NPO法人・犬猫みなしご救援隊・代表ブログ・みなしご庵へようこそ

犬猫みなしご救援隊の日々の活動を通じて 一緒に動物愛護を考えてみませんか・・・

広島本部・9月19日

負傷猫

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



事故に遭い
路上に倒れていた猫が

せっかく
善男善女に見つけられて

病院へ連れて行ってもらったのに

『なんのための手術をしたの?』
・・・っていう

不可解な手術を施されるケースが多く
腹が立つやら情けないやら・・・

私が広島に居ない間に
鹿児島から来た子も

まさにそうで

一般病院では難しいってんで
大学病院まで連れて行ってもらったのに

なんのこた~ない
よ~わからん手術をされていました。



DSC_2013



ハルが事故に遭ったのは
間違いないのですが

保護した人もよくわかってないので
私たちの想像でいくと

おそらくハルは
大学病院へ連れて行かれた時点で

下半身が
ズルズル状態だったと思われます。

※事故後に座った状態で
アスファルト道路を移動すると
皮膚はズルズルに剥けます。

事故により

飛び出ていた右の精巣は
そのまま切除したそうですが

事故の衝撃により

腹腔内に入ってしまった
左の精巣は

そのまま放置する選択が取られていました。
この意図は理解できません。

ペニスは最初から
ちぎれて無かったとのことですが

会陰尿道ろう術を施された
穴には

3Frのカテーテルすら入らないし

2Frを入れてもどうやったって
膀胱に届かず

途中でぐるぐる巻きで止まるのです。

『ここでカテーテルが巻いている』
・・・ってのは触ってわかります。

うちに来てからは
仕方なく

圧迫排尿をしていましたが

おデブちゃんなので
なかなか膀胱がつかみにくく

おまけに1つタマが残ってて
未去勢オシッコでクサイのなんのって・・・




DSC_2014


ここにタマが残っていて

その斜め下の《点》が
手術によって作られた尿道口

カテーテルが膀胱に入らないため
圧迫排尿を続けるしかないけれど

ハルは全力で暴れて
圧迫排尿を阻止してくるし

このままじゃ
慢性的に膀胱炎になり

やがて腎臓にも負担が来ます。

お腹の中のタマが
腫瘍化する危険性も大いにあります。

慢性膀胱炎だと
猫は不快ですから

抱っこするだけで怒るようになるのは
わかりきっていたし

いずれにしても私には

尿道から膀胱までの道筋の《想像》が
できなかったので

院長に会陰尿道ろう術を
お願いしました。

『ハルは
ペニスも無いとのことなので

この際バッサリ切っても
いたしかたないと覚悟しました』

ハルにとっては
短期間で二度目となる

会陰尿道ろう術です。



1537340644477


開腹したら

最初から無かったハズのペニスが
お腹の中に埋まっていて

『あれ??あるじゃんか!!』

一般病院ではなく大学病院で
これって

あまりに《いい加減》じゃないですか??

今後の
ハルの生活の質を保つために

ペニスから尿道膀胱までを整えて

《今度こそ》
会陰尿道ろう術は終わりました。




DSC_2106



その日の夜
溜まったメールを読む作業をしていたら

ハルが帰って来ました。

『ハル!お帰り!』

そ~は言うても
まだ術後4時間ですからね

ハルの様子を見なくっちゃ♪

・・・ということで
私宛のメールは残り3521通

そして明日になったら
また増える・・・読み切れない

・・・これの繰り返しです。

以上 余談でした



DSC_2114



このまま尿道が形成されるまで
カテーテルは入れたまま


DSC_2135




術後のペインコントロールと同時に
オシッコを作らせて排出して

動きが鈍っていた機能を
正常にしていきます。



DSC_2115



人間のお医者さんに
そ~であって欲しいと思うように

犬や猫など動物のお医者さんにも

ただ漫然と
病気を治すのではなく

ちゃんと1匹1匹に向き合って

その子にとって
何が一番いいことなのか

真剣に考えながら
治療してもらいたいです。

もちろん

治らない病気もあります。
どうにもならないケガもあります。

・・・けど

治る病気やケガで

命を落とさせるほど
獣医としてつまらんことはない!

