2009年10月10日

「1千万円をルーレットにかけろ!」 40億円を荒稼ぎした早大OBらの豪遊ぶり…早稲田大学OBらのデイトレーダーグループ

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1255154860/


カジノで豪遊、フェラーリ購入、飲食店開業、豪華パーティー…。東京・六本
木ヒルズを舞台に、不正な株取引で荒稼ぎしていた早稲田大学OBらのデイト
レーダーグループが東京地検特捜部に証券取引法(現・金融商品取引法)違反容疑で逮捕された事件で、グループの派手な生活ぶりや手口が明らかになってきた。早大在学中からクリック一つで巨額資金を動かすマネーゲームにはまり、これまでに40億円近くも荒稼ぎしていたとされる早大OBら。彼らの浮世離れした生活とは?(河合龍一、大竹直樹)

■ラスベガスで大勝負

 きらびやかなネオンサインで彩られたカジノホテルが立ち並ぶ世界最大のアミューズメントシティ、米国ネバタ州ラスベガス。ある夜、世界中から一獲千金を夢見る人々が集まってくる巨大カジノのルーレットコーナーの一角で、若い日本人グループの周りに人だかりができていた。

 世界中から集まったギャンブラーたちもかたずをのんで注目する大勝負。その人垣の中心にいたのが、証取法の株価操縦容疑で逮捕された早大OBでグループリーダーの無職、松村直亮容疑者(27)=東京都港区=らメンバー数人だった。

 「1千万円全部をルーレットにかけろ!」

 グループ関係者によると、松村容疑者らが用意したカジノ資金は3千万円。2千万円があっという間に陶酔の世界に吸い込まれたため、残りの1千万円で大勝負に出たのだという。

 勝負を託されたのは、早大在学中に松村容疑者と交際していた女性。この女性は1千万円分のチップすべてを「赤」に賭けた。ルーレットの目は赤と黒に色分けされた数字と赤黒に区別されない「0」と「00」を合わせて全部で38あり、赤が出る確率は38分の18。当たれば1千万円の掛け金が2千万円になる計算だ。

ディーラーがルーレットを回し、ゆっくり転がされたボールが赤のポケットに落ちた瞬間、ルーレットテーブルの周りは大歓声に包まれた。見事、勝負に勝ったのだ。

 だが、この大勝負でさえ、不正な株取引で40億円近くものあぶく銭を手にしたとされる松村容疑者らにとっては、まさに単なる「ゲーム」でしかなかったのかもしれない。

 

■「運が悪かっただけ」

 ほかに逮捕されたのは、松村容疑者の実弟で無職の松村孝弘(25)=東京都立川市=と、会社役員の三浦幹二(27)=千代田区=の両容疑者。

 特捜部の調べによると、松村容疑者らは平成18年6月19日、約5億円を元手に、東証1部上場の日立造船と三井鉱山の株価をそれぞれ7円と12円、不正につり上げた疑いが持たれている。

 値上がり後、両社の株計約240万株を売り抜け、1日で約700万円もの利益を上げていたという。

 株価を不正につり上げる株価操縦は、証券市場の信用低下を招くことから証取法で禁じられている。

 今回の事件で使われたのは、買う意思がないのに大量の買い注文を出して他の投資家の買い注文を誘い、株価を上昇させた上で、取引が確定する直前に注文を取り消す「見せ玉(ぎょく)」という手口だった。

 松村容疑者は発覚を恐れ、株取引は父親名義など複数の証券口座を使って行い、一部の買い注文では、実際に高値で取引を成立させていたとされる。

 複数の口座には、30億円を超える資金が残されていたとされ、1日の取引で10億円もの巨額資金を投じることもあったという。

 「いわゆるマネーゲーム。(松村容疑者は)もうけすぎたから発覚した。運が悪かっただけ」

 メンバーの1人は、松村容疑者らが株価操縦という犯罪に手を染めていることに以前から気付いていながら、周囲の知人にこう語ったという。

 「このチャート(株の値動き)、いいんじゃない」

 こんなやりとりが家賃数百万円とされる六本木ヒルズの一室で連日行われていた。株価をつり上げる銘柄は、その日ごとにメンバー全員で話し合って決めていたらしい。十数台のパソコンを使って値動きを監視し、株価が上昇すると一気に売り抜けていた。

 クリック一つで株価操縦ができるためか、犯罪に対する抵抗感も罪の意識もあまりなかったようだ。

 「やってはいけないことだけど、証券会社の人間とか、いろんな人がやっている。それほど悪いことではない。だから簡単に執行猶予は付く」

 元メンバーの1人はこう知人に語っていたという。

■きっかけは早大投資サークル

 「大学時代に100万円の束でぺちぺちしたい人、金風呂に入りたい人お待ちしています」

 品性を疑うこんな文句が躍ったのは早大のサークル情報誌。松村容疑者らが所属していた早大の投資サークル「マネーゲーム愛好会」の宣伝だった。

 松村容疑者が三浦容疑者や元メンバーの女性と出会ったのも、このサークルだった。サークル活動を通じて株取引のノウハウを学び、デイトレードにのめり込んでいったという。

 在学中から数百万円の利益を上げるほどになり、宝くじを一度に200万円分購入したり、白いベンツを乗り回したりといった羽振りのいい生活が始まった。

 早大を18年に卒業した後も就職せずに、株取引に没頭していた松村容疑者。19年11月には投資会社「リッチマーグ」を設立すると、翌20年5月には、東京・台東区に油そば専門店をオープンさせる。つゆのないラーメンの油そばは、好みで酢をかけたり、その店特製のタレをかけたりして、自分好みの味にアレンジもできる。


