宇治の鬼のドラムメジャー。

メッチャ厳しい。
この厳しさは、一昨年、昨年と全国金を
取れなかった悔しさから来てるんだけど。

この麗奈ちゃんの悔しさをまゆゆや新1年生は
共有出来てないから、ただ厳しいと思うだけで
終わってしまう。

本来は、ドラムメジャーは部長を助けるために
作った新しい役職なのに、逆に久美子部長が
フォローに回っているのが、何とも…


逆に、音楽面以外は麗奈ちゃんのフォローが
光ります。

秀一さんに警告したり、縣祭りに用事を作って
断りたい久美子はんに助け舟を出したり。

麗奈ちゃんは特別だと思った久美子はんを
とことん大切にしてるんだなと思いました。


・葉月ちゃん

Aメンバーおめでとう!!!

もう3年目だから、高校からとか関係ないと
言うのがリアルなのかなー。

久美子はんも心の中で祝ってるのが、もうね…

だって、第二楽章の散々な描写。あれ、友人に
対しての思いじゃないでしょ…


・緑ちゃん

一番不穏なんですけどw

穿った見方し過ぎですかね…?


・奏ちゃん

何故か、まゆゆに懐かない奏ちゃん。
まゆゆが入った事でコンクールメンバー入りに
黄色信号が灯っただけなのかどうか。

何となく、2年前の優子ちゃんポジションに
なっているのも不穏ですねぇ。

想像以上に、久美子はんを慕っていて、ソリを
久美子センパイに吹いて欲しいから、まゆゆを
警戒してるのか謎です。


・新1年低音トリオ

すずめちゃん以外の2人は癒し系。
本当に可愛い後輩って、こういう子達を
言うのですよ、奏ちゃん。

素直で可愛くて。
まあ、初心者だらけで、来年の北宇治の低音が
大変そうなのは見なかったことにしましょう。

そして。ユーフォの新1年生の佳穂ちゃんは、
初心者で久美子はんともそんなに接点がないから
「響け!ユーフォニアム」を引き継ぐとしたら
奏ちゃんになると思うんだけど。

前編が終わった今も、奏ちゃんが聴くシーン
すら出てこないんですよね。代わりにまゆゆが
聴いちゃってます。

「響け!ユーフォニアム」後継者も誰になるか
気になるところです。


・すずめちゃん

今年の低音。いや、吹奏楽部の台風の目。
昨年の奏ちゃんや美玲ちゃん、求きゅんが
可愛く思えるぐらいの問題児では?

2学年下だからか、昨年度より余裕があるからか
久美子部長は「あらあら」とドッシリ構えて
いますが。

後編に何もないといいのですが…


・サリーちゃん

斉藤葵ちゃんを彷彿させる苦労人。
久美子部長の励ましで元気になったから。

これで、大丈夫なんだよね?ね?

後編で、再びサリーちゃん問題やるページ数も
ないと思いますし ←


・美玲ちゃん

「来年は3人で一緒に吹きましょう!」

「誓いのフィナーレ」のこの言葉を聞いた後に
コンクール結果を見るのがシンドイ。

落ちたさっちゃんよりも、美玲ちゃんの方が
感情重いのが、もうシンドイ。

久美子部長を脅すような発言するまでに、
追い詰められてるのシンド過ぎる…

関西大会以降で、美玲ちゃんの
「来年は3人で」
の願いが叶うかどうかも気になります。


・さっちゃん

今作も癒し系マスコットキャラ。
ホントに癒し。

緑ちゃんタイプで、後輩を指導すべきところは
きちんと指導する。

小さい体でチューバ吹くのは不利だったのかと
思わせるコンクール結果がシンド過ぎる…


・求きゅん

可愛い。
緑ちゃんに恋愛感情を持ち始めたかも
描写にドキドキしますねー。

緑求で付き合っちゃっていいのよ?


・梨々花ちゃん

1年指導係だし、パートリーダーだしで、
未来の部長さん枠?

