夜のGレコ研究会 〜富野由悠季編〜04754783
2015年8月27日にガンダムカフェでおこなわれたトークショーイベント「夜のGレコ研究会」
第5回目はついに富野監督が登場し、熱いトークが繰り広げられました。
その中でも話題を呼んだ質問コーナの一部を抜粋いたします 

【出演】
富野由悠季 (『ガンダム Gのレコンギスタ』総監督)
小形尚弘 (サンライズ(『ガンダム Gのレコンギスタ』制作プロデューサー)
石井マーク(『ガンダム Gのレコンギスタ』主人公ベルリ・ゼナム役)
 
 
■富野監督への質問コーナー


質問者「ターンエーを作られて、その後からGのレコンギスタを作られたわけですけれども、富野監督としては初めて時間を遡った作品を作られたわけですが、その点について何か心境を…」 

富野監督:遡ってというのはどういう意味(笑)?先に行ってなの?後ろに遡ってなの?

質問者:あっ、ターンエーよりも昔の物語を…作られたということで

小形P:時系列的に…何か宇宙世紀の時系列はターンエーが一番先にあるっていう考え方が

富野監督:いやいやいやいや、逆です。ターンエーはGレコより500年ぐらい昔の話です

小形P:…昔の話なんですか?
 
富野監督:そうです
 
小形P:えっ!?…昔の話なんですか
 
客席(どよどよ…)
 
小形P:えっ!?ターンエー!?ちょっと待ってください?えっちょっとまってください
 
石井マーク:えっでも?えっ?そっそうなるんじゃないですか?じゃなかったらカプルみたいな?あれなんだっけカプルじゃないけど
 
小形P:あれはでもダブルゼータに出てきたから
 
石井:あそっかそっか
 2話「G-セルフ起動」180
小形P:えっだってF91があってVガンがありますよね。でもそこを引っ付けてないですよね富野さん別に
 
小形P:ガンダム的な時系列でいくと、富野さんがやってないことかもしれないんですけどターンエーが一番なんか(時系列的に)奥にある様に見えるんですけど
 
富野監督:ハワァァ(首を横に振る)
 
小形P:違う?
 
富野監督:違う違う
 
小形P:違うんだ!?
 
小形P:これ…全部ブックレートとか全部間違ってることに…
 
石井:間違いですね
 
客席(笑いが起こる)
 
石井:ここにいる皆さん知れてよかったですね!
 
小形Pこれちょっとスタジオ、パニックになるんですけど
 
石井:パニックですよ
 
富野監督:なんで?なんでそういうふうに考えるの?
 
小形P:いや、やっぱターンエーが一番奥に見えるんですよ
 
富野監督:奥に見えるっていうのは、簡単な言い方で「黒歴史」みたいな設定があるからでしょ
 
小形P:そうですそうです
 
富野監督:そんなのは、あのターンエーの時代の黒歴史でしかなくって!
 
小形P:ループしてるってことですか…?
 
富野監督:あんなの関係ないよ!
 
小形P:関係ない?
 
客席(笑いが起こる)
 
富野監督:その時代に黒歴史的に見えてるだけの話で…
 
小形P:観た感じだと(Gレコは)宇宙世紀が終わって1000年後の話じゃないですか
 
富野監督:うん
 
小形P:だからターンエーってもっと(時系列的に)奥の話に
 
富野監督:おく?
 
小形P:奥っていうか、もっと宇宙世紀がもう、ずー…っと昔に思えるくらい未来の話
 
富野監督:いや…見える?
 
小形P:見えます。見えます。
小形P:見えてたっていうかそうしてた。
 
富野監督:ええぇーーー
富野監督:見えてるとしたら、それはおかしい
 
小形P:そういうつもりではなかった?
 
富野監督:全然そういうつもりではない
 
小形P:ターンエーがもっと前にあったということですか?
 
富野監督:500年くらい前
 
小形P:500年くらい…
 
石井:えーーーーー!(ライブ配信の反応を見てる小形Pに)ざわざわしてます?
 
小形P:これ、ものすごいタイムラインがすごいガーーーーッと
 
客席(笑いが起こる)
 
小形P:僕の手元のTwitterがー
 
石井:めっちゃどんどん更新されてますよ
夜のGレコ研究会 〜富野由悠季編〜023
 

小形P:これ…あっ!吉田(健一)さんが(Twitterで)「僕もそんな気がしてたんだよな。やったー」って書いてある(笑)
 
石井:おおー
 
富野監督:そういう話だって一切してないもん!
 
小形P石井:えぇー…
 
富野監督:それだって誰かが勝手に作ってることでしょ
 
小形P:そうですね
 
富野監督:だけど、それはそれで「バカヤロ―」とか言いません。それで良いんです!!
 