・・・と私は思うのです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



9月になっても
子猫は生まれています。


DSC_2109



センターから来た
へその緒ちゃんたちが今現在

17匹います。

それだけでも
8匹のお母さん猫が

【人間に赤ちゃん猫を奪われた】
ことになります。



DSC_2108



目が開いて離乳まで
まだ少し時間がかかる子猫が

11匹います。

この子たちのお母さんも
【人間に赤ちゃん猫を奪われました】


DSC_2110


『兄弟2匹だけで
お母さんがいなくてかわいそう』



DSC_2111


『兄弟4匹いても
お母さんがいなくてかわいそう』



DSC_2112



結局は
1匹とか2匹とか数の問題じゃなく

母猫と離れること自体
つらいことです。

もちろん

母猫に何か問題が起きて
子猫のもとに帰って来られないことは

よくありますが・・・

センターに持ち込まれる
多くの場合は

「子猫が生まれて困るから」
持ち込まれます。

子猫が生まれて困るなら
不妊手術をせ~や!

・・・と思います。




DSC_2113



この子は

「駐車場にうずくまっていた」
・・・と

《終生》で来た子ですが

シッポがちぎれた感じだし
(時間が経ってカサブタ状態)

股関節形成不全のような歩き方をするし

たぶん・・・

うずくまっていた駐車場で
事故に遭ったのだと思います。

・・・が

これぐらいなら
うちで暮らすには問題はないので

これから
しっかり育てていけばO・K♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2018年7月7日
西日本豪雨の日に

大きな災害に見舞われた
呉市天応で子猫が3匹生まれました。

出産場所は
《猫を飼ったことがない》老夫婦の家の庭

あんな雨の中

お母さん猫は
どれだけ不安な夜を過ごしたことか・・・

それから

その家の
ご夫婦で話し合いが進み

子猫は
さすがに飼えないが

お母さん猫とお父さん猫は
飼いたいってことになり

2ヶ月後の
広島本部TNR一斉の日

お母さん猫&お父さん猫
&子どもたち

一家全員でうちに来て

お母さん猫とお父さん猫は
うちで手術を受けて

呉市に帰って行きました。





DSC_2107


2018年7月7日
西日本豪雨の日に

被害が大きかった呉市で生まれた
3兄弟

よ~生きとった・・・

あれから連日35℃を超える
猛暑日が続き

お前たちも頑張ったが
お母さん猫はもっと頑張ったね・・・

命って素晴らしい

やっぱり命は
だいじにせにゃ~いけんもんじゃ

広島本部・9月18日

広島本部に朝が来た♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


朝から
《1匹になってしまった》た~坊が

根本さんに
とうもろこしイジメをしていました。

へバーデン結節で
指先が上手く使えない根本さんは

とうもろこしの皮をじょうずに剥けず
ど~しても時間がかかってしまうのですが

それは
た~坊には理解できないこと

「根本!遅いんじゃ~!」

・・・と
おかんむりで水をかけるのです(笑)


DSC_2069


水飲み器を
うまく使って水を噴射します。



DSC_2070



水しぶきは2~3mは飛びますから
たいしたもんです。

この技は
先立ったゆ~坊にはできなかった技で

た~坊だけの
オリジナルな技なのです。



DSC_2071




野菜仕分け担当の福田さんも

ちょっと遅かったりしたら
た~坊に水をかけられ

それを見て
他の者は大笑いしています。

《人の不幸は蜜の味》な
《楽しい我が家》です(笑)



DSC_2076



箱一杯あったのが
残りこれだけになりました。

もちろん

マリーや山羊たちUPAもお猿さんも
みんなで分けてます。



DSC_2072



どうぞ
どうぞ


DSC_2073



隣りのチモシーなんて
丸無視です(笑)


DSC_2075



とうもろこしは
おいしいね♪


DSC_2074



おいし~~~ッ♪♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このあと
根本さんはカラスのところに行きます。



DSC_2086




シャイなカーくんは
カメラがイヤでこのまま動かず(笑)



DSC_2081



カー子さんは
お掃除の時間は

「アタチは向こうで待ってるよ」


DSC_2082




自分から小さいケージに避難して
きれいになったら戻ります。



DSC_2083




人が見ていたら食べないカー子さん

なぜなら
食べさせてもらいたいから(笑)

甘えん坊なんですよ
カー子は


DSC_2079




こちらはともちゃん

ともちゃんに食べさせているときに
なぜあなたは口を開けたまま?

