歯科医師国家試験対策サイト! DCロムニーハウスがお手伝い

111回歯科医師国家試験からはルールが変わります。今年は第3期生のための配信を2月11日から開始しました。本格的な情報を受けたい方は配信登録〈完全無料〉でお会いしましょう。CBT対策にもなりますので、早い段階から周りと差をつけましょう。       By DC・ロムニーハウス

第3期ロムニー配信の第1号が2月11日から開始しました。登録ご希望の方はカテゴリー「ロムニー配信」にて!

お疲れ様です。

ロムニー配信は登録者全員に配信を行っておりますが、一部の機種やメーカーにより、配信が不可になることがあります。主として、

ezweb
hotmail
docomo


この3つの方において配信不可になる傾向がございます。

また、途中までは配信されていたものの、急遽送られなくなったというパターンもあるようです。

もし、登録をしたにもかかわらず、1日経過しても配信が届かない場合や、急遽メールが来なくなった場合は、

誠にお手数ですが、上記3つ以外の機種からの再登録をよろしくお願いします。

小野寺

新しい基準の話が一部分かってきました。


以下はロムニー配信第6号からの一部抜粋となります。
 

111回歯科医師国家試験からは新基準の形式となります。

必修は以前から聞いていたように「10問増えて
80問』」になります。

 

問題数が増えることは必ずしも悪いことではありません。なぜなら、割合が8割であることに変化はないからです。さらに言えば、全体的な問題数はこれまでより少ない可能性があります。だが、今回最も大きな改変は「出題形式の変化」です。

 

これまでの試験の出題形式は・・・

 

1日目

・A:必修35問+一般95

・B:臨床実地問題53

 

2日目

・C:必修35問+一般95

・D:臨床実地問題53

 

それが次のように変化すると予想されます。

(これは103回の大きな改変の時同様、具体的なことまでは発表されていないため予測になります)

 

1日目

・A:必修、一般、臨床実地問題のミックス問題

・B:必修、一般、臨床実地問題のミックス問題

 

2日目

・C:必修、一般、臨床実地問題のミックス問題

・D:必修、一般、臨床実地問題のミックス問題

 

つまり、配信登録者の方に述べているように「応用化」がこれからの勉強のカギを握るでしょう。いかに勉強を効率的に、応用化して知識を吸収するかが重要になります。すでに、配信登録者の方には、新基準方式に対応できるための必修入門コースを実施しています。また、一般問題は範囲がかなり医学的な所を突っ込まれるようになるようで、詳細はまだ分かりませんが、これまでとは違う国家試験になることは事実のようです。

 

しかし、これは「ネガティブなニュース」なのでしょうか?

 

と言われると、私は必ずしもそう思いません。

 

むしろ、必修、一般、臨床実地問題がミックスされる連問が増えるという事は、これまで過去にあったような「重箱の隅をつつくような問題」は減り、必然的に必修一般臨床実地問題と論理的に流れる問題しか出しようがありません。よほどの才能とセンスがない限り、このプロセスで分けの分からない問題を作るのは難しいでしょう。しっかりと勉強した人は、確実に点数に結びつく試験になるのではないか、と推測します。

 

結論:たしかに範囲も増え、形式は変わります。しかし、革命的に難しい国家試験になるということではありません。そもそも難易度だけを見れば109回が最も難しかった可能性も高く、これまで通りしっかりと個々人が学習することで、むしろ解きやすい試験になるのではないか、と思います。また、どこに必修が組み込まれているかが分からなくなるため、試験中に「あの問題できなかった」という鬱症状を経験しなくて済む可能性も高いでしょう。これは受験生の精神衛生上も良いことだと思います。そして、時間配分は減るものの、臨床実地問題は出題数が減るでしょう。

追伸:

 

ロムニー配信では新基準にも対応した対策を発信していきます。今年は配信登録者の登録の勢いが怒涛です。したがって、これまでとは異なり、突如登録を終了させていただくこともあります。

 



今は辛くても、そのうちなんとかなります。

人生は短期的には不幸に思えることでも、長期的には良いきっかけの時間になるものです。

チャップリンもこう言っています。

『人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングスパンでみれば喜劇』


 

本日317日の14時に、110回歯科医師国家試験の合格発表がありました。

 

受験生の方、保護者の方、そして、予備校の先生方、熱心な一部の教職員の方、お疲れ様です。受験生の方にとって昨日と今日の午前中ほど心臓に悪い日は無かったと思います。恐怖というのは起こってしまった後よりも、起こる前の想像段階が最も大きいからです。厚労省は本来、317日まで延ばさずに2月中に発表すべきです。そうすれば、今後の予定もゆっくりと決められるからです。彼らは本当に受験生の心を無視しています。

 

今回の歯科医師国家試験

 

1983/3049名」で「65%

 

となりました。107,108,109がそれぞれ「63%」で、110が「65%」ということで、来年からの改正を含め、やや率を上げたということでしょう。

 

まずは、合格された方、おめでとうございます。あなたが努力をし、あなたがつかみ取った勝利を、今度は社会に還元してください。心から祝福いたします。ぜひ、合格体験記をお待ちしております。宛先はdcromneyhouse@yahoo.co.jpです。どんな形式でも構いませんので、あなたの声をお聞かせください。一部の意見を、ロムニー配信で公開させていただきます。

 

さて、私たちの存在意義は「受験生を合格させるサポート」となりますので、合格者への挨拶はこのくらいにし、不合格になられた方にメッセージを送らせていただきます。

 

まず、あなたは相当な努力をされ、真剣に1年を過ごした上での不合格だったと思います。悔しい気持ちは痛いほどわかります。私たちの大事な第2期生の方でも、既に10名以上の方から「残念」なご連絡が入りました。誰もが悲しく、絶望しています。

 

これからどうすればいいのか? 

また1年やり直さなければならないのか? 

なぜ、頑張ったのに結果がでないのか?
一生合格できないのではないか?

もう自信がなくなった・・・

 

このような気持ちになるのは至極当然のことです。努力をし、それが報われない事ほど辛いことはないからです。しかし、ここで「ダウン」することは許されてもノックアウトされることはあってはなりません。なぜなら、あなたはこれまで6年間以上歯学部で努力をし、残るは「国家試験だけ」だからです。この登竜門を通れば、あなたの新しい時代が始まります。

 

そして、あなたにどうしても伝えたいことがあります。

 

今回落ちてしまった方から多くいただく声

 

「私はダメな人間なのでしょうか」

「なぜ、こんなにバカなのでしょうか」

 

この2つです。いずれも誤った認識であることを述べておきます。人間はショックを受けるとパニックになり、感情的に自分を判断するようになります。しかし、冷静に考えてみてください。

 

答えのある問題には模範解答があります。しかし、社会にでると「答え」などありません。つまり、模範解答などないのです。そもそも「問題」さえも、自分で仮説を立てて、行動して検証し、答えを導き出す必要があります。そう、資格試験で用いる能力と、社会で成功するために用いる能力は全くの別物なのです。いわば、歯科医師国家試験は5択のクイズのようなものです。社会ではクイズの能力など問われません。

 

「皆は1回で受かっているのに、私は今年で5回目。あと1回で大学1周です。私は本当に頭が悪いのですね・・・」(さきほど頂いた声)

 

などと自分を却下する必要はありません。しかし、自分を変える必要はあります。

 

どう変えるか?

 

同じことをやって違うことを期待するのはお門違い

 

この原則を理解する必要があります。それと同時に、

 

方向性が正しいのかどうか、を知る必要があります。

 

つまり、勉強「方と、勉強「方

 

』を変える必要があるのです。ロムニー配信ではこの「法向」について、様々な合格者の声を紹介しながら述べていきます。

 

現に、このやり方で今年実施した配信登録者の方は、全員とは言いません。しかし、多くの人が合格しました。従って、今年ダメだった方へ。

 

「悔しいのは皆同じです。今日も明日も泣いていいのです。不満を言っていいのです。それを言えないのは地獄です。しかし、明後日の朝からは、きっぱりと次を見るようにしてください」

 

次とはなにか? それは『なぜ、今回ダメだったのか?』を分析することです。

 

具体的には昨年1年間の過ごし方を振り返り、

 

「もっとああすればよかったのではないか?」

「第1回の模試の段階で全然点数が取れていなかった」

「第2回の模試の復習を怠った」

「あの1ヶ月、サボってしまった」

「既に分かっていると思い、あれをしなかった」

 

様々な反省が生まれるのではないでしょうか。国家試験は勝負事ですから、勝てば官軍です。従って、勝った人の勉強が正しいのです。ここを認めないと、再度同じ過ちを繰り返す必要があります。だからこそ、二度と同じことを繰り返さない「分析」が必要になるのです。

 

そして、もう1つ。これは絶対に肝に銘じてください。

 

終わったことはもういい。もう終わったのだから。嘆くことや、悲観視するのは人生の寿命を減らすだけです。これは今日と明日だけにしてください。

 

浪人の3回、4回などはアメリカでは普通です(日本は特殊なのです)。サラリーマンとは異なり、新卒が有利などと言う世界でもありません。それを言ったら、浪人して成功している歯科医師など腐るほどいます。

 

何浪しようと、誰かと自分を比較するのもナンセンスです。あの子は1回で受かったのに、私は3回目・・・そんな馬鹿げたことを考えることが、そもそも終わっているのです。厳しいことを言いますが、この哲学を理解できない方は、ロムニー配信に入るべきではないでしょう。きっと配信がストレスになるからです(当会の配信はメンタルを高めることも目的の1つだからです)。人生はあなたのためにあるのであり、あの子に勝つためにあるのではないのです。

 

この2つ。つまり、

 

終わったことを嘆くこと

誰かと比較をして自分を過小評価すること

 

この2つは日本独特の愚かな風習であり、今すぐに自分の内から放り出し、燃やしましょう。

 

具体的な方法や、今後の対策はロムニー配信で述べていきます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。最後になりますが、私たちは差別化を意識しています。あなたが本当に自主的にやる気を持って、

 

必ず111回を突破する!

 

この気概がある方ならば、ぜひ、ロムニー配信にご登録ください(完全無料)。今年は定員を設け、徹底的な差別化を行っていきます(定員がオーバーした段階で登録はできなくなります)

 

最後に一言。私はあなたの味方です。しかし、あなたが合格をするためには、あなたが主役になる必要があります。私たちはあなたのことをサポートするコンサルタントです。今月中に配信に登録された方には、これまでのバックナンバーも全て添付させていただきます。


登録ご希望の方は、カテゴリー「ロムニー配信登録」を参考にしてください。 

なにより大事なことはあなたが今年1年、真剣に頑張ってきたという「実感」です。結果は後からついていきます。もう自分をいじめるのは終わりにし、この1年で決着をつけましょう。

 

では、お逢いできることを楽しみにしております。

 

代表:立花



「受ける前よりも受けた後の方が神経を使う試験」はこれで終わりにしたい!


 


そんな声が聞こえてくる昨今の歯科医師国家試験。


 


世の中には多くの受験生が存在するものの、これほどまでに心臓に悪い試験は他に類がないでしょう。3つも4つも受けられる大学受験とも違い、誰でも受けられる英語検定とも違い、


 


「日本一進級試験が過酷な歯学部で6年間を突破」した上で、『初めて受ける資格を与えられる試験』(年に1)合格率は6割!


