2015年10月11日

八重山諸島の旅(2015.9-10)その1 石垣島

2015.9.26-10.5

つまり2週間ほど前ですが。

毎年恒例の八重山旅行に行ってきましたので、その時のメモ書きを。

以前の旅行記が全然書きあがっていない中、今年の旅の様子を書き始めてしまういつものパターンです。なぜそうするのか?途中のものを完結させたからにすればいいのに。というご意見もありますが、そんなこと言ってたら旅に出たことすら忘れてしまう可能性もあるので、とりあえずは書き始めておけば安心というわけです。あとは気が向いたときに、それぞれを更新していこうよというスタイル。

というわけで、今年は家族旅行が
3月に伊勢
5月に出雲
8月に九州
と、続いていたため、毎年恒例の八重山への旅がすっかり秋になってしまいましたが、秋とはいえ気温は30度になるので僕にしてみれば、それはもう夏と言って差し支えないわけです。うん、まだ夏。

というわけで、遅くなりましたが、秋休みあらため夏休み開始。


2015.9.26(土)

石垣島への直行便は朝早いので、眠い目をこすって羽田空港へ。

いつも通り、グローブトロッターの30インチにスキンダイビング用品を入れて、26インチに着替えなどを詰め込んでます。お土産が入るスキマはないので、道中買うお土産は全て宅配していく方向です。

※スキンダイビングの用品はかさばるから、郵送してしまえば楽なのでは?というご意見がありますが、僕らの場合、途中で島を移るので、結局はその時に用品を自分たちで運ぶ必要が出てきます。ですから、最初からその移動を考慮したパッケージングにまとめているというわけです。島から島へ渡るちょっとした移動でも郵送するというのはあんまり現実的ではないので。

※ちなみに今回のメモ用画像は、少し縦長のサイズ(1000*750)がWG-5での撮影、その他(1200*800)はEOS-7での撮影となります。あと今後登場予定の水中写真はAW-1とWG-5です。

20150926wg-01


今回の八重山旅行用に、新しくカメラを2台用意しました。


一つは、ロニ妻用にリコーの防水カメラWG-5GPS

20150623-2

これは昨年壊れてしまったFT-4の代替です。

コンデジの水中カメラも色々出ていますが、マクロに強いのでこれにしました。妻が使うにはゴツイデザインですしちょっと大きいのですが、海でしか使わないので、逆にこの位大きい方が持ちやすくて良いかなという気がしています。色は海の中で目立つようにオレンジ。

もう一台は、リコーの360度全天球カメラ、THETA(シータ)です。

カメラの写真は撮ってないので、公式サイトがこちら。
>>リコー公式(シータ)

このカメラはもちろん防水仕様ではないですが、このカメラで是非八重山の綺麗な海を撮りたかったので買いました。撮るシチュエーションももう決まっていて、お世話になるマリンショップのボートの2階から撮らせてもらおう!と考えているわけです。本当はドローンを買って持っていこうと思っていたのですが、最近のドローン事情を考えると、肩身が狭いのでちょっと買うのに躊躇するなあ・・・というのもあって、空撮は諦めました。

シータは360度カメラなので、少しでも高い位置から綺麗な海が撮りたいよなーと思っていて、2階デッキのある石垣島のやーるーやさんのボートならバッチリだしな!と思い、事前にそれも確認。もしかすると秋でお客さんも少なくなっていて、2階デッキのある大型ボートは使ってない可能性もあったのですが、OKとのこと。感謝です!

で、このシータ。

八重山の海を撮るために購入しただけあって、普段まったく利用していません。というか、まだシャッターを押したことないというレベルで、箱にしまってあります。

ということはどういうことかというとですね、完全に持っていくの忘れましたよね。

ええ、完全に忘却していました。

すっかり忘れてた。

いやー、びっくりした。

旅行が終わって帰ってきて、ちょっと実家に帰る機会があって、そこで兄が使ってたシータを見て思い出しましたからね、「あ、そういえば僕もシータ持ってたんだった。なんで買ったんだっけ?」みたいな感じで。

まじかよ、来年こそは持っていこう!

ということで、とりあえずはこのシータを持っていくの忘れちゃったよ!という顛末をブログに書いておきたかったんです。こうしてここにメモしておけば、来年は持っていくのを忘れないでしょ?という意味をこめて。


さて、話を戻しまして、羽田空港。

朝ごはんはお弁当。

20150926-002

天むす、美味しかった。二種類をすこしずつ味見できるので、こういうタイプのお弁当は良いですね。

石垣への直行便はJTA。それもかわいいさくらじんべえジェットでした♪

20150926-001

ピンクとブルーの2機が就航しています。

紙コップとかもじんべえのかわいい絵が描いてあって最高です。

で、道中綺麗な島など見ながらギュギューンと一っ跳び。

20150926wg-02


あっという間に石垣島に到着です。

20150926wg-03

20150926wg-04

実はこの時、八重山の南東に台風21号が進んできていたので、もしかすると当日は飛行機飛ばないんじゃないか?とドキドキしていましたが、なんとか台風より前に島にたどり着きました。出発が2日遅かったらやばかった。


石垣島に到着後、さっそくレンタカーを借りて、まずは島内を一回り。レンタカーは室内が広いことで定評のあるHONDA N-BOXでした。


さて、風が強く雲がかなり出ていますが青空も多かったので、とりあえずは景色の良い北部へ向かいました。


まずは腹ごしらえ。いつものUliUliCafeへ。

20150926wg-05

そうそう、このぴかりゃー、石垣空港でさっそく飼いました。

ぴかりゃーぬいぐるみとしては3代目となるタイプで、2代目までに比べてずいぶんと小さく、デザインもよりかわいらしさ重視になっていました。


僕はトンテキライス。

ちょっと量が少なくなった気がします(石垣島ではよくあること)。

20150926wg-06

ろに妻はウリウリバーガー。

20150926wg-07


ウリウリバーガーの絶品バンズは「たなかさんとこ」というパン屋さんが作っていましたが、小浜島に移住してしまったそうで、今では「たなかさんとこ」仕込みの手法でカフェで手作りしているそうです。このバンズも十分に美味しかったです♪

