お知らせ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


私たち
犬猫みなしご救援隊の

すべての活動に賛同したい
・・・という

気持ちのある方に入っていただく
賛助会員

これまでは
『事務が煩雑になるから』

・・・と
自分が事務をするわけでもないのに

来年度の
賛助会員募集の期間を

9月10月11月の
3ヶ月に限定してきましたが

お蔭さまで

年々
賛助会員数が増えており

逆に
3ヶ月に絞った方が

事務手続きは大変だ
・・・ということになり

今年から

6月~11月までの半年間を
募集期間とすることにいたしました。

早速HPで募集を開始しています。

皆さま

お早目に
お申込みしていただきますよう

お願い申し上げます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



2019年度
みなしご会員3000円

2019年度
プレミアム会員10000円(オリジナル手帳付き)

HPから
http://www.minashigo.jp/goods/index.html


お電話から
082-812-3745

FAX
082-815-2711

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


犬猫みなしご救援隊
広島本部に朝が来た♪



DSC_0964



うちのアフラックは

長野県佐久市の山中に
捨てられた合鴨です。

たまたま佐久市で
トークショーをしていたときに

毎日その山を
犬と散歩している

うちの
《いぬ親さん》からの相談を受け

保護したのです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



合鴨は
【人間が自分たちの都合】で

カモとアヒルを組み合わせて作り出した
飛べない鳥です。

・・・が

アヒルと比べると体も小さく
繁殖も難しいので

【たいした利益も上がらない】
合鴨は

食肉用に飼養されるケースは
ほとんどなく

田んぼの草を食べさせ
稲が育つとお払い箱扱いの食用にする

合鴨農法に使われるか

ヨーロッパや米国とかと同じように

狩猟時の《おとり》として
使われるか【程度】です。

ヒヨコのうちは
見た目がかわいいので

ペットとして
売られたりもしていますが

水に浮かんだままでも
大量のフンをする水鳥を飼うことは

自宅内に
流れる川でもない限り

生活環境の管理が大変で
捨てられてるケースが多いのです。

一方・・・
食べると肉は美味しく

布団や
ジャケットに使われる羽を持つ

野生のカモは
【狩猟的にも依然人気度は高く】

そのカモの
生態系を崩すとかで

山に捨てられた合鴨は
【駆除対象】になっています。

人間が作り出しておいて

使えないから山に捨て
そこで増えると駆除

・・・って
本当に意味のわからんことですが

これが
【人間優先社会】のすることです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


うちのアフラックは
野生動物から守るために

夜は倉庫の中のバリケンに入れて
寝かせています。



DSC_1003


朝7時起床


DSC_1004


倉庫の中には
烏骨鶏♂やニワトリ♂も寝ています。


DSC_1005



アフラックたちは
自分で歩いて《ご出勤》します。

絶対に寄り道はしません。


DSC_1006



もちろん帰りも同じこと

自分たちで歩いて
倉庫まで帰り

バリケンに入って行きます。


DSC_1007


日なかは
ここで過ごします。


DSC_1008


アフラックたちは水鳥なので

野菜とニワトリの餌を
水に浸けた状態にしています。

もちろん
飲み水も用意します。

※よく飲んでます。


DSC_1009



水に浮かんだ状態でも
大量のフンをするから

水瓶の水は1日で
こんなに汚れます。

今朝は
よほど調子がよかったのか

形のある卵を産みました。

年を取っている
うちのアフラックは

去年ぐらいから
形が崩れ始め

今年は

何回かに1回ほど
形のある卵を産み

たいがいは不形成卵です。



DSC_0965



それでも
小さくなりましたよ・・・

5年前の保護当初は

全体的に
1cmほど大きかったですからね

オスメスがいるので
普通なら有精卵ですけど

うちのアフラックたちが
高齢なのと

もともと合鴨が
繁殖力が旺盛でないので

子合鴨が生まれることはありません。

・・・なので
アフラックが産んだ卵は

私たちがいただいております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



田原君が

大動物たちの
朝のおやつを用意しながら

私を呼びました。



DSC_0959


「クワガタムシが
今日も食べに来とるよ」

写真右の
白い風呂オケの中です。



DSC_0958


数日前から

このメロンにコクワガタのオスが
来るようになって・・・

昼間はいないんですけどね
早朝はいるので

メロンめがけて夜な夜な
来ているのだと思います。

・・・で

このメロン
大動物にも食べさせられず

捨てるに捨てられず(笑)