しっかりしてて、実力もあって人気者。
1人しか受からないオーボエじゃなかったら、
1年からコンクールメンバーだったはず。

久美子部長を一番支えてるのは、秘かに
梨々花ちゃんなのかもしれないですね。



以上。
キャラごとに感想を書いてみました。


関西大会出場を決めた北宇治高校吹奏楽部。

果たして、全国に行くんでしょうか?
前編の表紙で、全国の証ともいえる赤リボンを
腕に着けていたから、きっと全国は行くよね?

そして、「響け!ユーフォニアム」は、誰が
継承するのか?

府大会前後でも、未だに希望学部が決まらない
久美子はんの進路は?

まゆくみ、くみまゆとカップリングで呼べる
ぐらいに、まゆゆと久美子はんは親友に
なるのか?

秀久美は復活するのか?

色々と気になることが多すぎて、土曜日が
待ちきれません!

また、色んな妄想をしながら、当日を
迎えたいと思います。

では、ここまで読んで下さり有難うございました。感謝のぺっこりん!

『君を漕ぐ』響け!ユーフォニアム コラボ掌編の感想

こんばんは。いぬもにです。

『君を漕ぐ ながとろ高校カヌー部』の
初版を無事に買えたので、ユーフォコラボ
掌編を読むことができました!

わーい!

ユーフォと違う出版社なのに、コラボ掌編を
入れてくださった新潮社さんに、感謝です!

という訳で。
特別掌編「ある日、東京にて。」の
ネタバレ感想いきまーす!

1552045293-81-Photos

掌編は、チラシの形で、10pの短編です。

ユーフォから登場するのは、低音トリオの
3人だけです。

その3人以外の情報は
「北宇治の修学旅行は3年時で東京」
のみです。

ええ、麗奈ちゃんも。秀一さんも。
まったく登場しないのですよー。

低音トリオの3人が新宿駅で迷子になっている
ところをながとろ高校カヌー部の主人公達が
道案内して助けるお話です。

人懐っこく助けを求めて、初対面でも話しまくる
緑ちゃんと葉月ちゃん。

恐縮しながらも、会話が途切れそうになると
助け船を出す久美子はん。

普段の姿が見られますが、この掌編の
語り手は低音トリオではないのがポイント。

ながとろ高校カヌー部のあの子の視点で
語られるので、外から見た低音トリオの
様子が新鮮でした。


最後に、緑ちゃんが阿闍梨餅(あじゃりもち)
を道案内した、ながとろ高校カヌー部の子に
渡すのですが。
D0LR3QUUUAAZJnd

大人気の阿闍梨餅は、早朝には買えず。
部活帰りの緑ちゃんが買うのは厳しいおやつ
なので、

「緑ちゃんの両親が、修学旅行前日に用意した」

と思ってしまいました。

そして、飴ちゃん。いえ、飴もあげようと
してるあたりが、関西のおばちゃん化してる?
と微笑ましかったです。


ながとろ高校カヌー部のあの子視点の
掌編だから、加藤葉月ちゃんファンにも
安心しておススメできる作品となっています。

是非、原作葉月ちゃんをご堪能くださいませ。

久美子はん視点の本編はねー。
縣祭り以降から、心の中で若干、かなりディスり…

もちろん、『君を漕ぐ』本編もユーフォとは
また違った爽やかな王道部活物語なので、
こちらもおススメですよーぅ。

たぶん、図書館ではコラボ掌編を読めないと
思います。
(掌編を付録化したり、貸出返却時の度に確認するの面倒だもんw)

コラボ掌編を読みたい方は、ぜひ初版を
買いましょうね。


では、ここまで読んで下さり有難うございました。感謝のぺっこりん!