(注:実質的には卒業させない大学が多いため、出願者に対する合格率は50%以下。恐ろしいことに、今後さらに難しくなる事が予測されます)


 


先日、100の歯科医師国家試験を受けた方がこんなことを言っていました。


 


12月から過去問3周すれば誰でも受かるでしょ」


 


たしかに、第100回はそれで済みました。なにせ、卒業試験をほぼ全員が突破し、その上での国家試験の合格率が80%だったのですから。一方、今は卒業できない人を大勢出した上での国家試験の合格率が63%。つまり、第100回の基準で算出したら、50%を切ります。


 


12月から過去問3周すれば誰でも受かるでしょ」


 


いかにこの発言が無責任かつ馬鹿げたアドバイスであるかが分かるでしょう。


さあ、私たちは現実を見る必要があります。そして、一刻も早く行動を開始する必要があります。当勉強会では「ロムニー配信」(今年で3期目)というPDFでの配信を毎週土曜日に行っています。登録及び配信は「無料」ですが、入会するには心構えとしての条件がございますので、左にある(スマーフォンでは下)カテゴリー「ロムニー配信登録ページ」をご参考にしてください。既に今年は、猛烈にやる気のある受験生が400名前後入会しています。末恐ろしいやる気を感じます。私は彼ら、彼女らを心から尊敬し、応援します。


 


さて、明日110回歯科医師国家試験の発表があります。そこで、ぜひ、合格された方へ。あなたの貴重な合格体験記を伺わせていたけませんでしょうか。昨年ロムニー配信に登録されていた1224名の方はもちろんのこと、そうでない方も含め、ぜひ、あなたの御意見をいただきたく願います。このご意見は、今後のロムニー配信にてご紹介させていただくことがありますので、極めて大きな意義のあることです。あなたの貴重な意見をここにご記録ください。お願い致します。


 


件名欄:私はこうして合格した

本文欄:
・受かった感想はいかがですか?

・この1年、どのような勉強をしてこられましたか?(具体的でも抽象的でも構いません)

・お勧めのテキストはなんですか?

・ロムニー配信に感想、あるいは期待することがあれば、意見をお願いします。


 

宛先はdcromneyhouse@yahoo.co.jpまで!!!


 


どうぞ、よろしくお願いいたします。立花より。



ロムニー配信 第5号(3月11日)から一部抜粋。

ここは意外と暗記できていない人が多く、12月時点で覚えていない人がおり、昨年も質問者の方に「今覚えないでいつやるのだ。気合をいれなされ!」とお叱りを致しました。あなたにはこの3月の時点でここを把握しておいてほしいと思います。

 

研磨剤

不溶性メタリン酸ナトリウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、~カルシウム

発泡剤

ラウリル酸ナトリウム

保湿剤

ソルビトール、グリセリン、プロピレングリコール

結合剤

アルギン酸ナトリウム

抗菌剤

トリクロサン、クロルヘキシジン、塩化ベンゼトニウム、塩化セチルピリジニウム

歯垢分解

デキストラナーゼ

歯石沈着防止

ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム

歯肉ひきしめ

【ペリオ予防】

塩化ナトリウム

消炎

抗プラスミン

止血

【ペリオ予防】

トラネキサム酸、カプロン酸

知覚過敏

硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、塩化ストロンチウム、クエン酸

 

 ★配信ではもっと多くの知識を紹介しています。ぜひ、定員を超える前にご登録はお早めにしてください。

先日、大手予備校(DESと麻布など)の両者の採点サービスの結果が出たとのことで、多くの方より

 

「先生、C領域のボーダーはどのくらいになると思いますか?」

A領域が上がるというのは、どのくらいあがるのでしょうか?」

「必修は削除はあるのでしょうか?」

 

主としてこの3つの質問を含む多くの「予想を教えてください」というメールが届きます。しかし、昨年も一昨年も同じことを述べておりますが、予想をしたところで、それは単なる憶測でしかなく、不安を煽るだけです。また、採点サービスを見たところ、

 

A領域の平均点が異様に高い!  もし70点を超えるのではないか?

 

B領域もC領域も108回並みに高い!  まさか、C領域は138を超えるのか?

 

などなど、様々な予想を立てることはできますが、全くナンセンスなことだと思います。

 

そもそも、採点サービスを受けている人の数がDES1000名前後、麻布も1700名前後という受験者の半分にも満たしておらず、このようなサービスを受ける人は、毎年恒例で

 

「ある程度結果に自信のある人」

 

であることが多いと考えられます。そりゃそうですよね。自信が無い人は怖くて受けられません。それ故、異様なまでに平均点が高くなるのは自然なことです。

 

しかし、

 

今回1つだけ私の方から述べさせていただくと・・・

 

臨床問題は決して「簡単」ではなかったと思います。しかし、採点サービスの平均点を見ると、108回にそっくり、いや、A,B領域は108回を超えています。従って、レベルは108回より難しいものの、今回の受験生は「極めて優秀だった」可能性が高く、それ故意外な高得点の平均点になったのだと考えれます。

 

この観点からすると、B領域やC領域のボーダーは上がる可能性があります(臨床問題の難易度からすると、109とほぼ変わらないと個人的には感じるが、できる人が多かったのかもしれない)。とはいえ、ぜひ理解すべき国家試験のルールとして、

 

『どんなにB,C領域で点数を獲得していようと、A領域や必修が不足すれば、それで終わり』

 

これが国家試験の怖い所なのです。

 

毎年必修1点で涙を呑む人が多いことから考えても、点数はスパイキーではなく、フラットにとることが肝心なのです。総合点が低くても受かる人は受かり、必修が1問不足するだけでも受からない人もいるのです。これは本当に理不尽なルールだと思います。一度厚労省の前でデモ行進をしたほうがいいでしょう。昨年の109回でも赤痢菌を知らなくて落とされた人がいたらしいですが、赤痢菌を知らないと歯科医師になれない・・・あり得ないことこの上ない。

 

ですから、あなたが予備校の採点サービスであまりよろしくない結果だとしても、順位であなたより上にいる人が全員受かるというわけではないということです。今回は先日述べたように意見が大きく二極化しています。

 

できた人はとことんでき、できなかった人はとことんできなかった。

 

採点サービスを利用している人が「とことんできている人」であるとした場合、平均点が高まるのは当然のことです。逆に言えば、とことんできなかった人の点数は反映されていないことになるでしょう。しかし、繰り返しになりますが、

 

国家試験はバランスが何より重要です。領域別の点数の全てにおいて「ボーダー」以上の点数を取る必要があります。

 

ということは・・・

 

順位は悪くても、バランスよくとれている人は合格します。その逆もしかりなのです。

 

なにか「総合順位」ばかりに目が行っている方が多いように思えますが、国家試験においては、それ以上に「全ての科目を過不足なくバランスよく平均点くらい獲得すること」が重要になります。

 

まとめ

:様々な人や大学が「今年のボーダーは『A71B132C135』、必修は2問除外など」と予測をしておられるようですが、それを見て悲観視するのは精神的によろしくないことです。彼らは単に意見を言っているだけだからです。大事なことは、あなたは本気でやったのか?ということ。確かに結果が全てです。しかし、これはあなた完結型の問題であり、客に迷惑をかける話ではありません(ビジネスではない)。ならば、その結果を真摯に受け止め、受け入れればいいのです。あなたは殺人者でもなければ極悪人でもない。第2次世界大戦後、最も難しい歯科医師国家試験に挑んでいる挑戦者です。医師国家試験の91.5%と比べてもこれがどれほど恐ろしい試験なのかは一目瞭然です。

 

今回の国家試験で本気でやった方へ

やることはやった。ボーダーをネットで漁るのは止め、あとは天命を待ちましょう。神様は今のあなたに必要な結果をもたらします。

★以下の記事は第2号ロムニー配信からの一部抜粋です。

受かるために何が最も重要か。この答えは人の数だけあります。しかし、失敗するための方法はわかります。

 

それは「持続的に勉強できない事」、そして、「方向性を誤る事」

 

つまり、受かるためには「持続的かつ正しい方向付け」が何より重要です。

 

あなたは北海道に行きたいときに、沖縄便に乗っては行けません。方向性が違うからです。

 

あなたは今日と明日頑張っても明後日と明々後日をサボれば意味がありません。持続しなければ勝てないからです。

 

あなたに持ってほしい最も大事なことはシンプルです。

1つ目:毎日勉強する

2つ目:方向性が正しいかのチェックをする、あるいは、してもらう

 

12月まで猛烈な勢いで頑張ってきた人がいました。しかし、彼は1月はほとんど勉強しませんでした。結果は言うまでもない。

 

12月まで持続的に頑張ってきた人がいました。1月も頑張りました。しかし、方向性が違いました。結果は言うまでもない。

 

いや、たしかに「量は質をも凌駕する」というのはあります。

 

しかし、それはとてつもない量をこなした人だけに言えることです。あなたが現役生ならば、とりわけ時間がありません。既卒生の方は時間はあるものの、モチベーションを維持するのは至難の業です。つまり、いずれも猛烈な量をやりぬくというのは本当に辛いことなのです。従って、正しい方向性の勉強をしつつ、自分にできる最大の努力をするという姿勢が何より重要です。

 

そして、あなたには幸いなことに「やる気」があります。だからこそこの配信に登録されているのだと思います。このやる気がある限り、あなたはこの戦いで勝てます。111回は確かに厳しいと思います。しかし、禁忌肢がなくなる、必要最低点もない、などなど、デメリットばかりではありません。

 

あなたの1つ1つの行動が、後で後悔しないものであることを強くお勧めします。そして、あなたは信じなければなりません。私は勝つために挑戦する。決して最後まで諦めない、と。

自分は勝てる!という気持ちは誰にも邪魔できません。その気持ちがあなたを勝利に導きます。

317日までの過ごし方

 

「急ぐことに価値はない」

 

こんにちは。ロムニーハウスの立花です。

 

多くの110回を受験された方より「不安です」「パニックです」「私どうすればいいのですか」という声をいただきますが、結論から述べると

 

終わったことについて悩むことは、死んだハムスターに向かって生きかえって!と嘆くようなものです。大事なことは、ハムスターが生きている時に可愛がることです。

 

従って、不安に思っている方にぜひもっていただきたい意識として、

 

『結果はどうなるか分からない。だが、私は今日からの11日を大切にし、確実に進歩していく』 

 

これは研修医の方も歯科医師も同じですが、最も大事な意識は

 

『日々進歩する事を自分に課す』

 

ということです。317日までの発表までの約1ヶ月。あなたはどれだけ進歩することができるでしょうか。進歩は何でも良いのです。

 

・昨日までは挨拶ができなかったが、今日は挨拶ができた。

・昨日よりも多くの「ありがとう」を言えた。

・昨日知らなかった知識を、本を読んで知った。



・スカイダイビングを初めてした。



・勇気をもって人に会いに行った。



・いままで知らなかった美しい風景をみた。



・一人旅をして、新しい価値観が生まれた。

 

これらはどれも立派な進歩です。ある人が「人生は試練だ」と言いました。しかし、ある人は「人生はゲームだ」と言いました。そして、またある人は「人生は映画だ」と言いました。その人がもつ「人生の定義」によって、まったく物事への受け止め方は変わります。そして、1つだけ言えることは、人生は国家試験ではありません。

国家試験が受かる、受からないというのは、長い人生から見れば1つの「経験」にすぎません。これがダメだから終わるわけでもなく、ましてや人生が終わるわけでもありません。平均寿命が80歳の21世紀において、焦ることに価値はありません。仮にあなたが30歳であっても、まだまだ人生の折り返し地点までも来ていません。30年働いてもまだ60です。お釣りが20年もあるのです。したがって、あなたは何も急ぐ必要もなければ、失望する必要もない(なぜなら、あなたがこの1年本気で頑張ったということが何より大事だからです。これは100%正しい)。そして、持つべき視点は

