一週間

皆さまは

いかが
お過ごしでしたでしょう

私は
いつも通り

とても充実した
意味ある一週間を

過ごしていました。

取り急ぎ
この一週間を

ザックリ
報告いたします♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


7月13日

広島本部TNR一斉


DSCN7117



茶トラの子猫

草むらで
遊んでいるのでしょう

ホイトが

いっぱい
ついていました。

:注:
ホイト=くっつく草の種

DSCN7118



長毛種ではないけれど

子猫は
ふわふわですからね

ホイトが
つきやすいのです。

私は
世の中から

‘野良猫’が
居なくなることを

願っています。

飼い主のいない猫は
不幸です。

・・・だって
考えてみてくださいよ

野良で
生まれてしまうと

ホイトもつきますし

無責任な
餌やり老人から

食べ物をもらっただけで

世間から
うとまれますからね

猫はみんな
‘飼い猫’になって

生涯

家の中で
ゆったり暮らす・・・

これが
私の夢ですね♪



DSCN7121

この中型雑種は

《ファミマ捕獲器設置事件》
・・・があった

あの東広島市
志和地区の

野犬です。

先日

野犬7頭の
行く末を案ずる相談があって

不妊手術その他
プロにしかできない分野は

犬猫みなしご救援隊が
責任を負い

野犬たちの生活は

7匹全頭
相談者が見る

これで
一件落着したのです。




DSCN7124




野犬の仔犬です。
この春に生まれたから

生後4ヶ月ぐらいの
女の子

人馴れしていません。

だからと言って
殺処分する必要はないでしょ?

犬猫みなしご救援隊は

生かすためなら
できる限りの

お手伝いをします。

野犬を
【本気で】助けたい人は

ご相談ください。

ただし

★お世話もしない
★飼養場所も提供しない
★資金も出さない

・・・などなどの

丸投げ相談は
受け付けません。

ひとつの命を
助けるのに

自分はなにもしない

すべては
おんぶに抱っこ

それは
虫のええ話で

そんなものは
世の中に通用しませんし

特に私には
通用せんです。

私は
厳しい人間なので

【本気で】
助ける気がある人の

お手伝いしかしません。

あしからず




DSCN7126

仔犬3匹の
お母さん犬です。

来月の
広島本部TNR一斉には

残りの
男の子たちが来ます。

親子4匹と

お母さん犬の
兄弟らしき犬たち3匹

計7匹は

これからは

安全な場所で
生きていきます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


広島市
動物管理センターから

直接
もらわれて行った子が

ウチの一斉手術に
参加しました。

これは
とっても嬉しいことです。

広島市
動物管理センター出身の子は

ウチの子みたいなもん
・・・なので

私はできる限りの
協力をします。





DSCN7127



パピヨンちゃん
推定8~10歳

乳腺種が
1つだけあったので

不妊手術と同時に
切除手術もしました。

月末には
歯石も取り除きます。


DSCN7129



これから
幸せになるワン♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


同じく
7月13日

一斉手術で
バタバタな時

広島市
動物管理センターから

「脊損で
起立不能の

負傷犬を
引き取って欲しい」

・・・との依頼があり

断る理由もないので
引き取りました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


TNRの最中

どんな感じの
負傷犬なのか

引き取りに行ったスタッフに
問い合わせました。

『中型雑種?』

「茶色い中型です」

『うどんより
デカい?』

「痩せとるけど
長さ的には

うどんぐらいです」

:注:

うどんとは

うどん屋で飼われていた
太郎のことで

ウチで
うどん太郎と改名

ガッシリしている
うどん太郎は

ウチの
中型基準体型で

私の中では

「うどんより大きい」
・・・と言われたら

ガッカリで

「うどんより小さい」
・・・と言われたら

ラッキー♪

・・・こんな感じです。


DSCN7133


うどん太郎ぐらいのが
寝とる(笑)



DSCN7134



ガリガリじゃん!

なんだか
猟犬チックじゃね・・・

猟犬って

どの子もこぞって
痩せていて

どの子も
お腹がすいてるみたい・・・



DSCN7136



タマ付き!?