カフェの荷物置き籠、完全に子どものおもちゃ箱みたいになってしまったw

20150926wg-07b



ランチを食べた後、実は初めてなんですが、カフェ目の前のビーチに降りてみました。

20150926-003

お店の人に声をかけると、ビーチまで降りることが出来ます。勝手に行けないようにロープが張ってありますので、必ず一声かけましょう。

20150926-004

ちょっと干潮でしたが、まずまずの景色でした。


ランチの後は、お店の裏にある玉取崎展望台へ。

ここから見ると伊原間のあたりの海がエメラルドグリーンでとても綺麗です。

20150926-005


そのまま車を走らせ、北端の平久保崎へ。

20150926-006

 20150926-007

やはり海も少しずつ荒れてきているようで、リーフに当たる波が大きめです。そして、風も強く結構白兎が跳ねてます。う~ん、これは台風21号の直撃予報、当たりそうです・・・。


平久保崎を出て、名もなきビーチへちょっと寄り道。

20150926-8

川の流れ込んでいるビーチは海の色が茶色くなってしまうので絵的には微妙なのですが、ここは良い感じに河口がカーブしているのでそれほど海の色が茶色くならず、割と好きな場所です。
 

そしていつもの久宇良岳。

う~ん、やはり台風のいる方向は分厚い雲に覆われていますね。

20150926-9


久宇良岳をおりて、珍しく新しいスポットの開拓へ寄り道。


明石の集落を見下ろせる農道。明石のビーチもめちゃくちゃ綺麗ですねぇ。

20150926-10

本当は景色が良いと評判の伊原間牧場へ行ってみたかったのですが、入口がわかりませんでしたw次回はちゃんと調べてから行こう^^;

ここからは島の西側へ進路を取り、まずはいつもの吹通川のマングローブ干潟の小さな生き物達へご挨拶に。

20150926w-03
ヒメシオマネキちゃん。

八重山ではめっちゃよく見かけるシオマネキですが、よく見ると微妙に種類が違うのがわかります。このヒメシオマネキは、大きなはさみの下半分がオレンジ色(茶色?)をしているのが特徴です。


20150926w-01
トントンミーちゃん

ここで、まったく知らなかった驚愕の事実を発見。

とんとんみーの、この飛び出した目ですが、これ、格納できるっぽい。

適当に写真を撮ってたので、途中で画像確認してた時に気が付いたのですが、その写真がこれ。

20150926w-02

まじか!

他にも40枚位とんとんみーの写真撮ってたんですが、こうして目を格納している姿は写ってませんでした。

さて、いつもより生き物たちの姿が少なかったような気もしましたが、それでもここは見ているだけで楽しい場所です。それほど警戒心が強くないので、こちらがじっと止まっていれば、すぐにみんな動き出します。それを見ていると10分20分はすぐに経ってしまいますので、暑い日は熱中症に注意!


そのまま川平湾に向かいます。

まずは川平に入る手前の展望駐車場で、川平湾をパチリ。

20150926-11

ここは高さがあまりないので、いまいち湾が写らないのですが、それなりに綺麗です。

で、ここで撮った写真がギリギリ青空が残ってた最後のタイミングであり、ここから5分、川平湾に到着した時にはすっかり厚い雲に覆われてしまいました。

20150926-12


あああ・・・・曇天。


すっかり曇天になってしまったので、ホテルにチェックインです。
石垣島滞在はいつものパティーナさん。とりあえずは今日から5泊、お世話になります。

初日の夕飯は何にしようか?と考えましたが、疲れたのでA&Wでハンバーガーを買ってホテルで食べることにしました。帰り道、港を歩いているとちょうど夕日が落ちるとこだったのでパチリ。


20150926wg-08


 ということで、初日が終了です。

明日9月27日は、1日スノーケリングの予定を入れていましたが、台風接近にともない中止とのこと。

台風21号は石垣島へ直撃の予報で、最接近は28日の予定。

これはもう、29日まではホテルで待機ということになる予感というわけで、今日のうちに台風対策の食糧としてパンをたくさん仕入れてきました。停電の可能性が高いですからね、残念ながら大きなホテルではないここは自家発電機が(小さいものしかない)ため、客室の電気は止ってしまう可能性が高いわけです。そうなるとお湯もわかせないので、カップラーメンは不可。つまり日持ちのするパンになるという寸法です。

一応、27日~29日の三日分、パンをどっさりと仕入れました。

てなところで、続きは次回。



 ★今回の旅リンク(八重山旅行2015)
 
>その1 石垣島(島内観光) ←今ここ
>その2 石垣島(台風)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 23:21|PermalinkComments(0)Travel record 

2015年08月31日

Classic Mini Festival 2015(8.23富士スピードウェイ)その2

2015.8.23

つまり8日前ですが。

富士スピードウェイで行われたクラシックミニフェスティバル2015のメモの続きです。


富士は初めて来たので撮影場所はどこにしようかな?と思い、ヒストリックフォーミュラの走行前のミニの予選レースを練習がてら撮影に、アドバンコーナーに行ってみました。

さすがに富士は筑波と違ってコースも広く柵がとても高くてコースに近づくことは出来ませんが、観覧場所が高台なので柵の上からそのまま撮ることなら可能でした。ですが、ちょっと遠いですね。

※画像はすべてかなりトリミングしています。

100R出口からアドバンコーナーへ。
20150824-01


アドバンコーナーは流せます。
20150824-02


アドバンコーナーを抜けて後姿を。
20150824-03

こんな感じで、三方向から撮ることが出来るので、なかなか良さげでした。


よし、基本的にはここで撮ろう!

と決めましたが、歩いてすぐのコカコーラコーナーも一応確認してみましょう。


ここもかなり高台からの撮影になりますが、第2コーナーからコカコーラコーナーへの直線は下り坂になっている為、後ろの車までたくさん写るのでレースの雰囲気は出て良さそうです。

20150824-04

アウディの看板が目立ちすぎるのはともかくw

スタート直後であればここでたくさんの台数を入れて撮影出来そうだったので、最初の1周だけここで撮影して、その後ダッシュでアドバンコーナーに戻り、残りはあっちで撮ることにしました。

というわけで、ヒストリックフォーミュラの走行会スタート。

R002

R004

R005

R006

R007

R008

R009

R010


さて、1周目が終わりましたが、わりとすぐに先頭の音が聞こえてきました。

これはアドバンコーナーへ戻っている間に、1,2周通過してしまうかもしれない・・・と考え直しまして、そのままここから撮ることにしました。ですがここはコースまでものすごく遠いので、ほんと小さくしか写らないんですよね。というわけで無理やりトリミングしつつ画像をアップしておきます。まぁ、雰囲気だけでも^^;

