最初に・・・

今日のブログは
ほぼ文字だけです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



この前
埼玉県で起きた

猫虐待事件

これは聞くにたえんよ~な
ヒドイ話で

人間のなせることじゃないし

写真を見る限りじゃ
気持ち悪い風貌じゃし

犯人は
ただのキチガイか・・・

・・・と思っていたら
なんと

その男
税理士なんだってね

いや~ん
その方が余計気持ち悪い!

こんなヤツに
税理して欲しゅ~ない!

それにしても
この男

私みたいに

地の底を歩いて来た
人間と違って

税理士になるぐらいじゃけぇ

まともな道を
歩いて来たんじゃろ~にね

逆に

まともな道を
歩いて来た人間の方が

卑劣なことに
手を染めるんかも知れん

私なんか
坂道を転がり落ちた人間じゃけど

自分より弱いものを
イジメたりはせん!

自分より弱いものを相手にして

勝てるケンカをして
勝って調子に乗るような

そが~な
ブザマなことはせん!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



今回の
気持ち悪い犯人に対して

世の中の多くの人が

「同じ目に遭え!」
・・・と願っているハズ

心配せんでも同じ目に
必ず遭うんよ

本当にあるんよ
因果応報ってのは・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2012年7月
私はまだ福島をやっていて

栃木拠点で
暮していた頃の話です。

広島の者から

「広島市内に住む男が
猫を欲しいと言ってきたのですが

この男
短期間に

かなりの数の猫を
譲渡してもらってます。

怪しいと思い
あらゆる情報を集めたら

状況証拠的には
虐待の可能性が高く

あとは本人の自供のみですが
ど~しますか?」

・・・と電話がありました。

私はその時
卑怯かも知れませんが

真っ先に自分のことの
譲渡対象猫のことが

気になりました。

『うちの預かりさんたちも
譲渡しとらんのか?』

「それは大丈夫です。
誰もしていません!

ほとんどが
無料情報紙に載せてる人や

センターからもらってます」

私は慎重に調べるよう
指示しました。

独自で調査した結果
間違いないと答えが出たので

栃木に居ながら電話で
広島の者に指示して

その男の家に
乗り込ませました。

それから
私は男と電話で話を続け

何時間か費やして
ようやく

男から
猫虐待の供述を得ました。

私は即刻
広島中央警察署に通報し

『すぐに逮捕しろ』と騒ぎまくり

何日か後に
男は逮捕されました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



騒いで逮捕させた以上

再犯を防止する責任が
私にも生じます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


これから先
再犯させないように

どうやって見張っていく?