そりゃそ~か・・・

負傷して
センターに収容されて

今日で10日

飼い主から
問い合わせもない

タマは
付いてて当然か・・・


DSCN7138



これを見て
色の具合がわかるように

この子は
茶色の雑種

・・・というより

こげ茶の雑種です。



DSCN7139



ごはんは
よく食べます。

ごはんを食べさせていたら
忍が隣から

「お母さん!
手で食べさせて!」

・・・と

この子の
代弁をしました。

『お母さんはね

フランス生活が長いから
スプーンなんだよ』




DSCN7140


はい・・・
正直に言います・・・


犬は怖いんです・・・



DSCN7147



この痩せ具合
どう・・・

食餌量を
セーブしたところで

30年
生きれる訳じゃないし

いくら食べても
太らん子は太らん

・・・ならば

お腹いっぱい
食べさせようよ・・・

短くても
満足する一生を

これが
私の考えです。



DSCN7148


まぁ
忍に任せるわ♪

DSCN7143



名前は

私が留守の間に

うちの者が
決めるでしょう




DSCN7149



負傷先輩の
どうちゃんです。

列車にはねられ

骨盤骨折
大腿骨骨折で

起立不能でしたが


DSCN7153


右後肢は
ナックルするけど

立ちます。
走ります。

しかも
フェンスを飛び越えて

エリア脱走します(笑)



DSCN7151



たまに
ナックルしない時もあり

どうちゃん
予後は良好です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



13日の夜

TNR一斉が
終わり次第

広島を発つ
予定でしたが

11日12日の

江田島TNR一斉
直後の

広島本部TNR一斉

おじさんと
おばさん

さすがに動けず
翌14日午後

栃木に向かい
出発しました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


7月15日
朝10時

愛知県あたりで

つまらん
凡ミスをしてしまい

『ときわの
カテーテルが

尿道に入ってしもうた!』

私なりに
いろいろ悩んで

休診日だということを
承知の上で

山口先生に
電話しました。

『休診日のところ
申し訳ないですが

緊急オペを
お願いします!』

山口獣医科病院へは

みなしごバスは
入れません。

こんな時は
小谷ちゃん!

小谷さんは
勤務中でしたが

すぐに動いてくれて

午後3時

ときわ君
山口獣医科病院へ

若い先生たちにも

「中谷が来るぞ!」
・・・という情報が伝わり

山口獣医科病院
手術室は

開業日さながらの
人出(笑)


DSCN7154


ついでに

同行していた子猫も
連れて行きました。



DSCN7155



触診の結果

「確かに
カテーテルありますね」

・・・で意見は一致

ときわは負傷猫で

肛門と膀胱が
くっついていて

その周りに
肉芽も成長していて

それを見た
山口先生が

「これじゃ
お世話が大変でしょう

中のカテーテルを
利用して

尿道を確保して
すべり台しましょう」



DSCN7156


山口先生の
助手が神山先生とか

ぜいたくな
手術になりました。



DSCN7157

凡ミスを恥じる私に
山口先生は

「大丈夫

こんなこと
よくあることですから」

・・・って
慰めてくださいましたが

凡ミスで

カテーテルを
入れてしまうバカは

世界中探しても
私ぐらいで

よくあるハズもないし・・・






DSCN7159



こちらでは

稲葉先生と
後藤先生が

子猫の
鼻チュー入れてます。

後藤先生は
今月退社で

来月ぐらいに
大阪で開業されます。

大阪の天神橋?
だっけ?