R011

R012

R014

R015

R016

R017

R018

R020

R021

R022

R023

R024

R025

R026

R027

R028

R029

R030

R031

R032

R033

R034

R035

R036

R037

R046

R047

R048


というわけで、ヒストリックフォーミュラの走行会は終了です。

全部で5周という話でしたが、なんらかのミスがあったようで結局4周だけでしたね。あっという間だったので、撮影場所を変えなくて正解だったと思います。移動してたらほとんど撮れなかったかも・・・。来年もあるようなら、次はアドバンコーナーで撮ろうと思いますが。


走行会終了後は、フォーミュラを展示することになっているようで、普段のようにわりと即撤収ではなく、しばらくまったりとした時間が。

snap-12


そういえば、フォーミュラエリアに、こんなかっちょええ車もいました。

snap-17a

ナンバー付くみたいだから公道走れるっぽいんだけど、何のために公道走る必要があるんでしょうかwと聞いたら、イギリスとかだとサーキットまで自走していって、そんでレースに参加するという文化らしくて、行動を走れるというのは大事みたいです。なるほど。


帰るまで少し時間があるので、パドックスイートでお弁当を食べた後は、会場を少し歩きました。


エリア330というカントリーマンなどのステーションワゴン系ミニの専用エリアもありました。ここに止めるのは事前に申し込めば無料だったんですが、うちのは修理が終わるか分からなかったので申し込まず。まぁ、荷物の出し入れとかもあったので、パドックスイートの駐車場所に止めさせてもらった方が便利で結果良かったかなと思いますし、エリア330にあった車両はみんなピカピカにしてる車が多かったので、それなりにやれてるうちの車は止めなくて良かったかもw

mini-001


ルーフキャリアのついたスミスミニ発見。

mini-005


ビートではよく見かける痛い車も・・・。ミニでもこういうのあるんだなぁw

mini-010


フリーマーケットもあり、カントリーマンのスライドウィンドウのロック(名称知らず)が売ってないかな?と探しましたが、ありませんでした。秋のミニデー浜名湖でも探してみたいところ。

そんで、会場にいるときには気が付かなかったのですが、メインパドックの2階で車両の販売会とかもしてたようで、なかなかすばらしいミニなどが売っていたようです。後日Sさんから聞いたところ、フルレストアのミニ1000が400万だって。高い・・・。

昼前には長蛇の列が出来ていて「売り切れるかも」と放送がかかってたキティちゃんタオルが残り20程余ってたので、買いました。
000
※画像は公式サイトから拝借。



ということで、それなりにミニフェスの会場も堪能してから撤収です。

snap-19



snap-20


日曜夕方ということもあり、東名や中央の渋滞に巻きこまれるとつらいのでQEDから実家へ一時避難して、深夜にのんびりと帰宅しました。

クラシックミニフェスティバル2015、なかなか楽しいイベントでした。
筑波にくらべて近いのが嬉しいので、来年もあるといいですね。



snap-21



■ クラシックミニフェスティバル2015のメモ(全2回)
>>その1 (スナップ)  
>>その2 (走行会) ←今ここ

■ ヒストリックフォーミュラの目次はこちら
>>ヒストリックフォーミュラの一覧(時系列)





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 22:35|PermalinkComments(0)car&bike 

2015年08月26日

Classic Mini Festival 2015(8.23富士スピードウェイ)その1

2015.8.23

つまり三日前ですが。

というか、本日8月26日はミニの誕生日ですね。
1959年の8月26日にイギリスでモーリス・ミニ・マイナーとオースチン・セブンという名前で売り出されました。お誕生日おめでとう♪

それはともかく、三日前の話に戻します。

富士スピードウェイで行われた、クラシックミニフェスティバル2015(三和トレーディング主催)に行ってきました。

英国車の祭典ということで、ミニのみならず、エランやスーパー7、MGミジェットなどなど様々な車が走っていて楽しかったです。そんな中で、ヒストリックフォーミュラもスポーツ走行枠がありましたので、その応援と撮影というわけです。


早朝ポールスミスミニで家を出発し、QEDへ向かいます。圏央道をのんびり走り、6時前には到着。

既に積載車にフォーミュラが準備されていました。

今回から、新しい3台積みの積載車もあるので、参加者の皆さんも楽になりましたね。

mini-000

スミスミニは、車検の為、そのまま預けます。
(あわてて出たので車検の必要資料全部家に忘れてきましたが・・・後日郵送しました。寄る年波・・・)

mini-001


で、スミスミニから車検と板金の仕上がったカントリーマンに乗り換えです。

mini-002


ルーカスミラーの付け根の金属疲労が酷かったらしく、ポロリとミラーがもげたそうですw
走ってる時じゃなくて良かった。で、替えてもらいました。

mini-003

さて、皆さんとの合流場所の中井PAへ向けて出発。

とその前に、前日夜に某百貨店で行われていたムーミンフェアで購入したグッズを置きます。

スナフキンはこの後キーにつけました。うーん、かわいい。最高であるね。

mini-004


中井PAで続々とヒストリックフォーミュラを乗せた参加者が集まってきましたが、カントリーマンは遅いので先に出発。なんのトラブルもなく富士スピードウェイに到着。

カントリーマンほんとトラブル知らずだな!

mini-005

クラシックミニフェスティバルは基本ミニのイベントなので、ヒストリックフォーミュラの待機場所はメインのパドックを抜けた一番端っこですが、筑波サーキットよりだいぶ綺麗で大きいサーキットなので快適ですね。


mini-006

みなさん、準備段階から笑顔が絶えずに楽しそうで、ほんと良い趣味ですよねぇ。僕も皆さんに「走ったら?楽しいよ!」とよく言われますが、敷居が高すぎて無理ですね。それにレースをするなら、やっぱりミニで走りたいですしね~。レースは怖いからやりませんがw

mini-007

mini-008

新しい積載車、完全にジェットコースターですw

mini-009

今回、QEDでパドックスイートを借りたので、冷暖房、シャワールーム等完備の最高の体制でした。でしたが、この日は曇天でわりと涼しかったので、僕はお昼ご飯のときしか入りませんでしたwドライバーはシャワー使ったりしたのかしら?走った後でさっぱりして着替えられるのって良いですよね。

mini-010

mini-011



というわけで、ヒストリックフォーミュラの参加は22台。

とりあえず全車両を紹介します。


ブラバムBT16
no02-a


ロータス69
no03-b

マーリンMk11a
no04-a

マーリンMk11
no09-a
(アメリカ仕様だそうです)

フォースグリーニMk2
no9-a


ブラバムBT14
no14-a


ロータス35
no16-a


ロータス18
no18-a
久しぶりにかわいいロータス18が参加していて嬉しいです!


