エセバリュー投資日記

〜あきらめの楽園へ〜

B級

毒ドリンクシリーズ パート31

久しぶりに毒ドリンクをゲットできたと思って飲んでみたら思いのほか美味しくて全くネタにならずに落胆した今日このごろいかがお過ごしですか?

せっかく書く気になったので冷蔵庫の奥底に眠っていた、いつ買ったのか記憶になく瓶の底に謎の塊が沈殿している危険な毒ドリンクをしかたなく飲むことにしました。


あま酒サイダー
IMG_20170305_163333



毒ドリンクのジャンルとしては「混ぜるな危険」系です。この系は「1+1=−500」になる恐るべき力を持っています。直近のドリンクでは毒ドリンクシリーズ パート16「紅茶サイダー」などがあります。

焼酎のサイダー割があるのに日本酒のサイダー割がない段階でお察しという感じなのですが、さて試飲。







薄い甘酒の炭酸水



もう完全に想像通りの味でした。甘酒はすこし薄めでサイダーに合いやすいようにしたのだと思いますが、基本的に日本酒系にサイダーが合わない。

キャップを開けた瞬間に漂ってくる甘酒の香りのあとに冷たい甘酒が口の中に広がり、「あ〜」というもうなんだかよくわからない気持ちになったところに、炭酸がシュワっときて脱力感が広がります。

不味いかまずくないかと言われればあんまり美味しくないという感じですが、もう一回は飲みたくないですね。

ちなみに嫁は「うん、不味い」とおっしゃっておりました。






毒ドリンクシリーズ パート30

1号ファンドのVIXをすべて売り払ったらいきなりダウが下がりだした今日この頃いかがお過ごしですか?日頃の行いがこんなにも良いはずなのにひどい仕打ちです。

さて、たまたま入ったスーパーの食品売り場にワゴンセールがあったので覗いてみたところ、怪しげなドリンクを発見。

Saper BIO avena oat drink
IMG_20160904_205434 (1)


ちなみに30%オフで60円でした。
イタリアからの輸入品。手に取るまでドリンクかどうか自信がなかったのですが、やる気のない日本語訳ラベルに「有機清涼飲料水」と書いてありましたので、どうやら飲み物でした。

原材料は有機オーツ麦・有機食用ひまわり油・食塩 以上

この原材料を見る限り清涼飲料水としてふさわしい材料が全くないことに一抹の不安を覚えます。だいたいイタリアだったらオリーブオイルとか使わないのか、なぜひまわりなんだ・・・

有機栽培というところに力を入れているのか、清涼飲料水の前にも材料の前にも「有機」をつけています。体にはいいのかもしれません。

グラスに注いでみると謎の浮遊物がたくさん浮かんでおり、日本では確実に絶賛発売中止になるレベル。

それでは試飲













シリアルをドリンクにした感じ


シリアルをドロドロにして薄めたらこんな味になるかもしれません。そんなに不味くもないが、決してうまくもない。これ1本全部飲めと言われれば「お断りします」と言える。

以前試したキッコーマンの「飲むシリアル〜フルーツグラノーラ風味〜」に味は近いが、余計なものが入っていない分スッキリというか味が薄い。

塩が入っているはずなのにほんのり甘く、ひまわり油はどこにいったのかわからない。


嫁に飲ませてみると

「ペッペッ、なにこれドブの味がする!」

と言われたのですが、私はドブの水を飲んだことがないのでわかりません。
これを飲むイタリア人の気持ちがわからなかったそうです。
私もわかりません。


毒ドリンクシリーズ パート29

相変わらず地獄のようなパフォーマンスが続いている今日この頃いかがお過ごしでしょうか?株のネタが全くないので久しぶりに毒ドリンクネタでも。

ナノ水素水 キヨラビ
IMG_20160611_094642


近くで入手できる毒ドリンクもなくなってきましたので、今話題の水素水にチャレンジしてみました。ナノで水素でもうなんだかよくわからないのですが、からだがきれいになるのでしょうか?

