魚心釣心

釣り、淡水魚飼育、その他のブログです。 ホームページの更新が面倒なのでブログにしました。過去記事は 魚心釣心ホームページご覧下さい(見る価値なしですが)

仕事にちょっと余裕が出来たある日(暇とは言わない(笑)
久しぶりに、なんの情報もないけど、島にジグ持ってパトロールに出かけたの
でありますが、長いブランクに、潮時も読み違えており、はるか沖で
モヤモヤと沸くしょぼいナブラを見たくらいで、たいして収穫なく、
帰路についたのでしたが、帰りがけに、ちょっと盛り上がるナブラを発見、
ただ、その日は、門限が迫っていたため、泣く泣く撤収したのでありました。

翌日、そのことを皆に話つつも、一生懸命に仕事をしていたのでありますが、
誰から言い出すでもなく、午後3時には、すっかり現場は片付いていたので
ありました。

というわけで、久しぶりの弾丸釣行です。
昨日の釣り場に降り立つと、しばらくは、何もなく、やってしまったかと
思いましたが、カレントが強くなってくると、程なくして、あちらこちらで、
単発の水しぶきが上がり始めました。とは言え、はるかに射程距離外で、
虚しいフルキャストを続けていたのでありますが、

夕暮れも近づくころ、幸運にも、ナブラも近づいてきて、射程距離内にも
チラホラ水しぶきが上がり始めると、

34536754_1074886645984958_6533854762956226560_n
ヒットし始めました!初めは、大きな水しぶきに、もう少しまともなサイズを
期待してたのでですが、釣れてくるのは、ヤズであります。
でも太ってて結構引くし、楽しい!

ナブラが近寄れば、ダブルヒットに、トリプルヒット!

34633224_1074886612651628_8639386763841765376_n
さらには、一人ダブルヒットも。
こんなチャンスは滅多にないと、雨の中、アホな三人は釣りまくり、
34605886_1074886672651622_7045163919396044800_n
小一時間の時合いで、20匹を釣り上げました。
腹の中には、7~10センチくらいのイワシがパンパンに入っており、
ルアーに食いがいいのもうなずける状態でした。
なんだか、今年は、全体的にヤズが多いそうなので、
また、暇を見つけては、行ってしまいそうです。

めでたし、めでたし。


前回行って、なんだかんだ言いながらも面白かったので、またしても
管理釣り場に行ってしまいました。せっかくスプーンとかも買ったしね。

今回は、フィッシングレイク高宮に。

31189697_1051371771669779_6757258719513280512_n
息子は、学校行事の振休でなんで、この日は平日なんですが、こんな山奥に
結構な人です。チケットを買って、ちょっと周りを歩いてみましたが、
湖は広いのですが、大半の湖岸は、森でして、意外と釣りできるところは
すくないのであります。
皆さん等間隔でされているので、入って入れない隙間では
ないものの、なんだか、管釣2回目の素人としては、
持ち前のメンタルの弱さもあって入りづらい(笑)そんなわけで、
31183568_1051371645003125_6095861325324353536_n
初めは岸から釣って飽きたらボートと考えていましたが、いきなりボート券購入です。
僕としても初の手漕ぎボートでの釣り。まずはボートを漕ぐのでいっぱいいっぱいです。
朝のうちは、放流とか餌やりとかの影響か、スタート地点付近の釣り人の竿が
頻繁に曲がっているので、その近くでアンカーリングしたのですが、なかなか船が
あちこち流れて、釣りに集中出来ません。

しかも、特に息子は、ボートからの目線の低さが災いして、ルアーが遠くに飛ばないし、
魚が見えないので、面白くない!とか言い出す始末。
なんとか一匹釣って、この状況を打開したい父親も、岸釣りの人が2投に一匹くらいの
ペースで釣り上げてるハニースポットに船から投げているにも関わらず、
まったく釣れず、大ピンチ(泣)