ウィルケルマンパリサー
no19-a


ロイヤルRP2
no26-0



クーパー F3 type72
no28-a
はじめて見たので藤原さんに聞いたところ、ミニクーパーのクーパーですよ~と教えてくれました。

詳細は、藤原さんのブログ(Motor Press)をどうぞ。
>>Classic Mini Festival 2015


ロータス59
no29-a


ロータス31
no31-a

ロータス51A
no32-a

フォースグリーニMk2
no45-a

クーパー FJ type56
no56-a
こちらもクーパー。初めて見ました。お尻にひれのようなものがついていて異色です。かっこええ。
詳細はmotorpressを読んでください。

ロータス51A
no58-b


ロータス41 (たぶん)
no66-a

マーリンMk17
no71-a

タイタンMk4
no73-a


ローラT200
no125-a

ロータス51c
no151-a

というわけで以上22台です。


ヒストリックフォーミュラの走行は10時半ですので、それまでに何本か、ミニのレースを見ながら写真を撮る場所を決めたいと思います。

長くなったので、続きは次回。











 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 19:16|PermalinkComments(0)car&bike 

2015年07月04日

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art 試写

2015.7.4

つまり今朝ですが。


昨日購入した、SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Artをつけて、近所の公園で試し撮りをしてきました。
 
そうそう、このブログを書いている時に、シグマの公式サイトを見ていておや?と思ったのでカメラ関係のレビュー記事をちら見してたんですけど、このレンズ防塵防滴設計ではないみたいですね。

まじかー、さっきまで霧雨の中、傘もささずに普通に撮影しちゃった・・・。

まぁ、ほんの15分位だったのでそれほど濡れませんでしたから問題ないでしょう。

でも僕の場合は、仕事で使う時はガンガン濡らしていくスタイルなので、気を付けないといけませんねこれ。このレンズ用の防水パックでも作っとこうかな、ビニール袋で。


さて、最短撮影距離が28㎝ということですが、このレンズ自体の全長が12㎝ありますしフードも6㎝弱ありますので、実際にはフードの先端から9㎝ちょいってところだと思います。

わりとギリギリまで寄ってみるとこんな感じ。

8)
35㎜側 f1.8解放

マクロレンズじゃないのにこれだけ寄れればもう十分です。フードが葉っぱに当たったりするので、気を使うレベル。

とりあえず、解放1.8で何枚か撮ってみました。

8)

8)

8)

ズームレンズとは思えない程にピント面が浅いので、解放で撮るとピンボケけっこうしてました。3枚目のガクアジサイなんか、どこにも合わなかったですね。これだけ花がいっぱいあれば、どっかに合うだろう!という楽観的な思惑は完全に外れた^^;

もっとも、これは三脚を使わずに手持ちで撮ってるからというのが大きいです。

三脚でカメラを固定してきちんとピントを合わせれば、解放で撮っても何の問題もないでしょう。今回は、めんどくさかったから三脚を持っていかなかったのと、常時5,6匹の蚊が攻撃してきていたので集中して撮れなかったというのもあって、カメラが微妙に動いちゃってた感じです。

AFはすべて中央一点で撮影しているので、ぎりぎりピントが外れない範囲でしかカメラを振らないように注意していたつもりでした。注意していたつもりでしたが、ものすごくピントが外れていた写真も多かったので、僕の想像以上にピント面が浅かったわけで、これはこのレンズ、素晴らしい性能であるねと。所詮ズームレンズなんだからと若干なめてました。すんません。


続いて、3分の1段絞ってみました、f2.0です。

0)
f2.0

0)
f2.0

2.0にするだけで、だいぶ使いやすくなりました。

旅先のスナップで常用するには、解放じゃなくて2.0のが良いですね。失敗が少なくなるの大事。

で、2.2。

2)
f2.2

あ、これ、奥行きがない写真だからボケの感じはつかめませんね。たぶん2.2程度だとまだけっこう周辺光量が落ちてきてると思うんですけど、この写真じゃその判断は出来ませんねw右下の葉っぱ見る限りはそれほど落ちてないように感じますけどもね。
※一応公式サイトのデータ見ると、f4.0まで絞ればかなり改善されるので、風景撮る時とか空入れるときは積極的に絞り込みたいところ。


そして、f2.5の写真。

5)
f2.5

5)
f2.5

カタツムリ君、解放で撮ってみたら、目の先っぽにしかピントが合わなかったです。そっから2.0、2.2と撮りましたが微妙で、2.5まで絞ってようやく良い感じに写りました。5.6で撮ると完全に殻までピントが合います。


で、最後がf5.6

6)
f5.6

ここまで絞れば、なんの気負いもなくさらっと撮れます。
通常のスナップ写真はf5.6で問題なさそう。


というわけで、15分ほどかけて試写したメモでした。


画質の良さについては、プリントしてないのでよくわかりませんが、今日の見る限り、悪くないのは確かですね(当たり前か)。

一番の懸念事項だったAFについてですが、これも特に気になるようなことはありませんでした。

中央一点でしか使っていませんが、にゅるんっと静かに合焦します。スピードはまぁ、純正Lレンズのようにスッ!っと一瞬で合う感じではなくはっきり言って遅いですが、これは慣れるしかないですね。僕が動態撮影するにはこのスピードだと違和感があるので、使いづらいのは間違いない。ですが、このレンズで動態撮影っていうシーンがどれだけあるか?というと、たぶん仕事ではありませんし、私用でもそうそうないと思うんですよね。だから問題ないでしょう。

というわけで、シグマ18-35mmF1.8 DC HSM Art の試写の様子でした。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 10:55|PermalinkComments(0)camera 

2015年07月03日

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Artを購入 

2015.7.3

つまり先ほどですが。

広角~標準域のズームレンズがずいぶんくたびれてきたので、なんか買わなきゃなぁと物色していたのですが、一番良いのは、まぁ純正のLレンズである

① EF16-35F2.8L Ⅱ USM =20万円ちょい

ですが、これは高くて買えませんので、そうなると今使っている

② EF17-40F4L USM =10万円程度

というのが、やはり候補となります。

このレンズで画質も明るさも、仕事で使うには十分すぎるわけですが、同じレンズもなー。同じレンズ買うっていうのもちょっとなー。まだ使おうと思えば使えないこともないしなー・・・。

と、思ってしまうのが人の心でございますよ。

どうせなら心機一転、別のレンズにしたい。


ということで、前々から気になっていた

③ SIGMA18-35mmF1.8 DC HSM Art=8.5万円程度

を買ってきました。

このレンズ、ちょうど発売から2年経過しておりますので、評価もネットでちらほら見かけますが、要約すると

・画質は最高!
・AFは笑うしかない!
・でけー。

という感じです。
大きさは、僕には使いやすいサイズなので、問題になるのはAFです。

というわけで、先月ちょっとこのレンズをお借りして仕事でちょっと使ってみたんですが、ほんとにAFが酷かったんですよね。迷うの・・・。

でも、これはどうも、カメラとの相性や個体差?のようなものが大きいらしく、調節をすることで解消できるとも教えてもらいまして、それなら新品で購入して使用カメラも一つに決めてしまって、レンズと一緒にシグマに調整出せば解決するじゃないの♪

と自分の中で問題はなくなったので、さっそく買ってきた次第です。

さっそくテスト撮影!

