2006年08月07日

オひさしぶりのぶりのぶり

ほんと、ご無沙汰しております、ipipapapでございます。

皆様、お元気ですか?

私は相変わらずの日々です(笑)本格的な勉強モードでございます。国家試験というプレッシャーのもとで日々生活しております。

ちなみにご安心ください。例のプチ有名人の彼氏とも無事続いております。

でも、よく喧嘩もしてます(笑)

いろいろと価値観の違いもあるのですが、それらを自覚した上で、お互いに協力しあって頑張ろうって感じです。お互い随分落ち着いても来ましたが、ある意味冷めて来たのかもしれませんねww

でもそれが普通です。ナチュラルなのでしょう。

こんな私を大事にしてくれるのはあの人くらいですから。

決して卑屈な意味ではなく、心から思うのです。私と付き合おう人は大変のようですから(はい。どーもすいません。)

 

さて。

最近欲求不満でございます。

もう、やばいですわ(笑)燃えそうです。焦げそうです。

でも、火遊びしてもロクなことになりませんから(笑)←って、したんか?

おとなしく彼氏に会うまで楽しみにしときま〜す。

うふふ♡

P.S.卑猥な書き込みしても問題ないので、どうぞご自由に。誰もあんまり見てませんから(笑)見たときは返信もいたします。オトナな返しでw

それでは、また・・・


2006年05月20日

近況

あーと。近況報告をさらっと。

例の彼氏とはちゃんと続いております。

無事に。落ち着きまくってきました。

ちょっと刺激の欲しい今日このごろです。

勉強は最近かなりやるようになりました。

週をいかにつかって息抜きするかが勝負です。

あとはー、特に書くことないかもww

なんて平穏な毎日・・・。

あ、そういえば、こないだ3年ぶりに大学に帰ってきた先輩ドクターと飲みにいきました。

相変わらずカッコよくて素敵な先輩でした。

あはは。楽しかったなぁ。。。

昔から可愛がってくださってます。かなり仲良しです。


2006年05月16日

オひさしぶりっこ。

さぼりすぎ。ipipです。

いや、私もいよいよ6年生なもんで。

いそがしいんですよ。マジで。

毎日勉強さ。

あー、でもネタはたっぷりあります。

だから息抜きにでもまたかきます。

じゃ。またねー。


2006年03月14日

それにしても・・・

眼科、つまんないです。

興味が全然わきません。

全然勉強してません。

ていうか、眼科嫌い。

アレだけ広い体の領域で、なんで眼だけなんでしょうか。

なんであんな狭いエリアの分野を専門にしたんでしょうか。

かなり専門性の高い分野ではあると思うんですがね。

つまんないですよ。

なんか理由はよくわかんないけど。

あー。嫌いだ。

はやく終われ、眼科。

ていうか、ポリクリ自体、はよ終われや。

 


2006年03月06日

お誘いとドン引き。1

先週末のお話なんですが、

ついこないだ書いた(1個前のブログ)某FMのディレクターの方から連絡がありまして。

「皆で友達の店で飲んでるから、飲みにおいで〜。」

といわれました。

実は私、4月の末にクラブイベントのオーガナイズに一枚絡んでまして。

私がオーガナイザーというわけではないんですが。

で、そこのバーはどうやらDJとかがまわしに来るようなバーのようでして。集まるのもおしゃれ系の若者ばかりのようで。

こりゃいい宣伝になる!と確信したわたくし。

チョろっと一杯のんで、仲良く会話でもしたら、いい宣伝になるだろう、と思ってシメシメ・・・と出かけて行きました。

で、いろんな方がいるのかと思いきや・・・

メジャーデビューしているとかいう、某バンドの人と、そのFM関係の友人。後は店の人。

あら?

どこが皆??

・・・・・・・・チッ。

ま、それでもお店にフライヤーだけでもおかせてもらおう。と思うようにしました。

で、お酒も会話もまぁまぁ、弾み、そこそこ楽しかったわけです・・・

が!

