魚心釣心

釣り、淡水魚飼育、その他のブログです。 ホームページの更新が面倒なのでブログにしました。過去記事は 魚心釣心ホームページご覧下さい(見る価値なしですが)

秋のベストシーズンに、丸一日釣りに行ける幸運に恵まれて、
その1に続いて、また行ってまいりました。

およそ魚釣りは、釣り場や釣り方なんかを、試し堀的にやりながら、そこで
の反応を元に、金の鉱脈を探して行くようなところがありますが、今回は、
まさに、前回の鉱脈をさらに深堀していくような釣行でありました。
そう言った意味では、最初にやまさんが釣ったブリがもたらしたものは、かなり
大きかったという事になります。
試し堀をいろいろやっていく中で、確証のない状態でのそれはそんなに長くは
やらないわけで、諦める前に、海から何らかの答えが帰ってくるのは、本当に
幸運と言えると思います。
PB234141
とまあ、そんな意味不明な講釈はさておき、

早春以来の、久々参加の息子、開始早々、いきなりヒット。
かなーりキツそうでしたが、なんとか耐えて、
PB234144
いきなりハマチゲット。70センチ近いナイスなサイズです。
ちなみに、魚の引きで、船縁に竿が押し付けられても、糸より先に竿が当たるベイトタックルは
息子みたいに、魚にたいして、力が足りてない時には非常に優位性があります。
そのへんのタックルセレクトは、手前味噌ながら、釣りバカな父親の賜物であります(笑)

またスパイラルガイドのベイトロッドを最近見かけなくなったのは、そういう理由があるかも
しれません。
PB234150
その後、すこしあとが続かず、右往左往しましたが、その右往左往が功をそうして、
お魚発見。バラシやラインブレイクなどもありつつも、魚がヒットしだしました!

前回の教訓から、釣り方のセオリーなどは、あるけども、ある程度自分の
信じれる得意な釣りをしたほうが、かえって釣れるのでは?と思っていたので
ありますが、

その教訓を素直に実践の、やまさん、快調に連続ヒット!

ジグ何使ってんの??


PB234149
なんと、多治見ジグ(スポーツザウルス)
ジギング黎明期からある、と言うか、その頃からすでにややマニアックだったジグです。
それを操るタックルも、また秀逸で、ビンテージな代物(爆)
98ステラ、にダイコーのTRCタイドラッシュだったかな?の組み合わせです。
全くもって、20年前、PEラインがジギング界に革命を起こしたり、スパイラルジャーク
だの、ジャガジャガ巻きだの、やれ、アシストフックだのが登場し、
釣り雑誌のワールドマリン奄美の記事に誰もが心躍らしていた、そんな
まさに、我々のジギング青春時代そのままのタックル。

そう、自分たちの青春時代に憧れだった車やバイクを今になってレストアして楽しむ
中高年がいらっしゃるように、ソルトルアーの世界にも、ビンテージ、オールドタックルで
楽しむ時代が、もうそこまで来ている・・・・・・

わけないか。

まあ、そんなこんなで、

BlogPaint
僕もついにヒット!で、一匹目は、サワラで丸呑みだったらしく、リーダーがすっぱり
切れてしまいましたが、次は、なんとかゲット。これも丸呑みで、タモの中で糸が切れて
ました。ルアーに付ける針は多いほどいい派ですが、
サワラのこと考えたらジグにフロントフックを付けるかどうかは、結構微妙だなと感じました。

PB234158
早く巻いたりできないんで、苦戦するだろうと思っていたけど、絶好調にハマチを
釣りまくる息子、すでに3匹目。釣りゲームの影響か?レンジにシビア。
着底するときのラインの色や、ヒットしたときのラインの色を覚えていて、
何色の時にちょっと止めるとか、いろいろ勝手にやっているようです。