響け!シリーズ文庫本未収録「それじゃあ、またね」の感想

こんばんは。
武田綾乃先生の原作も大好きないぬもにです。

響け!シリーズの魅力は、アニメだけではなく、
原作にも大いにあると思うのですよー。

でも、原作は中々売ってないし、図書館で
借りてまでね…って方に朗報です。

宝島社が響け!シリーズの短編をネットで
無料公開してます。

今日、感想を書く「それじゃあ、またね」は、
文庫本未収録&アニメ映像化なしの短編
なのです。


ではでは、感想を書きますので。
ネタバレは嫌だという方は回れ右して
くださいねー。

この短編は、麗奈ちゃん視点のお話です。

本編は、主人公の黄前久美子視点ですし、
他の短編でも麗奈ちゃん視点の話は
「ヒミツの話」に収録されている
「お兄さんとお父さん」のみです。

麗奈ちゃん視点で、仲良くなった久美子ちゃん
と帰宅するだけの可愛いお話です。

何一つ心臓が痛くなることはない筈なのです。


「他の子の悪口も言わないし」


の一文さえなければ。

アニメで誇張されていた失言癖は、悪口の類は
一切ないのですね…

原作の久美子はんの辛辣な内心は表に出て
ないのですね…

麗奈ちゃんにとって久美子はんが、

「一緒にいてなんだか安心出来る」

とあるのを見ると、じゃあ、他の子はもっと
えげつないのかと思うと怖いです…


短編の内容は、吹奏楽の話をしたり、調理実習
で何を作るか、作ったら交換しようねという
お話をしながら。

互いに少しだけ遠回りして帰宅するだけの
可愛らしい内容なのですが。

麗奈ちゃんからみた、久美子はんへの絶賛が
逆に怖かったです…


怖い怖いと書きましたが、くみれいちゃん派は
ふたりが仲良く帰宅するだけなので、読んで
欲しいなと思いました。

DnREZdrVYAAa9ED




では、ここまで読んで下さり有難うございました。感謝のぺっこりん!

「響け!ユーフォニアム」シリーズ原作のおススメ

こんばんは。ユーフォ原作大好き、いぬもにです。

ユーフォ好きな方の中には、原作を読んでない方も
いらっしゃるかなーっと思いまして。

改めて、原作の良さを私なりに伝えますね。


・会話文多めでテンポがいい

・本編は久美子はん視点なので、彼女が何を
考えているのかわかりやすい

・短編は色んなキャラ視点の話も多く、
各キャラが何を考えてたのかわかるのもいい

・東京出身以外の久美子はんと数人以外は
京都弁で喋る
武田先生は宇治出身で、実際に京都の女子は
原作ユーフォのような話し方をしてる

・アニメ未放映のエピソードも結構ある。
あすか先輩の壁ドンとか、なかよしかわの
コロッケパンの奪い合いとか。

・秀久美エピソードが多い原作だけど、
百合要素もアニメよりも強かったりする。


こんなにおススメポイントが多い原作ですが。
現在、シリーズは立華編2冊含めて10冊です。

680円の文庫本なので、全て購入しても6,800円!
Blu-ray1枚分のお値段で堪能できるのです!


とは言え。

小説って合う合わないがありますし、いくら
アニメで内容を知っていても長編を読むのは
時間がないという方もいらっしゃると思います。


そんな方に超おススメなのが、

宝島社ホームページに掲載されている短編です。


「#北宇治吹部だより」と検索すると、
宝島社の「響け!ユーフォニアム」特設ページが
検索の1番目に出てくるはずです。


今日は、その1つめを紹介しますね。

「第1回 北宇治高校吹奏楽部の日常」

久美子はん視点のお話ですが、後半は
1期6話の「きらきらチューバ」に繋がります。

ユーフォの正式名称に悩む久美子はんに、
色々と説明したくてしょうがないあすか先輩。

そして、初めて曲を合奏して興奮してる
葉月ちゃんが生き生きと描かれています。


低音1年トリオがキャッキャしてる様子も
初々しくて可愛いです。

文庫本で15ページ弱の話なので、合間に
サクッと読めますよー。



特設ページの短編を読んで、小説もいいなと
思ったら、ぜひ本編もどうぞー。

今なら、「リズと青い鳥」カバーの原作1巻と
7巻&8巻が買えるはずです。


Blu-ray1枚分とは言え、6,800円は意外と大金なので
少しずつ揃えたい方は図書館を併用するのもおススメです。

ユーフォ原作は普通の小説なので、図書館に置いてある
可能性が高いんです。

今なら、届けたいメロディまでに相当する原作4巻までは
そんなに予約が入ってないんじゃないかなーと思いますので。


以上、武田先生の「響け!ユーフォニアム」シリーズを
読む方が増えたら嬉しいなって記事でした。



ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!