 

続きを読む

2006年02月27日

出会い。

週末は毎回出会いがあるね。

今週もいっぱい素敵な人に会いました。

私もご他聞にもれず、かっこいい人には目がありましぇ〜〜ん(笑)

まずは、クラブで紹介されたFM関係31歳の方。

年もちょうどいい感じ。背がかなり高くて、スタイルもよく、甘い顔。むっふ〜〜ん♪

ま、私には彼氏もいますので、とりあえず挨拶だけしました。積極的に話しかけたりしませんでしたよ、当然!

ところが、先方からアプローチwww

踊ってる時近くにくるし、携帯の番号やら、メアドやら聞かれ、ものすごい話かけるときとか目をみて、妙に接近してくるし!

いやっほ〜〜い!悪い気はしませんね♪にゃは☆

カノジョもいないとか言ってくるし。(全然私そんなこと聞いてないのに)

かなりマメな方で、きちんとメールをくださいます。

ま。でも、彼氏いますから。何もないでしょうけど。

とりあえずかっこいい人なんで、悪い気はしませんってことです。

あと、もう一件。

髪を切りに地元の美容院にいったんですが、

担当の美容師さんがかっこよかった!!

年は30歳。

私、この歳に弱いんでしょうか、かなりタイプの方でした。

美容院行くと、肩とか腕とかもマッサージされるじゃないですか。

もうドッキドキ!!

ま、そんなこんなでいい感じの週末でした。

今度の発展に期待!!

していいのか??

いやいや、彼氏一筋ですから〜〜〜〜ん♪(爆笑)

 


2006年02月24日

電話。

今、ある事情で彼氏のケータイがとまってます。

だから新しいのがくるまでは電話できません。

ずーっと毎日電話してたもんで、なんだか変な感じ。

いままで私は別に電話とか毎日しなくても全然気にならない派だったんですが、習慣とは恐ろしいものですね。

なんだか少しさみしくなってきますから(笑)

正直いろいろと、大学やら病院やらでイライラすることがあったからというのもあるんですが。

自分はこんなによわっちい娘だっただろうか・・・

最近よく思います。

特定の相手をつくっていなかった頃は、ものすごいシャンとしてたし、ガンガンだった気がします。好きな人もいましたが、それはそれ、という感じでした。

なんか、大好きな彼氏とかできると、女の子ってやっぱりオトメになっちゃうんでしょうかね。

やぁね、なんかすっごいかっこ悪いね
だいたいこんなところに恋愛の話ばっかりネチネチ書いてる自分とか、正直イラついたりしますし。他のネタないんか!ボケ!

ダサいじゃん?

どーせ、暇なのね、わたし

ま、もうあと数ヶ月もしたら、本気でバタバタと忙しくなって、きっとこんなこともかけなくなるのもわかってるんで、1回くらいはいいだろう、とかも思いますが。

今から、製薬会社の説明会と、勉強会です。
また、週末がきました。
なにしようかな。
たまには映画でも見てみようかな。

じゃ、とりあえずまた大学にもどります。


2006年02月22日

そうそう、最近・・・

(あーあ。せっかく書いてたのにきえちゃったよ。気を取り直して・・・。あー。めんどくさ。)

もう一個別に裏のブログを始めたんです。

seesaaで。

単に彼氏がここのほうがいいよっておしえてくれたからなんですが。

で、なぜかといいますと・・・

以前彼氏が、日々の鬱憤を書き綴る場があるといいんじゃないか、と言うことで、普段書けない、人には言えない心の闇をつづる裏ブログ、的なものを開設しまして。

そのことで、なんか喧嘩になってね。

私も裏ブログ的なもの(ここの事ね)をしてるくせに、なんで気持ちがわかんないんだ、的なことをいわれまして。

私的には、過去の男関係がバレたくないってい理由だけでナイショにきてた訳で、なんにも心の闇なんか書いてないから、そんなこといわれてもわかりません。

だっていやじゃない?

