GoPro

2013年05月24日

GoPro HERO3 BLACK EDITIONをGSR400にて車載テスト

2013.5.24

つまりさっきですが。

GoPro HERO3 Black editionの走行録画テストしてきました。 

バイクはGSR400。

マウントはサイドマウントで、前回のエントリーで書いたようにJ字型のマウントを取り付けてヘルメットから少し離れた感じになってます。

触ってみるとけっこうぐらぐらするのでブレるんじゃないかな?
と思ったのですが、映像を見てみるとヘルメット自体はブレている感じがしないので、これ、頭がブレてるんだなぁ・・・という結論です。

首を鍛えればいいのかな^^;




あと、これ1920x1080でアップしたのですが、大きな画面で見るとよりブレが目立ちます。
小さい画面で見ればそうでもないので、最初から1280x720で撮ろうかな・・・。

ただブラックエディションの場合、720だと60fpsでしか撮れないのですが、僕は動画編集で30fpsにしちゃうので意味ないんですよね。

シルバーエディションなら720で30fpsも選択出来るんですけどね^^;

と書きながら、EOS7のムービーはどうだったかな?とサイトを見たら
EOS7も720だと60fpsか50fpsしか選択出来ませんでした。

なんだ、それなら1280x720の60fpsで撮影しておけば編集も楽ですね。解決。

ということで、セローやTWよりも振動の少ないGSRでこのような状態でしたので、セロー等で車載動画を撮ったらもっとひどいブレになりそうな予感があります。

これは、チェストマウントを作るしかないかな? 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月22日

GoPro HERO3 BLACK EDITIONをSHOEI NEOTECにマウントテスト

2013.5.13

つまり一週間前ですが。

GoProを購入しました。

購入の動機はバイク車載動画ではなく、他の理由で、こういう買い物としてはロニ妻からの要望もある珍しいパターンでした。

GoProは現在3世代目。
大きくホワイト、シルバー、ブラックと3種類に分かれていて、それぞれ撮れる画像等が違います。
また、ブラックはアドベンチャーとサーフという2種類がありますが、これはオプションパーツの違いのみ。カメラ自体は同じものです。

ということで、どうせニコニコ動画やyoutubeにアップするだけだし、一番安いホワイト(2万円程度)でいいかな?と考えていたのですが、調べてみるとシルバー(3万円強)、ブラック(4万円弱)という微妙な値段設定の割には、性能が格段に違い過ぎました。

実際に高画質の動画を利用するかどうかは別として、ここはやはりブラックを選んでおけば間違いないだろう。
と判断をして、HERO3 BLACK EDITIONでアドベンチャーを。


aIMG_0005
展示用見本かと思ったらこの状態が商品だった^^;

その他にサクションカップマウントとサイドマウント、予備バッテリーとmicroSDを2枚買いました。

aIMG_0010

aIMG_0008

aIMG_0011
wifiリモコンを取るのに3分かかりました^^;非常にきつく結ばれてた。

aIMG_0026
カメラ本体はとても小さいです。

これを後日ダイビングや空撮に利用する予定ですが、どうせならツーリングでも利用しましょう。

ということで、まずはメットマウントの準備です。

本当は、アゴ部分に取り付けるのがスマートだなあと考えていましたが、僕が利用しているSHOEI NEOTECはアゴ部分が開閉するシステムヘルメットなので、無理でした。


aIMG_0008
前面を撮影するためのトップマウント。

なので、とりあえずトップマウントにします。
恥ずかしいのでひと気のない場所での撮影に向いていますね。

aIMG_0010
開けた場合に、ぶつからない位置ギリギリに取り付け。

ちなみに、マウントはJ字型をしているタイプにしています。これはJ字のやつじゃない普通のでもOKでした。そうすると1cm位視界が低くなります。

このエントリーの最後にある動画で実際の視界が見れますが、このトップマウントだとバイクが全然写りません。

風景を撮るには良さそうですが、バイク動画っていう臨場感を出すために、サイドにもマウントを付けました。


aIMG_0007
サイドマウント。

・・・
・・・・・
・・・・・・・マウントを適当な場所に取り付けてしまい、カメラのwifiボタンがメットに干渉して、水平が取れません。

なので、ここでもJ字マウントを使います。

aIMG_0005
J字にすれば大丈夫。

ただし、メットからカメラが少し離れるので重いかもしれませんし、ブレる可能性もありますよね?
ここらへん、実際に走ってみて試してみないとわかりません。


aIMG_0001
いつもの猫。

あ、全然関係ないんですが、GoProのテストをしていたら歩いてきたので撮りました。Goproで撮ったわけではありません。

ということで、走行シーンはないのですが視野角のテストをしました。
動画で。


GoProHERO3 BLACK
mode:1080p 1920x1080 30fps
で撮影して、エンコも1920x1080 30fpsです。

普段は小さい画面にリサイズしているのですが、youtubeということもあり初めて大きな画像のままアップしてみました。なるほど、全画面表示でもわりといけますね。




トップマウントはヘルメットに垂直にしておけば、まあ大丈夫のようですが、サイドマウントはだいぶ下向きになっていました。

ヘルメットって思いからけっこう下を向いているのかもしれませんね。

ツーリングで実際に利用するまでには、サイドマウントのベスト角度を見つけ出してヘルメットにシールで印でもつけておこうと思います。


というわけで、簡単ですがマウントテストでした。

※実際の運用最初は5月26日のMTB!になりそうです。

※自分でこのエントリを書いていて気が付きましたが、なんでサイドマウント用のアタッチメントが二つもあるのかなぁと。。。あれだ、アドベンチャーにはサイドマウントが最初からセットになってたのに一個買ってしまったからでした^^;ビックカメラの店員さんも教えてくれればいいのに!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ipatetouch at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)