「#北宇治吹部だより 」の「飛び立つ君の背を見上げる」感想

こんばんは。ユーフォ原作大好きいぬもにです。

『北宇治高校吹奏楽部ホントの話』の発売数日前に、
とんでもない短編がアップされました。


「「リズと青い鳥」を観るまで、第二楽章を読まない」
という方は、絶対に読んじゃダメです。

一行目からネタバレですから!
という訳で、短編を未読の方は回れ右してくださいねー。

スイーツテロでネタバレ防止しますね☆
DT9zGpWW4AA4GDf



ではでは。


冒頭シーン。

「うわあ、希美ちゃんは希美ちゃんだー」
って感想しか出なかったですよ。

これ、第二楽章後編と同じじゃないですか。やだもー。

未だに、作り笑顔してるのかー。まあ、長年の習慣は
そうそう変わらないよね。

パーマでも当てようかしらん?のくだりで、
希美ちゃんは手っ取り早く変わりたいと思ってるんだ。
と納得してしまいました。

先日、ドス黒いSSを書いたのですが。
あながち、間違いじゃなかったんですね・・・


夏紀ちゃんとの会話で、燃料が嵐のように投下。

・部活引退して燃え尽きた夏紀先輩
・卒業後、優子ちゃんは一人暮らし
・一方、夏紀先輩&希美ちゃんは実家
・中川家は元旦に親戚一同で人生ゲームをする

これらが文庫本1ページぐらいに収まってるんですよ?

何度も読んで、やっと「これもあれも書かれてた!」
と理解するのが精いっぱいでした。


夏紀先輩と希美ちゃんの間で、優子ちゃんが一人暮らし
と話題になるのに、みぞれちゃんがどっちかは一切
会話にあがらないのが不自然に思えました。


そして、満を持してか、みぞれちゃんの話題に。

プロになれそうという夏紀先輩に速攻で無意識に
否定する希美ちゃん。

素直に心から応援できないんですね。

まあ、

「ずっと見下してた相手が、自分よりも才能があった」

なんて、中々受け入れるのは難しいですよね。

しかも、みぞれちゃんは高3から音大目指して
合格しちゃう才能の持ち主だったんですから。



更に、希美ちゃんの苦悩は続きます。

前方に見える優子ちゃんとみぞれちゃん。

二人が仲良かったことを知らなかったんですね。
自分しか頼る人がいないと思っていたみぞれちゃんに
親みたいなポジションにいる優子ちゃん。

優子ちゃんも夏紀先輩も敢えて、希美ちゃんに
みぞれちゃんと優子ちゃんが仲良くなったことを
伝えなかったでしょうから。


もしかしたら、先ほどの実家か一人暮らしかの
話題でみぞれちゃんについて夏紀先輩が言わなかった
のは、希美ちゃんへの配慮もあるのかな?