最後頃には、あたりのない父は、釣り方を教えられていました(泣)
PB234161
相変わらず、糸がちゃんと結べてなかったり、魚が食いつくと、嬉しさのあまり
竿さばきが荒くなったりして、バラシ連発のオジさんですが、それでも、
ボチボチと魚をゲット!
PB234162
それにしても、近年ほんとにナブラでキャスティング!な場面に出くわさなくなりました。
漁探が非常に重要な役割をします。
今後数年で、ガーミンなどの高性能多機能漁探が、ボートフィッシングも席巻し、
今まで、妄想の中だった、ジグの誘いなどが魚のチェイスなどを見ながら
できるようになり、革命的な変化が訪れることでしょう(予言)

ってか、高性能漁探欲しい!!(切望)
PB234165
本日ハットトリックの息子は、ジイちゃんのサゴシを掬ったり、Nさんの釣った
タイが水面でフックオフして、逃げそうになっているのを、素早く掬いとったりと、
大活躍でした。
柔道の練習サボった甲斐があったね(爆)
46785124_1221322168008071_2465853038028390400_n
そんなわけで、余裕??の昼過ぎ早上がり。
船上おすそ分けなどありで、
ハマチ7、サワラ1、タイ2、サゴシ2でした。

魚も脂がのって美味しくなっていました。
もしかすると、これが釣り納めになってしまいかねない
状況ですが、年内に、あと一回くらい行きたい
今日この頃です。

めでたし、めでたし。

またまたブログサボってましたら、いつの間にか
季節は晩秋と言っていい時期になっていました。
最近は釣行回数もめっきりと減り、どのくらい釣りにいってないかと
いうと、釣りにいったら、すべてブログに書いています。
と言ったらわかっていただけるでしょうか(笑)そんな感じです。

そんなある日、いつもボートで連れて行ってもらうやまさんから、
なんともホットなラインが入ってきました。

BlogPaint
どうやらブリが釣れたようです。9.7キロだったかな?


明日は、諸用で釣りに行けないなんて話てたのですが、前日のこの釣果に、
ちょっと昼前まで行ってみるか!と話はトントン拍子に進んで、
46159227_1212823228857965_6625669219440656384_n
夜も明けきらぬうちから、出船!開始早々、シーバスを2匹も釣り上げるやまさん!
周りでは、久しぶりに見るシーバスのボイルと朝一から非常にいい感じです。
46102161_1212823252191296_2402791085488209920_n
そして、今年は、大発生しているらしいサゴシ!(その割には、釣れんけど)
もいい感じにヒットしてきます。
46154977_1212823282191293_3314998626844934144_n
そして、オヤジには、ドーンとタイもヒット。70センチ近いかなりな大物でしたが、
かなりのご老体だったらしく、リリースせずに持ち帰ったことを激しく後悔しました(笑)
46107022_1212823308857957_384646443417206784_n
そんなわけで、短時間でしたが、十分に楽しめた半日釣行でした。普段は、
一日魚を探し回って日暮れまで未練がましく釣りするのが常ですが、早く上がると、
家に帰ってゆっくり料理したりと、それは、それで、充実した休日になるようです。

しかし、見える範囲で釣っておられた他の船の方は、さらに、ハマチ、ブリ、サワラなど
など頻繁に竿が曲がっていて、まだまだ釣り方要研究といったところです。
遠目に、釣り方を見て、早く巻いたり、ゆっくり巻いたり、シャクったりと真似してみますが
自分が混乱して、何をやっているのかわからなくなってしまいました。

アジャストも必要ですが、釣れてる人の釣り方に惑わされて、自分を見失うくらいなら、
自分なりの釣り方で、自分だけの花を咲かせるのもありかなとこの時、思ったのでした。


とまあ、話はかわって、
46463346_1216962995110655_1790504958701862912_n
秋は収穫の秋であります。今年の秋は、いままでずっと不振が続いていた
シイタケが、ここにきて、結構発生しております。原木作り始めて3年が経過したので、
やっと結果が出始めたってところでしょうか。
46451167_1216963091777312_6656302266225524736_n
忙しさにかまけて、ほったらかしの山は、草ボーボー、
夏前に一回くらい、草刈や、萌芽の整理、ツル植物を切ったりしたかった・・・。
46519537_1216963055110649_8944789024833273856_n
山へのアクセス道が、轍が掘れて、よろしくない状況になってたので、
拡張作業。重機は偉大です。あっという間に、出来上がり。