大学のドクターとかさ、IT関係の男とかさ、業界人とかさ、モデルとかさ、外人とかさ、医学生とかさ、ほーら、まだここに書いてないけど、いつか書こうと思ってる人とか、いろいろいるじゃん?(かなり昔のばっかりだけどさ。)

ま、見られても全然いいしね。どうせ、つまんない男ばっかりだし。浮気とかしてないから、昔の話ばっかりだしね。

で、そういわれたので、私もやってみればわかるんじゃないか、ということで、私もはじめてみたわけです。心の闇をつづるブログを。

ですがね、内容は彼氏のことばかり!!

私の心の闇は彼氏なんじゃないだろうか・・・。

なんて感じです。

たぶん、彼氏の話は人にできないからだと思うんです。

彼は人前に立つことの多い仕事なので、そういうプライベートに何かと注目されるみたいで。

私的には、まったく今までの人と同じ感覚でつきいあってきたものですから、何かと嫌がられまして。だって、私にはそんなのわかんないんだもん。普通のお付き合いとまったく同じなんです。本当に。今となっては、少しづつわかってきてはいるつもりなんですが、まだまだ足りないようで・・・。

悩みは尽きないわけですわ・・・。

 


2006年02月14日

お久しぶりでございます。3

どうも大変ご無沙汰しております、イプイプでございます。(ペコリ)

きっと皆さん、もうこのブログの存在は忘れてしまっていることでしょう・・・(笑)

さて、気を取り直して、またちょくちょく書いてみようかな、なんて思っておる次第です。

えー、これといってネタもないんですが、毎日大学にせっせと通っていそいそと医学を学んでおります。

そろそろ本格的にやっていかなくては、という気運でございます。

おほほほほ。

で、近況報告させていただきますと、

今もプチ有名人の彼氏となんだかんだうまくいっております。

職業や性格、環境の違いに正直戸惑うことも多いのですが、それもまたおもしろい、と思っています。

遠距離じゃなければ生まれないだろうトラブルもでてきたりなど、楽しい日々を送っているわけです。

ま、彼のおかげで私も随分大人になったな、なんて思うことも多くなってるので、一応感謝くらいしておこうかな。

では、また・・・。

 

皆さん、知ってました?

今日ってバレンタインなんですよ。

私、さっき気づきました。


2005年11月29日

昔ばなし

今日、懐かしい、というかずいぶんと切ない思い出を思い出しました。

ずいぶん前の話になるのですが、かれこれ4年前くらいかな。

当時、ものすごい好きな人がいたんです。

もー、ホントに好きで好きで好きで。何にも代えられないくらいに好きで。

相手は大学のクラスメートでした。つき並みですが、生まれて初めて本気で好きになった人です。

夏の日だった。

初めてデートして、初めて二人で飲みに行った日に、ホントに衝撃を受けた。あまりにも気が合うし、話も盛り上がる。しかも、ほんとにマニアックな内容なのに。お互い惹かれあうものがあって、それをお互いに敏感に感じ取っていた。

そして、今でも忘れられないそのとき感じた感覚がある。不思議なことに、どんな話をしても、彼は私の言いたいことを全部そっくりそのまま言ってしまうのだ。私はホントに何もいえない、いいたいことをそっくりそのまま言われてしまうから、山ほど言いたい事はあるのに、それを彼の言った表現以上に的確にあらわす言葉が見つからない。そして、彼の言う言葉は、まさしく私が言おうとしていた単語ばかりなのだ。言葉を飲むしかなかった。口が達者な私にとって、あんなのは初めての感覚だったのだ。

話は尽きなかった。いつまでも。終電逃して、代々木公園まで歩いて、そこでまたいろんなお話をした。

でも、所詮若い男女ですわ、その日のうちに体の関係を持ってしまいました。

そして、彼、なんと童貞クンだったのです・・・。

つづく・・・


2005年11月27日

やばーい!!