 

『今日私は進歩したか』

 

ということです。これを実践していれば、3郎して歯科医師になろうと、5郎して歯科医師になろうと、現役で合格した人と比べ、何のハンデもありません。

 

大事なことは、人には人のペースがあるということです。

 

ある人は6年で歯科医師になります。

ある人は10年で歯科医師になります。

 

問題は「早くなればなるほど良い」という誤った考えです。

 

残念なことに、先生方でもこのような考えを持っている人はいます。彼らの意見は無視して構いません。本来最も重要なことは

 

『どういう歯科医師になるか』

 

であり、『早く歯科医師になること』ではないのです。今は「行動の時代」です。歯科医師になってからも自己研鑽し日々自分を磨いていける人が勝ち続け、それを止めた人から脱落していく時代です。しかし行動できる根本には「強さ」が必要です。国家試験で落ちることは大きな挫折です。この挫折を乗り越えた人には確実に強さが生まれます。この強さはお金で変えるものではなく、辛い経験をしなければ決して身につかない財産です。

 

この観点から考えると、競争熾烈な厳しい歯科業界においては、若いうちに困難な経験をし、強さを備えることが何より重要なことなのです。事実、今現在日本各地で活躍している歯科医師の先生方の多くが、学生時代に留年を経験したり、国家試験で浪人経験を持つ人が多い傾向にあります。むしろ1回、2回の留年、浪人はあなたの歯科医師としての今後を明るいものにする良き経験なのです。中国で最も富豪になっているアリババグループの創業者の馬雲(ジャック・マー)は大学受験で2度失敗し、就職は全て落とされています。京セラの稲盛氏も受験も就職も全て落とされています。このような例は枚挙に暇がありません。しかし、それ故「偉大な人物」になったのです。

 

結論

317日の結果が「不合格」だった場合、それは神様からの試練だと捉えてください。神様は過度な試練は与えません。そして、弱き者には試練を与えません。もし、あなたにその試練が与えられたという事は、それに耐えられる人間だと判断されたからなのです。言い換えれば、将来性が高い人物であるということです。一方、もし「合格」してしまった場合、あなたはそれを受け入れてください。しかし、決して驕らず、慢心せず、これからが試練の始まりだ・・・という意識を持ってその結果を受け止めるようにしてください。

ロムニーハウスでは、単に「歯科医師になる」という目標ではなく、社会的に価値のある「歯科医師になる」ことを目的として配信を行っています。そして、言うまでもなく「登録者全員の合格」という気持ちで配信を行います。

 

配信について詳細を知りたい方、ご希望の方は下のページを参考にしてください。


http://blog.livedoor.jp/ipccnkfrull/archives/1064184210.html

 

 

 

 

ロムニー配信はPDFによる週1回の配信です。
2月11日から第3期生向けが開始しました。
登録は無料です。
昨年は約1300名の方が登録されていました。
以下は2月11日分の一部抜粋です。

ロムニー配信 第1

はじめまして。ロムニーハウスの立花です。111回受験生の方、110回を受けて合否がまだ分からない方、教職員の方、4年生、5年生の方、今日から早速111回の対策のための配信がはじまります。この瞬間、第1回の配信で登録されている方は、毎年恒例で非常に少ない人数となっています。しかしこの数が、7月頃になると急激に数が増え、10月頃には1000名を超えることが予測されます。今年は本日(2117時現在)の段階で217名の方が参加されています。これまで第1期生(109)、第2期生(110)の配信が終わり、今年は第3期生の年となります。この配信に登録されている方はとてもユニークです。111回受験生の方はもちろんですが、4年生の時(1期生)から3年連続で今年6年生として登録される方もおりますし、1期生の方で、研修医になってからも登録されている方もおります。また、教職員の方も複数名ご利用いただいております。今年は3期目ということで、これまでで最も活発な年になると考えています。

 

あなたを合格させるために私たちも本気で情報を提供していきますので、ぜひやる気を持って、「何が起こるか分からないこの試験」でどんな結果になっても後悔のない年にしてください。

 

まず、この配信では「みなさん」という言葉は用いません。この配信は「あなた1人」に向けての配信であるため、「あなた」という言葉を用います。私はあなたのためにこの配信を書いています。ぜひ、その点を意識してこの先を読むようにしてください。配信は毎週土曜日あるいは日曜日に配信されます。携帯の機種の関係上、メールを送る際にエラーとなることがありますので、その際は再度異なる機種からの登録をよろしくお願いします。

 

今回はこれからの国家試験の傾向、国家試験のシステム、必修対策、そして、3問の問題を解いていただきます。

 

当会の配信をこれから1年間受講される方へのお願い

・「ロムニー配信」を引用する際は、その旨を書いていただければ引用していただいて構いません

(★ただし、有料教材の内容はいかなる理由があっても複製・引用は禁止します)

 

・登録者の方が膨大な数に上るため、質問にはなるべくお答えしますが、返信が遅れることがあることをご了承ください。また、「知識に関する事」「問題解説に関する事」「模擬試験に関連する事」などは、時間の制約上、また、彼ら(予備校)の事情を考慮し、お答えすることができません。

 

・当会の配信は時々迷惑メールフォルダに入ることがあります。また、携帯電話の機種の関係上、配信が送信不可になることがしばしば起こります。その際は、大変お手数ですが、異なる機種、パソコンなどからの再登録をよろしくお願いします。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・

110回の必修の中で、必修ノートから出題されたものは次のものが挙げられます。これらは全て次回紹介する必修入門講座でも解説します。

A-9

A-13

A-17

A-21

A-23

A-29

A-31

C-4

C-7

C-9

C-21

C-22

C-23

 

その他、当会の教材(ウィナーズ、スタートアップ、VIP)から出題されたものを加えると・・・

A-1(VIP)

A-3(VIP)

A-4(ウィナーズ)

A-5(ウィナーズ)

A-6(ラスト配信)

A-7(ウィナーズ)

A-12(配信)

A-18(ウィナーズ、スタートアップ)

A-22(ウィナーズ、)

A-27(スタートアップ)

A-30(VIP問題)

 

つまり、110回の必修全70問のうち、当会のテキストをやるだけで

 

24問!!」も解くことができたのです。

受験された方ならば分かると思いますが、これらの問題の多くが「合否を分けた問題」であることも、また事実です。また、ここに挙げられているのは必修に限定しておりますが、その他の「一般問題」「臨床実地問題」においても、今年は数々の問題が当会の発信した情報から出題されました。このテキストを参考につくられたのではないか?と錯覚するほど、当会の情報の信憑性が増した結果となりました。今年はさらに情報を追加・整理し、進化させていきます。また、昨年の反省を踏まえ、より国家試験にフォーカスした情報を発信できるように努めてまいります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                         

問1 内頚動脈の枝はどれか。1つ選べ。

A 眼動脈

B 顎動脈

C 舌動脈

D 顔面動脈

E 浅側頭動脈

                   

解答:これは即答で答えられないと、既にまずい知識です。なぜならば、BEは外頚動脈の枝として有名だからです。多くの方は内頚動脈の枝と言われても分かりませんが、除去法を用いれば、必ずAを選択することができるのです。なお、外頚動脈の終枝は「顎動脈」と「浅側頭動脈」です。

 

問2 局所麻酔薬中毒の初期症状はどれか。1つ選べ。

A 興奮

B 徐脈

C 意識消失

D けいれん

E チアノーゼ

 

この問題は先日の110回歯科医師国家試験のA-68(一般問題)です。知識がないと「は?」となります。昨年VIP会員様に提供した第3回で予測していました。その時に提供した解説を以下に載せます。

 

3VIP問題より引用

局所麻酔薬中毒は歯科治療時の偶発症の代表的なものです。初期症状と中期症状、末期症状とで興奮的な要素と、抑制的な要素の症状となり、違いがあることを覚えておきましょう。

 

初期症状:中枢神経の興奮

中期症状

末期症状:中枢神経の抑制

・興奮

・嘔吐

・呼吸促進

・血圧

・脈拍数

・顔面紅潮

・けいれん

 

・昏睡

・呼吸抑制

・血圧

・脈拍数

・心停止

 

 

問3 細菌の細胞壁分解能を有するのはどれか。1つ選べ。

A アミラーゼ

B リゾチーム

C ディフェンシン

D ラクトフェリン

E ペルオキシダーゼ

 

この問題は、先日の110回歯科医師国家試験の問題で、一番最初A-1(必修)に出題されたものです。同様に、昨年のVIP会員様の第3回で予測していました。以下に添付します。これは今すぐに覚えましょう。

 

3VIP問題より引用

唾液の抗菌因子 (黄色部分は「酵素」)

 

作用

リゾチーム

細胞壁を破壊する

ペルオキシダーゼ

H2O2下でチオシアン酸イオンを酸化する

ヒスタチン

抗真菌、タンパク分解酵素(トリプシン様酵素)を阻害する

ラクトフェリン

鉄を奪う

ディフェンシン

細胞膜を破壊する

分泌型 IgA

粘膜感染の防止

 

いかがでしたでしょうか。仮に今できなくても大丈夫です。ただし、3月末までにはスラスラと解けるようになっておくことで、とても大きなアドバンテージになります。4月以降はやることがたくさんあります。特に現役生は知識量が圧倒的に不足しているため、詰め込むことがとてつもなく多いと覚悟しましょう。当勉強会では本当に必要な点だけをあなたに配信や教材を通じて提供していきます。それはあなたのコスパはもちろんのこと、時間的節約、合格への道に大きな貢献ができると確信しています。

 

ぜひ、一緒に楽しく、しかし、危機感を持って勉強していきましょう。

はじめましての方ははじめまして。お久しぶりの方はお久しぶりです。ロムニーハウスの立花豊と申します。4日、5日に110回が実施され、昨日まで多くの方より感想のメールをいただきました。彼らの意見をまとめると同時に、私の意見を書かせていただくと、110回は全般的に・・・

 

『解きやすかった』≒『良い問題が多かった』

 

という結論に至りました。ただし、解きやすいとは言え、知識がなければ決して解けないような問題も多くありました。つまり、問題の質が良かったということです。毎年恒例で、臨床実地問題は高得点を取る方がかなり多いですが、今年の臨床実地は例年通りだと感じました。従って、108回のような極端な容易さではなく、どちらかと107回に似た感じの問題だったのではないでしょうか。従って、難易度で言うと次のようになると考えます。

 

低 108 < 107110 < 109 高

 

さて、今年の問題は109回の時とは異なり、意見に不一致が多くみられました。必修がとても簡単だった!という声は109回では皆無でしたが、今年は多くの方より解きやすい必修だったという声をいただいた一方、必修が難しかった、という声も同じくらいいただきました。その他、多く頂いた意見を次に示します。

 

・一般問題は非常に簡単だった

・一般問題は知識がなければ決して解けない問題だった

・必修とは思えないような問題も必修にあった

・補綴が難しかった

・矯正が過去問では対応できなかった

・臨床がとても簡単だった

・臨床が109回よりも難しく感じた

B領域が難しかった

C領域のボーダーが気になる

A領域が怖い

 

 

見ての通り、見解が一致しないことが多く、まさに一人一人が異なる感想を述べているという印象を受けます。さらに、もう1つ面白い発見がありました。

 

大学によって意見にまとまりがある

 

例えば、A大学の方5名、C大学の方3名から意見をいただきましたが、ほぼ一致してこう言いました。

 

・解きやすい問題だった。平均ボーダーが上がる予感がします。

 

一方でH大学の方4名とJ大学の方3名の意見では、

 

・臨床が難しかった。特にC領域が怖い。

 

このように大学ごとでかなりまとまりのある見解が目立ったように思えました。おそらくこれは、大学のカリキュラムが影響していると思います。例えば、臨床実習が12月まである国立の方の多くが「臨床は簡単だった」と述べてきていることから、110回歯科医師国家試験は

 

『限りなく臨床医に必要な知識を問うている』

 

という事が明らかです。この流れはこれからも続くでしょう。むしろ、続かないことは考えにくいのです。そして、

 

このような感想から導き出された110回の「カギ」は何かと言うと、

 

必修!!