水素水の効果があったとかいうサイトを読んでいると、

「飲んだ後に効果をすぐに実感して、30分もたたないうちに、2日間便秘だったのが直ぐに排便されておなかがすっきりした」

などと、書いてありましたが、







それはただの水分不足
やったんとちゃうんか!








とか思わなくもないのですが、信じる者は救われるというやつなのかもしれません。他にも読んでいると、シミ、シワ、脳梗塞、ガンに繋がる活性酸素を水素水が無害化するとか書いてあり、段々頭が痛く・・・

信じている人にとっては万能の水なんですが、実際この手の商品を色々と眺めていますと、いかに水素を閉じ込めているか、などは色々書いているんですが、効能については一切スルー!とりあえず、ブームに乗っとけという意気込みを感じますね。

私は文系バカなんで効能があるかどうかなんてわかりませんが、こういう姿勢を見てもうさん臭さがうかがえます。来年には水素水とか言ってる人なんていなくなるんではないでしょうか・・・

さて試飲してみましょう







水の味





まあ、水でした。当然ながら、なにが水素なのかはわかりません。
これを飲んで少しでも頭がよくなって、投資の成績が良くなることを祈るばかりです。


毒ドリンクシリーズ パート28

もはやパフォーマンスを書く以外株ネタがまったく無いブログと化してしまった今日このごろいかがお過ごしでしょうか?もちろん、株の方も目をギラギラ輝かせながら株価のチェックしていますが、勉強は全くしておりません。ただのギャンブラー・・・

さて、今日は長らく冷蔵庫の奥に眠っていた一品をご紹介します。あまりに昔過ぎてどこで買ったのか全く記憶にありません。

王老吉
P1030972

中国系のみためちょっとヤバめな一品です。

王老吉となんだか偉いような、長生きできそうな、ハッピーになりそうな、そんな都合のいいところを集めたような名前ですが、材料を見る限り少なくともハッピーになれそうな気はしませんでした。

原材料
「砂糖・仙草・菊花・スイカズラ・インドソケイ・夏枯草・甘草」

中身を見てもヤバイのが見て取れます。ちなみに、スイカズラ・インドソケイと見慣れない材料がありましたが、どれも草の一種でした。ていうか、草はやめなさい。

中国系、東南アジア系で言えるのは明らかに不味くなる材料を無理やり砂糖で甘くして飲めるようにするという手法を使うことです。漢方に使われる材料らしいのですが、いくら体によくても、そんなけ砂糖をぶちこんだら糖尿になるやろ・・・

さて試飲




あま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!


ただひたすら甘い。味は菊花っぽいかな・・・という感じですが美味しくはありません。変な味の砂糖汁です。なんで東南アジア系はこんなんばっかりなんだろう・・・

嫁に飲ませてみると「何か入ってる・・・何か入ってるんやけど何かわからへん。ただ、砂糖の塊みたいな味やな・・・」

そんな感じです。不味いです。



毒ドリンクシリーズ パート27

最近は無気力を極めつつあり、今年に入りやり遂げたことといえば「水滸伝 天命の誓い」をクリアしたこと以外はなにもやっていないという今日このごろいかがお過ごしでしょうか?

先日、オフ会に参加した際に、参加者の方から毒ドリンクを頂きました。しばらく寝かしておりましたが、段々毒ドリンクのストックが増えて冷蔵庫の片隅を占領して嫁の目が厳しくなってまいりましたので、そろそろ少しずつ飲んでいこうかと・・・(kzkさんありがとうございます


激辛サイダー
P1030971


その名の通り辛いサイダー。唐辛子と生姜が入っているのでようはジンジャーエールみたいなものだと思われます。

説明文に
「唐辛子エキスが入っています。お子様や刺激の弱い方の飲用は
 お避けはったほうがよろしおすえ〜」

どうやら京都産かららしいのですが、
突然最後に京都弁になり「〜」でイラッとくるのは私の了見が狭いからでしょうか?

