NPO法人・犬猫みなしご救援隊・代表ブログ・みなしご庵へようこそ

犬猫みなしご救援隊の日々の活動を通じて 一緒に動物愛護を考えてみませんか・・・

2012年11月

引っ越しまで8日

昨日

引っ越しまでに
・・・と

一念発起して

ぜんぜん
遅れている

事務処理を
していたところ

大嶋ちゃんが

「中谷さん

大熊町で
保護してもらった犬の

飼い主さんが
来られてます」

・・・と
呼びに来ました。

元々
私は

現場職人

パソコンの前で
ずっと座るなんて

苦痛以外の
何ものでもない

『チャンス!』

子猫たちに
邪魔されない程度に

片づけて

早々と

事務処理
THE END

。。。。。。。。。。。。。。。。。


大熊町と
言えば

みなしご救援隊

震災後
いち早く

福島第一原発の

すぐねき
(すぐそば)

・・・で
保護活動開始し

福島第一原発の

白×青の
エントツを

見ない日などない
生活を

送っていて

遠足にでも
来たかのように

あのエントツの
すぐねきで

弁当を広げて
食べていましたから

今でも

『大熊町』
『大熊町』

呪文のように
頭に響く

町名です。

さて
その大熊町から

どの子の
飼い主さんが??

。。。。。。。。。。。。。。。。


「はじめまして



大熊町で
保護していただいた

‘大熊じいさん’の
飼い主です」

『あっ!
大熊じいさんね!

うんうん

確かに
保護しましたよ

大熊じいさんは

小入野の
三叉路を入った

セブンイレブンの
あたりで

6~7頭の
群れで

生活してたんですよ』

私は

相当失礼な
人間で

人さまの
飼い犬を

勝手に

‘じいさん’と
呼んだりしてね・・・

「そうです

中谷さんに
大熊じいさんって

呼ばれてるって
聞いて

ウチの子

そんなに
年だったかなぁ

・・って考えたら

10年も
飼ってたんで

そ~だな
じいさんだなって」

えへっ♪


IMG_0839



大熊じいさん

本名
サンキチ

飼い主さんは

引き取れない
環境なので

今は
つくば市の

里親さんちで

幸せに
暮らしています。


IMG_0827


「この前

会津に
来られたことを

後で
知ったもので

今度

会津に
来られる時は

是非
声をかけてください」

もちろん♪

会津には

みなしご救援隊の
強力な

‘支援隊’が
いるので

会津支援隊が

連絡を
入れるでしょう

『必ずまた
会いましょうね』




IMG_0837


まじめそうな

お父さんと
お母さんなのに

`大熊じいさん’
・・・だなんて

実は
このご夫婦

九州出身だそうで

広島とは
近いんですよ

西日本の
人間が

ここで
こんな形で

会うとは・・・

なんか
ドラマじゃね

。。。。。。。。。。。。。。。。


預かりさん
来訪

。。。。。。。。。。。。。。。。


午後一番

埼玉県から
預かりさんが

保護犬を
連れて来てくれました。



IMG_0828


楢葉町大谷で
保護した

柴犬の
‘まつ’です。

預かりさんが
必死で

飼い主探しを
してくれましたが

今だに
見つからず

『まつは今
幸せなんじゃけぇ

このままで
ええじゃん』


IMG_0831


ずいぶん前にも
紹介しましたが

まつは

甲斐犬3頭と
同居しています。

甲斐と柴

どちらも
気が強い和犬

考えたら
恐ろしいですが

これが
うまくいってるんですよ



IMG_0830


「まつ

茶色い
おばちゃんに

抱っこして
もらっていいね」

『誰?

そんな人
おらんけぇ』

冬が来て
私は

‘白いお姉さん’
・・・に

なったんです!!!


。。。。。。。。。。。。。。。。


‘大きな気持ち’

・・・が
届きました

。。。。。。。。。。。。。。。。



犬猫みなしご救援隊の
みなさまへ

初めまして

長野県佐久市の

「森の紡ぎ市実行委員会」
と申します。

東日本大震災を
きっかけに

地域のお母さんが
主体となり

子どもたちと
支援活動として

「森の紡ぎ市」

という名の
イベントを

立ちあげました。

2012年の
今年は

岩手県の
手づくり工房さんと

同じ長野県内で
被害にあった

栄村小学校に
心を届けよう!