と行きたいところですが、今日は外は大雨ですので、テスト撮影はまた今度ゆっくりしましょう。

というわけで、開封です。


20150703-00
Artのロゴが箱にも。


20150703-00a
 箱を開けると、シグマのレンズケースに入った状態。

20150703-00b
 レンズケースと、フードが同梱されています。

あとはプロテクトフィルターだけ買いました。72㎜。
PLも近いうちに買っておきましょう。

さて、7Dに装着。


20150703-01
バランスいいね。

18-35というイマドキ2倍ズームってどうなの?という焦点距離ではありますが、サイズは立派。18-135と言われても信じちゃうサイズ。


20150703-02
17-40mmのが短い。

17-40mmはフィルター径77mmで太いですが、長さは短いですね。

取回しについては、僕は右手首にストラップを撒きつけて片手で持って歩くので、どちらが楽かというと、長さが短い17-40mmの方だと思います。ただ、18-35mmはレンズが細いので撮影をする時には左手でのホールド感がわりとしっくりきますね。もっともこのあたりは完全に慣れの問題ですので、使っていけばどんなレンズだろうと、まったく気にならなくなると思います。(だから、このことを書く必要は別にないかも)

というわけで、使いやすいサイズだと思いますが、大きく重いのは間違いないので、単焦点で済む撮影では、従来通り単焦点を利用するのだろうなと思います。

18-35mmの画角に入ってる単焦点は、うちにはEF20mmF2.8USMとTS-E24mmF3.5Lがありますが、TS-Eは特殊なレンズなのでかぶらないとして、20mmの方はさすがに13年前に設計されたレンズなので、画質はズームの18-35mmのが良い可能性もありますが・・・。そうなると出来るだけ荷物を軽くしたい出張撮影の専用レンズになるかな、20mmは。

20150703-02a
TS-E24mmF3.5L、四角さがキュートです。


レンズの真ん中に、Artシリーズのロゴがありますが、なくてもいいなこれは。


20150703-03
Artロゴ。好みが分かれるところです。

ロゴはともかく、レンズの作りはとてもしっかりしています。

ズームやピントのリングも重すぎず軽すぎず回るので、動画撮影でフォローフォーカスするのが楽かもしれませんねこれは。絞りも1.8通しなので、動画にも最適です。

20150703-04
レンズのデザインは好き。

20150703-05
真横からみると長さがよく分かります。


さて、室内ですが我慢できずに、ちょっとだけ撮ってみました。


35mmで解放1.8で撮影。

20150703-06a
マクロレンズかと思うほどに寄れます。


比較するために、先ほどまでの画像を撮っていたEF50mmf1.8で同じくくまっちょを撮ってみましょう。


20150703-06b
EF50mmf1.8 Ⅱ 解放で撮影

最短撮影距離が違うので、これ以上寄れませんが、これでも十分な感じもしますね。


18-35に持ち替えて、今度は35mm側と18mm側で(絞り解放)。

20150703-07a
35mm側。

20150703-07b
18mm側。


20150703-08a
F1.8

20150703-08b
 F8.0

 雨だし、これ以上の撮影は無理。

というわけで、また今度あらためてテストします。 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 22:59|PermalinkComments(0)camera 

2015年06月26日

2015 SUPER BATTLE of MINI 第2戦(5月17日)その2

2015.5.17

つまり1ヶ月以上前ですが。

筑波サーキットで開催されたスーパーバトルオブミニのヒストリックフォーミュラのレースの続き、決勝の模様です。だいぶ間があいてしまいました、すみません。

忘れてしまった人のために
>>>前回の様子はこちら(予選)



さて、前回の予選で、冷却水がうまくまわってなかったことが発覚したROYALERP2ですが、果たして午後の決勝は無事に走れるのでしょうか?


snap-06
猛暑の中、ROYALERP2の前で途方に暮れる人たちの図


というわけで特に途方に暮れていたわけではなかったようで、何をどのように直したのかは僕にはさっぱり分かりませんが、Sさんや他の皆さんの手によりRP2もなんとか決勝を走れる状態になったようです。


決勝は第一ヘアピンの出口から撮影することにしました。


以下、画像をてきとうに置いておきます。車種はメモしません。
なぜなら、今とても眠いからです・・・。


no02-02

no02-05

no04-06

no04-07

no08-02

no26-03

no26-04

no37-02

no58-04

no58-05

no71-03

no71-05

no73-06

no73-07

no73-05

というわけで、以上決勝の写真でした。

優勝はSさんでした。おめでとうございます♪

ちなみにROYALERP2は、最初の数周でリタイヤしてしまいました。バッテリーが不調だったようです。

次回は新しいバッテリー買おうよ。
royale01


というわけで、5月とはいえものすごく暑い一日でした。

わんちゃんもぐったり。

snap-10


□今回のリンク (全2回)

>>2015 SUPER BATTLE of MINI 第2戦 その1(予選)
>>2015 SUPER BATTLE of MINI 第2戦 その2(決勝)←今ここ

>>ヒストリックフォーミュラレースのブログ全記事 (目次



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 22:58|PermalinkComments(0)car&bike 

2015年05月19日

2015 SUPER BATTLE of MINI 第2戦(5月17日) その1

2015.5.17

つまり一昨日ですが。

筑波サーキットで開催された三和トレーディングさん主催のレースイベント、SUPPER BATTLE OF MINIのヒストリックフォーミュラレース(FORMULA CLASSICS)の応援と撮影に行ってきました。


今回は、前日まで撮影で京都へ行っていたためちょっと寝不足での出発ということもあり、眠くならない乗り物であるセローで筑波サーキットへ向かいました。なので、カメラは最低限。EOS7D1台に300mmF4Lと17-40F4L、50mmF1.8だけ持っていきました。

途中にある田んぼ地帯は、田植えが終わっていて反射するも稲が育ち過ぎでとほほの状態でした。
20150517-02

かえる君はいっぱいいましたね。いつも癒されます♪けろけろー。

20150517-01


というわけで、さくっと筑波サーキットに到着。

このイベントは入場料が無料なので最高なのですが、バイクで駐車場に入っていったら守衛さんに「今日は二輪のレースないよ!」と止められましたwフォーミュラのお手伝いですーと言ったら入れてくれましたが、バイクで来る人少ないのかしら?