31224222_1051371678336455_8922251183947513856_n
ルアーを取っ替えひっかえした挙句、裏技と書かれた、鉄板のような
ルアーでなんとか釣れました。とりあえず一匹釣れたところで、
ボートでしか行けない奥地に行ってみることにしました。
ここでは、息子にも何度かアタリがあり、移動中に、手漕ぎボートでトローリング
をすると言う本人考案の釣り方で、30センチくらいのニジマスを釣り上げて、
ご満悦でありました。
P4233860
父親もやっと落ち着きを取り戻して、前回良かった、メタルジグのスロージギング
みたいな釣り方で、ロックトラウトかな?面目躍如のキッカーフィッシュを釣ることが
出来ました。この魚、すごく美味しかった。ほぼ魚屋で売ってるサーモンでした。
31164155_1051371745003115_6036142528082739200_n
前の日興奮してあまり寝てないのか、すごい格好で寝てしまってました。
昼頃から、あまり回りも釣れなくなっていましたが、誰もやってないような
小さなワンドの奥に突っ込んだりしつつ、なんだかんだで、楽しく釣れました。

昔は、釣り方はほぼ固定で、ひたすら歩き回ったり、移動を繰り返して
釣れる魚を探すみたいなスタンスの釣りが多かったですが、
昨今は、年と共にフットワークも重くなり、いま目の前にいる釣れづらい
魚をどう釣るかといった局面が、その日の釣果を左右することが多く
なってきました。そんな中にあって、管釣は、その部分に特化していて
たいへん興味深いです。

なんてカッコつけながら(笑)、またしばらく釣り堀に通うことに
なりそうな予感です。

おしまい。

春爛漫、いい時期になってきました。
仕事の合間に、春休みを持て余してる息子とどっか行こうと
いう話になり、どこ行きたいか、散々悩んだ挙句、釣り堀に行きたいとの
ことで、庄原にあるとある管理釣り場に行ってみたお話です。

29792109_1042243695915920_5871634066486329344_n
管理釣り場・・・。かつて20年くらい前に、一度行って、まさかのボーズで、
二度と行かないと心に誓った管理釣り場。当時の独りよがりな釣りの反省もあり、
まずは、電話でリサーチ。いろいろ注意事項を伺ったあと、小学生も行くんですけど、
釣れるもんですか?と聞いてみると、一瞬の沈黙のあと、・・・そこは頑張ってもらうしか
ないですね。と。
やっぱり、ボーズも余裕でありえる危険な釣りなんだなと
再確認しつつ、近所の釣具屋で、勧められるままに、オススメルアーとやらを
買って、現地に乗り込みました。
30221363_1042243512582605_7729405780775927808_n
桜も咲いて、いい天気、景色もいいし、最高です!息子も大喜びで釣っています。
ただ、予想どうりといいますか、案の定、魚は釣れません。フライフィッシングというか
うき釣り?みたいなのには、ボチボチ釣れていますが、ルアーの人には、あまり釣れない
ようです。
これは、どうやら、スプーンの微妙な違いや、1秒間にリール何回転といった問題では
なさそうです。

ただ、足元を大きなイトウが泳いでいたり、たまに、目立つ
アルビノニジマスが遠くからルアーめがけてブッ飛んできて、食いそうになったり
など、視覚的には、それなりに刺激があるので、全く退屈という訳ではないのですが。

29793588_1042243619249261_3743478415563423744_n
なぜか誰も釣りしてない、ビギナー用と書かれたエリアでは、ちょっとだけ頻繁に魚がルアーに
反応してきます。いろいろ試しているうちに、なんとなくわかってきました。
こいつら、着水音に反応している。
そのうち、餌やりタイムなるものがあって、完全に腑に落ちました。
彼らは、上から撒かれるペレットを食べているんだと。

そこからは、それをふまえた釣り方にして、(詳しく書けませんけど(恥ずかしくて(爆))
なんとか全員安打、息子も自力でニジマスを釣り上げ、ほっと胸をなでおろしました。

P4033806
その日は、近くの温泉に宿泊。安くて、広くて、美味しくていい宿です。

しかし、息子も釣り足りないらしく、管理棟の人によると、朝一は、やはり食いが
いいそうで、7時の開園すぐから釣るのがオススメとのことだったので、翌日も
管釣に行くことに。
P4043812
しかーし、宿の朝ごはんが、7時からなのであります。ややフライング気味に
レストランに駆け込んで、大急ぎでかき込んで出発しました。

