お久しぶりの猫部屋ケージでは

12月25日に
私が栃木拠点に来たときに

ケージレストしていた子たちの
ほとんどが

不妊手術や糞便検査等の
基礎医療を終え自由になっていて

メンバーがゴロッと変わっています。



DSC_4237

2018年12月25日は
こんな感じ

DSC_4631


2019年1月10日は
こんな感じ


DSC_4571



この前までいた

食欲旺盛で親孝行な
群馬猫たちもケージから出ていて


DSC_4570



私好みのデッカイ茨城猫兄弟も
自由になっていて

めでたし
めでたし


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


得意の
青い食紅入りのお薬


1547104523600



12月10日

アゴあたりのケンカ傷が膿んで
爆発した子に

患部をよく洗ってから

得意の(笑)青い薬を塗って
抗生剤を飲ませながら

様子見していたら


1547104570475


メキメキよくなり


DSC_4632



私が来た12月25日には
完治していました♪

10日ぐらいで治ったそうで
青い色はまだ残っていますが

そんなことは無問題

めでたし
めでたし

ケンカ傷みたいな腐敗傷には
ホントによく効きます!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ヤマト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


去年の11月

脳に障害があって
てんかん発作もあり全盲で

トイレの認識もない・・・とのことで

千葉県からやって来た
子猫のヤマト

トイレの認識がないのは
掃除をすれば済む話なので

うちでは無問題
問題はてんかん発作

引き取ってから様子を見ていると

やはり頻繁に
てんかん発作を起こすので

抗てんかん薬の投与を始めました。

今現在は
抗てんかん薬でコントロールでき

てんかん発作もおさまり
去勢手術も無事終えてます。




3



こんなきれいな目をしているのに
目が見えないなんて

神様は何がしたんじゃろう・・・

ヤマトは昼間は
ケージから出して自由にさせています。

自由にしている間

目が見えないから
いろんなことに過度に驚いたりもしますが

他のちびっ子たちと並んで
ごはんを食べたりもできるし

少しずつ
うちの環境に慣れてくれればね

・・・と思っています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ゴリ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ゴリは飼い主さんが入院され
うちに来た子で