それはともかく、今回、ヒストリックフォーミュラ部門の参加は8台と少な目(スーパーバトルオブミニはいつも少な目ですけども)。

今日は、軽井沢でのエランツーリングや、袖ヶ浦でのサイドウェイトロフィーが開催されていることもあって、そっちに参加している方たちも多く、どうしても参加台数が少なくなってしまいますね。まぁ、仕方ないことではありますが。僕的には、サイドウェイトロフィーを一度見学してみたいんですよね。参加者の皆さんが当時の服装?みたいなコスプレ?してるので、とても雰囲気がよさそうなんですよね。まぁ今回のサイドウェイトロフィーはヒストリックフォーミュラクラスが不成立だったということですから、行っても仕方なかったですけども。

8時前に入場して、9時のドライバーズミーティングまでわりとゆっくり時間がありました。


snap-03
 
snap-06

snap-05

今回は少ない台数なので、テントを張るのも余裕がありますね。4足の簡易テント、一張り持っていても良いかもしれません。車で行くなら持って行けるし(カントリーマンならいけるけどスミスミニでは無理かも)、最近は安いのも出てますしね。


さて、今回1年以上ぶりにROYALE RP2が参加しました。

彼は完全な理系なので、自作のデータロガーを作って持ってきていましたね。

なにがどうなってるのかはさっぱりですが、一般的なロガーが記録をするであろう速度、アクセル、ブレーキ、ステアリング舵角、ギア、エンジン回転数、走行ラインが記録できるとはとても思えませんので、速度とかそういった基本的な項目だけが記録できるのでしょうきっと。正直、全然わかんないけども。

no26-02
左下にスケルトンケースでついてるのがロガー。

まぁ、こういう部品とかを作って使ってみるっていうのも、こういう趣味の楽しみ方の一つなのかもしれませんね。


また、こちらもめでたく復活したMさんのTitanも今日がシェイクダウンということで、復活おめでとうdayでした。

ミッションだかなんだかが新しくなりまして、このあたりの塗装もちょっと変わりました。具体的に何がどう変わったのかはもちろん僕にはわかりませんが、修理にはかなり苦労したそうなので、無事に復活することが出来てほんと良かったです!

no73-02
このあたりが新しくなった(んだと思いますたぶん)


あとは、Kさんのマーリンのマフラーが黒く塗られていました。おお、かっこええ!と思ってみてたらなにやら湯気が立っていましたのでパシャリ。耐熱塗装塗りたてなので、しばらくは湯気が出ちゃうそうです。

no04-02



というわけで、予選スタート。

僕自身、久しぶりに応援に来たので、撮影失敗の少ないダンロップ下で撮影をしました。

以下、1枚ずつ写真をアップします。


no02-01
ブラバムBT16

no04-03
マーリンMK11A

no08-01
テクノFF

no26-00
ロイヤルRP2

no37-01
ロータス51A

no58-01
ロータス51

no71-02
マーリンMK17

no73-01
タイタンMK4

以前のブログでタイタンMK4と記載したので、そうだと思うんですが、MK6なんでしょうか?Mさんの某所でのコメントでミッションがMK6という記述を見たので、どっちなのか僕にはよくわからない状態になってしまいました。今度ちゃんと聞いてみましょう。


以上8台です。

無事に予選を走り終え、みなさん戻ってきました。

僕がダンロップ下から戻ると、なにやらRP2に人だかりが・・・。

どうやら冷却水がうまく働いていないようで、ゴポォ!!!という感じで噴出してきていました。

ありゃま・・・。

20150517-10


というわけで、復活なるかと思われたROYALE RP2の明日はどっちだ!


□今回のリンク (全2回)

>>2015 SUPER BATTLE of MINI 第2戦 その1(予選) ←今ここ
>>2015 SUPER BATTLE of MINI 第2戦 その2(決勝)

>>ヒストリックフォーミュラレースのブログ全記事 (目次


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 21:24|PermalinkComments(0)car&bike 

2015年04月26日

TW225で芦ヶ久保ツーリング

2015.4.25

つまり昨日ですが。

朝のお天気が良かったので、TWで秩父方面へツーリングに出かけました。 


最近はすっかり寺社巡りツーリングみたいになっていますが、今朝もそんな感じで。

東吾野の町を過ぎたあたりで、門の雰囲気が良いお寺を発見。入りやすい駐車場もあったのでするっと立ち寄りました。


■臨済宗建長寺派 吉祥山興徳寺

20150425-1


臨済宗建長寺派と大きく書かれていました。なるほど、鎌倉の建長寺学園もとい鎌○学園の派閥ということで親しみもわくかと思えば、じっさいにはそれほどでもないですね。

20150425-3


門の手前右側には六地蔵石幢がありました(特に写真は撮らず)。
3面に二体ずつ彫られているわけですが、裏に回り込んで見るのが難しい位置に置かないで欲しいですw

モミジも青々と綺麗でしたね、やわらかい春の日差しが心地よいです。

20150425-4

20150425-2


興徳寺を出発し、そのまま進みます。

最近できた吾野トンネルを通ってしまうと時間は短縮になりますが、吾野宿を素通りしてしまうので(トンネル出口で左折すればすぐに宿場に入れますし、トンネル出てから少し進んで左折すれば、宿場の中心部に入る交差点に出ますけどね)、今朝は旧道を通りました。誰も走ってないw

宿場通りに入って、そのまま進んでいくと、立派なお寺を発見。


■曹洞宗 補陀山法光寺

20150425-5


創建時は真言宗だったようですが、途中で改宗したそうです。

このお寺にはなにやら最近流行の?見どころ(パワースポット)がいくつかあるようですが、あまり興味がないので全スルー。最近は西武鉄道のCMでもずいぶんと秩父推しでかわいい女性タレントさんが秩父のパワースポットめぐりなどしているシーンなども見かけます。いいね!と思うのですが、実際のところほんとに若い女性がこんなところに来ているのでしょうか?見たことない。

20150425-6


それはともかく、このお寺には、宮城県の東禅寺というところから、大梵鐘を預かっているようで飾ってありました。早く復興すると良いですね。こういう場所に復興支援募金箱でも置いてあればほいほいと入れるところですが、そういうのはありませんでした。

20150425-8


法光寺の梵鐘も立派。

20150425-7



というわけで、国道299に戻って秩父方面へ向かってのんびりと走っていると、西吾野のあたりで突然空気が生臭くなりました。

むむ、なにごとであるか?

