まず始めに
ミケ公演》とは・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


2011年3月11日に起きた
東日本大震災により

東北から関東にかけての太平洋沿岸は
巨大津波の被害に遭いました。

福島県双葉郡大熊町にあった
福島第一原子力発電所内では

稼働していた
1号機から4号機が浸水したため

メルトダウンが起き
その影響で大量の水素が発生し

1号機が3月12日に
3号機が3月14日に
4号機が3月15日に

それぞれに
激しい水素ガス爆発が起き

原子炉建屋の周辺施設が
ぐちゃぐちゃに破壊され

放射線物質が空気中に飛び散るという
未曾有の大事故となりました。

時の政府
菅直人首相率いる民主党は

「人間がそこにいたら危険だ!」
・・・と判断し

福島原発20km圏内の全住民に対し
《正しい情報も与えず》

《とりあえずとりあえず》の発想で

一人残らず
強制的に避難させました。

・・・が

当時の政府
菅直人首相率いる民主党は

非情にも

そこで飼われていた
犬猫などの小動物や

牛・豚・山羊といった大動物
鶏やダチョウや小鳥などの鳥類

金魚や熱帯魚などの水生生物
庭に咲く草花や鉢植えの植木など

今ここで書ききれないほどの
ありとあらゆる

《人間以外の生き物たち》をすべて

自分たちが「そこにいたら危険だ!」
・・・と判断した《危険な町》に

《置き去りにさせた》のです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


まぁそこで

犬猫みなしご救援隊の登場!
・・・となるわけですが

一人芝居をする
ムカシ玩具の舞香から

「中谷さんたちの福島での活動を
演劇にしたいのだがいいですか?」

・・・と聞かれたのは

私が福島原発20km圏内から
犬猫の救出活動に忙しかったころのこと

『どうぞどうぞ
あなたの思うようにしてください』

当時
舞香が熱く語る《演劇の構想》に対して

1mgの興味もなかった私は
即座にそう答えました。

それから
どれぐらい経ったのか

演劇のことなどすっかり忘れていた私に
舞香から連絡が来て

公演日程が決まりました。
その千秋楽に劇場に来れませんか?

・・・と誘われました。

・・・けれど
まだまだ演劇に興味がない私は

『ハイハイ!わかりました。
行くだけなら行きますとも』

一応うちの活動を
演劇化してくれたわけだし

若いお姉ちゃん(舞香)に対する義理で
・・・本当に義理で

千秋楽でも千春楽でも
千冬楽でも行きますよ・・・と

そしたらどうよ!

すごい!
・・・どころじゃ済まされないほど

素晴らしい演劇じゃあ~りませんか!

そのときの演劇が

【置き去りにされた命シリーズ】
第一弾の

ある犬の物語《ハル》でした。

感動した私は舞香にお願いしました。

『できるなら
私にもやらせてください!』

そればかりか

『ハルから派生して
ある猫の物語もやりましょうよ!』

夢が広がり
私は楽しくなりました。

・・・ただ
私は練習はしませんよ

練習したところで
演技が上手くなるハズもないし

そもそも私は

『人生
出たとこ勝負じゃし』

それで・・・練習しなくても
台本を読むだけでなんとか形になる

ナレーションをすることになった
・・・のです。

ところが
『人生はそんなに甘くない』

舞香が書いた
【置き去りにされた命シリーズ】の脚本は

私の福島での実体験を
あまりにリアルに表現していて

私は《福島第一原子力発電所》
・・・という漢字を見ただけで

フラッシュバック!
《あのときの福島》に戻ってしまい

助けられなかった子たちの姿が
次々とよみがえり

悔しさや情けなさや申し訳なさが
ぐちゃぐちゃに入り乱れ

『今日こそは泣くまい!』
・・・と強く思っているのに

ついつい
泣いてしまうのです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


もちろん今回も『泣かないぞ!
・・・と心に強く念じ

千葉県白井市とちばわんと
犬猫みなしご救援隊の

三者共催で始まった
《ミケ公演》in白井市です。




DSC_5238_copy_800x600


私が朝10時に会場に入ったときは
すでに

うちの者もちばわんメンバーも
舞香たち舞台関係者も

みんな会場入りしていました。



DSC_5239_copy_800x600




《犬猫みなしご救援隊ブース》

《みなしごオリジナルグッズ》が
整然と並んでいますね。




DSC_5240_copy_800x600


一方
《ちばわんブース》は

『なんでこんなに持って来たん?』
・・・と聞くほど大量

・・・と言いながら
一番楽しんでいたのは私かも(笑)

ちばわんブースで

《すみっこぐらしグッズ》を
2つも買いました。

面倒くさいので私は普段
お金は1円も持ってないのですが

こ~ゆ~ときは
田原君が持たせてくれるのです。



DSC_5241_copy_800x600



新型コロナウイルスの影響も
当然ありましたが

開場と同時にお客さまは増えていき

最終的には約200名の方々が
観に来てくださいました。


DSC_5242_copy_800x600



舞台袖から見える舞香の演技・・・

プロの舞台女優の舞香さんに
言うことじゃないですが

『上手い♪』



DSC_5244_copy_800x600


舞台袖から聞こえる
いわきょうの歌声・・・

プロのシンガーソングライターの
いわさききょうこさんに
言うことじゃないですが

『声がキレイ過ぎる♪』



DSC_5245_copy_800x600


舞香といわきょうの
2人がおりなす演劇を観ていたら

なんか美しすぎて
心が洗われます。



DSC_5246_copy_800x600


これは最後のシーン
私の願いもこもっている最後のシーン

いや~~~ええねぇ
【置き去りにされた命シリーズ】

感動する・・・ホンマにええね♪



1581420440249_copy_800x600



ミケ公演が終わってから
質疑応答の時間

私・・・思うんじゃけど・・・
なんでいつも私の顔はこ~なん?

私じゃけぇゆ~ても

これよりゃ~
ええ顔するときがあるんじゃけぇ

ええ顔しとるときに
写真を撮ってみんさいや!

ど~せこの写真を撮ったのは
小谷じゃろ!!



1581420412008_copy_600x800


今回も

私が書いた福島救出活動の
実録本《鼓動》は完売いたしました。

ありがとうございました。

《鼓動》を読めば
犬猫みなしご救援隊の活動がわかる

《鼓動》を読めば
中谷百里の考えがわかる

《鼓動》を読まずして
中谷百里は語れんですけぇ!




1581420429355_copy_800x600



舞香・脚本主演の
犬猫みなしご救援隊の実録演劇

【置き去りにされた命シリーズ】
《ミケ公演》

私の町で是非・・・
近所の中学校で是非・・・

・・・と思われた方は
08012025509小谷まで

お待ちしておりま~~す♪