人生ゲームという笑いを取ってから、さり気なく
みぞれちゃんについて話してみたって解釈も
できそうです。


このシーンは、遠くから優子ちゃんが泣いてるのに
気が付く夏紀先輩という、なかよしかわポイント
でもあります。


アイツとみぞれちゃんに対して、夏紀先輩は
砕けた言い方をしないと希美ちゃんは言ってます。

が。
夏紀先輩は希美ちゃんにもアイツとは言いません。
第二楽章後編でも「あの子」でした。

むしろ、夏紀先輩が「アイツ」と呼ぶのは、
優子ちゃんだけな気がします。


夏紀先輩とみぞれちゃんがそこまで仲良くない
と安堵している希美ちゃんの心中が見えた気が
しました。


夏紀先輩も自分よりもみぞれちゃんと仲いい
とは思いたくないんだろうなあって。。。
うがった見方かもしれません。


希美ちゃんのくすぶっている心中とは、
逆に

「突撃しちゃう?」「ダッシュな」

と楽しそうな夏紀先輩。

第二楽章編から、楽しんでる人と
そうでない人の対比がお見事です。


夏紀先輩達が追い付くと、やっぱり泣いてる
優子ちゃん。

視力もいいのかもしれませんが、観察力鋭い
夏紀先輩はお見事です。

ここまで観察力鋭かったら、優子ちゃんが
関西大会の結果発表後にひとり泣いていたのも、
間違いなく気づいたんでしょうね。


ファンの間で喧嘩っプルと言われている、
なかよしかわが普段のやり取りをしている間。

のぞみぞれは傍から見ると、普通の友達に見えて
ちぐはぐです。


みぞれちゃんが自然と隣に並んで歩くのも、
気に入らなかったのかもしれない。

そして、今までのみぞれちゃんは希美ちゃんが
大切と言っていただけあって、どんな時も
彼女を最優先していました。

なのに、この短編のみぞれちゃんは
話をはぐらかしたり、不意に後ろを向いたりと
しているんですよね。


読者ですらゾクゾクしたのですから、当の
希美ちゃんは心臓がヒヤッとしますよね。

いつの間にか、みぞれちゃんは希美ちゃん離れが
できてたんですね。

言いたいこともキチンと言えるようになって

「すっかり成長したねぇ」

と、原作二巻からの姿を思うと軽く涙が・・・


ちなみに、なかよしかわが口論してた内容は
優子ちゃんが夏紀先輩に書いた手紙をその場で
読む読まないだそうで。


ん?


優子ちゃんが夏紀先輩に手紙を書いた?

しかも、ラッパのシール付きで?!


「あー、これだから、なかよしかわはっ!」


と、机をバンバン叩きましたとも。


なかよしかわの様子を見たみぞれちゃんが

「二人は引き分け」

と呟いたのは、どっちの方が別れが寂しいか
なのかな。


優子ちゃんとみぞれちゃん、なかよしかわに
ついてはジャッジしたみぞれちゃんですが。

希美ちゃんとみぞれちゃんの勝負について
全く言及しないのも不気味です。

あえて、希美ちゃんに言わないだけで
みぞれちゃんの中では決着ついてるのかな。


このあたり、どなたかに解説して頂きたいです。



短編について、ダラダラ感想を書きましたが。

・人間そうそう変われないよね、希美ちゃん

・でも、みぞれちゃんは急成長したね

・なかよしかわはなかよしかわだった


短くまとめると、この3点だったなと思いました。


希美ちゃんがいつまでも変わらない変われないのと
対照的に、音大に合格し、精神的にも成長していた
みぞれちゃんの対比が突き刺さりました。

なかよしかわは、いつものなかよしかわで読んでて
楽しくなりました。


あー、でもでも。

一番つらかったのは、この魅力的な南中カルテットが
卒業することです!

もう、ユーフォの登場人物で、よくて脇役になって
しまうのが寂しくて寂しくて。


もっともっと、彼女たちの話を読みたかったです。



こんなに長い感想に付き合って頂き、有難うございました。
感謝のぺっこりん!

『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編』のネタバレ感想

こんばんは。ユーフォはサントラと小説から入ったいぬもにです。

アニメは原作を読み終わってから見始めたのです。


さて、10月5日にユーフォ新刊の後編が発売されました。


ネタバレたっぷりの感想を呟こうと思うので、
「ネタバレは嫌」って方は、回れ右してくださいねー。

ネタバレ防止に表紙画像をペタリと貼っておきます。

yufokouhen



・・・いいですかね?