すごい、したい。

こんなんめずらしい。

体が火照るんですが、いったいどうしたことでしょう??

うーん、どうしたもんでしょう・・・。

きっとこういうときに男も女も出会い系とか、やらしいチャットとかで盛り上がるんでしょうな。

でもきっと私はすぐに冷めてしまうんじゃないかな。

こういうとき、どうしたらいいんすか??

お子様なのでわかりましぇん。


2005年11月25日

ホテル

今日は、とあるホテルの宿泊券&お食事券を頂きましたので、それを使ってお泊り会に行って参りたいと思います。

海沿いにある、まぁ、有名なホテルでございます。決して一流とまではいきませんが。

ホントは彼氏が仕事のため、こちらにこれるはずだったんですが、今月は呼んでいただけず・・・。結局これなくなってしまいました。ちょっぴり楽しみにしてたので残念・・・。(どーよ?この乙女モード!!)

有効期限が今月までなので、この金曜に使ってしまおうということで。

一緒に行く方は、いつも仲良くしてくださっているクラブ仲間のY夫妻の奥様のAさん。もともとこのチケットは、Yさんに頂いたものだったので、しかも私とAサんは甚く仲良しということもあって、今回ご一緒させていただくことになりました。

さてさて、きっと夜通し、飲めや歌えのドンちゃん騒ぎとなること間違いありませ  ん。そして、Y夫妻の夫婦性活、いや生活が暴かれてゆくのです。

ふっふっふっ・・・。

あ?私たちのはどうなのか?っていいますと、

素人には

オススメできない。

でわ、いって参ります。夕方から大学で進路指導的な説明会(医者に進路もなんもあるんか、って感じですが、意外とあるのです。)があるので、それが終わったら参りたいと思います。

それではっ!!

アドゥ〜!!!


2005年11月23日

髪型1

新しい髪形が気にいらない。

ほんとに気に入らない。

どうしようもなく気に入らない。

なんで切ったりしたんだろう。そのときの自分の気持ちが思い出せない!

清楚派の女の子が好きな男性陣には評判がよいかもしれないが、色気に欠くのでたいていの男には不評だ。

女の子は、母親などのおばさま達を除けばたいてい前のほうがいいと思っているのが分かる。

だいたいかっこよくないのだ。女の子が女の子に求めるかっこよさ、みたいなものがない。

要するに、地味なのだ!!

私ははっきり言って地味なキャラではない。そして地味な自分はあんまり好きではない。だから今回の髪も気にいらない。

せめて髪がカラーできればいいのに!!病院実習中なので、それもままならず。

そして、毎回4、5歳年下に見られる。これもどうなんだか・・・。

あーあ、早く髪の毛伸びないかなぁ・・・・

続きを読む

2005年11月22日

親子

今日母親と電話した。
電話はしょっちゅうかかってくるので、たいした内容ではないのだが、なんとなく話していて気付いてしまった。

やっぱり私は母にいろいろと似ているかもしれない。

背が低い          丸い。
手足が小さい。       髪がくせ毛。
顔は縄文系。        甘いものが好き。
柿右衛門好き。       日本文化継承派。
よく料理する。       大雑把。
掃除下手。         ものすごい心配性。
基本脳天気。        うっかり屋。
独り言を言う。       涙もろい。
キレやすい。

・・・・などなど。
挙げたらいくらでも出てきた。

そして私は、父親にはそれ以上ににている。
実はそのことのほうが恐ろしい・・・。
とても恐ろしくて筆を取ることができません・・・。
唯一の救いは顔が似てないところくらいか。

寒いからお豆を煮た。
甘く煮たので、お菓子代わりつまんでいる。
こんなん作る私はつくづく昭和の女だ。
カッポウ着とホッカムリが似合うに違いない。
かまどでたくご飯はおいしいのよ、なんて。