という目標で
活動いたしました。

この実行委委員会には
「こども実行委員会」もあり

その子どもたちが

「収益が残ったら

少しでも
動物たちに

食べものなどを
贈ってあげたい」

と決めていました。

10月8日に
イベントが終了し

各種手続きを済ませ
残金があり

ちゃんと
使っていただける
施設を

探しておりましたところ

「犬猫みなしご救援隊」様を
見つけました。

子どもたちの
想いも

同送させて
頂きます。

これからも
小さいですが

応援の気持ちを
続けていきたいと

思っています。


IMG_0834


犬や猫が
幸せでいられるように

これからも
がんばるよ

ありがとうね

森の紡ぎ市の
子どもたち


IMG_0835


裏にも・・・

星に
興味があるんじゃね

私も
星は好きじゃ

今時期じゃと
シリウスが

一番よう見えるよね

あおうみがめが
好きなん?

私は大昔

うみがめの
幼体を

飼育してたよ

エサは
干しえびじゃった



IMG_0836


森の紡ぎ市の
子ども実行委員会の

子どもたちが

贈ってくれた
フードです。

ちゃんと
ロイヤルカナンじゃ

ウチの子たちは
これ食べたら

今より

もっと
もっと

元気になるね

ありがとうね♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日の動画


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2011年3月末

保護依頼を
受け

何度も
探したけど

番地から
‘自宅’すら

特定できず

4月2日に

ようやく
保護し

その夜

飼い主さんに
引き渡した

老犬の
保護シーンです。

当時の
私たちは

不眠不休に
近い状態で

保護活動を
行っており

混乱の
まっただ中

飼い主さんに
引き渡した子の

データーは

ほとんど
残っていません。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


当時の
20km圏内は

楢葉町と
浪江町の

一部を除いて

ほとんどの
地区で

携帯電話が

なかなか
つながらない状態で

無事
保護したことを

飼い主さんに
伝えるために

携帯電波を
求めて

10分20分
歩くのは

当たり前

その途中で
放浪犬を

見つけて
追いかけたり

つながれている子を
見つけて

食べものと
水を

与えたり
・・・で

想像以上に

前に
進まない

毎日でした。






引っ越しまであと9日

今週に入って

みなしご救援隊
栃木拠点あたりは

毎朝
氷点下

去年の冬同様

パドックに
設置してある

犬用の水道は
凍結

大動物小屋の
水道も

凍結

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


それでも
太陽が昇って

ちょっとたつと

‘ジジィの
ションベン’