 

今年は相当数の方が必修で引っかかってしまう懸念があります。そしてその圧倒的多数が「総合点がそこそこ高い人」だと考えられます。というのは、国家試験で落ちてしまう場合、そのほとんどが次の3つの場合が多いからです。

 

1つ目:総合点が低く、全ての領域で点数が不足

2つ目:総合点が高く、必修1点~2点不足

3つ目:総合点が高く、A領域1点~2点不足

                 

最も多いのは基本的には「1つ目」の場合で、圧倒的に総合点が不足していることです。そして今年の場合、多くの声から予想される懸念は、

 

必修の不適切問題が少ない!

 

ということです。昨年のような「あからさまに必修ではない問題」が今年は少ないと思います。おそらく3問前後(A-24, C-5,C-10, C-27)ではないでしょうか。ということは、最も多い残念なパターンは

 

2つ目! 総合点が高く、必修1点~2点不足

 

になると予想されます。無論、1つ目はさらに多いのは毎年のことです。その他、懸念されるもう1つの事項は「A領域の基準点が高くなる」という可能性です。頂いた声を聞いていると、最も多い声が「一般問題が解きやすかった」というものだからです。その他、B,C領域に関しては、109回よりやや基準が上がる可能性がありますが、誤差の範囲内だと考えられます。また、B領域は不適切問題が、C領域は「B-2、B-30」などの正解が複数ありそうな問題もあり、思わぬ点数アップがある可能性もあるでしょう。

 

この結果から、111回を受ける場合の「とても重要な対策」が見えてきます。まず、ロムニーハウスは110回で確実に貢献ができたと思います。詳細は第1回の配信(211)で述べますが、必修はもちろん、相当数の問題を予測することができました。私たちはより進化し、現在新しい情報をどんどん仕入れています。そして、その情報を配信で提供させていただきます。

 
そして、大事なことですが、結果は誰にも分かりません。マークミスがある事もあり得ますし、大手予備校が発表している領域が正しいかどうかもわかりません。正解が正しいかも分かりません。つまり、それらの情報をみて「落ち込む」べきではありません。むしろ頑張ってきたという自信があるならば、その自分を大いに尊重し、どんな結果でも悔いはない。と思っていいのです。頑張った人は頑張った自分を褒めてあげましょう。誰かを刺したというわけでなく、困難な戦いに挑戦しているのですから、正々堂々としていいのです。


さて、111回を受ける上で何が最も重要か、それは・・・・・・・・

〈ここから先はロムニー配信第1回にて


登録ご希望の方はこちらから

http://blog.livedoor.jp/ipccnkfrull/archives/1064184210.html 

   
110回 歯科医師国家試験 必修A
(訂正:この動画にて、問2を問1と書いています)

ロムニー配信しでは、110回の必修で「30問」も問題を予測できました。必修以外を含めると、膨大な数の問題が予測されています。今年は定員数が達した時点で、登録は終了となりますので、お早めにご登録ください。

第3期ロムニー配信の登録者を募集いたします

 

こんにちは。ロムニーハウス代表の立花と申します。

 

昨日、110回歯科医師国家試験が終わり、多くの受験生たちから

 

「ああ、疲れた」

「今年は昨年よりは解きやすい問題が多かった」

「必修が怖い」

 

など様々な声が届きました。圧倒的に多い意見として「まともな問題が多かった」というものです。おそらく、108回よりは難しく、109回よりは簡単な国家試験になったのだと思います。

 

詳細については今後お知らせさせていただきますが、111回歯科医師国家試験の戦いが既に始まっています。脅すつもりは微塵もありませんが、111回からは本当に難しい国家試験になる可能性があります。何もかもが未知数なのが111回なのです。ぜひ、早い段階から勉強を始動することをお勧めします。私たちも例年よりも早く、本日より

第3期ロムニー配信(完全無料)

を募集させていただきます。ロムニー配信とは、ロムニーハウスによるPDFによるメール配信です。毎週1回行われます。第1期は950名、第2期は1450名の方が参加されました。

〈登録者は受験生のみならず、4年生、5年生、教職員を含めます:受験生はおよそ1300名前後

主たる目的は差別化! そして、

 

「勉強のモチベーションを高めること」

 

定期的にあなたの鼓舞するお話しをさせていただきます。

(感想として、この点を高く評価していただいております)

 

そして何より、

 

「価値ある情報を配信すること」

 

です。今の国家試験は情報が命です。アメリカに行きたければアメリカに行くための方法を知る必要があります。どんなに長旅をしても、方向が誤っているとシンガポールに行ってしまいます。ロムニー配信はあなたを着実にゴールに向かわせます。

 

そして、私は常に配信をする際に、あなたを飽きさせないような言葉を選んで文章を構成しています。楽しんでいただけることが何より重要だからです。

 

その他もたくさんの意義がありますが、ここでお話しすると10ページ以上に及ぶため、登録した後で実感してください。配信は週に1(毎週土曜日あるいは日曜日)行わせていただきます。昨年もこの時期より初めて、全45回行いましたが、10月以降に登録された方の多くから

 

「もっと早く出会いたかった」

「なぜ、2月から知れなかったのだろう」

 

などなど、ありがたい声をいただきました。たくさんの情報が飛び交う中で、今このページにたどり着くことのできたあなたは本当に幸運だと思います。1回の配信からリアルで現在進行形の配信を読むことにこそ、大きな意味があるからです。

 

今年からロムニー配信はさらに進化を遂げ、様々な新しい試みを考えております。また、とてつもなく教え方の上手い講師Aを招くことになりました。我々にとっての大きなサポートになりました。このHPでは言えない内容も今後は全て配信でお話しさせていただきます。

 

配信登録ご希望の方は次の点をご送信ください。配信は211日から開始いたします。

注意:私たちは数を求めておりません。私たちはやる気のある方にのみ来ていただきたいのです。次の当会の方針に同意できる方のみ歓迎します。

1 差別化のための配信であるため、やる気がある事が前提です
例:私、全くやる気がありません・・・ご遠慮ください。

2 他の機関(模試や大学の試験)やミクロな知識についての質問はご遠慮ください
例:DESの模試のあの問題を解説してください・・・ご遠慮ください。彼らを尊重します。

3 当会の方針を守れない方には配信を中断することがあります
例:登録の際に名前を書く意味が分かりません・・・ご遠慮ください。

以上の3点をご理解いただける方であれば、喜んで歓迎いたします。あなたを合格へ導くサポートを積極的にさせていただきます。・



★注意:以下の会社の機種からの配信はエラーメールとなり、届かないことがあります。
ezweb
docomo
hotmail


宛先:dcromneyhouse@yahoo.co.jp 

件名欄:配信登録希望

本文欄:氏名、大学名、現状

 

氏名や大学名は一切公開されません。いたずら目的の方を防ぐための方策となっております。
★一部、携帯の機種や設定により、配信ができないことがあります。その際は大変お手数ですが異なる機種からの登録をよろしくお願いします。
★当会が妨害目的だと判断した場合は、直ちに配信を停止させていただくことがあります。

まず一言。


よく頑張りました。素晴らしいことです。


苦しめられた問題も多くあったでしょう。


人によっては大丈夫か・・・心配・・・と思う人も多いでしょう。


しかし、既に頑張って試験は終わったのです。


終わったことに対し心配をしても意味がありません。


それは熱湯を入れて3分経過したカップル―ドルからお湯を抜くようなものです。


もう熱湯は入れたのです。あとは食べるだけです。


それが美味しいのか、不味いのかの結果は、偉大な神様に任せましょう。


あなたの部屋にドラえもんはいません。


しかし、あなたには明日があります。


ならば、新しいことを考えましょう。


今週、来週はあなたのこれまでの努力を称え、思い切って楽しみましょう。


3月17日の結果発表は神の手に委ねられました。


本当にお疲れ様でした。


また後で会いましょう。また、ぜひ感想を送っていただけると幸いです。メール先はdcromneyhouse@yahoo.co.jpによろしくお願いします。近いうちに総括をさせていただきます。

少しパニックになっている方へ

 

「残り2日、あれも気になる。それも気になる。どうすればいいの!」

 

と少しパニックになっている方へ。

 

あなたはまず冷静になる必要があります。

 

あなたはこれまでサボってきたのではないはずです。

 

あなたはこれまで自分にできる限りの最高の努力をしてきたと思います。

 

残り2日になると、「あれ出るらしいよ」「あの人何しているのかな」などなど、他人が何をやっているか、自分が持っていない情報があるのではないか・・・様々な不安な気持ちが出てくると思います。私はここで断言します。

 

90%の確率でそれらの情報はデマ情報です。しかし、たしかに10%は本物もあるでしょう。ですが、仮に本物の情報であっても、些細な点数にしかなりません。その些細な点数は、あなたがこれからの2日間で最終まとめをする中で獲得できる点数なのです。したがって、どっちにしても、±0なのです。

 

結論:周りの人の勉強や情報を気にする必要は全くありません。頑張ってきた自分を信じ、自分の勉強を残り2日間持続して頑張っていきましょう。それが最良の勉強法です。

 

 

 


1 抗菌薬の中で細胞内移行性が良いもの

マクロライド系
ューキノロン系

覚え方:マックに行こう(マックに移行)

2 抗菌薬の中で時間依存性のもの
βラクタム系:投与の回数を増やす

覚え方:地べた(時β)

3 抗菌薬の中で経口投与が最も優れるもの
・ニューキノロン系

4 抗菌薬の中でDNA合成阻害薬
・ニューキノロン

5 抗菌薬の中でRNA合成阻害薬
・リファンピシン

覚え方:R(リ)

6 抗菌薬の中で「インフルエンザ脳症」に投与で、死の危険を引き起こすもの
           (緊急安全性情報が出ている)
・ジクロフェナクナトリウム
 
7 抗菌薬の中で「腸の狭窄・閉塞」を引き起こすもの
・ロキソプロフェンナトリウム

8 トロンビン阻害薬
ダビガトラン(第2因子の活性阻害、安全域広く、血中薬物モニタリング不要)

(なお、抗血栓薬のワルファリンは「CYP」の影響を受けるため、モニタリングが必要)

9 血液、齲蝕検知液、X線造影剤、ホルモン剤、覚せい剤などの分類
「医薬品」

10 「医薬部外品」と「化粧品」の分類 

・薬効成分の入った歯磨剤の分類 ➡ 「医薬部外品」

・薬効成分の入っていない歯磨剤の分類 ➡ 「化粧品」
     

先日こんな質問が来ました。

「あと1点で落ちないために意識することはなんでしょうか」

この手の質問は非常に多くあります。最も重要なことは、

「あと1点などという状況にならないように、20点くらい余分に点数を取る事」

ですが、現実的な問題として、「あと1点」という惜しい結果になる人は多くいます。

その多くの原因は「必修」あるいは「一般問題のA領域」となるでしょう。

B,C領域の場合、あと1点ではなく、あと6点、あと9点という大きな開きが出る場合が多いため、

「実力不足。これじゃいかんな」

と潔く思えるのですが、必修やA領域の場合は、「あと1点」で落ちることがあるため、

「受け入れられない」

という悲しい気持ちになるのも仕方がないでしょう。

よって、「あと1点」で落ちるタイプの人は、

基礎的な知識、必修の知識を直前期の今、再度見なおすことが何より大事になってくると思います。

そして、大幅に点数が不足した人は、外科や補綴、小児や矯正などのB,C領域に力を入れることが重要になってきます。

このような自分の弱点を知った上で、残りの6日間を過ごすようにしてください。

そして、当日の意識として、やはり「ケアレスミス」をしないことが「あと1点」にならない最良の対策です。そのためにも、昨年「あと1点」だった人は、とりわけ「必修」には時間をかけ、2回は見なおしをするようにし、できたと思う問題ももう一度見なおしをするようにしましょう。