小走りに釣り場に向かいましたが、・・・昨日にもまして、釣れないんですけど(笑)
昨日は、管釣の作法に従って、レンタルタックルでやってましたが、
昨日の感じからしてスプーンを水面に叩きつけたり、スキッピングさせたり、
竿下で、ピチャピチャさせたり(爆)
する必要があるので、今日は、いつも川でヤマメ釣りに使ってる、ガチな竿に
変更しました。断然使いやすいです。
P4043813
池の真ん中辺をメタルジグで釣っていたら、ゴーンとヒット。竿は曲がってないけど、
これ、ファイト中です。しかも結構引いてます。
29792001_1042243665915923_7527359060199342080_n
40センチのニジマス、その後、ブラウントラウトも釣れました。
頼みの、ビギナーエリアも、魚が見えるのは、午後にある餌やりの時間だけで、
朝のうちは、まったくのストイックエリアでした(泣)

P4043818
と、まあ、こんな具合で、釣れないといいつつも、なんとか釣れて、マニアな
大人は、それなりに楽しいのではないかと思ったのではありますが、
春休みだったこともあり、池には、結構子供の姿がありました。
この日は、昼の時間を除いて、ほぼ一日中ここにいたわけですが、息子は
結局自力で魚を釣ることは出来ませんでした。

他の子供たちも、楽しめたのかな?中には、おじいちゃんおばちゃんに連れられて
来てて、一人でレンタルタックルで釣ってる男前な女の子も。
この子たちが折角やってきたのに、冴えない思いをして帰るのではないかと思って、
見ていて、非常にやるせない気がしました。
子供には、ルアーで釣れなかったら、例えば5匹までは、のべ竿でエサで釣っていいよ
とか出来ないもんでしょうか?もしくはそう言ったエリアがあるとか。

たしかに、これが、投げるたびに入れ食いだと、それはそれで
マニアには面白くないだろうし、難しいさじ加減なのだとは思いますが、
1万円以上もする釣り船や、荒磯ならいざ知らず、釣り堀において
は、もう少しマニア受けばかりではなく、間口の広い場所であってほしいと
思った釣りマニアなのでありました・・・。

最近、ユウチューブのてんてい教えて、にハマってまして、
そのあたりに大きく影響されております。


でも、なんだかんだで、また釣りに行きそうです。

おしまい。








またまた、時間があいて、もうぼちぼち春の気配がする頃に、
また、やまさんのお船で出撃してきました。

なんだか今年は、近年になく、メバルが釣れるそうで、小潮に晴天予報に
一抹の不安を抱きつつも、まあなんとかなるっしょって感じで
出船しました。

P3253775
行き道に、なんだか見慣れない大型船が、、、。
なんでもガンツウとか言う、瀬戸内メインの豪華客船のようです。母船にくっついてる
小舟が海に下ろされていました。これで、宮島に行ったりするんでしょうか?
宿泊料金を見たら、、、、うーん一生乗ることはないでしょう(笑)
P3253777
で、肝心の釣りの方は、一流し目から、入れ食いです。まあ、小型も多いんですが、
時に、20センチ以上が鈴なりに上がってきます。
しかも、水面で、大きなメバル達が、餌を追ってピチャピチャ、ナブラのように
なっています。
P3253782
そんな中、何か大物ヒット!タイかね?といいつつ上がってきたのは、
45センチはゆうにある、アイナメでした。

そんなこんなで、日が昇りきるまでの、数時間は、幸せな時間が流れましたが、
朝マズメが終わった頃から、潮なのか、なんなのか、ぱったりと。
ポイント移動しても、せいぜい一流し目に多少釣れる程度で、たまに掛かってもバレて
しまったりと、魚はいるけど、食いが悪いような状況。
P3253784
てなわけで、昼からは、深場で、クログチを狙ってみましたが、風も強くなり、
潮も瀬戸では早すぎたり、離れたら流れなかったりで、なかなか思うように
行かず、なんだか奇跡的に、オヤジが一匹クログチを釣って、あとは、
カサゴが何匹かで、終了となりました。
P3253785
やはり、長らく行ってなかったので、潮時を考えてポイントを移動するとか、
そう言った勘所を忘れていたようで反省ですが、久しぶりに釣れるメバル釣り
が出来て、美味しいメバルが食べれたので、大満足の釣行でした。