どこだったか
忘れましたが

バンビ動物病院って
名前です。

後藤先生も
奥さんの山下先生も

山口先生の
お弟子さんだし

ともに
私たちの協力獣医さんで

TNRの手術は
バッチリです。

大阪近郊の方
バンビ動物病院です。

後藤先生
死ぬほど優しいよ




DSCN7161


雪女のような
地縛霊が

写っているのかと思って

よく見たら
私でした。

そ~言えば
私のカメラで

小谷さんが
写真撮ってたなぁ・・・

そんなこんなで
お休みのところ

山口獣医科病院の
先生方には

大変
お世話になりました。

勤務中の小谷さん
ありがとう

みなしごバスを
停めさせていただいた

小谷さんの会社の
社長さん

ありがとうございました。

ときわは

すべり台手術まで
やっていただき

午後5時
みなしごバスに戻りました。



DSCN7173

翌16日

麻酔から覚め
調子が戻った

ときわのケージに

心配していた
きたかたを入れました。





DSCN7184


ときわと
きたかたは

年齢も出身地も
ぜんぜん違いますが

負傷猫同士
とっても仲良しです。



DSCN7194


「栃木拠点じゃ♪」

7月16日

ようやく
栃木拠点に到着

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



7月17日
天気・曇り・雨

今日は
フードが届く日




DSCN7175



ロイカナ本社から
チャーター便で

犬猫フード300体
届きました。

それを

私と田原君と
三木さんと

運転手さんの

4人だけで
運び入れました。





DSCN7195



ひとくちに
300袋と言いますけどね

そりゃ~
重いですけぇ

ヘロヘロになりながら
食品庫に積み入れ

一息ついたころ
アキバおやじ登場


DSCN7224




「昨日のうちに
言ってくれれば

早く来て
手伝ったのに」

アキバさん
そんなこと言うから

雨の中
犬舎の全屋根に

UVシートを
張ってもらいました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


7月18日
天気・雨

栃木拠点TNR一斉


DSCN7206



広島と神奈川

遠く離れたところに
いながら

1ヶ月に
何回会ってんだ?

・・・って言うぐらい

しょっちゅう会ってる
山口先生

2011年5月

ちばわんの
桂代ちゃんの紹介で

山口先生と
知り合ったんですよ

桂代ちゃんは
ええ仕事をした♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今回のTNRで
いい勉強をしました。



DSCN7207



鎮静かけているのは
富田君ですが

そこは
サラッと流して

手前のキジ猫

この写真の
ほんの数時間前は

体温41℃で
死にかけていたんですよ




DSCN7208



たまたま見たら

キャリーの中で
ハァハァ言ってて

キャリーの扉を開けたら
熱風がボワッと・・・

『熱中症じゃ!』
・・・ってことで

すぐに対処し
事なきを得たのですが・・・

その時
室温は23℃で

室温的には無問題

・・・ところが


DSCN7209


キジ君が
入っていたのは

この一般的な
キャリーなんですが




DSCN7210


持ち運びを考えたのか

こんなカバーを
付けてしまったため


DSCN7211



この扉しか
通気口がなくなり

おまけに

扉が壊れているから
・・・と

このキャリーごと
洗濯ネットに入ってて

それで
熱中症・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


もうひとつ

危険なキャリーが
ありました。



DSCN7213


籐カゴで
おしゃれなんですが




DSCN7214



中に
布が貼ってあって

やはり
通気が悪いです。

このカゴに入っていた
子猫も

ぐったりしていました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


警告

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


暑い夏

キャリーや
バリケンで移動させる時は

室温に関係なく

内部の温度が
上昇する危険があるので

細心の
注意をはらいましょう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


7月19日
猛暑日~~初体験

今日は
芦別猫エリアの裏側の

草刈りをします。
(田原君が)

DSCN7217



たった2年で
ジャングルです。

この草なのか
木なのか

わからんものがあると

風通しが
悪くなるので

猛暑日もクソも

とにかく
刈るしかないのです。



DSCN7216



頑張れ~~ッ!


DSCN7218


草ボウボウを
見ていた

ウチのメンバーは
よくわかるでしょうが

ものすごい
重労働です。



DSCN7223

この作業を
35℃の猛暑日の中

黙々と

一人で終わらせた
田原君は

立派かも(笑)

『あんたはきっと
極楽浄土に行けるよ』


DSCN7221


犬猫みなしご救援隊の
活動は

終生飼養のお世話も
TNR一斉も

繁殖屋廃業追い込みも
草刈りも

なにもかも
重労働ですが

すべては
もの言わぬ動物のため

やり甲斐のある
素晴らしい活動です。



DSCN7222



今夜はうみが
私の代わりに

神奈川猫を

栃木拠点まで
連れて来てくれます。

明日は今野が
私の代わりに

山梨に
捕獲に行ってくれます。

これからも

犬猫みなしご救援隊の
活動に賛同し

ご支援いただきたく

心より
お願い申し上げます。

特定非営利活動法人
犬猫みなしご救援隊

理事長・中谷百里