・・・ほどの
水が

チョロチョロ
出ていたのですが

今朝は
それもなく

マリー馬房の
掃除が

後回しに
なりました・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


それでも
文句は言いません

ここでの
生活も

あと
9日ですからね

寒ければ
寒いように

暑ければ
暑いように

がむしゃらになる
・・・・でもなく

私は
私の

できることを
やりながら

なんとな~く

ほんわかと
漂って

日々を
暮していきたいと

思っております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日
手塚さんが

「2号棟の
室温が

少し
高くて

5号棟の
室温が

少し

低い気が
するんですが」

『どれどれ』

うん
確かに・・・

エアコンの
設定温度は

どの部屋も
18℃暖房

でも
エアコンによって

多少の誤差は
出ます。

みなしご救援隊が
買えた

エアコンなので

そんなに
高価な

エアコンでは
ありません

冷房と暖房の
切り替えができれば

それで
ええでしょう

あとは人間が

室温管理を
していけば

ええことです



IMG_0809


室温が低い
気がする

5号棟の床には

段ボールを
厚めに

敷き詰めました。

すると
一瞬にして

スースーしなく
なりました。

私の恋人
段ボール

さすが♪



IMG_0810



今朝の霜

引っ越しまで

あと
もうちょっと

・・・と
思っていましたが

今夜から

鉢植えを
移動させることにします



IMG_0811



朝7時

医療棟から
見る

みなしご救援隊
栃木拠点

この
ゴタゴタしたのが

どこまで
きれいになって

残るのか・・・

『頑張れ
栃木メンバー』


。。。。。。。。。。。。。。。。


農水省検査

マリーの

糞便検査の
結果が

出ました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


㏃(ベクレル) / kg
・・・という単位は

1kgの糞中に
含まれている

放射性
セシウムの量

・・・を示しており

1㏃は
1秒間に

原子核が
1個崩壊して

放射線を
出す

放射能の
量です。

なので

数値が
低いほど

放射能を出す
セシウムが

少ないことを
表します。


IMG_0818



我が国・日本の
基準値は

肥料や培土として
利用できる

たい肥の

暫定許容値
400㏃ / kg

体内に
摂取しても

安全とされる
食品の基準値

100㏃ / kg

同じく
水の基準値

10㏃ / kg

・・・では

マリーのボロ(糞)は

7.9㏃ / kg

『チョ~安全じゃん』
無問題

‘放射能問題’では

マリーは

誰にも
迷惑かけんことが

これで
立証されました。

しかも
マリーのボロは

立派な
たい肥になる

広島に帰ったら
my畑に

野菜を
植えるかな・・・

『あぁ・・・
そ~じゃった

私の畑は

マリーと
山羊たちの

パドックになるけぇ
ダメじゃ』




IMG_0819



長~い顔に

チモシーを
付けていますが

『これで

大熊町出身の
マリーは

威張って

広島へ
帰れるね♪』

もちろん
広島へは・・・・



IMG_0812


二本松市出身の

ハクビシンの
ペッピ~ちゃんも


IMG_0820


双葉町出身の

タヌキの
ジンも


IMG_0823


岩手県出身の

タヌキの
かずも


IMG_0824



大熊町出身の

烏骨鶏の
う~ちゃんも


IMG_0825


那須町出身の

鳩の
ポッポも

みんな
一緒に帰ります。

広島の

みなしご応援団の
人たちは

み~んな

エキゾチック
アニマルたちが

広島へ
帰ってくることを

心待ちにして
くれています♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。


みなしご救援隊は
【動物第一主義】

・・・で
活動していますが

今回の

東日本大震災
被災動物救援活動

・・・・においては
どうやら

飼い主さんの
ためにも

なっていたようで・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。


去年の

震災から
3ヶ月経ったころ

依頼を受けて
連れ出した

人なつっこくて
かわいらしい

白犬テンが

フィラリア症で
急死しました・・・

この様子は
たまたま

当時

べったり
くっついていた

TBSひるおびで
放送されましたが

私は今でも
そのDVDは

つら過ぎて
見れないでいます。

テンの家には
猫も2匹いて

その猫は


栃木拠点で
暮らしていますが

テンが
亡くなった直後に

飼い主さん家族と
一緒に

楢葉の
自宅の庭に

テンを

埋葬しに
行ったっきり

私は
忙しさにかまけて

テンの家族と
ぜんぜん

連絡を
取っていませんでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


それが昨日

テンの
お父さんと
お母さんが

突然の訪問

「毎日
ブログを見ている」

・・・とのこと

「広島へ
帰られる前に」

もちろん

猫たちに会うのも
目的ですが

ビックリしたのは

「私メールとか
苦手なので

みなしご
プレミアム会員に

申し込みたいのですが

ど~したら
いいですか?」

『マジで!!!』

「そ~よ
そのために

今日しかない

・・・って思って
来たんだから」

とっても
ありがたいことです。

私は
大喜びで

その場で
受付ました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


お母さんは

テンや猫たちに
申し訳なくて

犬も猫も
触らないでいた

・・・そうで

私は
お母さんに

言いました。

。。。。。。。。。。。。。。。。


誰にでも

間違いや
失敗はあります。

(特に私は多い)