そろそろ何するにもいい時期になってきます。
楽しい釣りが遊びができるといいですが。

おしまい。

さて、もうすでに、2月ですが、やっと今年の初釣りの出来事を・・・。

例年ですと、正月休み中に初釣りに出かけるのが、習わしなのでありますが、
今年はスケジュールと天候が合わず、無理していくほど、フットワークの軽さもなくなり
やっと釣りに行けたのは、1月も半ばに差し掛かった頃でありました。
BlogPaint
タチウオ釣りもなんだか、不調が伝えられる中、タチウオ釣りは諦めて、冬でも
釣れるらしいシャローエリアに行ってみました。なんだかとりあえず、ベイトのイワシは
凄まじくいるようです。
P1143666
とりあえず、適当に釣りを開始、インチクにブレードを付けたようなインチキな
ルアーでやってたやまさんに、初魚がヒットしました。いい型のシーバスです。
その後も、たまにアタリやバラシなどありつつ、、、、、。
P1143667
Nさん、ヒット!ぜんぜん上がってこない重い引きに、もしかして、ブリかな?と
思ってたら、
P1143672
70センチほどのタイが上がってきました。こいつは春から縁起がいいわい。で
あります。まるまる太っててとてもいいタイです。
P1143674
これは明らかにチャンス。僕も頑張ってジグを上げ下げしてたら、ゴゴンっとヒットして
結構周りでバラシが頻発してたんで祈るような弱気なファイトでタイが上がってきました。
P1143676
Nさん絶好調!魚からの反応が帰ってくるときは、すべてがいい感じに回りますので、
漁探の映りも、こんなところに落としたらよく釣れるなみたいなのも、おぼろげながら
見えてくるような気がしてきます。
P1143678
ジグでバラシてばかりの、ジイサン、昔マゴチを釣った思いでからワームで
やっておりましたが、チヌを連発!チヌにはばっちりハマっているようですが、
上のNさんのタイとほぼ同時ヒットで、これでは、ちょっとその釣り方正解では
ないようです。とは言え、下にはすごい数の魚がいるはずで、さらにいい釣り方
は絶対にあるはずです。好き勝手にいろいろやってみる価値はあるでしょう。

たぶん3年もすると、今やってる釣り方は時代遅れで誰もやらないとかなるはずです。
P1143680
Nさんから、釣り方のアドバイスをもらった息子。似たようなジグに替えて、
素直に実践。ほどなくして、悲鳴が(笑)
竿ががっつり曲がっています。時折、のされて、船べりに竿があたることもありましたが
今回は、しっかりと立って釣り上げることが出来ました。
27460046_1006993026107654_8706077601577305998_n
春に釣った、奇跡の62センチを超える、68センチのタイでありました。息子ご満悦、
家に帰って、久しぶりに魚拓をとってみました。デジタルな時代ですが、
たまには、昔ながらの魚拓もいいかもです。
凄まじくいい気になって手がつけられなかったのは、言うまでもありませんが、
撮影が終わるや否や、すぐに釣りをし始めて2匹目を狙っていたあたり、先が
思いやられます(爆)


まだ時刻は、お昼前、このまま粘っていたら、大本命のブリやサワラの時合いなんかも
やってきて、初釣りからどエライ釣果になると思っていたので
ありますが、そよそよと吹いてた風がやんだあたりから、パッタリとアタリがなくなり
ペタペタの海面に、灰色の大きな頭と、プシューという息継ぎの音が頻繁に聞こえて
くるようになってきました。
あちこちに、スナメリがいるようです。
P1143688
広範囲にあるベイト反応のあちらこちらをまわってみましたが、昼からは
全く、アタリもなく、やや尻すぼみな展開で、終了となりましたが、
イケスから魚出したら、なかなかいい感じの初釣りでありました。

ぼちぼち冬眠から覚めて、釣りに行きたいものです。

おしまい。

↑このページのトップヘ