2006年12月31日

2005年12月28日

year-end party

今日は忘年会。

おなじみのメンバーで、いつもと同じような流れで。

飲みで語って、カラオケオール。そこに早朝ラーメン屋さんが+。

楽しかったです。

今年は、今日のメンバーに本当にお世話になりました。
そして、今年であって話した人全てにもお世話になりました。

来年は社会人。

まぁ、卒業できればの話。

  
Posted by io0oio0oi at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月27日

year-end

今日は仕事収め。

年内のインターン・アルバイトは終了です。
これからは忘年会やらなにやらが続きます。

最近全然飲み会とか行ってない・・・テンション合わせられるか不安です(笑)。

仕事とかアルバイトといった面で、今年は色んな経験をさせてもらいました。
去年の自分と今の自分とは、全く違っているんじゃないかと密かに期待してます。

人は、1年で99%の細胞が入れ替わると言われています。

去年と今、内面もちゃんと入れ替わっていると良いんですけど。

話は変わって・・・

  続きを読む
Posted by io0oio0oi at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月26日

Torino

昨日はスケートを見てました。

トリノの切符の行方は、なんとなく妥当なところに落ち着いたような印象でした。

これまであんまりスケートに興味無かったんですが、面白かったです。
テレビ局の編集が見事というか、ちゃんとキャラクターがしっかりと設定されてて
非常に観やすかったです。

それぞれきっと、思い入れのあるキャラっているんでしょうね。

ちなみに僕は、密かに中野友加里さんを応援してました。

努力家で、実力が認められるまでに時間のかかりそうな感じが良いです。

演技は、素人の目から見て荒川さんがダントツに洗練されている印象でした。
挫折を知ってる天才というのは、やはりスゴイ。

浅田さんも凄かったですね。
あの子は身体的に氷上で見栄えする人ですね。手足細長いから。

村主さんの口から、何度も「お客様が・・・」って出ていたのも驚きました。
あの人は実際に、求められている滑りというものについて考えていて
工夫を凝らした演技をするので素敵ですね。

まぁ、なんだかんだ言っても、これまでスケートに全く興味の無かった僕なので
何を言っても深みは無いんですが(汗)。

話は変わって・・・
  続きを読む
Posted by io0oio0oi at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月23日

Hawl's moving castle

3連休初日の今日はハウルの動く城を観ました。
 
スタジオジブリ作品の新作ですね。

僕は、宮崎駿さんの映画はあんまり好きではありません。
あの、ぼんやりした感じというか、刺激の無いところが好きではないのかも。
まぁ、一応代表的なものは全部観てると思いますけど・・・。

今回の作品は、かなり意味不明な箇所が多かったように思います。

観てない人にはわからないと思うんですけど、例えば・・・。

・ソフィー(主人公)の呪いは結局解けたのか、解けてないのか不明。
呪いかかってる最中にも、度々若返ったりしてて意味不明。そのことの説明もなし。

・テーマが、世界平和なのか愛なのか、よくわからない。

さらに、展開も速かった。

ソフィーがハウルを好きになる過程がわかりづらいし(伏線がほとんど無い)
最後の方になって、一気に問題が解決していって、オールオッケーな感じに
なったのでついていけませんでした。

でも、決してつまらなかったわけではないので、観ていない方は是非。

  続きを読む
Posted by io0oio0oi at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月22日

HarryPotter

今日はハリポタの映画4作目、炎のゴブレットを観ました。
 
3作目を観てないんで、知らない人も何人か出てきましたが
まぁそれは良しとしましょう。

一点気になったのが、ちょっと子供には怖すぎる気が・・・。
たしか前作も、「子供がヒく」みたいなレビューが続出してたと思う。

それを聞いていたので、今回はハートフルな感じかな?と思っていたら
結構容赦ない感じでした。仲間一人死ぬし(主役級のキャラじゃないけど)。

盛りだくさんな娯楽映画でした。
  続きを読む
Posted by io0oio0oi at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月21日

SAYURI

今日は映画「SAYURI」を観ました。
 
2時間半と長い映画でしたが、それを感じさせないつくりでした。

芸者の半生を描いた作品で、どうやら海外の方の著作らしい。
それにしては、日本っぽいというか、リアリティがあって良かったです。

芸の道に生きながらも、女性として愛する人への執着を捨てることができない
という点が見もの・・・な気がする。きっとそうに違いない(汗)。

感想を簡単にいうと、女の人の世界は怖いってことと
渡辺謙はやっぱり良いところを持っていくなぁということでしょうか。

ここ最近の映画では、一番良かったかも。
  
Posted by io0oio0oi at 00:00Comments(0)TrackBack(0)