2005年11月21日

恵比寿事件

こないだ私が恵比寿の夜の街をものすごい形相で駆け抜けた事件についての真相を明らかにしたいと思う。

私は夜19時。以前から友達だったテレビ東○の方と待ち合わせをした。

彼は、31歳の男性で、いつもいつもとても親切なかただった。知り合って半年くらいでしょうか、私の恋愛相談を初め、大学の人間関係で悩んだときも相談に乗ってくださった方でした。私はこんなに親切でやさしい方と知り合えたことに感謝すらしていたのです。

で、今回久々に時間ができたのでおいしい蕎麦でも食べに行こうということで、待ち合わせしたのだ。もちろん彼氏には了解済みです。

蕎麦屋だなんてなかなか渋くていいじゃないですか。楽しみ〜!

くらいの感じでいたわけですよ。

で、序盤はいつもどうり和気あいあいとおいしいお酒とお料理に舌鼓を打っていたわけです。いやー、そばがきおいしかった!!

2時間ぐらいして、おなかもいっぱいになり、会話も一段落してきたころでしょうか。思いもよらぬ展開に発展してゆく・・・

○さんの様子がおかしい!!

わけのわからない単語を吐き出した!!

私は状況がよめない!!

眼が点だ!!

状況を整理しよう。整理するしかない!!冷静に話を聞いてみると、どうやら○さんは・・

私を口説いている

ようだ!!うぎゃ〜〜!!意味がわからん!!

何をいまさら?私、彼氏いるの知ってるよね?そんな雰囲気いままでも微塵もないでしょ?私はなんだか頭がクラクラしだす。変な汗をかいてきた。

彼の話を整理しよう。

_兇楼い男だ。←は?だからなんだ??

彼氏がいるのはわかっている。ただひとつ言いたいのは、俺は君を悩ませる彼氏がゆるせないんだ。←はぁ・・・。それで?

H犹瓩畔未譴蹐箸呂い錣覆ぁ←いや、別れる気ないし。

け鶺離でさみしい時や傷ついた時だけでいい。そんなときは俺を彼氏にしてくれないか?君は頑張りすぎだよ。←・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きもい。

イ發舛蹐鷁兇眞砲澄だから君を抱きたくなる。それはわかってくれるね?

↑ああ、こいつ

死ねばいいのに・・・。

私は即座に答えた。

私、彼氏のこと大好きなんで、別れる気なんてさっぱりないんですし、もちろん彼氏を裏切るようなことはしたくありません。するつもりも毛頭ないです。しかも、私は○さんのことをそういう対象で見たことは今も昔も一度もありません。確かに今回二人でご飯食べきましたけど、そんなつもりで誘ってくださったと知っていたら絶対に来なかったと思います。この半年普通だったのに、そんな風に豹変されるなんて思いもよらないし、○さんはたまにはご飯いこうくらいのノリじゃなかったんですか?もし私が勘違いしていたとしたら、それは申し訳ないと思いますけど、私としては、一人の友人に裏切られた気分です。

かなり一方的な言い訳かもしれないが、私は彼がそんなつもりで親しくしてくれているとは本当に思っていなかったのだ。今回ご飯に誘われて、確かに二人きりというのは一瞬考えもしたが、信頼できる○さんだし、彼氏にも○さんの話はしている。彼氏もいいよ、って言ってくれた上での今回のご飯会だ。

そして後からわかったことなのだが、○さんには最近まで別居中だった奥さんと、小学校2年になる息子さんがいたらしいのだ!!

