魚心釣心

釣り、淡水魚飼育、その他のブログです。 ホームページの更新が面倒なのでブログにしました。過去記事は 魚心釣心ホームページご覧下さい(見る価値なしですが)

夏の暑さも、佳境に差し掛かる頃、ほぼ半年ぶりくらいにやまさんのお船で
出船してきました。

釣りに行こうと、バッカンを開いたら、春先のメバルの仕掛けが入ってたくらいなので、
もはや、海がどうなってるのか?今年の傾向なんで皆目見当もつかない状態ですが、
オヤジたちは、なんだかちょくちょく行っているみたいで、その実績釣り場に直行。
とにかく、なんでもいいから釣りたいのであります。
39344151_1145587122248243_874950340741431296_n
前に何匹か釣れたというエリアにて、釣り開始。しばらくして、テンヤでやっていた
やまさんが、会心のヒット!!で

39308146_1145587515581537_2666190662268878848_n
サメが上がってきました。早くも怪しい雰囲気・・・。
前に釣った時は、、、っていうのとは、違う向きに潮流れてるし・・・。
それでも、しばらく辛抱してやってると、
37379715_1145587395581549_6169324713697869824_n
なんだか、流行りつつある?ジグでやってみましたが、幸先よく、一匹目のタイが
僕に釣れてきました!結構デカイ。ジグで底付近を上げ下げするような動きで
食ってきました。
39182366_1145587352248220_8367914877632643072_n
潮がまともに流れ出したら、タイラバにもアタリ初めて、早々に全員安打と
いい感じです。
39196792_1145587272248228_789154357504376832_n
テンヤでもヒット!今度は、サメではなくて、ちゃんとタイでした。
タイラバ、テンヤ、ジグと思い思いの釣り方でやってますが、どれもぼちぼち
アタリがあります。
39302059_1145587308914891_1185933069920501760_n
こんなときに、変なことしすぎて、たいていボーズになるオヤジですが、
今日は好調に釣っていきます。
39207107_1145587168914905_2897936420272340992_n
それでも、なんだか、ジグで釣りたいらしく、タイジグとか書かれたルアーを
多用してましたが、ついにヒット!で、このアクションがやっぱり良かったとか
なんとか言いながら上がってきたのは、やっぱりタイではなく、、、(笑)
39216045_1145587222248233_4551463803774042112_n
同じ外道でも、こちらは、嬉しいホウボウちゃん。
見た目もキレイだし、上品な白身は、美味しいです。ジグでも一匹釣れました。

それから帰り道に、鳥の下でジギングして、ひさびさに
青物(ヤズ)も釣れました。やまさんにかかったのは、たぶん、ハマチか
小ブリサイズだったと思うけど、、、、。
39210726_1145587085581580_8805726062622277632_n
そろそろ姿が見えるかな?ってころに、ポロっと針ハズレで、、、。

そんなこんなで、タイが10枚ちょっと、ヤズ3、ホウボウ2といったところでした。

タイ船中10枚は、僕の中で大きな目標でしたが、僕が釣り行ってないうちに、普通に
達成される事柄になったようでした。コツは、魚から反応がある場所でちょっと粘って釣る
ってことでしょうか?
39227100_1145587032248252_3815707803998224384_n
ジグを今回使ってみましたが、やはり釣果だけを言えば、この日に関しては
タイラバを一日巻き続けたほうがはるかに、アタリも、釣果もいい感じのようでした。
フックセッティングや、重さ、アクションなど要研究です。

少しサイズは選べるのかな?とも思いましたが、ことタイ釣りに関して、来ればデカイって
のは、デメリットとも考えられるわけで(爆)

そんなわけで、暑さも峠を超えたのかな?これからいいシーズンを
迎えます。収穫の秋を取りこぼさないように、
釣りに行きたいところです。

おしまい。

前回、春の雨の降る中、シイタケの菌駒を打った
原木のその後です。

梅雨明けまでそのまま薪積みにしてまいした。


36889522_1105230389617250_5467875508228194304_n

木口に白い菌糸がたくさん見えています。これは、ネットや本に書いてある
シイタケの菌糸ぽいので、いい感じなのではないでしょうか??(喜)