オバチャン
オバチャン
根本のオバチャン

明らかにおかしいけぇ(笑)



DSC_2087




ともちゃんは
小さい時からうちにいるので

食べ物で困った経験はなく
いつも良質なものを食べ放題

見てください!
この《青光り》しているツヤツヤの毛を

うちの庭に来るカラスたちは
みんな《ただ黒いだけ》で

ともちゃんを見てたら
世の中のカラスがみ~~んな

食べ物に困らない生涯が
送れますように

・・・と
願わずにはいられません。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




本館2F犬部屋では
朝から忍と福丸さんが元気よく

犬たちのお世話に奮闘しています。

そのすぐ近くに私の机があるので
2人の会話は筒抜け

私の集中力が切れたときに
2人会話が耳に入ると

さらに集中できなくなるので
ティッシュで耳栓しています(笑)

【働く人が楽しくないと
ええ仕事はできません】

うちでは常に
どこかしことなく笑い声が聞こえてきて

施設内は

秋の透き通るような青空に
負けないぐらい

ええ感じです♪


DSC_2035



ついこの前まで寝たきりだった
蛋白喪失性腸炎のてっちゃんが

自分の足で立って

忍に守られながら
おやつを食べています。


DSC_2034




ものすご~
怖い顔で食べてますけど(笑)

てっちゃんがなぜ立てるようになったのか
・・・と申しますと

てっちゃんは今
【恋する乙女】なのです。

恋焦がれるお方のそばに行きたくて
立ち上がったのです!

その恋のお相手はヒデキです♪



DSC_2036




ヒデキは
私が近寄ったから

おやつをくわえて一目散に
ベビーベッドの下に隠れました(笑)



DSC_2037




それにしても
この幅ですからね・・・

この幅を大柄なヒデキが通れる
・・・ということは

間違いなく
ヒデキの目は見えているでしょう♪

寝たきりエリア限定ではありますが

ヒデキはてっちゃんを
再び立たせるほど

ダントツ魅力的な男なんでしょう♪


DSC_2038


そのベビーベッドの上には
長いこと寝たきりのゴン

体もずいぶんと細くなり
縮んでいっていますが

食欲もあるし
ええ《枯れ方》だと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


朝は
子猫の健康診断の時間




DSC_2104




ロイカナキトンに缶詰を混ぜた
魅力的なごはんを与え

それでも集まらない子や
食べる量が少ない子などを

2人が見ながら

その子に必要なお薬を
即座に飲ませます。

子猫は
一瞬の遅れが命取りになりますからね



DSC_2103


うちでは
子猫が何十匹いたとしても

成猫が何百匹いたとしても
見逃しがないよう

常にアンテナを立てています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


夢を追いましょう


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



大谷翔平選手が
プロ野球の日ハムに入って

投手と打者の二刀流をやると言ったとき

多くの
《プロ野球解説者たち》は

「無謀だ!」
「どちらかに決めるべきだ!」

・・・と大反対しました。

その予想を大きくくつがえし
大谷選手は

日本プロ野球界で素晴らしい成績を修め
アメリカに渡りました。

アメリカに渡っても
多くの《プロ野球解説者たち》は

「二刀流は大リーグでは通用しない!」
・・・と言いました。

結果
じゅうぶんなぐらい《通用しています》

その大谷選手を例に見ても
とかく日本人ってのは

《自分のモノサシでしか人を評価できない》
寂しい人たちの集まりで

《自分ができないこと》
《まだ誰もやったことがないこと》

・・・は必ず

「やめとけ!」「失敗する!」
・・・とストップをかけ断言します。

よく考えてみてください!

オリンピックに出るような人は
100mを9秒10秒で走るんですよ!

同じ人間でも持っている能力は

《そんなにか!》と思うほど
違うのですよ!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



世界の大谷選手や
オリンピックに出るような人と私を

同じように見るわけではないですが

私もさんざん

獣医師や学識経験者などの
《動物のプロ》みたいな偉い人から

いろいろ言われてきました。

★単体で生きる猫を
複数飼いするなんてありえない
必ずストレスで猫が死んでいく

★猫エイズや猫白血病を持った子と
持っていない子を一緒に
《平飼い》するなんて無謀
必ず病気が蔓延して猫が死んでいく

★このまま続けていたら
資金的にも労力的にも底をつき
いつか必ず破綻し
夜逃げするようなことになる

そのどれもが
今んとこ当たってないですよね

人にはそれぞれ
得意なことってのがあって

私にはたまたま
これが得意だったのでしょうね・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


人に何を言われようとも
自分で考えて

イケる可能性があると思うなら
トライしてみるべきだと私は思います。

・・・でも
もしあなたが

「いや・・・私は自分がやるのは苦手」
・・・と思うなら

【存分に犬猫みなしご救援隊を
応援支援してください】

そして

私たち犬猫みなしご救援隊と
一緒に

一枚岩となって
世の中を変えていきましょうよ♪♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


9月28日(金)
北本市での講演会は

朝の10時から
お昼の12時まで2時間もありますが(笑)