ま、そんな感じの2018年秋でした。

おしまい。

夏の暑さも、佳境に差し掛かる頃、ほぼ半年ぶりくらいにやまさんのお船で
出船してきました。

釣りに行こうと、バッカンを開いたら、春先のメバルの仕掛けが入ってたくらいなので、
もはや、海がどうなってるのか?今年の傾向なんで皆目見当もつかない状態ですが、
オヤジたちは、なんだかちょくちょく行っているみたいで、その実績釣り場に直行。
とにかく、なんでもいいから釣りたいのであります。
39344151_1145587122248243_874950340741431296_n
前に何匹か釣れたというエリアにて、釣り開始。しばらくして、テンヤでやっていた
やまさんが、会心のヒット!!で

39308146_1145587515581537_2666190662268878848_n
サメが上がってきました。早くも怪しい雰囲気・・・。
前に釣った時は、、、っていうのとは、違う向きに潮流れてるし・・・。
それでも、しばらく辛抱してやってると、
37379715_1145587395581549_6169324713697869824_n
なんだか、流行りつつある?ジグでやってみましたが、幸先よく、一匹目のタイが
僕に釣れてきました!結構デカイ。ジグで底付近を上げ下げするような動きで
食ってきました。
39182366_1145587352248220_8367914877632643072_n
潮がまともに流れ出したら、タイラバにもアタリ初めて、早々に全員安打と
いい感じです。
39196792_1145587272248228_789154357504376832_n
テンヤでもヒット!今度は、サメではなくて、ちゃんとタイでした。
タイラバ、テンヤ、ジグと思い思いの釣り方でやってますが、どれもぼちぼち
アタリがあります。
39302059_1145587308914891_1185933069920501760_n
こんなときに、変なことしすぎて、たいていボーズになるオヤジですが、
今日は好調に釣っていきます。
39207107_1145587168914905_2897936420272340992_n
それでも、なんだか、ジグで釣りたいらしく、タイジグとか書かれたルアーを
多用してましたが、ついにヒット!で、このアクションがやっぱり良かったとか
なんとか言いながら上がってきたのは、やっぱりタイではなく、、、(笑)
39216045_1145587222248233_4551463803774042112_n
同じ外道でも、こちらは、嬉しいホウボウちゃん。
見た目もキレイだし、上品な白身は、美味しいです。ジグでも一匹釣れました。

それから帰り道に、鳥の下でジギングして、ひさびさに
青物(ヤズ)も釣れました。やまさんにかかったのは、たぶん、ハマチか
小ブリサイズだったと思うけど、、、、。
39210726_1145587085581580_8805726062622277632_n
そろそろ姿が見えるかな?ってころに、ポロっと針ハズレで、、、。

そんなこんなで、タイが10枚ちょっと、ヤズ3、ホウボウ2といったところでした。

タイ船中10枚は、僕の中で大きな目標でしたが、僕が釣り行ってないうちに、普通に
達成される事柄になったようでした。コツは、魚から反応がある場所でちょっと粘って釣る
ってことでしょうか?
39227100_1145587032248252_3815707803998224384_n
ジグを今回使ってみましたが、やはり釣果だけを言えば、この日に関しては
タイラバを一日巻き続けたほうがはるかに、アタリも、釣果もいい感じのようでした。
フックセッティングや、重さ、アクションなど要研究です。

少しサイズは選べるのかな?とも思いましたが、ことタイ釣りに関して、来ればデカイって
のは、デメリットとも考えられるわけで(爆)

そんなわけで、暑さも峠を超えたのかな?これからいいシーズンを
迎えます。収穫の秋を取りこぼさないように、
釣りに行きたいところです。

おしまい。

前回、春の雨の降る中、シイタケの菌駒を打った
原木のその後です。

梅雨明けまでそのまま薪積みにしてまいした。


36889522_1105230389617250_5467875508228194304_n

木口に白い菌糸がたくさん見えています。これは、ネットや本に書いてある
シイタケの菌糸ぽいので、いい感じなのではないでしょうか??(喜)