この2つが何より重要な対策です。

 

1 内頚動脈の枝はどれか。1つ選べ。

A 顎動脈

B 舌動脈

C 眼動脈

D 後頭動脈

E 上行咽頭動脈

 

2 医療法における医療計画で定められる5疾病はどれか。2つ選べ。

A 糖尿病

B 骨粗鬆症

C 精神疾患

D パーキンソン病

E 慢性閉塞性肺疾患

 

3 下顎神経に付属する神経節はどれか。2つ選べ。

A 耳神経節

B 顎下神経節

C 舌下神経節

D 星状神経節

E 翼口蓋神経節

 

4 頭蓋を構成する骨で無対骨はどれか。1つ選べ。

A 鼻骨

B 涙骨

C 口蓋骨

D 上顎骨

E 蝶形骨

 

5 頸静脈孔を通る神経はどれか。すべて選べ。

A 副神経

B 顔面神経

C 三叉神経

D 舌咽神経

E 迷走神経

 

6 生活保護における被保護者が医療扶助の申請を行う対象はどれか。1つ選べ。

A 病院

B 保健所

C 福祉事務所

D 保健センター

E 社会保険診療報酬支払基金

 

7 歯周治療における切除療法はどれか。2つ選べ。

A 新付着術

B 歯肉切除術

C フラップ手術

D 歯周ポケット掻爬術

E 歯肉弁根尖側移動術

 

・・・・・・・・・・・答え合わせ・・・・・・・・・・・

 

1 内頚動脈の枝はどれか。1つ選べ。

A 顎動脈

B 舌動脈

C 眼動脈

D 後頭動脈

E 上行咽頭動脈

 

解答

A,B,D,Eはそれぞれ「外頚動脈」の枝で、顎動脈と浅側頭動脈が終枝となる。一方で、内頸動脈は「眼動脈」を出すため、正解はCとなる。仮に分からなくても、除去法で導き出せる問題。

 

2 医療法における医療計画で定められる5疾病はどれか。2つ選べ。

A 糖尿病

B 骨粗鬆症

C 精神疾患

D パーキンソン病

E 慢性閉塞性肺疾患

 

解答

:これは誰でも分かると思いますが、Eの慢性閉塞性肺疾患(COPD)NCDの1つです。パーキンソン病は110回もおそらく出題されるはずの神経変性疾患です。ドパミン、MAO阻害薬がキーワードでした。Bの骨粗鬆症は骨芽細胞の機能抑制によるものです。なお、ビスホスホネートは「破骨細胞の機能抑制」です。医療計画に定められるものとしては、

・がん

・急性心筋梗塞

・脳卒中

・糖尿病

・精神疾患

正解はA,Cとなります。

同時に覚えておくべきことは、「5事業」です。

・救急医療

・小児(救急)医療

・へき地医療

・災害時の医療

・周産期医療

★なお、医療計画については「地域連携クリニカルパス」や「在宅医療」なども定められます。この2つはそれぞれ非常に重要なキーワードとなります。

 

3 下顎神経に付属する神経節はどれか。2つ選べ。

A 耳神経節

B 顎下神経節

C 舌下神経節

D 星状神経節

E 翼口蓋神経節

 

解答

:上顎神経には「翼口蓋神経節」が付属します。下顎神経には「耳神経節」「顎下神経節」が付属します。なお、交感神経節として「上頸神経節(胸髄)」、「星状神経節」があります。正解はA,B。

 

4 頭蓋を構成する骨で無対骨はどれか。1つ選べ。

A 鼻骨

B 涙骨

C 口蓋骨

D 上顎骨

E 蝶形骨

 

解答

Eの蝶形骨は無対骨です。その他、舌骨や鋤骨、篩骨、下顎骨、前頭骨、後頭骨が無対骨です。

 

5 頸静脈孔を通る神経はどれか。すべて選べ。

A 副神経

B 顔面神経

C 三叉神経

D 舌咽神経

E 迷走神経

 

解答

:9,10,11が通るため、A,D,Eが正解です。頸静脈孔は「後頭骨」と「側頭骨」の間に形成されます。また、「孔」を通る問題として、「下眼窩裂」についても近いうちに問われることになるでしょう。下眼窩裂には「眼窩下神経、頬骨神経」が通ります。この孔は「上顎骨」と「蝶形骨」の間に形成されます。一方、上眼窩裂は蝶形骨の大翼と小翼の間に形成され、3(動眼),4(滑車),5-1(),6(外転)神経が通ります。

 

6 生活保護における被保護者が医療扶助の申請を行う対象はどれか。1つ選べ。

A 病院

B 保健所

C 福祉事務所

D 保健センター

E 社会保険診療報酬支払基金

 

解答

:医療扶助を受ける者は、「福祉事務所」(都道府県、市、特別区に設置)に申請を行う。福祉事務所が保護を決定する。よって、正解はC。なお、医療扶助は「現物給付」である。

★生活保護の受給者は「全額負担」されるのではなく、厚労大臣が定めた分だけ支給される(現在の収入と生活に必要な最低限の費用を参考にする)

念のため、生活保護で定められているものを把握しておきましょう。

生活保護の8つの扶助

1 生活扶助

2 教育扶助

3 住宅扶助

4 医療扶助 ★最も多い(47%)

5 介護扶助

6 出産扶助 ★忘れがち

7 生業扶助 ★忘れがち

8 葬祭扶助 ★忘れがち

★医師国家試験でも最新で葬祭扶助がでています。

 

7 歯周治療における切除療法はどれか。2つ選べ。

A 新付着術

B 歯肉切除術

C フラップ手術

D 歯周ポケット掻爬術

E 歯肉弁根尖側移動術

 

解答

A,C,Dは組織付着療法でこれも重要です。切除療法は「歯肉切除術」や「歯肉弁根尖側移動術」が該当します。正解はB,E

抜歯窩洞の治癒プロセス

抜歯1日:血餅期

3日~1週間:肉芽形成期

1週間~2週間:器質化完了

2週間~4週間:新性骨梁期

4週間~:仮骨期

 

鉗子にて抜歯するときに回転させる歯

・上顎前歯、犬歯

・下顎小臼歯

 

気腫が生じた場合の対応

・抗菌薬の投与

CT撮影(胸部への進展がないかどうか確認)

 

Partschの切開、Wassmundの切開

Partschの切開

Wassmundの切開

・操作は容易

・弧状切開

・ポケットが深い症例はNG

・歯槽骨吸収症例はNG

・歯肉が退縮しやすい

(従って、縦切開は歯間乳頭を避けることで、歯間乳頭の瘢痕形成を防止)

共通点は、共に「頬側の切開」、「粘膜骨膜弁(全層弁)

 写真問題で、口蓋側を切開している場合は、そもそも違う切開方法となる。 

 

 

1 伴性劣性遺伝

➡外胚葉異形成症
★これは「歯の先天欠如」がみられる

2 伴性優性遺伝

➡先天性色素失調症
★これも「歯の先天欠如」がみられる

3 常染色体劣性遺伝

➡低ホスファターゼ症
➡Papillon-Lefevre症

4 照射時間が最も短いのはどれか。1つ選べ。
A CT撮影
B CBCT撮影
C 咬合法撮法(口内法)
D 二等分法撮影(口内法)
E パノラマエックス線撮影

咬合法のほうが二等分法よりも長く(2倍くらい)かかるため、二等分法が正解となる。

5 血液検査にて、プロトロンビン時間を反映するもの
・外因系(7)凝固因子
・共通性(1,2,5,10)凝固因子
★1:フィブリノゲン
★2:プロトロンビン
・肝硬変

6 ビスホスホネート製剤の適用

・骨粗鬆症

・多発性骨髄腫

・骨形成不全

・骨転移した悪性腫瘍


7 顎関節強直症を続発するもの
・外傷
・リウマチ
・化膿性顎関節炎
★顎関節強直症は「顎関節授動術」

8 結核性潰瘍と結核性リンパ節炎

 

結核性潰瘍

結核性リンパ節炎

好発部位

ワルダイエルの咽頭輪

(悪性リンパ腫も!)

頸部

痛み

痛性

無痛性

その他

・穿掘性に進む

・外形不規則

・易出血性             

・潰瘍底は
➡「灰白色」の偽膜で被覆

➡「小結節」がある 

弾性硬

・数珠状のリンパ節腫脹

・慢性化すると「石灰化」する

★進行すると顔貌に「瘻孔」ができる


1 気管支けいれんへの対応薬

・アミノフィリン
・ステロイド
・イソフルラン
・β2刺激薬

2 中心静脈圧が上がるショック

・心原性ショック
・細菌性ショック(ただし、変化のないこともある)

★心原性ショックは、109回に出題された「出血性ショック」と同様に「末梢血管抵抗が上がる」ことも覚えておこう。

3 降圧薬として「静脈内注射」をするもの
・ニカルジピン
・ジルチアゼム


★ニフェジピンは舌下投与!➡現在はこれ自体もナンセンスとして行うことは少ない

4 パーキンソン病患者が服用している可能性のある薬
・MAO阻害薬

5 吸入麻酔で抑制される順番で最も早いもの

大脳皮質

★延髄は最も遅い

6 NLA原法と、NLA変法
・NLA原法:ドロペリドール と フェンタニル
★ドロペリドール:錐体外路症状
★フェンタニル:鉛管現象

・NLA変法:ジアゼパム と ペンタゾシン

7 二酸化炭素蓄積【換気が不十分】の結果見られること
・血圧上昇
・脈拍上昇


8 悪性高熱症
ポイント
・家族性に発生する
・CK、LDHの上昇がみられる
・ミオグロビン尿
・体温の異常な上昇
・頻脈
対応:「ダントロレンナトリウム」の投与
   :酸素換気
   :全身の冷却



1 無対のもの、有対のもの

頭蓋は15種類の骨(23個)が存在

有対(左右1対)

                     無対

脳頭蓋

頭頂骨、側頭骨

篩骨、前頭骨、後頭骨、蝶形骨

顔面頭蓋

鼻骨、涙骨、頬骨、
上顎骨、口蓋骨、下鼻甲介

鋤骨、舌骨、下顎骨



2 頭蓋骨に存在する「主要な管、孔、裂」を通る神経のまとめ

 

通る神経

視神経管

上眼窩裂

3、4、5-1、6

正円孔

5-2

卵円孔

5-3

棘孔

5-3(硬膜枝)

内耳孔

7、8

頸静脈孔

9.10、11

茎乳突孔

 


3 肺循環



問 肺循環で、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 心房⇒肺静脈⇒肺⇒肺動脈⇒心房

  2. 心房⇒肺静脈⇒肺⇒肺動脈⇒心室

  3. 心室⇒肺静脈⇒肺⇒肺動脈⇒心室

  4. 心室⇒肺動脈⇒肺⇒肺静脈⇒心室

  5. 心室⇒肺動脈⇒肺⇒肺静脈⇒心房

 

ここでは次の知識が必要になる。

⇒ 『心房』は静脈とつながっており、『心室』は動脈とつながっているという点

 

しばしば見かける間違いは、心房と心室の位置を誤り、根底がそもそも違う場合。もう一つの間違いは、心室から『肺静脈』が出ると考えている人。ここは大切! 通る血液はもちろん静脈血ですが、通る血管は肺動脈。従って、答えは、「E」となる。



4 心拍数に影響を与える因子を知っていますか?

