2018年12月05日

当院では来てくださった方にポイントカードをお渡ししています

ポイントが貯まると特典があるというヤツで、多分あなたもどこかのカードを何枚か持っているのではないでしょうか?

で、私も自分用に当院のカードを1枚持ってます

自分のところのポイントカード持っててどうするんだ?と思っちゃいましたか?

実は私専用のカードは皆様にお配りしているカードとはポイントのつき方と還元のされ方が違います

たとえば日々の生活の中で「ムカついた」「頭にきた」「理不尽だと思った」など気分を害することがあったとします

特に自分に非がないか、少なくとも相手の非の方がはるかに大きいとしか思えない場合に、私は確実にキレそうになります
(20〜30歳代くらいまでは実際にキレたことが何度もあります)

しかし、キレたからって物事が自分の思い通りになるとは限りませんよね?

かえって問題が大きくなったりして、場合によっては修復できないほど人間関係をこじらせるかもしれません

また、その場はなんとなく周りが気を使って収まるかもしれませんが、結局は自分の評判を落とすことになってしまうことも多い気がします

いずれにせよプラスになることはほとんどないかと…

で、私はそんな場面で感情的にならずに理性的な対応が出来たとき、自分専用のポイントカードに1ポイント加えています

そしてそのポイントが20個貯まったら自分に「よく耐えた」とご褒美を上げることにしています

嫌なことがあるたびにポイントが貯まることによって、その嫌なことがご褒美につながるわけですね

こうして私は怒りを鎮め、なおかつストレスを溜めないようにしています

ご褒美は何でもいいのですが、自分の怒りを抑えられるくらい嬉しいことにするのがコツです

もし「それいい考えだな」と少しでも思ってもらえたならどうでしょう?

さっそく今持ってる手帳でもなんでもいいので即席ポイントカードを作ってみてはいかがしょうか?

無駄な諍いにエネルギーを使わなくて済むかもしれませんよ

ちなみに私が自分にあげるご褒美は…

内緒 ( ´艸`)ムププ

IMG_1140

IMG_1141

ポチっとしてね

にほんブログ村

クリックで救える命がある。





いつもありがとうございます!



快福やホームページはこちらです

ionseitaikaifukuya at 13:05コメント(0)

2018年11月19日

我々の仕事は(サービス業は、と言ってもいいかもしれません)大雑把に言うと「人の期待に応えるのが仕事」だと考えます

基本的に物を売るわけではないので(副業的に物販もすることはありますが…)お客様の手元には何も残りません

なので、お客様がお帰りの際に「来てよかった」「また来たい」と思ってもらえるかどうかが肝になります

もちろん私もそう思ってもらえるように、日々努力しているという自負はあります

ただし、そこは人対人、特に初回の来院については一発勝負のきびしい世界でもありますので、100%の方に十分満足いただくということはなかなか難しいのも事実です

前回の記事ではネットの口コミで80%以上の方にいい評価をもらったことを自慢しましたが、115人の書き込みの中(前回記事より少し増えてます!)で5点満点で1点台という最低の評価をした方が1名いらっしゃいました

この評価を目にしたときは正直ショックでした

ただこのときのショックは単純に「低い評価をもらってしまった」ということにあるのではありません
(ま、それもまったく無かったとは言い切れませんが…どんなに不本意な評価でも、そう感じた人が現実にいたということは真摯に受け止めなければいけないことだと思っております)

ではなぜ私はこの評価を目にしたときにショックを受けたのか?

かなり恥ずかしいことではありますが正直に告白します

実は私、この方が来院したときは、問診・施術・施術中および施術後の会話・お見送りに至るまでの過程において、この方の不満に一切気づいていなかったのです

なぜなら私はこの方との会話は終始とても弾んでいたと思っていたからです

仕事のこと、家族のこと、ペットのことなど、お体のこととは直接関係ないプライベートなことについても、初対面にもかかわらずこの方は色々なことを好意的に(と思ってたわけですが)お話してくださいました

それ故、私は割と高い方の満足を得られていたと手応えまで感じていたのです

自己採点では高得点、余裕で合格と思っていたら、まさかの赤点、不合格だったわけです

ここで一番の問題はこのとき私は「完全に自己満足の世界に入ってしまっていた」ということでしょう

「人の期待に応えるのが仕事」であるにもかかわらず、ベクトルが自分の方にしか向いていなかった

「会話が弾んでいる」=「満足している」としか思っていなかった

相手がその場で不満の意思表示を言葉でも態度でも示さなかったことをいいことに、自分だけが満足していたというのはこの仕事にあっては本当に恥ずかしく思わなければならないことです

愛想笑いをウケてると勘違いしてオヤジギャグを連発する酔っぱらい並に恥ずかしく、プロの仕事としては本当にあってはならないことだと思います

で、あえて私はこの場でその恥をさらすことで、二度とこのような恥ずかしい思いをしないよう自分を戒めたいと思いこの記事を書いた次第です

もう二度とこんなことにならないよう、これからは細心の注意をはらい、来院した方の心の動きにセンサーを働かせたいと思います

駄文長文にお付き合いいただきありがとうございました

187

クリックで救える命がある。

にほんブログ村





いつもありがとうございます!



快福やホームページはこちらです


ionseitaikaifukuya at 11:18コメント(0)

2018年10月03日

その内、七つの項目を5段階で評価してオール5をつけてくれた方が27人で全体の24.77%(*゚▽゚*)
総合評価で4点以上5点未満の方が61人で全体の55.96%、両方合わせると80.73%の方が高い評価を下さってますヽ(・∀・)ノ
ハッキリ言って自慢です!!

ただ、3点台(普通かまあまあ、と解釈してます)が19人で全体の17.43%
2点台、1点台の辛口評価も1人づついらっしゃるのも事実です(´・ω・`)

この結果に自信を持ちつつ、それでも「まだ伸びしろがある」と考えを引き締めて、今後も精進してまいります!

口コミの詳細はこちらをご覧下さいませ

https://mitsuraku.jp/salon/48152/review/

クリックで救える命がある。


にほんブログ村





いつもありがとうございます!



快福やホームページはこちらです


ionseitaikaifukuya at 10:57コメント(2)

2018年01月13日

本当に今更ながらですが、明けましておめでとうございます

おかげさまで「快福や」は昨年末に10周年を迎え、その後も鏡開きが終わる頃まで忙しい年末年始を過ごさせていただき、年始の挨拶が今日になってしまいまいした

昨日あたりからようやく予約状況も落ち着いてまいりましたので、年末年始に予約が取れなかった方々におかれましては、この場においてお詫びを申し上げるとともに、あらためてご予約の申し込みをいただければと思います

本年もよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

shinnen_aisatsu_man

クリックで救える命がある。


にほんブログ村





いつもありがとうございます!



快福やホームページはこちらです

ionseitaikaifukuya at 10:30コメント(0)

2017年12月28日

快福やの年末年始の営業は下記のとおりです

年末 … 12/30(土)まで

年始 … 1/2(火)から(火曜日ですが営業します)

それでは、よいお年をお迎えくださいませ

クリックで救える命がある。


にほんブログ村





いつもありがとうございます!



快福やホームページはこちらです



ionseitaikaifukuya at 10:13コメント(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!
カテゴリ別アーカイブ