36928135_1105230489617240_2116574924444270592_n
しかし、檜の枝の笠木をどけてみると、真ん中あたりは、じっとりと湿っていて
(大雨のあとだったし)ゴムタケが、たくさん生えています。
ガーン大失敗でしょうか???
36875873_1105230542950568_8187028988477046784_n
とりあえず、林内に展開して、ヨロイ伏せにて、本伏せをしてみました。
そして、急いでシイタケ、ゴムタケと検索、

ほだ木の多湿が原因で、梅雨時に多い。ってまさにそのとおりです。
ゴムタケが生えてきたら、本伏せの時期とも。
36903046_1105230572950565_4850321793031864320_n
が、一方で、ゴムタケが生えたら、ほだ木は、順調とも書いてあり、
あながち悪くもないのかもしれません。しばらくしたら、木も乾燥してきて
ゴムタケは、カラカラにちっちゃくなっていました。
36857647_1105230432950579_317699005763026944_n
それから、前に雨の日に行ってみて思ったのですが、立木(檜)の幹付近は、
雨があまり当たらず、木と木の間を雨粒が落ちているようで、実際、
今まで、幹と幹の間に棒を渡して、そこにほだ木を立てかけてたのですが、
なんとなく、幹の近くは、発生が悪いような気がしてて、
さらに、幹に結んだヒモが始めはゆるく結んだつもりでも、すぐ忘れてて、
幹に食い込んだりといったことが、多発して、檜の成長にもよくないだろう
ということで、、、。
単管パイプでほだ木の台を作ってみました。これならまんべんなく、雨が当たり
やすくなったかな??

と、まあ、ほぼ自分のための備忘録的更新でした。

おしまい。

仕事にちょっと余裕が出来たある日(暇とは言わない(笑)
久しぶりに、なんの情報もないけど、島にジグ持ってパトロールに出かけたの
でありますが、長いブランクに、潮時も読み違えており、はるか沖で
モヤモヤと沸くしょぼいナブラを見たくらいで、たいして収穫なく、
帰路についたのでしたが、帰りがけに、ちょっと盛り上がるナブラを発見、
ただ、その日は、門限が迫っていたため、泣く泣く撤収したのでありました。

翌日、そのことを皆に話つつも、一生懸命に仕事をしていたのでありますが、
誰から言い出すでもなく、午後3時には、すっかり現場は片付いていたので
ありました。

というわけで、久しぶりの弾丸釣行です。
昨日の釣り場に降り立つと、しばらくは、何もなく、やってしまったかと
思いましたが、カレントが強くなってくると、程なくして、あちらこちらで、
単発の水しぶきが上がり始めました。とは言え、はるかに射程距離外で、
虚しいフルキャストを続けていたのでありますが、

夕暮れも近づくころ、幸運にも、ナブラも近づいてきて、射程距離内にも
チラホラ水しぶきが上がり始めると、

34536754_1074886645984958_6533854762956226560_n
ヒットし始めました!初めは、大きな水しぶきに、もう少しまともなサイズを
期待してたのでですが、釣れてくるのは、ヤズであります。
でも太ってて結構引くし、楽しい!

ナブラが近寄れば、ダブルヒットに、トリプルヒット!

34633224_1074886612651628_8639386763841765376_n
さらには、一人ダブルヒットも。
こんなチャンスは滅多にないと、雨の中、アホな三人は釣りまくり、
34605886_1074886672651622_7045163919396044800_n
小一時間の時合いで、20匹を釣り上げました。
腹の中には、7~10センチくらいのイワシがパンパンに入っており、
ルアーに食いがいいのもうなずける状態でした。
なんだか、今年は、全体的にヤズが多いそうなので、
また、暇を見つけては、行ってしまいそうです。

めでたし、めでたし。

↑このページのトップヘ