確かに
テンは

予防できる
病気で

亡くなりましたが

次に
犬を飼う時は

テンの死を
無駄にしないよう

ちゃんと
予防して

大切に
育てていけば

ええのです。

そして
猫たちを

引き取れる日が
来たら

すでに

生活が
安泰している

チビちゃんたちを
引き取るのではなく

寒空の下

住むところがなく
困っている子を

飼ってください。

1匹でもいいから
助けてください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


人間の
都合や

人間の
ちっぽけな感情で

ストレスに
弱い猫を

移動させるぐらいなら

どこの町にも
いる

困っている
猫たちを

あったかい
家の中へ

招いてください。

私は
それを望みます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


みなしご救援隊は
【動物第一主義】です

だから

みなしご救援隊を
応援してくれている人も

みんな

【動物第一主義】です

テンの
お父さんと
お母さんは

私の話に
納得して

「その日が来たら

ご縁のある
野良猫を

飼いますね」

やっと
笑顔が戻りました。

IMG_0808


たんまりと

ストレスを
抱え

食欲もないのに

痩せるハズが
なぜか肥える

中高年

しょ~がないね
あきらめよ~や♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


それでは
今日の動画

今日も
昨日同様

2011年4月1日
in富岡町









引っ越しまで10日

今年もまた

学校法人
神戸学園

神戸動植物環境専門学校の
生徒たちが

みなしご救援隊
栃木拠点を

見学しに
来てくれました。


IMG_0805


いつもより

ぜんぜん
騒がない

みなしご放浪犬

たぶん・・・
たぶんですけど

普段
ウチの子たちは

中高年ばかり
見てますからね

20歳そこそこの
お姉ちゃんを

こんな大勢
見ることがないので

どうしていいか
戸惑っているのでしょう




IMG_0806


子ヤギの
こゆきは

大人気♪

思いのほか
毛が柔らかい

・・・とか

キャッキャ
キャッキャ

若いって
ええね

『この中で

世の中
お金じゃない

少ない
給料でいいから

みなしごで

動物たちの
世話がしたい!

・・・と思う

こころざしの高い
姉ちゃんは

おらんか?』

シ~~~ン

・・・・・・・・・

皆さま!!

皆さまの
知人友人の中で

こういった

こころざしの
高い人がいたら

是非
ご紹介ください


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


見学後

みんなと一緒に
AFCに行き

秘蔵DVD鑑賞と

いつもの
言いたい放題の

中谷講演を
しました。


。。。。。。。。。。。。。。。。


今日は
午後も

続々と

来訪者予定が
あるので

すみませんが
今日のところは

2011年4月1日

双葉町新山での
保護シーンを

ご覧いただき

お開きとさせて
いただきます。


。。。。。。。。。。。。。。。


では
どうぞ・・・


引っ越しまで11日

みなしご救援隊
栃木拠点は

引っ越し前の
連休とあって

引き取れない
環境の

飼い主さんや

支援物資を
持ってきてくれる

後方支援隊の
方々で

訪問者
ラッシュでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。


そんな中

皆さまより
お悔やみの言葉を

たくさん
いただいた

‘ななめ’を

玉川霊園へ
連れて行き

丁重に
遺骨にしてもらい

連れて帰りました。


IMG_0765


夕暮れ時の
玉川霊園

イチョウが
見事でした。

ありがたいことに
私は

動物愛護活動を
している

お蔭で

‘労せず’

木々の紅葉を
見ることができます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。

お別れ

。。。。。。。。。。。。。。。。。


福島第一原発
放射能漏れ事故による

被災者の
ほとんどが

1年9ヶ月
経った今も

仮設住宅か
借上げ住宅で

‘自由のない’
生活を

送っておられます。

『原発さえ
なければ』

家族が
バラバラになることもなく

一緒に
暮らせたのに!!