さて試飲




まあまあ辛い


激辛という割には、辛さが苦手な私でもなんとか飲めるレベル。
息子と嫁に至ってはむしろ「美味い」との評価。

激辛と名乗るにはもう少しパワーがほしいところ。
ちなみに、息子がゲップした際に辛さが鼻に来て悶絶していました。
やはりそこそこ辛いらしい・・・


毒ドリンクシリーズ パート26

最近は投資のことも全然勉強せず、株ネタも全然ないのでブログが放置気味なのと、ツイッター界隈ではいつの間にか株芸人扱いされているなどまったくもって不本意な状況になっており、ここはひとつ、バリュー投資家としての存在感をアピールせねばと決意を新たにした今日この頃いかがお過ごしですか?

というわけで、久々の更新は毒ドリンクシリーズです。
(投資のことは忘れてください)

碁石茶
P_20151016_223138



いつどこで買ったのか全く記憶に無いまま冷蔵庫の奥に鎮座し続けていた碁石茶。放置すればするほど飲みたくなくなる毒ドリンクの定めですね。説明書きを見ると高知県の大豊町という町で作られている希少なお茶らしいのですが、高知県に関わった記憶まるでなし。

キャッチフレーズとして「大豊生まれのスッキリドリンク」とありますが、どうも原材料の写真を見る限りスッキリ感はゼロ。
P_20151016_223155


この黒っぽい塊が碁石に見えるかところから名前の由来が有るのだと思いますが、どうも碁石と飲み物とがリンクしないので名前としてはどうなんだろうか・・・

原材料名には「碁石茶」としか書いておらず一体どういうお茶なのかさっぱり分からない。説明書きに「このお茶にはからだが喜ぶすっぱさがあります。」と書かれている点に一抹の不安を感じます。

それでは試飲









ちょっと酸っぱいお茶

そんなに不味くはないんですが、もちろん美味しくもない。味もそんなに有るわけではなく、うす〜いお茶でやや酸味のある味。発酵茶と書かれているので酸っぱさがあるのかもしれません。

まあ、もう一度飲むかと言われたら飲みませんが・・・本当はゲロゲロ吐きたくなるような毒ドリンクに挑戦したいのですが、リハビリ戦なのでこれぐらいにしときます。(逃げ腰


毒ドリンクシリーズ パート25

近くのスーパーで見つけた久々の国産毒ドリンクです。

飲むシリアル〜フルーツグラノーラ風味〜
P_20150429_160958 (1)


今流行のフルーツグラノーラに乗っかってみましたというミエミエの商品。やるな、キッコーマン。

毒ドリンクジャンルでいうところの「それわざわざ飲み物にしなくてもいいんじゃない?」系です。

表面にはパイナップルなどのイラストが書かれているものの、その下にはフルーツグラノーラと謳いながら「大豆・大麦・玄米・コーン・白ゴマ」と書かれてあり、若干不安を覚えるところです。多分、キッコーマンの得意分野だからなのかもしれません。果たしてこの材料を配合してフルグラになるのでしょうか?

それでは試飲








ココナッツ味の豆乳




おっと、意外な材料が出てまいりましたが、間違いなくこの味はココナッツ。その後に、豆乳の味がまったりとやってきます。そしてなによりも甘ったるい。

フルグラといえば、ドライフルーツだとかそういうイメージが有るんですがフルーツ感全く無し。ひたすらココナッツ、ココナッツ、ココナッツ、豆乳。

まあ、飲めなくはないのですが、あんまりゴクゴクと飲み干したくはない感じですね。

嫁に飲ませてみると
「なんか、ハワイかグアムにありそうな飲み物やな」
とのこと。

だいたいそんな感じだと思います。


毒ドリンクシリーズ パート24

いつもの成城石井で見つけました。成城石井は毒ドリンク率が高いんですが、ハイスペックな生活をしている人たちは毒ドリンクが好きなんでしょうか?謎は深まるばかりです。

ハーブ飲料 セロリ
P_20150404_194306



私が嫌いな野菜がいくつか有るのですが、そのうちの一つが「セロリ」です。あの独特の匂いと味・・・そして圧倒的な存在感。あのカレーに入れてもセロリ一人勝ちになるというセロリ。