 「油そばが死ぬほど好きだから」(知人)という理由で、道楽で始めたこだわりの店だった。店内には「食べ方三個条」なる掲示が至る所に張られ、おいしい食べ方を指導。取材に当たった記者の間でも「意外にうまい」と評判だ。

 証券取引等監視委員会の強制調査を受け、今年5月には双子の兄に経営権を譲り、店名も変わったが、今も客足の絶えない人気店となっている。

■フェラーリ購入で金銭トラブル

 立川市内の実家では、延べ床面積約200平方メートル、鉄筋コンクリート3階建ての豪邸が建築中だ。近所の40代の男性商店主は「直亮(松村容疑者)は相当もうかったって地元でも話題だった。株取引の利益で建てているのではないか。父親に1千万円以上のベンツをプレゼントしたと聞いた」と声を潜める。

 近所の人の話によると、4年ほど前から実家前の駐車場に白いベンツや大型オートバイが止まっていたという。

 昨年1月には、約3170万円で高級スポーツカーのフェラーリを購入していた。ただ、購入をめぐって金銭トラブルとなり、実際はフェラーリを駆ることはできなかった。

 松村容疑者が今年4月、東京地裁に起こした損害賠償請求訴訟の訴状によると、松村容疑者とフェラーリの売買契約を結んだ自動車販売会社は、車を引き渡さなかったばかりか、資金繰りのために売買代金を使い、松村容疑者が貸し付けた1300万円も返還していなかったとされる。裁判は現在も係争中だ。

 羽振りがいいのは松村容疑者だけではない。ラスベガスのカジノで1千万円の大勝負を託された元メンバーの女性も、エピソードには事欠かない。

 早大を卒業後、18年4月に投資業や不動産売買を目的とした会社を設立。六本木ヒルズに住み、アクセサリーブランドを設立する一方、六本木や恵比寿といった東京の一等地で、会員制のバーや鍋料理店を経営する女性実業家へと華麗な転身を遂げている。

「株をやると一日中パソコンを見ていないといけないから、あまり人に会う機会がないのよね」

 周囲にそう語っていた彼女が、自身の12月の誕生日に企画したのが、「お誕生日会&クリスマスパーティー」だった。六本木ヒルズ43階の居住者専用スカイラウンジを貸し切り、知人、友人らを集めて開かれた豪華なパーティーでは、高さ1メートル以上のチョコレートフォンデュタワーも登場し、出席者の度肝を抜いた。

 液晶テレビや世界的なファッションデザイナーの直筆サイン入りワイン、ブランド品などが次々と当たる抽選会では、出席者が1万円の会費をはるかに上回る商品を持ち帰った。

■「単なる金もうけ」

 証券業界関係者によると、手数料自由化などの規制緩和で、インターネットを利用して誰でもクリック一つで簡単に株取引が可能になり、10代や20代のデイトレーダーが増加。デイトレーダー人口は推計で約5万人に上るという。

 デイトレーダーをめぐっては16年11月、建設会社などの株価をつり上げたとして、北海道釧路市の男性会社員が監視委に初めて告発されているが、グループで組織的に違反行為を行う、いわゆる“ネット仕手筋”が摘発されたのは今回が初めてだった。

 同様の手口を行うデイトレーダーグループは他にも存在し、今回の事件は“氷山の一角”とみられている。ネット取引は証券会社の顧客チェックも甘く、証券マンが指導や忠告する機会もないため、倫理観の低い投資家を生み出し、株価操縦の温床となっているとされる。

 ある捜査幹部は、「ゲーム感覚というより、単に金もうけができるからやってるんだ」と話した。

12 :名無しさん@十周年:2009/10/10(土) 15:11:54 ID:9gGLnH4+O
何をして捕まったの?


16 :名無しさん@十周年:2009/10/10(土) 15:13:06 ID:SGFbSL6u0

>>12
見せ板=株価操縦。

外資系投資会社がやるのはいいけど、個人は駄目だそうです。



36 :名無しさん@十周年:2009/10/10(土) 15:17:26 ID:WvosOf0y0

早稲田は集団レイプとか犯罪金で豪遊とか麻薬で一儲けとか

やることが下品


37 :名無しさん@十周年:2009/10/10(土) 15:17:46 ID:y/5e4NId0

自分で汗水流して働いているうちは富裕層には絶対になれない。
それが資本主義社会。

38 :名無しさん@十周年:2009/10/10(土) 15:18:01 ID:SGFbSL6u0

もともと下品な成金やら成金やらになりたい連中が行く大学でそれが違和感なく学内サークルなどでつながってるためにこうなる。スーフリやらも
さらにOBも下品なんでそういう奴らを食い物にする。つまり下品=早稲田。

同じ学力ももともとの上流階級は慶應に行く。慶應で成金になりたい連中が来ても、馬鹿にされて仲間に入れてもらえないので、
慶應の下品な連中は目立たないし、目立とうとしたらOBが全力で潰す(慶應のイメージを壊さないためにと、怖いわ。) 


 


inve at 16:48│Comments(0)TrackBack(0)投資の闇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
世界時計
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ウェザーニュース