36928135_1105230489617240_2116574924444270592_n
しかし、檜の枝の笠木をどけてみると、真ん中あたりは、じっとりと湿っていて
(大雨のあとだったし)ゴムタケが、たくさん生えています。
ガーン大失敗でしょうか???
36875873_1105230542950568_8187028988477046784_n
とりあえず、林内に展開して、ヨロイ伏せにて、本伏せをしてみました。
そして、急いでシイタケ、ゴムタケと検索、

ほだ木の多湿が原因で、梅雨時に多い。ってまさにそのとおりです。
ゴムタケが生えてきたら、本伏せの時期とも。
36903046_1105230572950565_4850321793031864320_n
が、一方で、ゴムタケが生えたら、ほだ木は、順調とも書いてあり、
あながち悪くもないのかもしれません。しばらくしたら、木も乾燥してきて
ゴムタケは、カラカラにちっちゃくなっていました。
36857647_1105230432950579_317699005763026944_n
それから、前に雨の日に行ってみて思ったのですが、立木(檜)の幹付近は、
雨があまり当たらず、木と木の間を雨粒が落ちているようで、実際、
今まで、幹と幹の間に棒を渡して、そこにほだ木を立てかけてたのですが、
なんとなく、幹の近くは、発生が悪いような気がしてて、
さらに、幹に結んだヒモが始めはゆるく結んだつもりでも、すぐ忘れてて、
幹に食い込んだりといったことが、多発して、檜の成長にもよくないだろう
ということで、、、。
単管パイプでほだ木の台を作ってみました。これならまんべんなく、雨が当たり
やすくなったかな??

と、まあ、ほぼ自分のための備忘録的更新でした。

おしまい。

仕事にちょっと余裕が出来たある日(暇とは言わない(笑)
久しぶりに、なんの情報もないけど、島にジグ持ってパトロールに出かけたの
でありますが、長いブランクに、潮時も読み違えており、はるか沖で
モヤモヤと沸くしょぼいナブラを見たくらいで、たいして収穫なく、
帰路についたのでしたが、帰りがけに、ちょっと盛り上がるナブラを発見、
ただ、その日は、門限が迫っていたため、泣く泣く撤収したのでありました。

翌日、そのことを皆に話つつも、一生懸命に仕事をしていたのでありますが、
誰から言い出すでもなく、午後3時には、すっかり現場は片付いていたので
ありました。

というわけで、久しぶりの弾丸釣行です。
昨日の釣り場に降り立つと、しばらくは、何もなく、やってしまったかと
思いましたが、カレントが強くなってくると、程なくして、あちらこちらで、
単発の水しぶきが上がり始めました。とは言え、はるかに射程距離外で、
虚しいフルキャストを続けていたのでありますが、

夕暮れも近づくころ、幸運にも、ナブラも近づいてきて、射程距離内にも
チラホラ水しぶきが上がり始めると、

34536754_1074886645984958_6533854762956226560_n
ヒットし始めました!初めは、大きな水しぶきに、もう少しまともなサイズを
期待してたのでですが、釣れてくるのは、ヤズであります。
でも太ってて結構引くし、楽しい!

ナブラが近寄れば、ダブルヒットに、トリプルヒット!

34633224_1074886612651628_8639386763841765376_n
さらには、一人ダブルヒットも。
こんなチャンスは滅多にないと、雨の中、アホな三人は釣りまくり、
34605886_1074886672651622_7045163919396044800_n
小一時間の時合いで、20匹を釣り上げました。
腹の中には、7~10センチくらいのイワシがパンパンに入っており、
ルアーに食いがいいのもうなずける状態でした。
なんだか、今年は、全体的にヤズが多いそうなので、
また、暇を見つけては、行ってしまいそうです。