本来脇役であるにもかかわらず、あの自己主張の激しい存在をメインに持ってきました。その力をいかんなく発揮できるかどうか。

原材料は、砂糖・レモン果汁・セロリ・野菜ペーストとあります。このラインナップから想像するに、セロリの破壊力を甘さとレモンで叩き潰そうという意図を感じられます。

ちなみに原産国は「イタリア」でした。うん、若干不安だね。

ビジュアル的には薄黄緑でセロリ感がでていていますね。果汁は10%と控えめ。100%じゃなくて良かったです。

さて試飲



薄いトマト・セロリジュース




意外な素材がでてきましたが、味的に一番強かったのは「トマト」でした。その次は主役のセロリ。レモンはどこいった・・・

総合的にはトマト主体の野菜ジュースという感じですが、セロリの味も思いっきりします。
蓋を開けるとフワッとセロリの香りが漂い、「ああ、ゴメンナサイ・・・」という気分になります。

そして口に含み、薄いトマト味を乗り越えると、セロリ独特の味と香りが口いっぱいに広がり、表情が険しくなります。そして最後になぜか苦味が訪れます。

ぶっちゃけ不味いです。

野菜ペースト、レモン、セロリが織りなす複雑なハーモニーが表現しがたい独特な味を生み出し、何度口にしても、この味をどう正確に表現したら良いかわかりません。

家族に飲ませてみると
嫁・・・不味い
長男・・・普通
長女・・・不味い

と分かれました。
みなさんもお試しあれ・・・

毒ドリンクシリーズ パート23

冷蔵庫にある毒ドリンクのストックが無くなりましたので、成城石井で発見しました。

リアル・ココナツウォーター(果肉入り)
P1030502


ココナッツミルクというのはよく聞くのですが、ココナッツウォーターというのは初めて聞きました。
「リアル」と強調するところに商品が本物志向であるという意気込みを感じさせます。リアルじゃないココナッツというのも聞いたことがないので、それがどれほど意味があるのかはわかりませんが・・・

ラベルに「TASTE NIRVANA」と書いてありますが、意味がよくわかりませんでした。「NIRVANA」を調べてみると色々意味があるみたいですが、サンスクリット語で「涅槃」という意味があるそうで不安増大。ココナッツの可能性に無限の広がりを感じます。ちなみに原産国は「タイ」なるほど・・・

裏面の説明、成分は日本語で書いてありとっても安心ですね。たまに読まなきゃよかったってこともあるのですがご愛嬌。
P1030505

私が信用しないものの一つに「ポップ体」があります。柔らかい雰囲気を出して「怪しくないよ〜」と人を油断させるのですが、それは裏に潜んだ危険を隠すカモフラージュであることが多いからです。みなさんも、普段POP体を見つけた時は警戒してください。

そんな危険な書体の説明書きに「よく冷やすと一層おいしく召し上がれます」と書いてあります。毒ドリンクがその程度の小細工で美味しくなったためしなし。

成分は「ココナツウォーター・ココナッツ果実」という潔い成分。その潔さが凶と出るか吉と出るか・・・・いざ試飲!


ココナッツ味のため池の味



まず匂いを嗅いだ感想としては「濡れたトイレの雑巾」というのが一番近い感じでしょうか。
メジャーなココナッツと思って油断していたので、いい意味で出鼻をくじかれました。
この段階でかなり飲みたくない。

覗き込んでみると白っぽいゴミのようなものがたくさん浮かんでいますが、これがココナッツ果実らしい。さらに食欲減退。

それを乗り越えて飲んでみると薄っすら甘いココナッツの味がするのですが、薄いので不味い。
薄いから不味いというのは語弊があり、濃くても不味いと思うのですが、なんとなくトロ味のある薄いココナッツの味が、匂い・ビジュアルからくる心理的影響を経てため池っぽい味に生まれ変わるという感じです。(よくわからない