詳しいことはわからないですが
「首のところをケガしている」との情報でした。



1



これが最初に送られてきた写真です。

こ~いった感じの
自己免疫疾患の子は多いですからね

ケガではない・・・との見解で
うちの先生とも意見が一致したので

治療を始めることに・・・



2



次に送られて来た写真がこれ
『ええ感じじゃんか!』

そして年末の12月25日に
私が来た日のゴリ


DSC_4567


傷も小さくなり


DSC_4568


ゴリちゃん絶好調♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


近親交配の恐ろしさ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



私がこれまで救援した
猫多頭崩壊現場の多くは

数匹の猫に
不妊手術を施さなかったがために

わずか2~3年で一気に増え

その後は
劣悪な環境下で10年以上

不幸な近親交配を繰り返しています。

逆に言えば
身体に問題が起きる近親交配だから

ある一定の頭数のところで
保たれるのであって

もし・・・

気温変化が少なく
外敵がいない環境の室内で

近親交配でない健康な身体の猫たちが
10年も繁殖を繰り返していたとしたら

えらい数に増えているハズですからね

近親交配の恐ろしさは
私が言うまでもなく

そら恐ろしいことで

近親交配によって生まれた子は

獣医学では解明できないほどの
大きな問題を

体のあちこちに抱えてしまっています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



うちでも
多頭飼養現場から救出した子たちに

なにかしらの問題が起きるたびに

その場その場で
知恵を絞りながら対処している感じです。

近親を重ねた《濃い血》を持った猫を
助けていくのは

そりゃ~大変なことです。




DSC_3157



多頭飼養崩壊現場から救出した子が
去年の秋ごろ

【突然】右耳だけが腐って
こんなことになりました。

本当に【突然】こんなことになるのです。

そのとき
とっても痩せていたし

私は

ひたすら痛みだけを取り
静かに逝かせる

・・・という決断をしました。


DSC_3158


去年の11月8日

うちの者が言うには
痩せているけど食欲はあるとのこと

食欲があると聞くと
私にも《生かしたい欲》が出てきて

免疫介在性の病気として
治療を開始することに方向転換することに・・・

それから1ヶ月後


1547110341186



12月12日

ええじゃん♪ええじゃん♪
薬に対する反応が素晴らしい♪

そして今回
12月25日に見てみたら



DSC_4585



完璧じゃん♪

長いことエリカラを着けていたので
首に痕がついてしまいましたが

むしろ
その痕がなければ

《あんなこと》になっていたなんて
私にはわからんし!


DSC_4586



近親交配によって生まれた子は
いろんな問題を抱えていて

《明日のことすら読めません》が

何かしらの薬剤に対して
驚くほどの反応を見せる子もいます。

この子の場合は

免疫抑制剤の副反応で
もとよりさらに食べるようになり

傷が治ると同時にしっかりと太ったし

【突然】腐った理由など
よくわからない点もありますが

うまくいった感じでまぁヨシかな♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


うちに来たからと言って
永遠の命を得れるわけではないので

そんなこんなで

私たちは
しょっちゅう悩み苦しんでいます。

12月中旬に腎不全状態で来た
老犬ベルもそう・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



茨城県の獣医さんから

「腎不全の子にはいいよ」
・・・と

棒灸をプレゼントしていただいたので

早速

腎不全の
ベルに使ってみることに・・・

私は
治る見込みもないのに

高度医療をかけるつもりは
毛頭ありませんが

緩和ケアは
積極的にやりたいタイプなので

前々から

鍼灸など東洋医学も
取り入れていきたいと思っていました。

・・・なので

鍼灸を学習された先生と
知り合いになれたことは

私にとっては
ありがたいご縁だと思っています。



DSC_4623


ベルちゃんお灸の時間

ベルは咬みつくので

私は常に
《的確な指示を出す役》です。


2


お灸の時間は10分

その間
ベルは驚くほどおとなしく

よほど
気持ちがいいのだと思います。



DSC_4618



10分のお灸の間

ベルといろんな話ができて
とってもいい時間が過ごせています。


DSC_4619



ベルがうちに来てから毎日
皮下補液をしているのと

毎日強食しているのと
お灸を始めたのと

何がよかったのかわかりませんが

ベルが
積極的に出歩くようになり

うちの者たちはみんな

「ベルちゃんが元気になったね」
・・・と喜んでいます。




DSCPDC_0002_BURST20190109134



10分のお灸が終わったら
おやつタイム

この日は
ドーナツを半分食べました。

その前の日は
《福島銘菓ままどおる》を1個食べました。

ベルは来たときから食欲がまったくなく

お肉やお魚や乳製品類には
ぜんぜん興味を示さず

唯一
食べてくれるのがパン類で

私はベルが
《喜んで》食べてくれるのなら

なんでもいいと思っています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そんなベルに今日
異変が・・・

首から血膿が出ているとのことで
毛を剃ってみると


DSC_4628


ベルは咬みつくので

もちろん私は
《的確な指示を出す役》です。

首輪の位置あたりの皮膚が
爆発していました。


DSC_4629



この後
キレイに洗い流してみたところ

私の手のひらよりも大きな
腫瘍ができていました・・・



DSCPDC_0003_BURST20190109134



ベルちゃん
何が食べたい?

クリームパンでもプリンでも
なんでもいいよ

食べたいものを言うて!

今のベルに
食べてはいけないものなど何もないです。

なんでもええから食べて欲しい

これは私たちの
ちっぽけな感情にすぎんのですがね

今日も今日とて
うちの瀬尾はベルのために

クリームパンを買ってきています(笑)