心拍数増加

⇒動脈圧の下降、動脈血二酸化炭素分圧上昇、甲状腺機能亢進症、出血、貧血、痛み 

心拍数低下

⇒ 頭蓋内圧亢進、迷走神経反射、不適合輸血 など

 

5 右心不全と左心不全

右心不全(体循環にうっ血)

左心不全(肺循環にうっ血)

中心静脈圧の上昇(上大静脈のうっ血)

呼吸困難

下肢浮腫、目瞼浮腫(下大静脈のうっ血)

起坐呼吸

静脈怒張

チアノーゼ

胸水

肺水腫

肝腫大

動悸

 

6 スパイロメトリーで測定できないものはどれか。2つ選べ。
A 肺活量
B 全肺気量
C 予備呼気量
D 最大吸気量
E 機能的残気量

スパイロメトリー測定できるもの
・1回換気量
・肺活量
・予備呼気量
・予備吸気量
・最大吸気量(別名:深吸気量 ➡ 予備吸気量+1回換気量)
【テキストによっては1秒量、1秒率も測定できると書かれている】

スパイロメトリーで測定できないもの
・全肺気量
・残気量
・機能的残気量(予備呼気量+残気量)

よって、正解はB,E

7 JCS

Ⅰ-1:意識はあるけど、ぼーっとしている。

 -2:見当識障害(自分が現在おかれている環境を理解できない)

 -3:自分の名前、生年月日も言えない

Ⅱ-10:呼びかけると開眼

 -20:大きな声で呼びかけ、体を揺さぶると開眼

 -30痛み刺激、何度も呼びかけるとなんとか開眼

-100:はっきりと払いのける

 -200:手足動かし、顔をしかめるレベル

 -300:反応なし


8 閉塞性換気障害と拘束性換気障害

閉塞性換気障害

1秒率:FEV1.0%70%未満)

肺気腫、喘息、COPD、睡眠時無呼吸症候群 など

拘束性換気障害

肺活量:%VC80%未満)

肺水腫、肺炎、肺がん、肺線維症、間質性肺炎、気胸、横隔膜ヘルニア、妊娠、腹水貯留、横隔神経麻痺、重症筋無力症、多発性筋炎 など


9 筋肉の起始・停止

帰属

神経支配

起始

停止

咬筋

咀嚼筋

下顎神経

頬骨弓

咬筋粗面

側頭筋

咀嚼筋

下顎神経

側頭窩

筋突起

外側翼突筋

咀嚼筋

下顎神経

翼状突起外側板

翼突筋窩

内側翼突筋

咀嚼筋

下顎神経

翼突窩

翼突筋粗面

オトガイ舌筋

外舌筋

舌下神経

オトガイ棘

舌背

舌骨舌筋

外舌筋

舌下神経

舌骨体

茎突舌筋

外舌筋

舌下神経

茎状突起

上・下縦舌筋

内舌筋

舌下神経

横舌筋

内舌筋

舌下神経

垂直舌筋

内舌筋

舌下神経

顎二腹筋(前)

舌骨上筋

下顎神経

二腹筋窩

中間腱(舌骨)

顎二腹筋(後)

舌骨上筋

顔面神経

乳突切痕

中間腱(舌骨)

茎突舌骨筋

舌骨上筋

顔面神経

茎状突起

大角(舌骨)

顎舌骨筋

舌骨上筋

下顎神経

顎舌骨筋線

舌骨体

オトガイ舌骨筋

舌骨上筋

舌下神経

オトガイ棘

舌骨体

胸骨舌骨筋

舌骨下筋

頸神経ワナ

胸骨甲状筋

舌骨下筋

頸神経ワナ

甲状舌骨筋

舌骨下筋

頸神経ワナ

舌下神経

肩甲舌骨筋

舌骨下筋

頸神経ワナ

 

10 内喉頭筋

種類

作用

障害で生じるもの

支配神経

輪状甲状筋

声帯の緊張

高い声が出にくい

上喉頭神経

声帯筋

声帯の緊張

無声

下喉頭神経(反回神経)

披裂筋

声門の閉鎖

嗄声

下喉頭神経(反回神経)

甲状披裂筋

声門の閉鎖

嗄声

下喉頭神経(反回神経)

外側輪状披裂筋

声門の閉鎖

嗄声

下喉頭神経(反回神経)

後輪状披裂筋

声門の開大

呼吸困難

下喉頭神経(反回神経)







お疲れ様です。小野寺(衛生ノート担当)です。

今回は私が個人的に重要だと思う点を複数ピックアップします。

各自ぜひ確認しておいてください。


・視床下部、松果体の位置

・頬骨弓骨折の整復手術における「切開線(Gilliesの側頭切開)」と「Roweエレベータ」について

・PDCAサイクルのそれぞれの意味
(注意:SOAPの「A」とPDCAの「A」を同一視するミスに注意)

・新生児マススクリーニングは母子保健事業である一方で、母子保健法ではない

・超音波検査における「エラストグラフィ」は『硬さ』を把握できる

・星状神経節ブロックにて「局所麻酔薬中毒」が生じる。その原因となる誤注入の血管はなにか。
(椎骨動脈、総頚動脈)

・トリアージの優先順位

・輸血後GVHDの予防方法
(輸血製剤への放射線照射、自己血の使用)

・神経線維腫は「切除術」である一方、神経鞘腫は「摘出術」

・腺腫様歯原性腫瘍と腺様嚢胞癌を間違えないように!

・頬棚は「リリーフするか、しないか」「被圧偏位量は小さいか、大きいか」、それ以外のポイントは?

・コーヌステレスコープクラウンは「リジットサポートがある(連結力)」


お疲れ様です。

昨年の配信登録者のとある女性がこんなアドバイスをされました。

「試験はメンタルが凄く重要になる」

この言葉は大変重要な意味を持っています。

そもそも、巷には「メンタル」という言葉が氾濫していますが、どういう意味なのでしょうか。

その定義は人によってまちまちでしょうが、歯科医師国家試験に必要なメンタルはこうです。

『本来自分が解ける問題を解くために必要な力』

え? こんなの誰でもできるでしょ!

そう思われる方もいるかと思いますが、これは非常に難しいことです。

例えを出すと

・「2つ選べ」なのに「1つ」しか選ばなかった
・「FH平面」を知っていたのに、なぜかSN平面を選択していた。
・文章の最後の「ただし、患者は観血的な処置を望んでいない」を読み忘れていた。
・「まず行うこと」を読み忘れ、「抜歯」を選択してしまった

・・・

このような失敗は枚挙に暇がないほど、多くの方が経験されていると思います。

しかし、

その1つの失敗が合否を分けるのが歯科医師国家試験です。

そして、このようなミスをしないために求められる力が「メンタル」なのです。

では、具体的にはどういう力を指すのでしょうか。これを知るためには「メンタルが弱い人」の例を出すとわかりやすいでしょう。それは次のような人達です。

1 緊張感で頭が固くなって、知識がなかなか出てこない
2 できない問題に動じてしまい、頭が白くなる
3 連問が解けない時にショックを受けすぎて次の問題にも影響を与える
4 気を張り過ぎて、余計ないことに集中が行き、試験に集中できない

このような「本来の自分の力」を阻害する要因は全てメンタルの弱さと言えるでしょう。これはどうすれば改善できるのか、というと、非常にシンプルです。

まず第1に「リラックス」すること。そして、第2に「冷静になる」こと。そして、第3に「警戒心を解く」ことです。

いきなり警戒心を解くことできる人はなかなかおりませんので、まずは深呼吸をし、目を瞑り、リラックスしましょう。そのためには「早めに席につくこと」です。そして、緊張しているのは自分だけではないことを理解し、冷静になるように努めてください。また、鈍感になろうと意識的に思うことです。というのは、国家試験会場にはどんな人が来るか分かりません。中には貧乏ゆすりをする人、頻繁に咳払いをする人、定期的に咳をする人、大きなため息をつく人・・・など様々なタイプの人がおります。このような方々は悪気はありません。習慣だからです。しかし、このような方々に影響されてはいけません。そういう時は、

「うるせぇな、このクソ野郎」

と思うのではなく、

「可哀想な人」

と、こちらが大人になる必要があります(無論、あまりにもひどい場合は、試験監督に言って叩き出してもらいましょう。その際、帰れコールは控えてください)。

そして、あまり暑すぎない格好をしつつ、寒すぎない格好をすることです。そして、頭を動揺させるような出来事に遭遇しないことです。そのために必要なことは、

「忘れ物をしない」(特に腕時計と消しゴム!)

「マイナス思考の人と話さない」(試験前に百害あって一利なしです)

そして、意外と誰も指摘されないことで大事なことが、「マスク」についてです。

マスクをつけると、息が返ってくるため「暖かく」なる作用があります。したがって、マスクをつけると「眠くなる」という方も多いと思います。それは試験を受ける前までは良いことですし、今の時期に外出する際には必須事項です。

しかし、試験中というのは頭はクリアである必要があります。そういう時にマスクをつけていると、頭がややボーっとし、本来なら知っていた知識が頭の奥底に行ってしまう可能性があります。だからと言って、これまでずっとマスクをつけることを習慣にしてきた人が、突如本番だけつけないというのも、ややコンディションに狂いがでる可能性はありますので、一番ベストなのは、マスクをつけつつも、オトガイに下げるというスタイルです。これですと、くしゃみをされたときにすぐさま付けることができると同時に、集中する時に下げることが可能です。

メンタルについてはこのような対策を各自、意識的にとれば大分良い状況になります。

さて、もう1つ大事なことがあります。それは健康面です。

これはメンタルにも多大な影響を与えるため、決してオーバーな言い方ではなく、

『健康面に問題があると、実力を発揮できなくなる』

こんな恐ろしいことはありません。あなたにとってとてつもない重要な試験なのですから、今日から体調面には「総理大臣」並みに気を遣い、風邪をひかず、アレルギーの人は薬を飲み、腹痛気味の方は冷たいものを控え、ストレスを減らし、リラックスした気分で、過ごすことが重要です。

★結論★

今日からは、もう結果のことは考えず、

「自分の力を全て発揮するため」

に、ストレスを溜めず、建設的な意味でリラックスして、できることをやっていきましょう。そして、総理大臣並みに健康に気を遣い、

「自分の能力を阻害するもの」

全て避けましょう。それが何より大事です。

                                           立花より


あとは自分を信じよう


まさに今の時期にあなたが持つべき最も重要なメンタリティです。

多くの配信登録者の方より「不安」「どうしよう」「何をすればいいのか」という趣旨の相談メールがきます。一つ言えることは、

「安心してください。あなただけじゃなく、皆そう思っています」

逆に言えば、

「皆そう思っているのだから、周りが何をやっているかを不安に思う必要はない」

残念ながら全ての人の相談に答えることはできないため、これからの姿勢における重要なポイントを述べさせていただきます。結論を先に言わせていただくと、

110回はある意味「最後のチャンス」です。

まず、冷静に物事を考えていきましょう。

ここに107、108、109回の結果を示します。

107回 : 2025名が合格
108回 : 2002名が合格
109回 : 1973名が合格

(★一部数字に訂正がございました。ご指摘いただいた先生に感謝いたします。)

一見すると、極端に109回の合格者が少なく、110回は少なくなるのではないか? という不安を持たれる方も多いと思います。事実、108回の国家試験が終わったとき、多くの先生方が

「109回は2000名を切る」

と話されていました。たしかにそうなりました。しかし、それは重要なことではありません。

なぜならば、着目すべき点が違うからです(個人的に)。それは次のデータをみると分かります。

107回 : 3200名が受験し、63.3%が合格(2025名)
108回 : 3138名が受験し、63.8%が合格(2003名)
109回 : 3103名が受験し、63.6%が合格(1973名)

この結果から見えてくることは、重要なのは「何%合格したか?」であることが分かります。受験総数を考えたとき、108回や109回が極端に少ないということではないということが分かります。

受験者の総数が何名であっても、合格率はほぼ「63%」

ここから分かることは、

総数が何名であろうと、合格率は63%にするよ!