正直その時は
『困ったなぁ』と思いました。

死刑にでもならない限り
必ず社会復帰する

広島から出て行ったら
広島の猫は助かりるけれど

行った先の猫が
また被害に遭うかも知れん

私が独り暮らしなら
うちに囲ってもええけど

うちには猫がいっぱいおる

うちの子を
危険にさらすわけにはいかん

もちろん
うちの者たちは

その男のことが怖い
・・・と言うでしょう

・・・でも
なんとかしなければ

逮捕・起訴では
終わったことにならん

刑を終えた後のことを考えねば
私たちの安眠は

・・・保障されない

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


動愛法は驚くほど軽い刑です。

日本の法律では
命を命とも思わず

生きているものを
あやめても

罰金を払えば
チャラになる程度です。

・・・ですが

動愛法は刑は軽いけど
社会的制裁は大きく

普通の犯罪以上に
後ろ指をさされます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



野良猫問題とて同じこと

私の経験だと
どこの町も同じような比率で

10軒に
1軒は大の猫好きで

10軒に
1軒は大の猫嫌いが

住んでいます。

残りの8軒は無党派数
どっちにも転びます。

『野良猫が迷惑か?』と聞けば
「迷惑だ」と答えますが

『野良猫を
殺処分すれば済むのか?』

・・・と聞けば

「殺すまではしなくてよい」
・・・と全員が答えます。

ここですよ!だいじな点は!
住民の8割は

【野良猫のことを
迷惑だ思ってはいるが

野良猫に対して恨みはない

迷惑さえ軽減できれば
野良猫がいてもなんの問題もない】

・・・と思っています。

だから私は

大の猫好きと組むのではなく
この無党派数と組んで

地域猫を
発展させているのです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


広島で起きた
この猫虐待事件も

新聞やテレビで報道されたので
反響が大きく

男は職を失い
頼るものすべてを失い

孤立無援になりました。

ヤケを起こす条件が
そろったわけです。

私が手放したら
飛んでしまう可能性が高くなりました。

私は男に面会するために
広島に帰り

拘置所で
いろんな話をしました。

私は動物愛護家でありながら
一人の人間として

男は猫虐待犯でありながら
一人の人間として

男の話し合い
先のことを模索しました。

幸い
男は素直な性格で

ネット発信しないタイプだったので
少しホッとしました。

ネット発信しない・・・ってのは
私の中では大きいです。

ネット発信は
自己主張の現れですから

ネットでしか言えない人も多く

そ~ゆ~人は
かなり厄介な性格です。

重箱の隅をつつような
面倒なタイプです。

自分がどれだけスゴイかを
ネットで発信して

それを見た人が
褒め称えたり

その逆に
執拗なほどけなしたり

少なくとも私は
友だちにはなれません。

私の仲良しさんはみんな
ネット発信が苦手な人たちです。

私だって

啓発しなくて済む立場なら
絶対にネット発信なんかしません。

自分の考えや
自分の生活をさらけ出すなんて

まっぴら御免です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



男の刑が決まりました。

予想通り
60万円の罰金刑

罰金を払えば終わる刑でした。

・・・が

男は
私との約束通り

罰金を現金で払わず

未決通算を引いた90日間
広島拘置所で労役をしました。

その間
男から何通も手紙が届きました。

反省するのに90日が
長いか短いかは

その人間の資質の問題です。

何百年拘束されても
反省せん人は反省せんですし

数日間拘束されただけで
かえりみる人もいます。

満期後も

男とはうちの者が
途絶えないように連絡をとり続け

私には男の情報が
常に入って来るようにして

私は男と
ラインでつながってきました。

最初に男に
電話で話した時に

『お前なんかクソじゃ!』

『今すぐ死ね!』

『今すぐ
ベランダから飛び降りろ!』

・・・と
罵倒し続けたように

殴り倒したいほど憎い男でしたが

つながっていくうちに
男もどんどん変わっていき

命に対して
慈悲の心が見えて来ましたし

私は男に対して

このまま
供養を続けながら

真面目に働いてくれれば
それでいい

・・・と
思うようになりました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


事件から5年が経とうとした
今年の8月の末

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「中谷さん!

男が
車にハネ飛ばされて

大ごとになったみたいです」
・・・と

うちの者が
あわてて言いました。

『生きとん?』

「生きてはいるみたいです」

『飛ばされたん?』

「何メートルか飛んだみたい」

『バチが当たったんじゃ!』

「そ~です
バチが当たったんです!」

『今すぐ病院へ行って
男に

バチが当たったろ~が
・・・と言いたいが

来週
私は秋田に行くけぇ

それまでは予定が詰まっとる
いっそ自由がない!

次に広島に帰ったら
病院へ行くけぇ

それまでに
様子を見に行っといてくれんか』

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


広島に帰ってほどなく
入院先の病院へ行きました。

男と実際に会うのは
3年ぶりでした。

男の話だと
事故の詳細な記憶はなく

加害者が
救急車を呼んだみたいで

気づいたら病院で
手術は受けたが

下半身が
自由にならないんだそう

大きな事故に遭ったことは
間違いありません。

私は男に言いました。

『バチじゃの!
バチが当たったんじゃの』

男も
神妙に答えました。

「ボクもそう思ってます」

『お前
そんな体じゃ働けまいが!

お前はまだ若いけぇ

これから
まだまだ働かにゃいけんのに

どが~すんや』

「考えていません」

『事故に遭って
ザマ見ろ!とも思うが

せっかく真面目に
働いとったしのぅ・・・

もったいないっちゃ
もったいないのぅ』

また

この男の
先がわからなくなりました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


『ヨシ!

事故に遭ったんなら
もう何を考えてもしょ~がない

お前
手記を書けや!