小形P:…監督的にはそのつもりで作っていたと?
 
富野監督:そら、そうです
 
小形P:なるほどぉ 
小形P:(客席に)…だったらしいです
 
富野監督:そして、もしそうでなかったら…物凄い簡単な話クレセントシップみたいなものをGレコで作りませんもん
富野監督:ターンエーの時にクレセントシップレベルのものがありました?
富野監督:で、ターンエーレベルではできるわけない
 
小形P:なるほど
 
富野監督:そういう意味で基礎技術もそうだし、エネルギーレベルもそうなんだけど
富野監督:あっ、ターンエーが一番パッとしなかった理由というのは、それ以前の事の強力なバックボーンを作らないで(ターンエーを)作っちゃったからなんです 
富野監督:そういう意味では、ガンダムの要するに過去のガンダムをずーっと引っ張ってる怨念みたいなのに引きづられて、なんとなく作っちゃったからターンエーになってるんです
富野監督:で、僕がターンエーって名前を作った時にそういうもの全部、十把一絡げにしたものを作りたかったんだけども「なぁーんか引っ込んじゃったなぁ」むしろターンエーって時代的にも精神構造的にもなんか後退したような気分があった
富野監督:で!じゃあどうするかっていうんでGレコの時にものすごく悪戦苦闘して200~300年時間を飛ばしただけではどうしようもないっていうんで千年飛ばした
富野監督:千年飛ばしてみたら、要するにガンダムの時系列からも離れて、独自の物語が作れるところまでのバックボーンが作れた
富野監督:で、作れたという話でさっきのリアルの話を一見しているようだけども、ああいうリアルな問題も考えられるようにアニメに全部放り込んだっていうのは今までのガンダムではやっていなかったことなの
 
石井:おおー
 
富野監督:ガンダムはターンエーまではガンダムのガンダムの話までしかしてないわけ
 
石井:うんうんうん
 
富野監督:Gレコで初めて、そこを突破できたという意味ではGレコはついにリアルな(現実問題を扱う)アニメになった。中国陸軍の逆をやっている(笑)
富野監督:(この質問コーナー以前に行われていた)さっきの話の続きの話ですよ
 
小形P:お姉ちゃんたちのアレではなく
富野監督:それで生身の女性を使ってアニメ(みたいな事)をやらせるという、そんな残酷なことはソレはしてはいけないよっていう話を、これ以後できやすい。
 
小形P:うん
 
富野監督:って言うことも含めて、ターンエーではこの話はできない!で、Gレコで出来る。
富野監督:だけどGレコで出来るんだけどそんなリアルな話かってすごくアニメ的でむしろ年齢的にも下がってるし主人公たちも。おもちゃっぽく見えるじゃないか
富野監督:おもちゃだから力を持てるんですよね。っていう話を改めてしたい。
富野監督:…というところまで、あるんで。
富野監督:僕はGレコというのはターンエー以上に力を持つと思っています
富野監督:チャチな話のように見えてるけども
 
小形P:……。
小形P:ちょっと僕はパニックになりそうで
 
石井:あはははは
 
小形P:ちょっとありがとうございます…色々と整理をしたいと思いますんで、一旦はちょっと皆さんは今日聞いたことは胸のうちにしまって頂いて
 
石井:あはははは
 
小形P:次の何かの機会の時にしれっとそうなってる可能性は…ありますんで
 
富野監督:それでこれから2~3ヶ月、皆さん方で討論していただいたうえで皆さん方なりにガンダム全史みたいなものを作っていただければ良いわけで
富野監督:その時にはGレコの位置づけというのを、いま言ったところに置いていただけたら嬉しく思います。(ニッコリ)
mp4_004982725
 
 
小形P:なるほど、全然収まってないです。
 
石井:あはははは
 
客席(笑いが起こる)
 
富野監督:            
mp4_004988069
 
小形P:う、上手く言って頂いてるんですけれど…
 
富野監督:うん
 
小形P:かなり今動揺が広がって…ライツ的にも動揺が広まってますけど
小形P:あの、はい、大丈夫ですなんとかします

___________________________________________


時間にしておよそ5分程度の短いあいだに起きた衝撃的な話に
一同気持ちの整理がつかなくて
笑ってしまう状況でしたが 、落ち着いて一度ガンダム史を頭の外において文字として読めば
富野監督の作品づくりの観点から見た場合、500年くらいの感覚と発言されたことがわかるかと思います。

また、富野監督以外が作られたという
ターンエーの詳細な設定を否定しているわけではないことも発言から受け取れます。


今回のトークの模様も前回までと同じなら、来月の中旬頃からスマホアプリのガンダムチャンネルにて録画されたものが配信されると思います
 
App Store
Google Play