農業ワールド2018 第5回国際次世代農業 EXPOからの繋がりで、日立トリプルウィン 食・農事業部 様が手がける「沖縄パイロット ファーム」の視察に行ってきました。 場所は沖縄県読谷村 約10aのビニールハウス(100坪×3棟) のハウス栽培所を視察してきました。
IMG_2385

生産品種は、夏秋いちご『ムーンベリー』です。 『ムーンベリー』は、美形が映え、暑さと運搬 に耐える品種とのこと。
1棟100坪のハウス内は、定植されたばかり の苗がきれいに並んでいます。
IMG_2386

自動潅水システムの説明です。
IMG_2390

自動潅水システムの手順等、分かりやすく説明 していただきました。
IMG_2392

いちごの花が咲いています。 こちらのハウスでは、ミツバチを放して受粉を させるようです。
IMG_2393
IMG_2394

こちらのハウスの特徴は『耐候性ハウス』です。 CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastisc) 炭素繊維と樹脂の複合材料で炭素繊維強化プラ スチックで、鉄やアルミなどの金属材料よりも 低密度でありながら、力学特性に優れていて軽 くて強い素材で形成されているようです。
IMG_2395

CFRP素材を使うことにより、塩害や錆びによ る劣化を防ぐことができ、また、従来の農業用 ハウスと比較して熱伝導率が低いため温度管理 が容易になります。 台風災害対策を含め、沖縄県ならではの耐候性 ハウスの活用ですね。
IMG_2397

ハウスの骨組みジョイント部もCFRP素材が使 われていました。
IMG_2398-2

お忙しい中にもかかわらず、施設をご案内いた だきました日立キャピタル沖縄パイロットファ ームの皆様、本当にありがとうございました。
将来的に、沖縄 ⇔ 三重で職域連携ができれば いいですね。
IMG_2408

美味しいイチゴに育つのが楽しみですね。 よんとまちゃん家も、まもなく販売再開します ので、皆様よろしくお願いいたします。 (12月中旬販売予定)
IMG_2409