まあ、ぶっちゃけ不味いです。

完飲はかなりキツイ。口いっぱいに流しこむのにかなり抵抗を感じリタイア。
東南アジア系なんだからおもいっきり砂糖をぶち込んだほうがまだ飲めるんじゃないだろうか?
奥方子供は寝てしまったので、あす勧めてみることにします。





毒ドリンクシリーズ パート22

奥方が冷蔵庫を開けた瞬間のたまった

「あ、これはあかんやつやろう」

ドリアンサイダー
P1030182


ペッパーフードの優待を消化するためにイオンモールへ行ったときでした。エレベーターを昇っているとヴィレッジヴァンガードがあるじゃないですか。

店舗の全面には流行の妖怪ウォッチやアナと雪の女王などのグッズが並んでおり、およそヴィレヴァンらしからぬ雰囲気で、これはヤツも本気を出してきたなと食事の後に寄る事にしました。

店に寄って見ると、店舗前面は売れ筋グッズで占めてましたが、奥に入ればやはりいつものヴィレヴァンでちょっと安心。(業績的には不安)

とりあえず、毒ドリンクでもチェックして帰るかと思い、ドリンクコーナーへいくと上記のブツが!!!
ここのヴィレヴァンはなかなか毒ドリンクが充実。

買ったもののさすがに、あんまり手を付けたくないなと1ヶ月以上寝かし、いざ挑戦。
色はほんのり黄色味のある透明。見た感じは本当にサイダーです。

裏面の注意書きに
「この製品は独自の香りがしますが、ドリアン特有の風味ですので安心してお召し上がりください」
とあり、不安を増大させます。

ドリアン独特の風味って書いてるわりに、「無果汁」ってどういうことなの?人口甘味料?
さて試飲






臭い!!



私はドリアンを食べた事がないんですが、この臭いをどう例えたらいいのだろう。
よくウンコの臭いと言われるんですが、ちょっと違う。
ウンチではないがオナラなら少し近いかもしれない。
汗臭い洗濯物にも近い気もするがジャストミートではない。

飲むと味はよく分からないが、口の中に異臭が広がり、どこか遠くへ旅立ちたい気分になります。


製造元の「株式会社友桝飲料」のサイトによれば
「一度飲んだら忘れなれない。ドリアンサイダーです!商品を見た人は誰でも一度は飲んでみたいと思う新しい飲み物です。」

とありました。「一度飲んだら忘れなれない。」だけは賛成です。
ちなみに奥方は口を近づけただけで顔をしかめ、子どもは警戒して臭いをかいだ瞬間
「オエ!」と言って消えてゆきました。



Profile
SCN_0001


◇キルヒアイスキー
自称ロトの末裔。ついでにサラリーマンと個人投資家をしています。バリュー投資家を志しているつもりですが、どうやらバリュー投資家のカテゴリーに入っているか微妙なところです。投資歴も10年を越えてきたので、そろそろまともな投資家になりたいです。

リタイアしたらしたいこと
・売れない古本屋
・よく田舎にある賞味期限が切れたパンを売っているようなカオス的な雑貨店
・玄関にイスを置いてシャツ一でボーッと外を眺めている
・インドにありがたいお経をもらいに行く
・火星に行ってみたい
・しがない回転焼屋
・ひなびた観光地の土産屋さん
・自称「会社員」

仕事でも投資でも、合理性だの効率だのせちがらいので、せいぜい枯れた非合理で非効率なことに励みたい。
仕事が嫌いなわけではないのでべつにリタイアしなくてもいいという話なんですが。

◇特 技
・高値で買う
・底値で売る

◇趣 味
・ローカル線の旅
・B級スポット巡り
・毒ドリンク収集
・温泉巡り
・史跡巡り
・読書
 SF、ファンタジー、歴史小説、
 国際情勢系 等々
 漫画も大好き。
カウンター
Recent Comments
Archives
記事検索
アクセスランキング