めでたし、めでたし。


前回行って、なんだかんだ言いながらも面白かったので、またしても
管理釣り場に行ってしまいました。せっかくスプーンとかも買ったしね。

今回は、フィッシングレイク高宮に。

31189697_1051371771669779_6757258719513280512_n
息子は、学校行事の振休でなんで、この日は平日なんですが、こんな山奥に
結構な人です。チケットを買って、ちょっと周りを歩いてみましたが、
湖は広いのですが、大半の湖岸は、森でして、意外と釣りできるところは
すくないのであります。
皆さん等間隔でされているので、入って入れない隙間では
ないものの、なんだか、管釣2回目の素人としては、
持ち前のメンタルの弱さもあって入りづらい(笑)そんなわけで、
31183568_1051371645003125_6095861325324353536_n
初めは岸から釣って飽きたらボートと考えていましたが、いきなりボート券購入です。
僕としても初の手漕ぎボートでの釣り。まずはボートを漕ぐのでいっぱいいっぱいです。
朝のうちは、放流とか餌やりとかの影響か、スタート地点付近の釣り人の竿が
頻繁に曲がっているので、その近くでアンカーリングしたのですが、なかなか船が
あちこち流れて、釣りに集中出来ません。

しかも、特に息子は、ボートからの目線の低さが災いして、ルアーが遠くに飛ばないし、
魚が見えないので、面白くない!とか言い出す始末。
なんとか一匹釣って、この状況を打開したい父親も、岸釣りの人が2投に一匹くらいの
ペースで釣り上げてるハニースポットに船から投げているにも関わらず、
まったく釣れず、大ピンチ(泣)

31224222_1051371678336455_8922251183947513856_n
ルアーを取っ替えひっかえした挙句、裏技と書かれた、鉄板のような
ルアーでなんとか釣れました。とりあえず一匹釣れたところで、
ボートでしか行けない奥地に行ってみることにしました。
ここでは、息子にも何度かアタリがあり、移動中に、手漕ぎボートでトローリング
をすると言う本人考案の釣り方で、30センチくらいのニジマスを釣り上げて、
ご満悦でありました。
P4233860
父親もやっと落ち着きを取り戻して、前回良かった、メタルジグのスロージギング
みたいな釣り方で、ロックトラウトかな?面目躍如のキッカーフィッシュを釣ることが
出来ました。この魚、すごく美味しかった。ほぼ魚屋で売ってるサーモンでした。
31164155_1051371745003115_6036142528082739200_n
前の日興奮してあまり寝てないのか、すごい格好で寝てしまってました。
昼頃から、あまり回りも釣れなくなっていましたが、誰もやってないような
小さなワンドの奥に突っ込んだりしつつ、なんだかんだで、楽しく釣れました。

昔は、釣り方はほぼ固定で、ひたすら歩き回ったり、移動を繰り返して
釣れる魚を探すみたいなスタンスの釣りが多かったですが、
昨今は、年と共にフットワークも重くなり、いま目の前にいる釣れづらい
魚をどう釣るかといった局面が、その日の釣果を左右することが多く
なってきました。そんな中にあって、管釣は、その部分に特化していて
たいへん興味深いです。

なんてカッコつけながら(笑)、またしばらく釣り堀に通うことに
なりそうな予感です。

おしまい。

春爛漫、いい時期になってきました。
仕事の合間に、春休みを持て余してる息子とどっか行こうと
いう話になり、どこ行きたいか、散々悩んだ挙句、釣り堀に行きたいとの
ことで、庄原にあるとある管理釣り場に行ってみたお話です。

29792109_1042243695915920_5871634066486329344_n
管理釣り場・・・。かつて20年くらい前に、一度行って、まさかのボーズで、
二度と行かないと心に誓った管理釣り場。当時の独りよがりな釣りの反省もあり、
まずは、電話でリサーチ。いろいろ注意事項を伺ったあと、小学生も行くんですけど、
釣れるもんですか?と聞いてみると、一瞬の沈黙のあと、・・・そこは頑張ってもらうしか
ないですね。と。
やっぱり、ボーズも余裕でありえる危険な釣りなんだなと
再確認しつつ、近所の釣具屋で、勧められるままに、オススメルアーとやらを
買って、現地に乗り込みました。
30221363_1042243512582605_7729405780775927808_n
桜も咲いて、いい天気、景色もいいし、最高です!息子も大喜びで釣っています。
ただ、予想どうりといいますか、案の定、魚は釣れません。フライフィッシングというか
うき釣り?みたいなのには、ボチボチ釣れていますが、ルアーの人には、あまり釣れない
ようです。
これは、どうやら、スプーンの微妙な違いや、1秒間にリール何回転といった問題では
なさそうです。

