2月10日(日)
那須烏山TNR一斉

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2月10日は
天赦日(てんしゃにち)

《天がすべてのことを許してくれる日》

努力が2:運が8の割合で
ラク~に生きている私てとしては

《縁起も大事》で
ヨッシャ!な1日でした。

・・・が
いかに天赦日だったとしても

季節は
容赦なくやって来るのですねぇ・・・

那須烏山TNR一斉に来たメス猫の

2割が妊娠していて
残りの8割(全員)が発情していました。

※発情は
子宮を見ればわかります

私たちには《つらい季節》の到来です。

あ~あ・・・とは思いましたが
本当につらいのは私ではなく猫じゃ!

発情した子宮は
来たるべき妊娠に向け

痛々しいほど真っ赤に腫れあがり

これ人間じゃったら
ど~なんじゃろう・・・

こんなに腫れて痛くないわけがない・・・

下腹部の鈍痛は
女性なら誰でも経験していることです。

避妊をすると
このストレスもなくなりますが

その後の
出産という大きなリスクもなくなり

子育てという
身を削る生活もなくなるわけですから

避妊したメス猫が

オス猫顔負けの
立派な体になるのは理解できますよね♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ちまたでは犬でも猫でも

やれ大きいだの
やれ太りすぎだのと騒いで

ダイエットをさせていますけど

【私は何度も言いますが】

食べたから大きくなるわけでも
食べたから太るわけでもなく

遺伝とかホルモンの関係とか

【いろんな要因が重なって】
大きく育ったり太ったりするのです!

そこを丸無視して
ダイエットってありえんでしょう!

そもそも
《小さければO・K》な

今の世の中の考えこそ
私に言わせれば《おかしい》

うちには

《食べても食べても》
大きくならない子や

《食べても食べても》
ガリガリの子が

たくさんいて
私たちは心を痛めています。

痩せて小さな体は持久力がなく

病気をしたら
ひとたまりもないですからね

大きいことはええことです!

避妊して去勢して
大きく立派に育てましょう♪♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


那須烏山TNR一斉の会場は
市が用意してくれた廃校です。

那須烏山市は積極的に

廃校を
民間に売っているから

学校跡地が工場になったりして
町の活性化につながっていて

丸ごと有効利用されて
ええ感じです。



DSC_5215



那須烏山市TNR一斉の会場である
廃校は

校庭部分を売却したのか

校庭の右側に
大きな老人ホームが建っています。

当然
日当たりもよくええ感じでした。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


異常な生殖器

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


日本のどこでTNRをしても

1回のTNRで必ずいつくかの
異常な卵巣や子宮に出会います。



DSC_4897-800x450


これは正常な卵巣で

大きさは米粒大で
透明感のある色をしています。



1



これは異常な卵巣です。

どれが卵巣かわからんぐらい
ボコボコな異常な卵巣の下には

さらに異常な
子宮がありました。


DSC_5216



左の子宮は
う~~~ん何?血管だけ?

卵巣も子宮も異常で
なのに右の子宮は見てわかるほど真っ赤

発情です・・・

それでも
発情は来るのです・・・

何度でも言います。
クチが酸っぱくなるほど言います。

猫を愛するなら
不妊手術を施しましょう!

「うちの猫は外に出さないから」
そんなん理由になりません!!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日も白鳥



DSCPDC_0003_BURST20190211105



ま~こたちのエリアの
すぐ横に白鳥


DSC_5226


白鳥を撮りに

テレビ局が
よく来るようになりました。

今日も来ていて撮影中




DSC_5225



白鳥がいて
ちょっと振り向けば


DSCPDC_0000_BURST20190211105


うちで
一番若くて一番やんちゃな

ま~こたちがおる(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


猫を保護するには

猫の生活環境を
死ぬほど整えねばなりません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この極寒の季節は
猫庭のトイレ砂の中から

ウン〇を掘り出す仕事が
もっともナンギな仕事です。

・・・なので

これまでは5~6名が横並びで
一斉に行っていたのですが

ここ最近の月~金は
千代ちゃん単独の作業となっていて

※※千代ちゃん休日の土・日は
変わらずみんなでやってますが

千代ちゃん単独になった理由を聞いて
私は驚きました!

単独でウン〇堀をしている
千代ちゃんは

先月
背骨を骨折したばかりで

1週間休むか休まないかで復帰して

「思うように
床掃除ができないから

自分のペースでウン〇拾いをします」
・・・と

いやいやホント

うちの者たちは
こぞってトンチンカンではありますが

人間的には素晴らしい!・・・としか
言いようがない人間ばかりじゃな・・・と

まぁね・・・だから普段

栃木拠点を
丸ごと任せられるわけなのですがね♪



DSC_5235


掘り出す前の猫のトイレ

DSC_5234


骨折中の千代ちゃんを
サカイに

右がこれから左が済の猫トイレ砂


DSC_5233


猫トイレの砂はキレイにされ
気持ちがいいぐらいフカフカです。

バケツの中には掘り出したウン〇

だいたい1日
バケツ4~5杯出ます。




DSC_5237



栃木拠点の駐車場に
ごはんを食べに来る野良猫たちは

みんな寒そ~にしてて

ごはんを食べたら
サッサと帰って行くのに

うちの子たちは
氷点下になる寒い日でも

普段と
ほとんど変わりがないぐらい長い時間

猫庭におります。

『寒くないんかのぅ』・・・と考え
ようやく答えがでました。




DSC_5236



おそらく
うちの子たちは

帰りたくなったらいつでも自由に
暖かい部屋に帰れるから

だから少々寒い中走って
体力を消耗しても構わん・・・と

猫の体が思っている

・・・のかな???