・表紙予想

はーずーれーたー

次点に「のぞみぞれと新山先生」とは入れてたんですよ。
まさかの、のぞみぞれと久美子はんですか。

それ、原作2の表紙から麗奈ちゃんとあすか先輩を抜いただけ
じゃないですかー。

今作は、原作2の続編ですからね。うん。


・B編成メンバーの一部判明

葉月ちゃんとさっちゃん以外もわかりましたね。

りりりんこと剣崎梨々花ちゃん、釜谷つばめちゃん、
そしてトロンボーン3年の岩田さん・・・

今回は3年もA編成から外れたんですね。辛い。



・のぞみぞれ問題再び

表紙が、のぞみぞれですし、原作2でもアニメ版でも
全く解決されてませんでしたし。

希美ちゃんの黒さと雑なところが表面に出てきましたねー。
でも、原作2巻の時のように嫌いにはなれないんですよ。

嫉妬しちゃうのも意地張っちゃって収拾つかなくなるのも
わかっちゃうから。

のぞみぞれ問題に関わってしまう久美子はん。
あすか先輩とのやり取り後だし、ユーフォ問題も解決した後
だからか、みぞれちゃんにも希美ちゃんにも対等でしたね。

あすか先輩の時は、あくまで後輩ポジションからの説得
なのに対して、のぞみぞれには「先輩」と言いながらも対等。

みぞれちゃんの実力がこんなものではないと見抜いていた
麗奈ちゃんも凄いです。

希美ちゃんを見るだけでパニックになって逃げていた
原作2巻の状態から思うと、自分で進路を決めて希美ちゃんに
想いを伝えたみぞれちゃんは本当に強くなったなと思いました。

そして、卒業してしまうから殆ど会えなくなるのが悲しいです。
他の2年生もここでお別れになるのは淋しいな・・・


・なかよしかわ

合宿のシーンがゾクゾクしました。

夏紀先輩をマジで怒らせると怖いのは前編でわかりましたが、
優子ちゃん相手に本気で怒ったのは初めてっぽいですね。

ふたりともツンデレ信頼し合っていて可愛い。
最高の部長・副部長コンビでしたね。(過去形で書くの嫌だ・・・

久美子はんをファミレスで呼び出すなんて、本当は仲良しの
なかよしかわだったのね。

嫌いだったら、部長・副部長両名で指名しないし、指名すると
しても学校内のどこかにするでしょうから。



・チューバカップル健在


梨子ちゃんの肩に手を置くだの、梨子ちゃんが食べきれなかった
おかずを自分のお皿に入れるだの。

もう、この2人は末永く爆発しててください!
(もっともっとイチャついて欲しかった・・・


・一方、秀久美は?


久美子はんって、女性相手にはグイグイいくのにね。

でも、秀一さんは久美子はんが好きで好きでたまらないので。
一旦お別れしても引退後にくっつくんじゃないでしょうかねー。


・年上のお姉さんたちも再登場!

前編では出てこなかった3年生や麻美子お姉ちゃんも登場

葵ちゃんと晴香部長が在学中は、そんなに仲良くなかったと
いうのが意外。わりと仲良しだったんだとばかり。
でも、久美子はん視点の物語だからなあ。

あすかおりは後編発売直前に発表された短編の影響あります?

あすか先輩が家を出たっぽいことにホッとしました。
絵葉書の効果は、次の作品以降かな?


麻美子お姉ちゃん、秀一さんと出会う確率が高いですね。
そして、恋愛歴がないというのにビックリ・・・

言われて見れば、高校まで。いや、大学も勉強漬けだったかも
しれないから恋愛する暇なかったかもですね。


・コンクールの行方

関西大会ダメ金でしたー。

やっぱり、源ちゃん先生の龍聖が全国行きを持って行きましたね。

でも、一生懸命に最高の演奏をしてのダメ金でよかったなと。

てっきり、のぞみぞれや他の問題が引っ掛かってビミョーな演奏に
なっちゃうんじゃないかなーと思ってまして。



・チーム黄前

久美子はんが新部長に。
優子ちゃん、久美子はんを高く評価してたんだなー。

部長には学年代表の秀一さんがなると思っていたのですが、晴香部長と
似たタイプですしね。

でも、久美子はんが部長で、秀一さんが副部長体制に。
そして、新ポジションのドラムメジャーに麗奈ちゃん!

チーム黄前って、元北中ですよねー。

そういえば、梓ちゃんは立華の部長になるんですよね。


ちょっと待って。
来年のユーフォカレンダーの1-2月は吹部幹部勢揃いになりません?
やだもー。


・夢ちゃん

中学時代のソロ失敗から、人前に立つのが怖いなんて、
立華のあみかちゃんを思い出しました。

加部ちゃん先輩の喝でソロを吹き切れてよかったです。

でも、昨年のことを考えたら演奏会だからとはいえ、
トランペットパートのソロ決めは優しいですね。



・低音パート

「今日も低音パートは平和です♪」

というナレーションが流れそうな平和っぷり。
前編のギスギス感はどこ行った?