その後場所を移動して
ランチを食べましょう会があるそうです。

なんでも北本市は
トマトカレーを売り込んでいるみたいで

トマトカレーが食べられるお店だそう

やっぱり私は
トマトは栃木が日本一だと思うんですがね

北本市がトマトカレーを認知させたくて
頑張っているみたいなので

ご協力ください。

当日
詳しく説明があると思いますよ

広島本部・9月17日

世の中は連休でした。

そして
来週も連休なんだそう・・・

よく考えたら私の人生

毎日
好きなことばかりして暮らして

一生涯
《連休》みたいなもんだな

・・・とつくづく


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



TNRや地域猫活動に
必須の耳先カット


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


TNRという活動が
ずいぶんと認知されてきたにも関わらず

まだ

「耳を切るのはかわいそ~!」
・・・という人がいて

TNRについての理解が狭いことに驚きます。

耳先を切ることが
「かわいそ~」だと思う理由を聞くと

「痛そう」ってのが1番です。

そ~ゆ~人に

『避妊手術は受けるんですよね?』
『去勢手術は受けるんですよね?』

・・・と聞くと

「もちろんです」
・・・と答えます。

お腹を切るのは痛そうでないのに
耳先だと痛そう???

タマを取るのはいいけど
耳先を切るのは痛そう???

そこの気持ちは
よ~わからんですね


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



私たちのように
TNRをバンバンやっている人間は

耳先カットがないがために

《再び捕まって》
《麻酔をかけられる方が》

よほど
かわいそ~だと思いますよ

TNR一斉をしていて
何匹かいますもん

麻酔をかけて毛剃りをしたあとで
傷痕がわかるケースが・・・

痕がわかった子は
まだマシで

運悪く傷痕がわからなかったら
お腹を開けるしかないですからね

それは本当にかわいそ~~~

耳先がカットしてあったら
捕まえたときに

「あ!TNR済みじゃん!」
・・・って

逃がしてもらえたのにな・・・と思います。

それに

町中で
耳先カットされた猫を見かけると

『この子には
お世話をしてくれる人がいるんだ』

心からホッとします。

反対に
耳先をカットされていない猫を見かけると

『わからずやのジジ&ババに
イジメられていないかな?』

『食べるものはあるのかな?』
・・・と心配になります。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



うちは基本
不妊手術を終えてから譲渡するので

耳先をカットされた子が
ねこ親さんの元へ《普通に》行っています。

今のところ

「耳先がカットされているから
この子はイヤだ!」

・・・と言う人に
当たったことがないですし

仮に

「耳先がカットされているから
この子はイヤだ!」

・・・と言う人がいたとしたら

そんな人には
ハナから猫を譲渡せんしね


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そんなこんなの耳先カット




DSC_2021



「耳先カットじゃない?」
・・・という意見と

「自然でしょう」
・・・という意見が出そうな感じの

右耳が《自然耳先カット》だった子

自然耳先カットがあると
《上塗り》みたいなことをするので

耳先カット師としては

いかにうまいこと隠せるかが
腕の見せどころ



DSC_2024



あ~~~ッ・・・甘い!

これは耳先カット師としては許せん!

これだと数か月後には
丸い耳先カットになって

自然なのか人工なのか
わからなくなるので

両耳カットに変更します。



DSC_2023



右が修正耳先カット
左は普通の耳先カットです。

耳先は
90度ぐらいの角度で切ると

数ヶ月後には《まったいら》みたいな
ブザマなことになりますが

これぐらい鋭角に切ると

数ヶ月経っても
90度ぐらいまでしか開かないので

goodです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



センターから来た負傷猫

人馴れしていないので
触ることもできず

左の後ろ足と骨盤を骨折している
・・・と思いこんで

普通に避妊手術をしたところ



DSC_2026



後ろ足2本とも
バキバキに折れて固まっていました。



DSC_2027



1本の足が3ヶ所ずつ折れていて
(両後肢で計6ヶ所骨折)

どれほどの痛みに耐えてきたのか
よくここまで生きてこれたな

・・・と



DSC_2028


ぜんぜん馴れていない子なので

人為的なケガは考えにくく
おそらく交通事故



DSC_2029



野良猫の写真を見て
「かわいい」とか「いやされる」とか

そんなことを思わないでください。
絶対に!!