日本国は

被災者を
そっちのけで

選挙で
忙しいようで

ど~にも
ならん。

。。。。。。。。。。。。。。。。。


仮設住宅は
仮設なので

次に
誰かが

住むわけでもなく

いずれ
壊すわけです

なのに
ペット不可

借上げ住宅も

元々

犬猫を
飼養していた

家族に限り

家主に対して
国・県・町が

ペット可で
交渉するとか

何か手はある
・・・と思うのですが

結局は

面倒なことには
巻き込まれたくない

ことなかれ主義の
行政のすること

何の役にも
立っとらんです。

日本中

どこの町にも
起きている

野良猫問題と
同じで

とにかく
お役人ってのは

くちうるさい人の

言うことしか
聞かん

「野良猫が邪魔だ」

・・・の声には

俊敏に
対応するくせに

「野良猫にも
生きる権利がある」

・・・の声は
ハナから聞かん

・・・ってなことを
書いていたら

頭に来て
イライラするので

このへんで
冷静になり

本題に戻ります。

。。。。。。。。。。。。。。。。

まずは

メリー&セブン
面会


IMG_0773


メリー&セブン
家族は

楢葉町で
暮らしていたころは

じいちゃんと
ばあちゃんも

同居で

特に
じいちゃんが

犬たちを
かわいがっていたのですが

今は
家族バラバラで・・・



IMG_0776


生後3ヶ月だった
セブンは

記憶が
薄いですが

成犬だった
メリーは

大喜びです。

・・・でも今の
借上げ住宅は

ペット不可


IMG_0779


メリー&セブンは
里親希望ではなく

お迎えまで
みなしご預かりで

今後は
みなしごバスで

メリー&セブンが
家族に会いに

いわき市まで
連れて行きます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


杉下ゆうちゃん
面会



IMG_0781


飯舘村
長泥地区の

杉下ゆうちゃんは

TBSの
ひるおびが

引き取りから
ずっと

追っかけている
猫なので

家族最後の
面会も

取材

IMG_0783


ゆうちゃんの姿を

携帯写真で
撮っている

お母さんを

TBSが
TV用に撮り

それを
私が

ブログ用に
撮る・・・

図式的には

私が
一番偉い感じ?



IMG_0784


ゆうちゃんの
お母さんは

ゆうちゃんを
あきらめた時期も

ありましたが

猫だから
どうにかなる

・・・との
私の思いで

ずっと
育ててきました。

なので
お母さんは

ゆうちゃんが
栃木拠点にいたことに

大喜び・・・

でも

また
しばしの別れ・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。


おじゃる

大嫌いな
私に面会

。。。。。。。。。。。。。。。。。



おじゃるは
震災前

年老いた
おばあさんと

お父さんと
暮らしていました。

引き取り依頼を
受けて

私たちが

おじゃるを
迎えに行ったのは

いわき市内の
学校体育館

去年4月の
夜遅くのこと

おじゃるは

家族に
連れられ

一緒に
避難したものの

体育館には
入れず

長引く
車生活で

ストレスは
MAX

「私たちは
もう

おじゃるに
何もしてやれません

おじゃるのために

どうか
優しい里親さんを

探してください」
・・・そう言われ

おじゃるを
車に乗せると

おばあさんが
泣き崩れ

私たちは
どうすることもできず

逃げるように

体育館を
後にしました。


IMG_0785


それから

幾日も
経たないで

東京から
預かり希望の

鈴木さんが
来ました。

私は

『来た!!』
・・・思い

おじゃるしか
紹介しませんでした。

その時
おじゃるは

ストレスで

臆病な
咬みつき犬

・・・・に
なっていました。


IMG_0787


1年半年ぶりに
会った

おじゃるは
相変わらず

サン太&サンコ
・・・と同じ

‘困った系’の
顔ですが

表情が明るく

すっかり

落ち着いた犬に
なっていました。


IMG_0789


一度
不幸になった子を

二度
不幸にするわけには

いかんのです。

それが

私の
責任なのです。

あの時

鈴木さんに
無理やり

おじゃるを
押しつけて

よかった・・・

本当に
よかった・・・

『鈴木さん!