という厚労省からのメッセージです。

そして、109回が実施される前の多くの歯科国試専門家の方々は

「今後は1800名に絞る」

という話をされていました。ネット掲示板にも1800名説及び1500名説がたくさん書かれていました。前述の通り、その意見が支持された理由として「108回」の結果が2002名であったことが挙げられます。しかし、繰り返し言いますが、それは重要ではありません。重要なのは「63%」が受かる!という事です。

★ポイント : 厚労省のルールは、とりあえず「63%」を合格させる!

しかし、ご存じのように、このルールは107回~110回までの話です。111回からは新ルール、改正になるため、おそらく合格率の設定も変ってくるでしょう(ここ最近の報道を見ている限り、それは今よりも少なくなると考えられます)。よって、冒頭に述べたように、110回は最後のチャンスなのです。

よって、ここから導き出される110回の合格率は63%です。

さて、ここからが本題です。

結果はどうなるかもちろん分かりませんが、おそらく厚労省にあからさまな圧力がかからない限り、110回の合格率は63%になると思われます。しかし、それよりも重要なことは、果たして、合格率63%は天文学的な数字なのか?ということです。

100名受けて63人が合格する。
1000名受けて630人が合格する。
3300名受けて2079人が合格する。

予め断言しておきますが、本来歯学部で6年以上の教育を受けた方の合格率は99%であるべきです。それはあくまでも前提です。これは英検でもなければ、誰でも受けられる資格試験でもないからです。

その上でのお話ししですが、この合格率は決して「無理な話ではない」と考えます。

あなたがこの1年、本気で取り組み、常に努力をされてきた(そうでない人は関係のない話です。厳しい事を言いますが、この試験は甘くないのです)のであればあなたは自分を信じ、受験までの日数を自信をもって過ごすべきです。もちろん、世の中には得意・不得意分野があるでしょう。同じ努力でも、片方は上手く行き、もう片方が上手く行かないことなど世の中の常です。しかし、大事なことは

「この試験を突破しなければ歯科医師になれない」

という法律上の決定事項を理解することです。

(浪人生の方へ:20代の1,2,3年のロスなどさしたる影響はありません。むしろ挫折力は人間を強くします。大事なことは1回で受からなかったら、もう1回やればいいということです。しかし、なぜダメだったのかを分析し、同じミスをしないことです)

そして、もう1つ、

・国立の方ならば、国立の歯学部に受かった能力
・私立の方ならば、私立の厳しい進級試験を突破してきた能力

これらが共に備わっているからこそ、今のあなたの立場があるわけです。そして、これらの能力があれば、

歯科医師国家試験を突破することができます。無論、そのためには本気で取り組む必要があります。

なぜならば、上位63%に入らなければ、合格することはできないからです。本気で取り組むことによって

「上位32%で合格!」
「上位50%で合格!」
「ぎりぎり上位60%で合格!」

することができます。本気度が人よりも少ないと・・・

「上位65%で失格」(惜しい、あと一歩)
「上位90%で失格」(明らかな勉強不足)

となってしまうのです。つまり、あなたには合格するだけの能力が既にあります。

あとはそれを駆使して対策を練り、そして、「根性」をもってやりぬくこと。

あなたの脳を最大限に活用すれば、国家試験を恐れる必要はありません。

国家試験はオリンピックのように1位~3位でないと合格できないような話ではありません。

上位10位でも超秀才として合格
上位100位でも圧倒的な秀才として合格
上位500位でも優秀な成績で合格
上位900位でも堂々とした結果で合格
上位1500位でもよくやった!と合格
上位1900位でも、ぎりぎりだけど合格

これは数万人が受ける試験ではなく、およそ3300名前後の人が受ける試験です。

この中で1900位以内に入れば、あなたは合格できるのです(少なくともこれまでのルールに従えば)。

そして大事なことは、「超優秀」「圧倒的秀才」「優秀」「堂々とした結果」「よくやった」「ぎりぎり」であろうとなんだろうと、合格できればいいのです。1位で合格しても、1500位で合格しても、結果は同じです。合格できればいいのです。もちろん、ぎりぎりではなく、上位層で合格をしたほうが、3月17日の合格発表日までのQOLは高くなります。しかし、とてつもなく秀才な成績で受かる必要はないのです。基準を満たせばいいのです。

もうおわかりですね。何より大事なことは、最後まで諦めない事です。

これからの20日間がどれだけ重要なのか、あなたもきっと良く分かると思います。

そして、最後に!

今の時期は、現役生は「卒試」で疲れてダウン気味です。

既卒生もやや疲労感が溜まってダウン気味です。

私が思うに、1月8日(今日)~1月20日の1月のど真ん中あたりが、最も差をつける大きな時期になると思います。特に、現在上位1500~2500番くらいに位置されている方は、これからの行動によって、明暗が分かれます。この時期、油断できる人など一人もいないのです。さあ、早速動き出しましょう。

                                                       副代表 高橋

1 歯の基本的な発生時期(必修必勝ノートから)


乳歯と永久歯の「咬頭数」「歯根数」「根管数」の覚え方

このサイトでも複数回にわたり紹介していますが、カラーコードで覚えると、忘れません。

き2:黄

み3:緑

あ4:赤

お5:青


表の読み方:上段(咬頭数、歯根数、根管数)が上顎、下段が下顎。


 






D

E

咬頭数







歯根数







根管数









 



 



 



 



 



 


咬頭数







歯根数







根管数









乳歯

歯胚

石灰化

歯冠形成

歯根形成

歯根吸収

歯の脱落

A

胎生8

胎生5ヶ月

1.5か月

1.5年

4「死」年

8年

B

胎生8

胎生5ヶ月

2.5か月

2年

5「後」年

8年

C

胎生8

胎生5ヶ月

9ヶ月

3年

8「は」年

12年

D

胎生8

胎生5ヶ月

6ヶ月

2.5年

7「な」年

11年

E

胎生8

胎生5ヶ月

10ヶ月

3年

8「や」年

12年


永久歯


 


歯胚

石灰化


胎生5ヶ月(詳しくは4ヶ月)

出生時


胎生5ヶ月

3ヶ月


胎生5ヶ月

1年/3ヶ月


胎生5ヶ月

3ヶ月


出生時

2


8ヶ月

2


8ヶ月

3


4年

10



2 軟骨結合

頭蓋底の前後方向の成長に寄与する「軟骨結合」の化骨時期。

蝶形骨間軟骨結合

出生時に化骨

蝶形篩骨軟骨結合

生後58で化骨

蝶形後頭軟骨結合

生後18で化骨(思春期後期まで成長を続ける)



3 下顎骨の吸収部位

・下顎枝の前縁

・下顎骨体の舌側部

・前歯部唇側の歯槽部



4 各種神経の「通る孔」「出る所」などのまとめ(必修必勝ノートから)



 


通る孔

出るところ

副交感神経線維

眼球運動

1:嗅神経

嗅孔


 



 



 


2:視神経

視神経管


 



 



 


3:動眼神経

上眼窩裂

中脳



4:滑車神経

上眼窩裂

中脳


 



5:三叉神経

1

2

3


上眼窩裂

正円孔

卵円孔、棘孔


 




 



 


6:外転神経

上眼窩裂



 



7:顔面神経

内耳孔、茎乳突孔




 


8:内耳神経

内耳孔



 



 


9:舌咽神経

頸静脈孔

延髄



 


10:迷走神経

頸静脈孔

延髄



 


11:副神経

頸静脈孔

延髄


 



 


12:舌下神経

舌下神経管

延髄


 



 



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 














たくさんの質問をいただいたため、お答えします。既に受験票が届いている方はご存じだと思いますが、受験者留意事項の6(1)に110回(つまり、来月の2月4日、5日)から「最低点を運用しない」と書かれています。

医学部は今回から大幅な変更点がありますが、歯学部(歯科医師国家試験)に関しては、111回より大幅な変更になると考えられます。しかし、「必要最低点」に関しては、110回から既に適用されないという事です。

これは受験生にとって悪いニュースではありません。なぜならば、予防や理工などで必要最低点にひっかかることを恐れる必要が無くなったためです〈昨年は、多くの受験生から不安の声が2月に来ました:この必要最低点に達しないことで落とされた人は、107回以降で20名前後存在すると言われています〉。したがって、

・必修
・A領域
・B領域
・C領域

これらの領域でボーダーラインを超えることができれば、合格することができます。余計な心配がなくなったことは、良いニュースと言えるでしょう。また、111回からは禁忌肢もなくなると言われておりますが、この流れは基本的に110回にもある程度適用されると考えられ、あまり禁忌肢を恐れるべきではありません。「抜歯」や「区域切除」を選択できない事で「1点不足」などということになれば、そんなもったいないことはありません。禁忌肢だけで落とされることはまずありません。また、今回の

「必要最低点を適用しない」

というルールにより、「理工・予防は特に勉強をしなければならない」という強迫観念もなくなり、バランスよく勉強する事ができるでしょう。

これは良いニュースです。111回からは「必修」に関して大幅な変更点があると言われておりますので、是が非でも110回に合格しましょう。あなたのご健闘をお祈りしております。

小野寺

今回は、必修あるいは総論、その他、『一般問題系列』で出そうな範囲を書いていきます。『病理』と言う範囲は口腔外科にもつながりますが、今年も必修レベルで鍵になる気がします。ここは覚えないと絶対に点数になりません。したがって、もう一度見直しましょう。



病理偏

1 核の濃縮はアポトーシス?

アポトーシス(自殺)

ネクロ―シス(他殺)

「生理的な細胞死」

サイトカインなどにて誘発

・核の濃縮

・核の規則的な断片化

(断片化はランダムではなく、プログラミング通りに行われる)

・炎症が起きない

「病理的な細胞死」

外傷などにて誘発

・核の濃縮

・核の膨張

・細胞小器官(ミトコンドリアなど)の膨張

・炎症が起こる



 

★核の濃縮はアポトーシスもネクロシスもともにみられる!

★一番の特徴は、ネクロ―シスは細胞小器官の異常(膨潤)が起こる!





2 萎縮、化生、肥大、過形成

萎縮

(容積)

細胞の容積の減少で組織が小さくなる

歯槽骨の廃用性萎縮など

肥大

(容積)

細胞の容積の増加で組織が大きくなる(細胞数は変化なし)

筋肥大など

過形成

()

細胞数の増加にて、組織が大きくなる(細胞容積そのものは変化なし)

化生

異なる細胞、組織に置き換わる

円柱上皮の扁平上皮化生など(唾液腺や気管支など)

胃粘膜の腸上皮化生など





3 変性

とりわけ重要なのが「タンパク質変性」!