DSC_0961



うちの大動物たちはみんな
柑橘類は好きです。



DSC_0962



た~坊
「酸っぱい!」の顔です(笑)

酸っぱいときは
酸っぱい顔をして

チモシーで
酸味を和らげようとしたりします。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2号館では
シゴが朝の運動をしていました。



DSC_0947



「シゴちゃん!
朝ごはんじゃから帰りんさい」

は~~~い♪


DSC_0948



シゴは気性難ですけど
仔犬のときから7年もうちにいますから

普段いない私とも
うまくいっており

日本語はよく通じます。



DSC_0949



シゴちゃん簡単に
自分のハウスに帰って行きました。


DSC_0950



朝8時にはすでに暑いしね

夕方まで
ダラダラしときんさい♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



本館1Fの犬舎では
マック3(改め)マシュウ(改め)

マサが(うちに来て3回改名)

朝の運動をしていました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


マサは咬みつき犬で

何度も
飼い主を咬んでいましたが

脱走して隣家に入り
隣りの人を咬んでしまい

何十針も縫う大ケガを負わせたことで

飼い主がうちを頼り
急きょ終生で引き取ったのです。

マサが
うちに来るきっかけになった

隣人咬傷事件の被害者は
飼い主に

「この子は
私を咬んだけれど

この子を保健所に連れて行き
殺処分などしないでほしい」

・・・と頼んだのだそう
・・・なのに翌日には犬がいなくなり

あわてて
飼い主に居所を聞いたところ

「広島の団体に引き取ってもらった」
・・・と

それですぐに
うちの譲渡担当に

「呉市から
白い犬を引き取ったか?」

・・・と
問い合わせ電話がきて

事実を知り安堵されたのです。

偶然ですけど
咬まれた隣人はうちの《ねこ親さん》

世間は狭いですねぇ・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



そのマサですが

もちろん
うちに来てからは

1度も
人を咬んだことはありません。



DSC_0967



運動の後
犬舎に戻ったことへの《ご褒美》

おやつ待ちをしています。



DSC_0968



ちゃんと目を見て待ってます。

賢いですねぇ・・・
マサは立派です♪♪



DSC_0969




ガウガウも言わず

ちゃんと《やさしく》
手から取っています。

賢いですねぇ・・・
マサは立派です♪♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本館3Fでは


DSC_0939



こないだ

福山市の
動物愛護センターから来たばかりの

下半身麻痺のキクちゃんが
朝ごはん待ちをしていました。

私の予想通り
キクちゃんは元飼い猫ですね!

・・・でなきゃ
こんなことできませんもん



DSC_0940



きちんと圧迫排尿をすると
尿漏れはなく

生活環境は維持されますが

一応
BOXティッシュも入れてます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


BOXティッシュの威力は

ニホンザルのあきらと暮らす中で
発見したことですが

『もっと早くに試すべきじゃった』
・・・と思うほどです。



DSC_0936



ちゃんと撮れずに
すんません・・・

ちびっ子は動きが早くて

オバチャンは
シャッターチャンスに間に合わん



DSC_0937


わかりますか?
オシッコしていますが

グチャグチャにはなっていません。

オシッコされた
このティッシュの下には

実はウン〇もあるのですが

うまいこと踏みつけられて
中に隠れています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


うちのように大家族だと
ペットシーツだけを使っていたころは

ペットシーツが裏返ったら
最後で

朝は
こんなに汚れていました。



DSC_0938



ウン〇なんだか
オシッコなんだか

もうグチャグチャで・・・


DSC_0935



・・・けど
今はこんな感じで

生活環境は保たれています。



DSC_0971



私たちは
BOXティッシュ作戦で

お世話がラクになりましたが

もしかしたら
もっとええやり方があるかも

・・・と期待をしています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



私たちが今現在
行っているお世話のやり方が

BESTではなく

さらに
向上すべきことはもっとある

・・・と
私は思っているので

これからも
頭の中を柔軟にして

人の話をよく聞いて
アンテナを張りめぐらせ

日々のお世話の中で
いいと思うことはどんどん取り入れていき

少数精鋭のこの体制で

さらに多くの命を
助けていきたいと思っています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


最後にもう一度
賛助会員のお申込み方法

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



2019年度
みなしご会員3000円

2019年度
プレミアム会員10000円(オリジナル手帳付き)

HPから
http://www.minashigo.jp/goods/index.html


お電話から
082-812-3745

FAX
082-815-2711

皆さま
よろしくお願いいたします。