v620レアガチャバナー
★2015/11/18 新規追加

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

虹色水晶を無料でコツコツ集める方法

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

進化前 主人公ユニットまとめ(グレン、リヴィオ、サヤ、エルフィ)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

★進化pt1,000で進化(覚醒ポイントは必要無し)

新主人公が進化でかなり強化。
PSは28%になり(トリプルは18%)、LS3は驚異の同属性ユニット攻撃力22,000アップ。

※覚醒ロキのLS闇属性攻撃力アップとも重複するとの事なので超強力

リヴィオはPSとセットで異常な攻撃力に。まさに「鬼」と化した。

ストーリーは四人で一つになっている?
ロードラなので何か仕掛けがあるかもしれないけど。

サヤの宿敵「彼/彼女」とは?
プレイヤーの可能性も?
最近のストーリー展開だと、プレイヤー&ドラ介=ロードラ世界の悪のイメージが拭えない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※ステータスはアクセ込みの場合があります

[闘剣騎士グレン]
LV99 HP 攻撃力 回復力

グレン

グレン_S

グレンLS

PSアルティメット・ライフ(28%)
LSブレイブ・ナイトIV:溜まりやすさ中

LS1:ライフを50,000回復します
LS2:ハートパネル以外のパネルを剣パネルに変換します 
LS3:現戦闘中、火属性ユニットの攻撃力が22,000上昇します(重ねがけ無効)

ストーリー

リヴィオの放った槍撃が、その大剣へと穿たれる。
舞う閃光はお互いの顔を淡く照らし、刹那の後、二人は再び距離を取った。
グレンは僅かであったその間を経て、己の力が彼に及ばぬ事を悟る。
或いは射手が、或いは巫女が、或いはいずれかのみでも傍らに居れば、この戦局は覆り、救う事すら可能であった。
しかしそれこそ、道を違う。
ゆえにグレンは前のみを向き、四人の進む道こそを信じ、数多の竜が地を染めゆく中、それでも笑い、「鬼」と向き合い剣を握る。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

[傑戒鬼士]リヴィオ
LV99 HP9,930 攻撃力24,760 回復力6,447

リヴィオ

リヴィオ_S

リヴィオLS

PSアルティメット・アサルト(28%)
LSブレイブ・ランサーIV:溜まりやすさ中

LS1:攻撃力120,000で闇属性攻撃します
LS2:ハートパネル以外のパネルを槍パネルに変換します 
LS3:現戦闘中、闇属性ユニットの攻撃力が22,000上昇します(重ねがけ無効)

ストーリー

あまねく竜の声を聴き、応え、鎮める。
竜人の巫女エルフィの使命を果たすべく、半身を刺す形容しがたき痛みにも耐え、リヴィオは竜らと対峙していた。
先への道を閉ざす為、そして希望を繋ぐ為に、決死の槍が竜を穿つ。
それこそまさに鬼が如く、周囲を覆う影という影を、遺さず喰らい血に濡れる。
やがて、築かれたのは黒き山。
かの祭壇へと続く道に、積まれ重なる竜の屍。
その頂には、血に濡れ己を喪った、槍持つ「鬼」の姿が在った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

[翠閃弓手]サヤ
LV99 HP 攻撃力 回復力

サヤ

サヤ_S

サヤLS

PSトリプル・サポートV(18%)
LSブレイブ・アーチャーIV:溜まりやすさ中

LS1:次の攻撃で減らしたライフの約85%を吸収します
LS2:ハートパネル以外のパネルを弓パネルに変換します
LS3:現戦闘中、水属性ユニットの攻撃力が22,000上昇します。(重ねがけ無効)

ストーリー

グレンとリヴィオが拓いた道を、サヤとエルフィ、二人が駆ける。
眼下に王都を臨むこの地で、その刻を待つ祭壇へと向け。
空を舞う竜の影が、地を、岩肌を次々覆い、およそ真昼と思えぬ程に、周囲が暗闇となった頃、二人は果てまで続く階段へと辿り着いた。
しかし視線の先、そこに立ちはだかる「彼/彼女」。
瞬間、制止の声も届かぬ程に、サヤはそれへと猛進していた。
今の彼女に記憶などない。
しかし彼女の記憶と心がそれを、許す事などあるはずも無い。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

[竜聖巫女]エルフィ
LV99 HP 攻撃力 回復力

エルフィ

エルフィ_S

エルフィLS

PSアルティメット・ヒーリング(28%)
LSブレイブ・ヒーラーIV:溜まりやすさ中

LS1:ライフを回復力の約160%ほど回復します
LS2:ハートパネル以外のパネルを杖パネルに変換します
LS3:現戦闘中、光属性ユニットの攻撃力が22,000上昇します。(重ねがけ無効)

ストーリー

この世全てのあらゆる竜が放つ悲痛を、巫女たる彼女の耳は聴く。
苦痛か、絶望か、或いはいずれのそれとも異なる、死を切望する祈りの叫びが、空を、地上を覆っていた。
常人ならば耐えられぬ悲声。
しかしそれらを一身に受け尚、エルフィは、その祭壇にて踏みとどまる。
グレンが拓き、リヴィオが留め、サヤが繋いだ道の先で、四人の誓いを果たす為に。
そして、やがてその刻は訪れる。
空が蒼きを取り戻し、彼女が全ての「音」を喪う、その刻が。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