粘液変性

ムチンの増加!

PAS染色、ムチカルミン染色などで観察

硝子変性

好酸性の物質が沈着!

唾液腺腫瘍高血圧時の動脈壁などで見られる!

硝子滴変性

ラッセル小体(多発性骨髄腫にてみられる)

フィブリノイド変性

フィブリノイドの沈着!

糸球体腎炎、膠原病などでみられる!





4 出血

ここでは2つだけ確認しよう!

・喀血:気管支・肺(呼吸器系)からの出血鮮紅色泡を含む

・吐血:食道(消化器系)からの出血鮮紅色

   :胃や腸(すなわち、食道より下の消化器系)からの出血暗褐色

★出血で思い出しましたが、「血腫」は波動を触れるが、血管腫は触れない!しかし、リンパ管腫では波動は触れる!

★その他、類皮嚢胞やWarthin腫瘍では波動は触れない!



え? 先生、類皮嚢胞って波動触れないんすか?

・・・()触れません



ってことは、類表皮嚢胞も触れませんか?

・・・おっしゃる通りです。()触れません


(見解はいろいろありますが、基本的には触れません)

★波動関連のひっかけは、やはり「Warthin腫瘍」「血管腫」だと考えます。この2つは触れません。ガマ腫は?これは粘液嚢胞なので触れます。





5 アミロイド

歯原性腫瘍の中で「アミロイド」と来たら



「石灰化上皮性歯原性腫瘍」(Pingborg腫瘍)



病理組織

・「腫瘍細胞の『敷石状配列』」がある!

・「Congo-Red染色」にてアミロイドが染色される。





アミロイド沈着で引き起こされるのは

「結核」「関節リウマチ」「多発性骨髄腫」



ちなみに、ヘモジデリンの過剰沈着で引き起こされるのは



「肝硬変」「血鉄症」



リポフスチンは消耗性色素で、  

高齢者の「心筋細胞」「肝細胞」に沈着。



ロムニー配信 第36号にて、訂正がございました。

配信の中で「グレージング」の特徴を記載しておりますが、

これらは全て「コンデンス」の特徴となります。

誤り:グレージングの特徴 ➡ 正しくは:コンデンスの特徴

この点、ご訂正よろしくお願いします。大変失礼致しました。


なお、グレージングは「陶材の表面に光沢性」を持たせることです。


また、コンデンスの特徴は次の3つを覚えてください。


1 焼成の収縮を減らす

2 気泡の混入を防ぐ➡透明性向上

3 陶材の密度を高める➡陶材の強度を高める


この点ご訂正よろしくお願いいたします。

小野寺

矯正編

1 歯の移動における「トルク」

・トルクの回転中心は「歯冠」!

・トルク移動させるには「歯冠にブラケット」を貼り、その溝に長方形のワイヤー(レクタンギュラ―ワイヤー)を入れる。その際、ねじっていれる(専門用語で「トルクを付与」する)ことにより、力が作用し、歯根が動く。



★ちなみに、マルチブラケットには「エッジワイズ法」と「ライトワイヤー法」があり、前者が一般的で「レクタンギュラ―ワイヤー」を用い、後者は「細いワイヤー」を用いる。

★なお、歯の移動で最も起こりやすいのは「挺出」

移動のしやすさランキング!

1位:挺出(重力)

2位:近心傾斜

3位:遠心傾斜

4位:近心歯体移動

5位:遠心歯体移動

6位:圧下





2 固定の様式

・「単純固定」というのは、固定源の歯が動くときに傾斜移動するもの。

・「不動固定」というのは、固定源の歯が動くときに歯体移動するもの。

・「準備固定」というのは固定源の歯が近心移動したとしても大丈夫なように、予め遠心に移動させておくこと。





3 固定の強さ

「最小の固定」は、抜歯空隙の1/2以上、大臼歯が近心移動してよい時。

「中等度の固定」は、抜歯空隙の1/41/2の範囲なら大臼歯が近心移動して良い時。

「最大の固定」は、抜歯空隙の1/4以下しか大臼歯が近心移動してはいけない時。





4 連続抜去法

CD4の順番で抜歯する方法!

注意点:アングル1級にしか行えない!(連続抜去法は大臼歯関係は改善できない)

   :過蓋咬合には行えない!(リスクとして「過蓋咬合」「前歯の舌側傾斜」)のため。





5 保定

自然保定と器械保定がある。

・自然保定:咬合調整やセプトトミーなど

・器械保定:保定装置!



★保定装置による保定のポイント!

可撤式保定装置

Beggタイプリテーナー(ラップアラウンドリテーナー)

歯列を取り囲むもの

マルチブラケット装置の後の保定はこれが最も多用される!

Hawleyタイプリテーナー

ワイヤーが前歯部のみを取り囲むもの

前歯部のみを動かしたときに用いられる保定装置

・トゥースポジショナー

上下顎に装着される

最終微調整に用いられる

注意:口呼吸は用いることはできない



など


 



固定式保定装置

・犬歯間保定装置

下顎に用いる!

見分け方は簡単で、両側下顎犬歯間の「舌側」にワイヤーが貼られている

・舌側弧線装置(リンガルアーチ)



など


 





6 咬合挙上板と咬合斜面板

・ともに起こることは「臼歯部の挺出」と、「下顎前歯の圧下」

なお、咬合斜面板は「下顎前方移動」と、その反作用で「上顎前歯の舌側移動」が起こる。





7 舌側弧線装置(リンガルアーチ)

役割

・混合歯列期の「反対咬合」「歯の唇側移動」「歯の近遠心移動」

・永久歯列期の加強固定、保隙装置、保定装置



構造について

・主線(0.9mm)

・補助弾線(0.5mm)

・脚部

・維持装置

・バンド(維持帯環)



補助弾線について

・単式:前歯部の唇側移動

・複式:前歯部の唇側移動

・指様:前歯部、(小臼歯部)の近遠心移動

・連続:小臼歯の頬側移動



維持装置について

・バンドにろう着される

・維持装置には維持管がある。この維持管に脚部をいれる。この両者を外れないようにするためにSTロックと呼ばれる維持線がある。



製作手順について

1 口腔内にバンドを試適(バンドプッシャー)

2 その状態で印象採得

3 印象面にバンドを戻し、接着剤で固定し、石膏を入れる

★ここでポイント!

石膏を入れる前に、パラフィンワックスをバンドの口蓋側に流すことがある。これはSTロックの維持管を鑞着する際に熱が石膏に逃げないようにするためである。すなわち、「バンドに維持装置をろう着するときに流蝋しやすくするため」である。

4 バンド入りの模型が完成

5 模型上にて、バンドの口蓋側に維持管をろう着

6 脚部の屈曲

7 主線の屈曲

8 脚部と主線をろう着

9 口腔内に合着

★ここでポイント!

セメントをバンドにつけるときは、歯頚部側から入れる!

10 口腔内から主線を外し、補助弾線をろう着

11 補助弾線の屈曲



★なお、バンドに維持管をろう着する手順は、印象前に行うこともある。

(スポットウェルダーにて1か所仮着してからろう着する)

★補助弾線のろう着は、「口腔内合着後」に行う!



結果として、ろう着部位は3つあることになる!

ろう着部位について

1 バンド-維持装置

2 脚部-主線

3 主線-補助弾線





8 アクチバトール

2級用は「下顎劣成長」に対して下顎成長促進する!

3級用は「機能的な下顎前突」に対して歯軸の改善を行う!

アクチバトールは口呼吸には用いることはできない。

★バイオネーターは口呼吸にも適応できるが、あくまでも『下顎劣成長にのみ適応で、下顎成長促進する

★アクチバトールもバイオネーターも『臼歯の挺出作用』がある。

 

1 平均寿命と健康寿命

男性

平均寿命:80歳

(健康寿命:71歳)

女性

平均寿命:86歳

(健康寿命:74歳)

★平均寿命と健康寿命の間は、男性(9)より、女性(13)のほうが大きい。

 


2 巨舌を伴うもの

Down症候群

EMG症候群

・クレチン病(甲状腺機能低下症)

 


3 代生歯と加生歯

乳歯が脱落した後に萌出する永久歯を代生歯(名前の通り、乳歯に代わる歯)と呼ぶ。

上下顎の中切歯,側切歯,犬歯,第一小臼歯,第二小臼歯

先行乳歯がない歯を加生歯(名前の通り新たに加わる歯)と呼ぶ。

上下顎の第123大臼歯

 


4 デジタルX

CCD/CMOSIPの違い

CCD/CMOSの利点

・撮影終了後、直接画像化できる

・空間分解能優れる

IPの利点

・撮れる範囲が広い

・違和感が少ない

・ケーブルがない


それぞれの利点を反対にしたものが、欠点になります。

したがって、CCD/CMOSでは「撮れる範囲が少ない」「違和感がある(フィルムは小さいが厚みがあるため)」「ケーブルがあるため、撮影がすこし難しい」

IPはポリエステルの支持板に輝尽性系抗体が塗布されており、レーザースキャナーで読み込む必要がある。

CCDのことを固体半導体方式と呼ぶ。

 


 


5 焦点 ― 被写体 ― フィルム

焦点被写体 の距離が長いと、拡大率↓、半影↓、鮮鋭度↑

被写体フィルム の距離が長いと、拡大率↑、半影↑、鮮鋭度↓

★ちなみに、散乱線に関しては・・・

被写体フィルム の距離が長いと、散乱線

★その他、散乱線を減らすには『グリッドの使用』『照射野を小さくする』などがある。

 


 


6 接線効果

歯槽硬線や歯根膜腔が明瞭にみえるのは接線効果による!

 


 


7 X線で「周囲に透過帯」がみられるもの

・腐骨

・残根

・歯牙腫

・歯根肥大

・セメント芽細胞腫

・根尖性骨性異形成症

など

★骨隆起や骨腫、骨硬化症では見られない!

 


 


8 フェールセーフ、フォールトトレランス、フールプルーフ

・フェールセーフ(Fail safe)

:誤操作による障害が発生しても、安全(大丈夫)な設計。


・フォールトトレランス(Fault tolerant)

:障害が発生しても機能を継続させる(機能が縮小しない)設計。


・フールプルーフ(Fool proof)

:ユーザーがどんな操作をしても大丈夫(そもそも障害が起こらない)な設計。


★フーリッシュのフールなので、愚か者が使っても大丈夫なのがフールプルーフ。


 


 


9 X線所見にて「玉ねぎの皮状」の骨膜反応をみるもの

・骨折

・慢性骨髄炎

Garre骨髄炎

(骨肉腫は旭日像の骨膜反応所見)

 


 


10 MRIで無信号のもの

そもそも、MRIにはT1,T2強調像の2つがある。

MRIはプロトン()からの信号を画像化する!脂肪や水にはプロトンが大量にある。

T1「脂肪」

T2「水」

が強調される(白くうつる=高信号となる)


したがって、水晶体や脊髄液では「T1は低信号」だが、「T2では高信号」となる。

なお、脂肪はT1T2も共に高信号になる!(重要)

なぜ?水じゃないの? もちろん、水が強調される。専門的なことは省くが、MT効果というのがあり、脂肪もT2で強調されてしまう。そのため、敢えて「脂肪抑制」をしてT2を見ることがある。

筋肉、神経、円板などはT1,T2ともに低信号

 


さて、本題の「無信号」のものは、「皮質骨、歯、空気」を覚えておこう。これらはT1,T2ともに無信号(黒色)となるプロトン(H)が含まれないため。





 

このページのトップヘ