DSC_5238




そ~は言うても
寒さに弱い猫のこと

みんなが早く部屋に戻れるよう
1分1秒でも早く《丁寧に》

猫部屋の
掃除をしてあげないとね♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



生活空間に
気をくばらねばならんのは

犬たちに対しても同じこと



DSC_5241



犬舎の場合

汚れた砂や小石
寝床のワラなどの不快なモノを取り除き

犬が掘った穴を埋め戻し
・・・を繰り返します。


DSC_5242


掃除をしてもらったあとは

枯山水みたいに
キレイな線が描かれているのですが

犬舎の枯山水は
3分程度の命ですかね

あっという間に足跡で消され
そればかりか



DSC_5240



明日には
グタグタに汚れ

新しく穴が掘られるのです(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


手遅れになる前に


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



先日の扁平上皮癌のコイズミと
同じ公園から

コイズミと同じように《白が多い猫》が

コイズミと同じように
耳介に扁平上皮癌を作って

コイズミと同じお世話さんに連れられて
やって来ました。

その子の名前はカレイ



1549704091006



カレイです。

ただひとつコイズミと違っていたのは
扁平上皮癌の進行具合

かなり奥まで進行しています・・・



1549704093703



仮に
100%手遅れだとしても

やがて爆発して血膿が流れ
生活の質が落ちるぐらいなら

・・・と
私の責任において切除しました。

おまけに歯も腐っていたので
全抜歯しました。



DSC_5142


これがコイズミの切除前の耳です。

3


コイズミの耳は
先っちょ以外キレイです。

2



カレイの耳です。

誰の目にも進行がわかるでしょう・・・

お世話さんは
病院へ連れて行ったが

獣医が「様子をみましょう」と
抗炎症剤のみ処方したんだそう

扁平上皮癌は進行が早い癌です。

様子を見る余裕など
1秒もないハズなのに・・・



DSC_5231



術後のカレイです。

術後に
もうひとつコイズミと違うところを発見!

カレイはこっぱ強い・・・
重い重いパンチをバンバン打ってきます(笑)

・・・なので

たとえカレイが
お皿の上に顔を乗せていようとも

私は見てない!
そんなもん見えんしね(笑)



DSC_5232


見たところ傷口もキレイじゃし
なんの文句があろうに

いちいち

オレ様の寝床を
のぞくんじゃねぇ!

・・・by カレイ

そりゃ~そ~です!
そ~です!そ~ですとも!

カレイさまはそのままで
よござんしょう

むしろお似合いじゃと思います。
お皿の枕が・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



栃木拠点滞在中に会った
うちの卒業生たち



DSC_4611


2011年5月に
福島第一原発20km圏内から救出し

その後飼い主さんちに戻った
ミュウちゃんです。

ミュウの飼い主さんは目が不自由なので
私が会いに行きました。


DSC_5214



那須烏山市TNR一斉の会場に
来てくれた

シンタロウです。

うちで保護した時点で

なんのヘンテツもない
ただの黒白のオジサン猫でしたが

ジャストな家族が見つかり
もう2年・・・3年かな・・・


DSC_5239


栃木拠点に会いに来てくれた
お婆ちゃん犬のマロンです。

高齢の飼い主さんから
マロンを預かった所が

何年間か
狭いケージに閉じ込め飼いをしたため

精神が不安定になっていた
マロンですが

うちが救出してすぐに見つかった
いぬ親さんのところに行って

たった1年で
落ち着いたいい子になっていました。


DSCPDC_0003_BURST20190204155


九州の繁殖屋から救出した
チワワ軍団の1匹

元ビビタ・現シュシュです。

いぬ親さんが言うには
「こんなかわいい子は見たことがない!」

・・・のだそう(笑)

うちから行った子が
幸せに暮らしている姿を見るときほど

嬉しい瞬間はありません。

みなしごっ子を引き取ってくださっている
全国のいぬ親さん・ねこ親さん

これからも

元・うちの子たちを
どうかよろしくお願いいたします。

そして
もう1匹飼えるかな・・・と思ったときは

迷わず私に連絡ください。

必ずや
よいコーディネートをしますから♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


私は明日
愛知県瀬戸市に向かい

2月13日(水)に
瀬戸TNR一斉を終えたら

そのまま広島を目指し進んで行きます。

それから広島を拠点に
2月20日:鹿児島猫多頭に始まり

2月22日:神戸みなしご庵(夕食会)
2月23日:神戸ねこ市ねこ座・講演会
2月24日:広島本部TNR一斉

2月27日:宮崎延岡TNR一斉までは
西日本エリアの活動をします。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2月22日(猫の日)に
神戸《みなしご庵》を開催します。

お申込み・お問い合わせは
090-5885-7461(加島)まで



1549785271738


翌日の
2月23日(土)は

今年もまた

《神戸ネコ市ネコ座》に
参加させていただきます。



1549785267267


1549785259906



わたくし中谷百里は

2月23日(土)
13時45分~14時30分

デザイン・クリエイティブセンター
神戸KIITO

《ネコ市ネコ座》会場1階
メインステージにて

多頭飼養の現状と
その対応について語ります。

物販をしながらの
サイン会や写真撮影会なども考えています。

神戸近郊にお住まいの方は
ぜひお越しください。