咬まれまがらも
よく辛抱して

おじゃるを

立ち直らせて
くれましたね

心から
感謝してます

これからも
どうか

おじゃるを

かわいがってやって
ください

お願いします』


。。。。。。。。。。。。。。。。。

アベネオ
面会





IMG_0791


津波警報が
発信され

お父さんは

財布も
何も

持たないで

ただ
ネオだけを

軽トラに乗せて
逃げた・・・

それだけ
ネオは

大切な
存在なのに

引き取れん・・・


IMG_0792

ネオは

くちびると
肛門周辺と
肺に

腫瘍が
あります。

余命いくばくも
ありません。

もう
生きては

会えないかも
知れません。

それでも
引き取れん・・・


IMG_0803



まったく
日本って国は

世界一
紳士的でない

野蛮で
つまらん国じゃ・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。


チャット
面会



IMG_0793


チャットの家族は

全員
犬好きで

チャットにも
会いたいけれど

他の犬たちも
気になる・・・


IMG_0795


チャットも
里親希望でしたが

ここにきて
話が変わって

「飯舘の家には

もう
帰れないから

どこかに

新しく家を
建てようかと・・・

その時に
引き取りたいんですが」

『いつでも
ええですよ

チャットは
それまで

広島で
待たせときますけぇ」

もうひとつ
嬉しいことに

「これまでは

つないで
飼っていたけど

ここで
こんなに自由に

させてもらって

チャットが
楽しそうなので

引き取る時は

柵を作って
自由にさせます」

私は

犬をつないで
飼うことが

嫌いです。

狭くてもええ

首にカセを
付けたくないのです。

みなしごイズムが

飯舘村の
人にも

浸透していく・・・
嬉しいね

この施設を
作ってよかった・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。


チャットんちの
長兄ちゃん


IMG_0799



‘シャイな青春’
まっただ中の

チャットの
お兄ちゃん

私は
ひとことも

しゃべったことは
ありませんが

犬に対しての
扱い方が

みなしご検定では
100点満点



IMG_0796


安田ばあさん
GET!!

簡単そうに
ヨシヨシしていますが

臆病な
安田ばあさんを

触るのは
難しいことです。

しかも

お兄ちゃんの
手の位置を

見てください。

ちゃんと
アゴの下を

撫でているでしょう

たいがいの人は

頭を
撫でようとします。

それは
間違いです。

『あなたが
見知らぬ人から

頭を
撫でられたら

どうしますか?』

私なら
咬みつきます。




IMG_0797


お次は
いわきチビ

相手が
見知らぬ人だと

絶対に

犬舎の奥から
出てこない

いわきチビが

普通に
出てきました・・・

これもスゴい!

しかも

手も出さず
何もしないで

何分間も

ただ
座ったまま

ええ
判断じゃねぇ・・・

うん
ええねぇ・・・



IMG_0798


やっぱり

首の下の
位置に

手を出してる

チャットの
兄ちゃん

犬の
扱いセンスが

抜群

『チャットの
兄ちゃん

高校卒業して

どこかの企業に
うかうかと

就職しとる
場合じゃないよ

これからの
日本は

動物愛護先進国に

ならにゃ
いけんのんじゃけぇ

若者よ!