野良猫は
人が思うほど《悠々と》生きていません。

野良猫は
《命からがら》生きているのです。



DSC_2030



まだ2歳ぐらいの若い子です。

これからはうちで
《悠々と》生きてもらいたいな

・・・と私たちは願っています。

術後
なんとなく寂しそうなので

『人間のことは嫌いだけど
猫とは折り合うかも』

・・・と

同じような毛色の子猫を2匹
ケージに入れてみました。





DSC_2057



なんと!!

折り合どころか

不自由な体でかいがいしく
子猫の世話をするのです♪


DSC_2058




子猫も甘えまくりで

ケージの中が
とってもいい空気になりました。



DSC_2060


ちょうど合う子が
簡単に見つけられるから

こ~ゆ~ときに
大家族はええなぁ・・・と思います。




DSC_2063




《しあわせ》が
《しあわせ》を呼び寄せるから

シマちゃんはきっと

立てるようになって
歩けるようになるよ♪♪



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


同じく
センターから来た負傷猫

シッポの付け根をケガして
下半身は麻痺状態

朝一番に
圧迫排尿をし終えた田原君が

「ちょっと触っただけでシッポが取れたで!」
・・・と



DSC_2016



『ホンマじゃ!
どのあたりから取れた?』

日常的に負傷猫が来るうちでは
シッポの皮が取れることは

よくあります。

シッポを咬まれたりして
そこから膿んでいき

皮がきれいに剥離されるのです。



DSC_2017



シッポの付け根じゃなくて

なかなか
ええとこで取れたじゃん!

私たちの感覚は異常かも・・・ですが

《起きたことをウレうより》
《だからどうするか》

私たちは冷静に先のことを考えます。




DSC_2018



見事に腐って取れた
・・・と言うか

スポッと抜けた感じでしょ



DSC_2019




猫のシッポは
こんな感じでスポッと抜けるのです。



1537093696832



抜けた場所(咬まれた場所)が
根元から4~5cm先だったことが

この子にはラッキーで

神経が多く集まるところが残ったので
予後がラクです。



DSC_1994



この子は地域猫だったのですが

やはり同じように
シッポの皮が丸ごと抜けてうちに来ました。

この子の場合

もともとのシッポが
5cmぐらいしかなかったので

最初は「脱腸だ」
・・・と騒いだみたいですけど




DSC_1993





同じようにシッポの皮が取れただけ

これは本当に
よくあることなんですよ

シッポの傷からばい菌が入ると

そこから
先に向かってどんどん腐敗していって

シッポの皮だけスポッと取れるのです。

シッポの毛がなくなって
赤身になって

「これは大変な事態だ!」

・・・と思うかもしれませんが
無問題

断尾すれば済む話ですから

そ~ゆ~子を見かけたら
見捨てないで

動物病院へ連れて行ってあげてください。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


四方を山に囲まれた
広島本部




DSC_2033



東も北も山


DSC_2031



西も山

DSC_2032




もちろん南も山で
四方が山・・・

冬になると

朝10時頃にならないと
太陽を見ることはできんし

午後3時には
太陽は西の山に隠れてしまいます。

太陽信者の私としては
これがね・・・相当大きなネックで・・・

その点
栃木拠点はええですよ

地平線から太陽が昇り
地平線へと沈んでいくからね♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


お知らせ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


その栃木拠点が

9月21日(金)19:00~

TBSテレビ
爆報!THEフライデーに

ちょっとだけ出ます。

みなさまお見逃しなく♪♪


お知らせ
東日本大震災記録本
【鼓動】
絶賛発売中
『NPO法人 犬猫みなしご救援隊』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

広島本部

〒731-0234
広島県広島市安佐北区
可部町今井田690-1

TEL:082-812-3745
FAX:082-815-2711

栃木拠点

〒325-0014
栃木県那須塩原市野間
308-1

TEL:0287-74-5039
FAX:0287-74-5038


中谷PCアドレス
nakatani_fukushima
@yahoo.co.jp


平成24年度
「東日本大震災における
貢献者表彰」で
NPO法人
犬猫みなしご救援隊が
受賞しました。
支援金は

<銀行口座への
お振込をご希望の方>

■東京三菱UFJ銀行 
広島支店
普通預金 0348748
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊 
理事長 中谷 百里

■広島銀行 安(やす)支店
 普通預金 3102619
NPO法人 
犬猫みなしご救援隊

■ジャパンネット銀行
 本店営業部(001)
普通預金 3989953
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊

<郵便振替口座への
お振込をご希望の方>

■口座番号: 
01320-2-47269
■口座名義: 
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊

まで
宜しくお願いいたします。

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