ただ、足元を大きなイトウが泳いでいたり、たまに、目立つ
アルビノニジマスが遠くからルアーめがけてブッ飛んできて、食いそうになったり
など、視覚的には、それなりに刺激があるので、全く退屈という訳ではないのですが。

29793588_1042243619249261_3743478415563423744_n
なぜか誰も釣りしてない、ビギナー用と書かれたエリアでは、ちょっとだけ頻繁に魚がルアーに
反応してきます。いろいろ試しているうちに、なんとなくわかってきました。
こいつら、着水音に反応している。
そのうち、餌やりタイムなるものがあって、完全に腑に落ちました。
彼らは、上から撒かれるペレットを食べているんだと。

そこからは、それをふまえた釣り方にして、(詳しく書けませんけど(恥ずかしくて(爆))
なんとか全員安打、息子も自力でニジマスを釣り上げ、ほっと胸をなでおろしました。

P4033806
その日は、近くの温泉に宿泊。安くて、広くて、美味しくていい宿です。

しかし、息子も釣り足りないらしく、管理棟の人によると、朝一は、やはり食いが
いいそうで、7時の開園すぐから釣るのがオススメとのことだったので、翌日も
管釣に行くことに。
P4043812
しかーし、宿の朝ごはんが、7時からなのであります。ややフライング気味に
レストランに駆け込んで、大急ぎでかき込んで出発しました。

小走りに釣り場に向かいましたが、・・・昨日にもまして、釣れないんですけど(笑)
昨日は、管釣の作法に従って、レンタルタックルでやってましたが、
昨日の感じからしてスプーンを水面に叩きつけたり、スキッピングさせたり、
竿下で、ピチャピチャさせたり(爆)
する必要があるので、今日は、いつも川でヤマメ釣りに使ってる、ガチな竿に
変更しました。断然使いやすいです。
P4043813
池の真ん中辺をメタルジグで釣っていたら、ゴーンとヒット。竿は曲がってないけど、
これ、ファイト中です。しかも結構引いてます。
29792001_1042243665915923_7527359060199342080_n
40センチのニジマス、その後、ブラウントラウトも釣れました。
頼みの、ビギナーエリアも、魚が見えるのは、午後にある餌やりの時間だけで、
朝のうちは、まったくのストイックエリアでした(泣)

P4043818
と、まあ、こんな具合で、釣れないといいつつも、なんとか釣れて、マニアな
大人は、それなりに楽しいのではないかと思ったのではありますが、
春休みだったこともあり、池には、結構子供の姿がありました。
この日は、昼の時間を除いて、ほぼ一日中ここにいたわけですが、息子は
結局自力で魚を釣ることは出来ませんでした。

他の子供たちも、楽しめたのかな?中には、おじいちゃんおばちゃんに連れられて
来てて、一人でレンタルタックルで釣ってる男前な女の子も。
この子たちが折角やってきたのに、冴えない思いをして帰るのではないかと思って、
見ていて、非常にやるせない気がしました。
子供には、ルアーで釣れなかったら、例えば5匹までは、のべ竿でエサで釣っていいよ
とか出来ないもんでしょうか?もしくはそう言ったエリアがあるとか。

たしかに、これが、投げるたびに入れ食いだと、それはそれで
マニアには面白くないだろうし、難しいさじ加減なのだとは思いますが、
1万円以上もする釣り船や、荒磯ならいざ知らず、釣り堀において
は、もう少しマニア受けばかりではなく、間口の広い場所であってほしいと
思った釣りマニアなのでありました・・・。

最近、ユウチューブのてんてい教えて、にハマってまして、
そのあたりに大きく影響されております。


でも、なんだかんだで、また釣りに行きそうです。

おしまい。








↑このページのトップヘ