一緒に
動物愛護の道を

歩もうではないか!!』

高校卒業したら

スカウトに
行こッ♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日の
動画

。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日は
お久しぶりの

ひなちゃんです。

この前

広島に
帰った時の

映像ですが

毎晩
こんなことをして

首から上しか
動かない

ひなの
リハビリをやってます。

ひなは

私が近寄ると
逃げ

私が逃げると
近寄ります。

途中で
カメラに気づいたり

ひなの

意志表示に
注目してください





ひな
かわいすぎ♪

撮影者・郷原

引っ越しまで13日

引っ越し日が
近づき

バッタバタの
毎日で

更新が
思うようにいかず

楽しみにしてくれてる

みなしごファンの
方々に

大変
申し訳なく
思っております。

今日も
昨日に引き続き

TV取材があり

時間ばかりが
過ぎてゆき

あれも
これも
それも

『忘れたッ!』
・・・の世界です・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


こゆきちゃん



IMG_0717


除角薬の
塗り方を

どうやら
失敗したらしく

伸びないハズの
角が

伸びてきました・・・

しかも
いらんことに

一部
成功したため

へんてこな角が

生えてくる
予定です・・・

IMG_0718



子ヤギの
グルーミングです。

かわいいね

かわいいと言えば・・・


IMG_0720


山羊母娘の
フンです。

説明するまでもなく

大きいのが
ゆきで

ちいさいのが
こゆきです。

IMG_0716



後方支援隊の
皆さま

この度は
こゆきのために

ヤギ粉ミルクを
ご支援いただき

ありがとうございました。



IMG_0729


母ヤギの
ゆきに代わって

お礼
申し上げます。

NPO法人
犬猫みなしご救援隊
中谷百里


。。。。。。。。。。。。。。。。。


愉快な
猪狩一家

猪狩3匹は
愉快な犬たちですが

飼い主の
お父さんも愉快なら

お母さんも
愉快です。

あれだけ
会いに来なかったのに

ここに来て
立て続けに

ご面会~ッ♪


IMG_0721


2日連ちゃんの
面会

今回は
お母さんも・・・

IMG_0722


『シロは
お母さんなら

すぐに
寄って行くんじゃね』

・・・と言うと
お父さん

ムッ・・・と
していまいた。

事実ですもん

。。。。。。。。。。。。。。。。。


祝・お迎え



IMG_0731


宇佐見リョウ

待ちに待った
お迎えの日


IMG_0732


去年の5月

リョウを
引き取りに行った時

リョウの
お父さんは

「最後の
マッサージを

させてください」

・・・と
泣きながら

リョウの足を
マッサージした人です。

絶対に
迎えに来てくれる

私は
そう信じていました。




IMG_0733


リョウも

1年半年
待ってたんだよね


IMG_0734


リョウ
長生きするんだよ

。。。。。。。。。。。。。。。。。

祝・お届け


IMG_0751


アナックこと
ジュンと

IMG_0752


母ちゃんこと
クリが

家族の元へ
帰ることになりました。

みなしご救援隊
栃木メンバーたち

別れはつらい
・・・でも

ジュン&クリは

今より
もっともっと

幸せになるんだから

笑顔で
見送らなきゃ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今はまだ

宮城県に住む
お父さんとは

離ればなれ
・・・のままですが

ご長男家族に
囲まれての

楽しい
スタートです♪



IMG_0760

柵作りが
終わったころ

宮城県から
お父さんが

駆けつけて
来ました。

ジュン&クリは
大喜び

ジュン&クリの
お父さんは

本当に
あったかい人なので

会うと
笑顔になれます。


IMG_0761


ジュン&クリの
物語は

来年の3月

いつもの
TBSのひるおびを

ご覧ください

来年の3月です!!
鬼が笑うよね・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


・・・では

去年の4月

20k圏内が

警戒区域に
指定される前

発見当初の
クリの

映像を
ご覧ください。

逃げだした
ジュンが

私を
呼びに来なければ

つながれたままの
クリは

2~3日後には

息絶えていたと
思います。








震災から
20日

4月に入ると

つながれたままの
犬たちは

みんな

これぐらい
痩せており

食べものより
水・・・

みんな

水を
欲しがりました。

お知らせ
東日本大震災記録本
【鼓動】
絶賛発売中
『NPO法人 犬猫みなしご救援隊』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
『NPO法人 犬猫みなしご救援隊公式チャンネル』のチャンネル登録よろしくお願いします。

広島本部

〒731-0234
広島県広島市安佐北区
可部町今井田690-1

TEL:082-812-3745
FAX:082-815-2711

栃木拠点

〒325-0014
栃木県那須塩原市野間
308-1

TEL:0287-74-5039
FAX:0287-74-5038


中谷PCアドレス
nakatani_fukushima
@yahoo.co.jp


平成24年度
「東日本大震災における
貢献者表彰」で
NPO法人
犬猫みなしご救援隊が
受賞しました。
支援金は

<銀行口座への
お振込をご希望の方>

■東京三菱UFJ銀行 
広島支店
普通預金 0348748
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊 
理事長 中谷 百里

■広島銀行 安(やす)支店
 普通預金 3102619
NPO法人 
犬猫みなしご救援隊

■ジャパンネット銀行
 本店営業部(001)
普通預金 3989953
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊

<郵便振替口座への
お振込をご希望の方>

■口座番号: 
01320-2-47269
■口座名義: 
特定非営利活動法人 
犬猫みなしご救援隊

まで
宜しくお願いいたします。

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