と念のためスピードをかなり落としてみると、道路わきの草むらにドドーンと鹿が横たわっているのが見えました。とても大きな鹿でしたが、血まみれであり一目で死んでいるのがわかる状態です。おそらく夜か早朝の暗い時間にトラックなどの大きな車にはねられてしまったのでしょう。かわいそうに・・・。

少し道から離れた草むらに横たわっていたので、おそらくは事故の当事者達が道から移動させたのか、それとも役所の人がとりあえず移動させて現在は回収待ちなのかだと思われましたので、とくに僕が役所(この場合は国道ですので県土木事務所か、道路緊急ダイヤル#9910になりますね)へ連絡をすることはしませんでした。

このような場所の場合、厳密にはもう道路上ではないので、土木事務所はともかく道路緊急ダイヤルは既に対応外になるのかもしれませんし、なかなか悩みどころです。(迷ったらダメ元でも連絡しておく方が良いとは思いますが)

※ちなみに道路上の障害物等の連絡先については、国道・県道は土木事務所ですが、一般道は市区町村役場や保健所が連絡先です。現実的には役場の電話番号などわからない場合のが多いでしょうから緊急ダイヤルでOKです。

それにしても、鹿と車の事故は北海道ではたまに聞きますが、実際に鹿が死んでいる姿を見たことはありません。まさかご近所ツーリングで出会ってしまうとは・・・悲しいですね。


そんなこんなで道の駅芦ヶ久保に到着。

お手洗い休憩と缶コーヒーを一本飲んだら帰りましょう。

と、その前に芦ヶ久保にある山をちょっと登ってみましょうか。道の駅の正面から山を登る道が数本出ているのが気になってたんですよね。見晴らしが良いかもしれないし、10分位走ってこようかなと。

で、登っていくとうどん屋さん発見。

8時前というのに既にのれんも出ていて営業中と書いてありましたので、ついでに朝食・昼食兼で食べちゃいましょうか!すごい早くからやってるんだなあ、登山客とかがいるってことなのかな?

バイクを止めて中に入って見ます。

まだやってなかったwww


20150425-9


完全にまだ準備中でしたw

どうやらご近所のおばちゃんおばあちゃんたちがお店をやっているようで、みなさん賑やかにおしゃべりしながら準備をしていました。

で、「まだちょっと早いですかね?」と声をかけてみると

「お兄さん早いわねえ、おまんじゅうならあるけど・・・うどんかい?いいよいいよ、すぐに作るから待ってなさいよ!」

と、調理場から声が。

ではありがたく待たせていただきます~と、待つこと10分位でしょうか、美味しいうどんが出てきました。なんと120円もするおまんじゅうも付いてきました♪

20150425-10


この小皿にある怪しげな佃煮みたいなやつ、ちょっと食べてみたら超絶辛くて死にました。

完全に死んだ。

ひーひー言いながらお茶を飲んでいると、通りかかったおばあちゃんが

「ああそれはね、七味の代わりだから汁に入れて食べてね。言うの遅かったね、ははは!」とのこと。

なるほど、少しずつおつゆに入れながら食べると確かにものすごいアクセントになって食が進む感じになりました。すごいなーこれ、秩父の郷土料理かなんかなのだろうか?

で、その後もおばあちゃんに「これ食べなせ!食べなせ!」と筍の煮物などもいただいたりして大満足でした。


食べ終わってもう少し進むと、山上に小さな神社を発見。


■琴平神社

20150425-11

無人の神社ですが、まめに管理しているようで、清掃とかしてある雰囲気でした。

由来書きなどはなかったので詳細は不明なのですが、琴平神社なんだから香川県の金刀比羅様が本社なのだろうなとは思います。

せっかくなので階段を登ってお参りを。

20150425-13
うんさかさっさと登ります。

20150425-12
ちょろっと開いてます。

扉が少し開いていて、中にお賽銭箱があります。

お賽銭を入れるときにちょっと失礼して中を覗いてみると、「大物主神」というお札が飾られていましたので、祭神は大物主神なのでしょう。そうであるならば、やはり金刀比羅様の末社ということで間違いないでしょう。

ということで、このあたりはだいぶ見晴らしも良く、秩父の武甲山が見えました。ちょっと空気が霞んでいましたけど気持ちの良いツーリング日和であることは間違いなし。


20150425-14


ということで、帰ります。


そのまま299号でまっすぐ帰りましたが、途中個人のお宅が作っていると思われるお花畑がきれいだったのでパチリ。

20150425-15

20150425-17

20150425-16



今日も楽しいツーリングとなりました♪


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 20:00|PermalinkComments(0)car&bike 

2015年04月24日

GSRでお散歩ツーリング 2

2015.4.24

つまり昨日ですが。

すっかり春の陽気なので、今日も通勤前に寄り道ツーリングを。


このあたり狭山丘陵は平坦な住宅地区もありますが、狭山湖や多摩湖へかけてはわりと丘が多く、起伏にとんだ地形となっています。で、そのあたりというのは狭山茶?を栽培している農家さんたちがだいぶ残っているので、そういうところは道も古く道幅が狭いため、車だとすれ違えないようなところもちらほらあります。

ですが、バイクならへっちゃらですので、そういう知らない道へエイやっと入っていくというのが楽しいという寸法です。

で、大き目の丘を登っていくと、だいたい頂上付近に神社がある。ということに最近気がつきまして、まぁ宝探しのような気持ちで楽しくツーリングしています。


前回まではEOS7Dに85mmを付けていましたが、さすがに画角が狭すぎるので、今日は50mmを付けてきました。f1.8の超安いレンズですが、画質はとても良いので重宝してます。小さくて軽いしね。


で、坂を登って行ったら見つけたのは小さな小さな藤森稲荷神社。

まずはバイクを入れて記念写真を一枚。


20150424-01
道が狭すぎて50mmでもこんな結果に^^;

バイクを入れて撮りたいんですが、さすがに無理があったw

さて、この藤森稲荷神社、このあたりでは一番高い場所なのではないかな?という場所にありました。


20150424-03
防犯器具が付いてますね。


こちらも正一位と書かれているところからもわかるように、伏見稲荷大社から文政7年に分霊を祀ったということです。では、藤森とはなんでしょうか。人の名前かしら?とも思いましたが、この神社の横に併設されている小さな公園に、立派な藤棚がありました。赤ちゃんと散歩しているお母さんがいらしたので、公園の写真は撮りませんでしたが、もしかするとその藤の木が昔からあったから、藤森という名前なのかもしれませんね。昔は藤の木が多くて森のようだったとか・・・そう考えると素敵な風景ですねえ。


20150424-02
八重桜かしら?

