今日は
予報通り寒い1日でした。

乾燥地帯の栃木拠点では
めずらしく雪


DSC_5198


ごはんを食べた後

このまま1日寝て過ごすのかな?
・・・と思うぐらい

犬舎は静かです。

DSC_5199



隣りの田んぼの白鳥は
来てるのかな・・・

『スゴイ!スゴイ!
雪が降っとるのに白鳥が来とるよ!』

ええですか中谷さん!
白鳥は

シベリアから越冬するために
ここに飛来しているわけだから

なんのこれしき!

シベリアと比べたら
寒いうちにゃ~入りませんぜ!

『そ~か!そ~か!そ~ゆ~ことか!』


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ベルちゃん


DSC_5175



これが昨日の
天気の良いときの犬舎の様子です。


DSCPDC_0003_BURST20190208093


向こうの犬舎に
《ラッキ~ベルちゃん》がいます。


DSC_5174



《ラッキ~ベルちゃん》なのに

犬舎のドアの縦の線と
ピッタリ合ってしまい

なんじゃこの写真は!!

すみません私はヘタなんですよ
静止画も動画も

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ベルは去年の12月に
《飼えなくなった旨の置手紙と共に》

公園に捨てられた犬ですが

その後は
ラッキ~なことばかりが続いている

超・幸運の持ち主なのです。

保護した人が
あまりにも状態が悪いので

病院へ連れて行くと
末期の腎不全で食欲もない状態でした。

《だけど》
★ラッキ~なことに

こころざし高き人が
お金を出してうちに終生飼養を依頼して

栃木拠点に来ました。

うちに来ると
毎日(今も)補液ができますが

うちに来てからも
やはり食欲は上がらず

福島銘菓のままどおるなら
食べる・・・程度でしたが

《だけど》
★ラッキ~なことに

当分の間
食べしのげるぐらい

ベルちゃんへ
ままどおるが届きました。

《そこへ》
★ラッキ~なことに

私が
お灸の先生と知り合うことができ

毎日(今も)お灸もしています。

《プラス》
★ラッキ~なことに

うちの者がベルの動きだけで
「首輪が痛そうだ」と気づき

《ちょうど》そのとき私がいて

うちの者に首輪を外させると
ひどく化膿しており

すぐに患部を排膿できたのも
《奇跡のような》ジャストなタイミング

そんなこんなの
いろんなラッキ~が積み重なって

ベルの状態は只今上昇中♪

動くベルちゃんを
のちほどご覧ください。


。。。。。。。。。。。。。。。。


栃木拠点大規模改修


。。。。。。。。。。。。。。。。


倉庫を1つ2つ建てるのとは
ワケが違い

私が思い描く規模の
改修工事ともなると

許可申請だのなんだの
いろんなモノが必要になり

いつもの《やったもん勝ち》的な
中谷流のようには

それ簡単にはコトは進みません。



DSC_5191


許可なしでできる
雑木林を囲う工事も

木を傷つけないように進めると
なかなか手間なようで

田原職人は
かなり頭を使っております(笑)



DSC_5190


わかりますか?

枝を傷つけないように
フェンスを切ってます。

植物は
自分では動いて行けない生き物です。

ならば動ける人間が
動けない植物を助けて当たり前じゃない!

《フェンスを立てるために枝を切る》

なんて言葉は
私の辞書にはないんでね♪




DSC_5192


枝をよけ根の邪魔をしないように
気をくばりながら

張ったフェンスは

必ず満足いく仕上がりになる!
私はそ〜思うよ

ガンバれ〜〜ッ
田原職人♪

。。。。。。。。。。。。。。。


扁平上皮癌


。。。。。。。。。。。。。。。。



うちには年間を通して

「扁平上皮癌に冒されているから」
・・・という理由で

やって来る野良猫は
結構な数います。

今回は
耳介に発生した扁平上皮癌の子が

千葉県の公園から
お世話さんに連れられてやって来ました。



DSC_5141


悪性度の高い
扁平上皮癌の中でも

耳介に発生した癌は
切除すればなんとかなる唯一のものです。

手遅れかも知れんけど
《行ば道は開かん》

悩む間もなく切除しました。



DSC_5179


麻酔から覚めた
コイズミちゃん

野良で三毛猫ですけど
(気の荒い子が多い)

攻撃性のないおとなしい子です。


DSC_5180


術後は
私が看ていきたいので

DSC_5187



みなしごバス内の猫サロンで

ペインコントロール点滴をしながら
様子をみることにしました。


DSC_5183


手術の翌朝

焼きかつおを半分ちぎって
置いてみたら

ペロリ♪


DSC_5184


結局1本食べました。


DSC_5186


消化吸収のいい
みなしごオリジナル高栄養強食も

見てのとおり自分で食べました。



DSC_5194


手術から2日目の朝

普通に
センシブルも食べました。

コイズミはええ子です!
食べることは最高の親孝行ですから


DSC_5204


傷もキレイじゃわ!

食べる子は治る!
食べる子は生きる!

これは私の経験上
もっとも確かなことです。



DSC_5195


野良で生きてきたプライドが
うかがえるコイズミは

リンとした
ええ顔しとるでしょう♪


。。。。。。。。。。。。。。。。



コイズミの隣のケージには

認知症の飼い主さんに振り回され
精神的に追い込まれた


マイコーが点滴治療中です。




DSC_5196


飼い主さんの変則的な動きに
振り回されたため

物音や光の変化にも

マイコーは神経ピリピリ・・・


なんとか落ち着かせたいな
・・・と思案中です。



。。。。。。。。。。。。。。。。






みなしごバスには
ニホンザルのエリアもあり



DSC_5189





猿たちがケージから出て
運動する間は


常に


こんな感じで
とっ散らかっていますが




術後の子に
ペインコントロールの点滴ができ

なおかつ
そのそばで

私がお昼寝ができるという
日野のセレガは

日本でこれ1台ONLY・ONEの
《超すぐれもの》です♪


DSC_5205


ね!コイズミ
このままちょっとだけ寝ようや・・・♪♪

・・・by お昼寝大好きオバサン


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


さて今日の動画です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


まずは
お年寄り犬のベルちゃんから

お蔭さまで
毎日ごはんを完食しますし

今ではおやつも
なんだって食べます♪


 



次は

今朝9時過ぎの
雪の降り具合と猫庭です。