これも梨子ちゃんのお母さん感が成せる技ですかねー。

ところで、奏ちゃんがりりりん以外に関西弁を話す日は
来るのでしょうか。
そして、「響け!ユーフォニアム」を久美子はんから聴く時は?



・今回も飯テロですよー

クレープに、冷やし中華に、オムライスやハヤシライス。
かき氷のみぞれもありましたね。

涼しくなったので、冷やし中華とかき氷は来年のお楽しみかな。
クレープは現地で同じものを食べてみたいですねー。

八条口を抜けたフードコートというと、イオンモールKYOTOの
tutuさんかなと予想してます。
画像にティラミスチョコストロベリーっぽいのありましたし。



他にも色々あるのですが、また個別にじっくりと書きたいなと。


コンクールは関西大会ダメ金で残念でしたけれど、一生懸命に
頑張ってもどうにもならないことがあるってのも、またリアルですよね。

私は元合唱部でして、北宇治と同じで1年時は全国大会奨励賞(銅賞と同扱い)
で2年時は都大会ダメ金だったんですよ。

都大会って関西大会と同じで、次が全国大会行きなんです。

しかも、2年時の大会の時は強豪校が少人数編成から大人数編成に
移動してきて、急に現れたような龍聖みたいな存在でしたね・・・


そんな事情もあって、卒業してかなり経つというのに。
後編を読んだら、昨日のことのように悔しかったコンクールを思い出します。

色んな感情がない交ぜになったり、逆にボーっとしたり。
こんなに濃厚な読書を楽しめることを感謝しています。


でも、これ。
久美子たち3年生の話もありますよね?

まだ回収されていないフラグが沢山ありますよね??

いつかはわかりませんが、この後編の続編をのんびりと待とうと思います。

それまでに、第二楽章の前後編と原作1~3巻と短編集たちを読み込んで
味わいつくします。

もちろん、現在公開中の映画やTV版アニメも楽しみます!


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。
感謝のぺっこりん!





『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編』のネタバレ感想

こんばんは。ユーフォはサントラと小説から入ったいぬもにです。

アニメは原作を読み終わってから見始めたのです。


さて、8月25日にユーフォ新刊が発売されました。


ネタバレたっぷりの感想を呟こうと思うので、
「ネタバレは嫌」って方は、回れ右してくださいねー。

ネタバレ防止に表紙画像をペタリと貼っておきます。
DHQh0vJUwAE7Iun
画像はお借りしました。ぺっこりん。





・・・大丈夫ですかね?


・パーカッションの釜谷つばめちゃん登場!

つばめちゃんが葉月ちゃんと仲良しの理由はアニメ見てる人なら
わかりますよね!

2人とも1年では「チームもなか」でした。

チームもなかは一致団結してコンクールメンバーを支えていました。
時には落選した悔しさも共有していたのかもしれません。

もっとも、葉月ちゃんは人懐っこくて優しいから、誰とでも
仲良くなれちゃうんですよね。

葉月ちゃんのオーディションの落選。
つばめちゃんの当落はもちろん、後編での葉月ちゃんへの対応も
すっごく気になります。


・低音パートに新入生が4人も


43人入部して低音パートに4人いるのは多いのか少ないのか。
でも、久美子はん達上級生がホッとしてるから丁度いいバランス
のようですね。


・ただし、問題児ばかり

明らかに問題児とパッと見は優等生なのにって子と。

1年時の久美子はんならオロオロして終わってただけでしょう。

オーディション後の夏紀先輩とのやり取りや、あすか先輩との
本音のぶつけ合いを経て、成長し覚醒していました。

「やっぱり、奏ちゃんは甘いよ」
って、自分が後輩だったら、黄前先輩が一番怖いよ・・・


・久美子はんが先輩してる!