実際の境内には藤の木は特に見られませんでしたが、立派なエノキが数本ありまして、保護指定木の札がかかっていました。エノキの写真も特に撮りませんでしたが、この八重桜っぽい花の奥にうっすら写っているのがエノキですw


さて、藤森稲荷神社をさくっと後にして走り出したところ、いつの間にか多摩湖を越えて東大和市に出てしまいました。

山を越えて東京に入ってしまうとすっかり開発されていて住宅地となっていますので、迷子ツーリングをしてもそれほど楽しく走れるはずもないので、そのまま青梅街道を仕事場へ向かいました。


少し走ると道端に「安産祈願の塩釜神社」という看板が見えました。

せっかくなのでちょっと寄ってみましょうかと、横道に入って見ます。


すると発見したのは、高木神社。


20150424-04
高木神社はかなり立派な神社です。


20150424-05
高木神社の社殿。


どうやら先ほどの看板の塩釜神社はこの高木神社の末社だったようです。まぁ、安産祈願は特に関係ないのでそちらにはお参りしませんでした。

さて、高木神社の祭神は、イザナギ様とイザナミ様とのことですが、特に詳しい由来書きのようなものは見当たらず。で、境内になにやら立派な鬼?の銅像が。


20150424-06
高木の獅子舞の銅像


こちらは由来書きがありまして、江戸時代からこの神社に奉納されている獅子舞なんだそうです。今でも秋の例祭で、獅子舞が奉納されているようなので、いつか見てみたいものですね。


というわけで、この日は二か所だけチラ見して、職場に向かいましたとさ。


おまけ

2015.4.23

つまりこのエントリーの前日夜ですが。

近所に桜が満開の場所があったので、パチリと写真を撮りました。

20150423-1
ずっと満開。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 13:11|PermalinkComments(0)car&bike 

2015年04月22日

GSRでお散歩ツーリング

2015.4.22

つまり今朝ですが。

今日は朝からとても良いお天気でしたので、GSRで出発して途中、寄り道などしながら出勤しました。


まずは三ヶ島稲荷神社に寄り道。


20150422-01
朝の箒掃きはまだみたい。

20150422-02
正一位の神階です。


稲荷神社はだいたいどこも正一位と掲げてあるところが多いもので、ほうほう最高神階とは大層な地位にある神社なのでござるな!!と思いがちなわけですが、稲荷神社は伏見稲荷大社さんの分霊を勧請したところは、みんな正一位を掲げてOKであるよ♪というルールになっているそうで、わりとほとんどの稲荷神社が正一位だったりする寸法ですよね。うんうん。


20150422-03
稲荷神社なので狛犬ではなく狐様。

さて、ここ三ヶ島神社の祭神様は、倉稲之御魂神(ウカノミタマノカミ)ということで当たり前ですがお稲荷様ですね。伏見稲荷大社に行くと、お稲荷様を
宇迦之御魂大神と表記していますが、同じ神様です。読み方としては、こちらはウカノミタマノオオカミですね。

伏見稲荷大社の宇迦之御魂大神と言う表記は、『古事記』に出てくる表記の宇迦之御魂神を大神に修正して使っている形で、ここ三ヶ島神社の表記である倉稲之御魂神は読み方は似ていますが、漢字的には『日本書紀』での表記である倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)の方を取っている形でしょうかね。命(ミコト)の部分を神(カミ)にしているあたりは、折衷案のような感じもしますが、まぁそのあたりは割と適当なのかもしれません。

ちなみにこのお稲荷様ですが、神宮(伊勢神宮)では、もちろん伏見稲荷大社より早くから「御倉神(ミクラノカミ)」として祀られています。内宮にある別宮の御稲御倉がそれですね。内宮が所管する別宮は30社ありますが、そのうちの第6位。高床式の倉庫みたいな建物なので(まぁ穀物倉庫なのでしょう)、特にお参りせずに通過してしまうあそこです。ですが、この建物、内宮と同じ建築方法である【唯一神明造】で建てられた神社なのですから、ぜひじっくりとロペロペしたいところではあります。だって内宮は近くでじっくり眺められませんからね。

話が脱線しました、先月伊勢神宮に行ってきたばかりなので、ついつい。


三ヶ島稲荷神社でお参りして、次に見つけたのは三ヶ島八幡神社。


20150422-04
坂の上の見晴らしの良い場所にあります。


こちらは、鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊を勧請した八幡様です。
祭神様はもちろん応神天皇。

20150422-05
狛犬にもしめ縄があってオシャレ♪


この八幡様にお参りをして、境内を歩いてみるともう二つ小さな社がありました。湯殿社と天王社と記されていましたが、詳細は不明。どこかに説明文があったかもしれませんが、特に探しませんでした。たぶん、八幡様が出来た時にこの地元にあった神社を併合したんだとは思います。


八幡様を出発して寄り道は終了。

とっとと職場に行きましょうと思いつつ、道中に春の花がちょびっとづつ咲いていたので、止められそうなとこではちょっと停車して写真をパチリと。


20150422-06

20150422-07


20150422-08

20150422-09



というわけで、気持ちの良い通勤路でした♪

そろそろGSRの車検です。

2回ユーザー車検を通しましたが、あまりGSRでツーリングに出かける機会がないのでちょっとかわいそうなんですよね。なぜ出番が少ないかというと、しっかりしたツーリングの場合はカメラを持っていきたいわけですが、GSRには積載出来ないのです。僕のカメラ機材だとリュックに入れてというのもちょっときつい。

なので、だいたいセローかTWになってしまうという寸法です。走ることだけが目的のツーリングならGSR最高なはずなんですけどね~。あとGSRでキャンプも僕には無理なので。

さて、車検を通すか否か、そろそろ進退も考えねば・・・・誰か欲しい人がいたらご連絡ください♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 23:36|PermalinkComments(0)car&bike