まず
はじめに・・・

6月3日(月)

ちばわん&
みなしご協働

一斉
TNR手術を

無事
終えることができました。

今回

協力くださった
方々に

感謝
申し上げます。

『ありがとうございました』


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ちばわんからの
‘お誘い’に

乗ったかたちで
始まった

ちばわん&
みなしご

協働TNR活動も
今回で

21回目となりました。

異なる団体が
協働することによって

得意な分野で
力を発揮し

足らずを
埋めることができるという

J・Vの
利点のお蔭で

結果は

何倍にもなって
現れています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


TNR資金は

2団体の
支援者の方々からの

支援金や

‘ハル’公演での
募金

その他と

山口獣医科で勤める
獣医師や

他院の獣医師による
執刀協力

みわ動物病院からの

ワクチン
その他薬剤協力

・・・のお蔭で
成り立っております。

この輪が
どんどん広がり

1匹でも多くの

野良猫に
不妊処置を施し

望まれない命が
軽減し

一代限りの命を
守っていけたら

ええなぁ
・・・と

ちばわん代表
扇田佳代と

みなしご救援隊代表
中谷百里は

願っております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ちばわん&
みなしご

第21回
TNR一斉手術には

栃木県北部で

愛護活動を
行っている

西那須野里親会と

栃木県南部で

愛護活動を
行っている

壬生里親会の

捕獲協力を
いただきました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


犬8頭
猫26匹の

不妊手術と

犬1頭
乳腺腫摘出

犬1頭
卵胞膿腫摘出

犬1頭
狼爪切除

猫2匹
疥癬治療

・・・も
同時に行い

すべて

予後は
ええ感じです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


手術当日
天気☀

今回の
場所提供は

栃木県那須塩原市
一区町公民館


IMG_0724 


捕獲協力者たちが
続々と・・・


IMG_0725


手術を行う
みなしごバスは

木陰で
ええ感じ♪


IMG_0723


みなしごバスに
停留されているのは

ちばわんメンバー
あきさんちの

保護犬たち

・・・と

みなしご№1アイドル
こゆきちゃん

IMG_0722


みなしごバスの中から

IMG_0719


山口先生と
田原3級助手

記録担当は
ちばわん扇田さん


IMG_0726


一区町公民館は

下野新四国
八十八ケ寺の

‘大師堂’が
ありました。

もちろん
イカサマ坊主は

謹拝いたしました。

おん
あぼきゃ
べいろしゃのう
まかぼだら
まにはんどま
じんばら
はらばりたや
うん

南無大師遍照金剛
南無大師遍照金剛
南無大師遍照金剛

===合掌===



IMG_0720



術後です。

若いみたいで
歯石ナシでした。

私たちが
行っているのは

【イノベーションTNR】

1度きりの
捕獲のチャンスを

無駄にしないために

耳先カット
ワクチン接種
ノミマダニ駆除は

もとより

歯石除去
口内炎・虫歯抜歯
乳腺腫摘出
肛門周辺種摘出
狼爪切除

・・・などなど

内科的処置
以外の

外科的処置も
できる限り

施します。



IMG_0729



個人ボラさんが

保護したばかりの
この子は

中型雑種で

左右の乳房に
しこりがあり

今回は

左乳房にある
腫瘍を

全摘しました。

その後
様子を見て

右乳房にある
腫瘍も

全摘するよう
手配しました。






IMG_0730



みなしごバスは

20年選手の
オンボロバスですが

手術用灯が
点いているので

夜暗くなっても
無問題です。

・・・が

そろそろ
窓を開ける季節

夜間の

‘小虫対策’を
考えにゃいけんね



IMG_0731


朝9時から
準備を始め

すべてが
終わったのは

夜8時・・・

IMG_0727



今回は
問題のある犬が多く

日本一の
TNRの先生も

さすがに
お疲れの様子でした。



IMG_0728


術後

まだ完璧に
覚醒しておらず

ぼんやりしてます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


次回

ちばわん&
みなしご協働TNR活動の

日程は

2013年
7月16日(火)

場所は未定

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


新入り君

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


6月1日の

‘ハル’
猪苗代公演に

東京から
お手伝いに来ていた

白マック妻が

宿泊先のホテルで
捨て猫を発見

「みなしご救援隊の
終生飼養ホームで

終生飼養を
お願いしたいのですが」

ええですよ

既定の料金を
支払って

うちの条件に
同意してくれるなら


IMG_0732



・・・ということで

終生飼養ホームで
引き取った

いなわしろ君

これでもかって
言うほど

マダニを
付けていました。

マダニは

今や
‘時の寄生虫’



IMG_0733



私は
東日本大震災以前は

最低でも
年に1回は

寄生虫の
講習会に通い

学習していたので

マダニは
得意中の得意

普通の人が

「汚い」
・・・とか

「気持ち悪い」
・・・とするものへの

研究は

私がもっとも
得意とするとこなのです。

・・・と言うと

なんだか
変態みたいですが

「汚い」
・・・とか

「気持ち悪い」
・・・とかを

排除すること

「汚い」
・・・とか

「気持ち悪い」
・・・とかからの

暴露を

最小限に
食い止めること

それが
飼い主として

当たり前の
務めだと

私は
思っているのです。


IMG_0735



マダニは

ホームセンター等で
売っている

市販の
駆除薬では

100%
駆除できません。

100%
駆除できなければ

意味が
ありません。

ちゃんとした
‘医薬品’を

‘動物病院’で
お買い求め下さい。

当たり前のことですが

犬と猫では

薬剤の
効き目が違います。

犬用を
分割して

猫に
滴下したのでは

効き目に
差が出る場合もあります。

私が
野良猫に与えている

食べる
ノミマダニ駆除薬

日本イーライリリー社の
コンフォティス錠は

犬と猫では
含有量が違います。

素人判断で

駆除剤を使うのは
やめましょう。



IMG_0734


駆除薬で
死んだ

マダニを
つぶしてみました。

これだけ
吸血しているのです。

こんなに
吸血するマダニが

何匹も
ついていたら

バベシア症に
なる前に

貧血症で
倒れますよね・・・




IMG_0736


みなしごバスの中で

一緒に
生活しながら

ノミマダニ駆除やら

鼻水やら
血便やらを

治しました。

まぁまぁ
ええ感じになったころ

広島に到着♪


IMG_0742


いなわしろ君は
甘えん坊で

一日中
誰かの足元に

静電気のように
まとわりついてます。



IMG_0744


食欲もあるし
あと5日もすれば

医療房から
出れるね♪

な~んて
思っていたら



IMG_0746


私の足元から
するりと抜け出し

大部屋へ・・・

IMG_0747


「ボク

ずっと前から
中谷家の子じゃけぇ」

そんな顔して

ごはんを
かっ喰らっています

ええこっちゃ♪