虐待防止に役立つような
お前にしか書けんことがあるじゃろ

それでちょっとでも
世の中に貢献せ~や』

・・・と言いました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


意味不明な点もありましょうが

これは
まさに男の手記です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日私はとある場所で中谷代表と面会をした

その時中谷代表から『虐待の経験のあるお前に聞きたいのだが。。。』と言われた

私の動物虐待事件の後から所々で動物虐待事件や動画がテレビ、新聞などで目にする
つい最近も熱湯やガスバーナーで猫を殺害した事件があったばかりだが。。。

虐待の経験がある私がこんな事言うのも変かも知れないが。。。

犬猫が言葉を話せれば今以上に虐待が多いのかも知れないしその逆かも知れない‼︎

犬猫の言葉が分からない、鳴いてばかりでうるさいとか何を言っているか分からない、イタズラをする等理由から叩いたり、蹴ったり、殴ったりするいわゆる『虐待』が始まるのではないか?

私もそうだがそんな事をする前に犬猫が何を求めているのか?何を言いたいのか?
自分が犬猫だったらどうしてもらいたいかを考えれば良いと思う‼︎

そんな事を出来ない人達が直ぐに手を出ししまう!

虐待は立派な犯罪ある事を認識したうえで犬猫を大切にし家族の一員として育ててもらいたいと思う

この日本から虐待、殺処分が無くなる事を祈って筆を置きたいと思います


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


『お前と私が
今でもつながっていること

そして

お前が再犯していないこと
・・・等々

証拠写真が欲しいとこじゃが

お前の写真を
載せるわけにはいかんし

お前と言う男は
結局は使えん男じゃの』

・・・と言うと

「ボクは構いません」
・・・と言うので

『私はお前に
社会に入ってもらいたいんじゃ

ここで顔を出して

それを
フイにさすわけにはいかんのじゃ』

「じゃあ中谷さん

写真に
目線を入れたらどうですか」

『バカか!
そが~なワザが私にできるか!』

・・・と言うやり取りの後
これで決着しました。


5



事件から5年

最近は
話が合うようになり

嬉しいような
気持ち悪いような

・・・複雑な感情ではありますが

これからも私は
この男を手放しません。

しっかり見張りながら
社会の中に入ってほしいと思います。

それが
世の猫のためですから

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



余談ですが・・・

この事件の後
広島では

「犯人は罰金を払って
みなしごの施設で働いている」

・・・という噂が出ました。

当時は
同じ土俵に上がりたくないので

噂を言いふらした相手を
無視し続けましたが

噂を流した人は同業の
いつもの人でオジサンです。

残念ですが

男は罰金を払わず
労役していましたし

労役後は

サポート団体に支えられ
広島からも転居していたのに

そんなことも知らないで(笑)

そもそも
さすがの私も

そこまでは監視できんでしょう(笑)

それができたら
私もたいしたもんで

保護観察官になれるじゃない(笑)

否定するに値しないような
バカバカしい噂でしたが

「見た人がいるんだ」

・・・という付加までつけてね
笑いました。

どこにでも居ますよね

手柄ばかりが欲しい
残念なオジサン&オバサンは・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あなたの「いいね!」で
犬猫みなしご救援隊を
支援してください!

http://gooddo.jp/gd/group/inunekominashigo/?from=fbn0


上記のリンクから
gooddoの
犬猫みなしご救援隊の
ページに行き
「いいね!」を押すだけで
支援金が
犬猫みなしご救援隊に
届けられます。

「いいね!」での
ご支援の方法

1.まずは
gooddo(グッドゥ)の
犬猫みなしご救援隊ページへ

http://gooddo.jp/gd/group/inunekominashigo/?from=fbn0


2・ページ内の
サポーター企業に
「いいね!」をしていただくと
gooddoから
犬猫みなしご救援隊に
「いいね!」×10円が
届けられます!

新しくサポーター企業さんも
増えているので
ぜひ「いいね!」で
応援してください!



■楽天で
お買い物するだけで
ご支援頂けるようになりました!

http://gooddo.jp/gd/group/inunekominashigo/?from=fbn0

「楽天市場」や
「楽天トラベル」などで
お買い物することありませんか?
犬猫みなしご救援隊が参加している
gooddo(グッドゥ)の
サイトの上にある
楽天のバナーをクリックして
お買い物するだけで
犬猫みなしご救援隊を
ご支援頂けます!

お買い物される方も
多いかと存じますので
ぜひご活用いただければ幸いです。