上の感想とも被るんですが。
久美子はんってお姉ちゃんがいるからか、後輩ぶりがめっちゃ似合う子
だと思うのですよー。

だから、「先輩になるってどうなの?」と思ってのですが。
意外と言ったら失礼なぐらいにシッカリしてて面倒見のいい理想の
先輩してましたね。

しかも、飴とムチの使い分けが上手すぎです。


・加部ちゃん先輩

チームもなかの彼女が主要人物になる日が来るとは・・・!

アニメでは優子ちゃんや夏紀先輩と仲良しだなーって認識しか
なかったですが。すっごいいい先輩じゃないですか!

そして、顎関節症で演奏者を辞退。


実は、ユーフォ新刊を買った直後、オーディション結果を先に
読んだんですよ。そしたら、加部ちゃん先輩いなかったから、

「ああ、今年もダメだったんだな」

って認識しかなかったんですが。
顎関節症だからオーディションそのものを辞退していたんですね。

きっと、悩んだろうなあ。でも、彼女の周りは優子ちゃんや
夏紀先輩など優しすぎる人が多いから、だからこそ相談できなかった
んだなと思いました。

滝先生にも、相談ではなく、自分の中で結論を決めて話していたの
でしょうね。後輩の久美子はんや夏紀先輩に心配かけないように
明るく振舞う優しさが辛かったです。


・緑ちゃん&葉月ちゃんの見せ場が多い

ユーフォ2巻以降だと出番が少なめだった2人。

このままフェードアウトしたらやだなーと思ってたのですが。
結構ガッツリと出番がありました。

てっきり、2年生編は低音パートではなく、他のパートの子に
スポットが当たるのかなと予想してたので嬉しい誤算でした。

緑ちゃんがあすか先輩リスペクトの超長い説明をしてるのも
意外でした。

その緑ちゃん、お勉強頑張ってるようですが。
あすか先輩のように、3年で進路で親子でもめる騒動は
ナシでお願いしますよ・・・ 心臓に悪かったから。


・飯テロと言いたくなるぐらいの食べ物描写

ドリア、オムライス、ピザ、ケバブ、りんご飴とみかん飴、
カルボナーラ、ジャンボパフェ・・・

他にも食べ物がたくさん登場しましたねー。

しかも、超美味しそうな描写付きで。
そんな文章を読んでしまったら食べたくなるじゃないですか!
DII_DXCVwAA4Fti
新刊を読んだ翌日に食べに行きました!


・秀久美は健在

アニメではカップルになってない秀一さんと久美子はん。

小説では1年の冬で付き合い始めましたからねー。カップル描写が
初々しくていいですね。

ちょっと初々しすぎてモヤっとしそう。
・・・もう少し発展してもいいんだよ?


・不穏なのぞみぞれ

TwitterのDMグループで、ユーフォ新刊についてお話してるのですが。
そこで、プロローグとエピローグがのぞみぞれだったこと。
自由曲の「リズと青い鳥」は、のぞみぞれのことではないか。

などなど話されていました。

前編のメインテーマは低音パートの話でしたが。
はじめと終わりの両方とも、のぞみぞれなのは何か仕掛けのような
気がしてきました。

後編以降で何か起きるのかドキドキします。


・源ちゃん先生

他校に名物先生が赴任。
北宇治の府大会突破も暗雲が立ち込めそうなニュースです。

リアルでも、名物先生が異動したら、異動先の学校がコンクールで
いい結果を残したのはよくある話ですから。

府大会はともかく、関西大会突破は更に険しい道のりに
なったようです。

この前編がオーディション結果で終わっているのも不穏なんですよ。
後編で全国大会まで進めるの・・・?って。

もしかしたら、府大会などで後編が終わり。関西大会以降は新章に
入る可能性もあるので、後編発売の10月5日を待つしかありませんね。



以上、ツラツラと感想を述べてみました。
ゆるふわ考察したいことも沢山あって、既刊やアニメと共に楽しめそうです。


ユーフォ好きな人なら楽しめる作品だとおススメできます。

アニメしか見てない人も、秀一さんと久美子はんが付き合ってること
以外はアニメの続きで読めるんじゃないかと思います。


ではでは、ここまで読んでくださり有難うございました。感謝のぺっこりん!
咲まとめアンテナ
清澄高校応援中です♪
OuenKiyosumi
  • ライブドアブログ