こんなことは聞いていないし、31と聞いていたのに、年は36だった。嘘だらけだ。

で、初めは今回のお食事は、もちろんお勘定は割り勘のつもりでしたが、もうこの人とは会わないと軽蔑の心とともに誓った私。

がっつり支払わせてやりました。

で、事件は佳境へと進んでいく・・・・

お店をでて、恵比寿駅方面へ歩いていく私たち。

○さんは、「ホントに悪かった。ごめんな。酔っ払ったら急に変な事言い出したくなっちゃって。忘れてくれ、とは言わないけど、申し訳なかった。」と、例のごとく謝りだした。私は「もう気にしてませんから。」と一言。

無言で駅まで歩く。駅に近づく。

○さんは、「コンビニに行きたいんだ。あと5分でいいから付き合ってくれないか?」という。私もバカだ。あ。コンビニ行きたい。って思ってしまった。

テクテク歩く。

と、突然、○さんが私の手を強引に引っ張ったのだ!!グングン引っ張られる!

やべぇ!!マジで力が強い!!はなせーーーーー!!

はーなーせーーー!!

本当に身の危険を感じ、戦慄が走った。暴れる私。ホントに怖い!!どんな抵抗をしたのかはっきり覚えていない。かなり暴れた。本気で暴れた。

気付けば、ラブホの目の前

ぎゃあああああああ!!

ど、ど、ど、ど、どうする??ホントにどうする??やばい、マジでやばい!何とか逃げなくては!私の頭は今までにないくらいの速度で回転した。でも、ここで鈍器で頭を殴るのはマズイ。流血騒ぎになる。どうしたら、一番効果的に逃げられるか??そうだ!!

ガンッ!!

見事的中!!○さんもさすがにひるむ。「グアッ!!」とか「ウギャッ!!」見たいな声が漏れたと思う。そういえば、その声が妙にラブホのロビーにこだました感じがした。

そう、金的攻撃!!もうコレしかないのだ。

彼の手が緩んだ瞬間に、本気で走って逃げた。ブーツのヒールが壊れるんじゃないかというくらい本気で走って逃げた。きっとカール君も顔負けというくらいの大疾走だったと思う。しかもきっとすッごい形相だった違いない。その表情は、雪山で何年ぶりかに見つけた獲物を追いかけるヤマンバに近かったと思う。こんな時になんでこんな高いヒールのブーツを履いているのかと、なぜか自分を呪っている冷静な自分もいた。

後ろを振り向いてみる。○さんの姿は見えない。

無事に恵比寿駅に着いた。こんなに本気で走っている私を見る周囲の目にはじめて気がついた。やべぇ!!恥かしい!!

とたんに冷静に振舞おうと取り繕う私。でもあきらかにおかしかったと思う。

その後、少ししてまた急に怖くなって心細くなって、女教師の友達に連絡して遊んでもらった。

世の中には変な人がいるものだ。本気で今回の体験は怖かった。Rちゃんの顔をみると緊張がほぐれたのか、急に涙が出てきた。

今思うと、こんな漫画みたいな体験はそうそうできないと思う。コントみたいだし。でも、まだ思い出すとちょっぴり怖い。男の人と二人でご飯にはしばらくいけそうもない。信頼できる人も危ないのかもしれない。

そしてまだ彼氏にはホントの事は言っていない。

翌日○さんからメールが来た。

「また、会いたい。」

ああ、こいつ

死ねばいいのに・・・


2005年11月20日

閃きクン

私は今日偉大な事にきがついてしまった!!

まどろんでいる時には突如として、

ものすごい閃きがやってくる。

 という事だ!

眠る直前や、起きた直後、お布団の中でムニャムニャしているときなどに、なんでもない事をただぼんやりと思い返したり考えたりしていると、その閃きクンは突然前触れもなくやってくるのだ。

その様子はまるで、森の中から突然草原に抜けた感じというか、どーしようもない眠気が突然スッキリするときの感じというか、鼻が詰まってどうしようもない時に、なぜかスッと鼻が通る感じというか、とにかくまぁ、そんな感じだ。

わかるでしょ?いや、そこはわかってくれよ。

その閃きの内容は多種多様だが、ある傾向がある。今までにない見方、というか、それはあたかも物事の真理や核をついているのではないかと直感的に感じてしまう雰囲気の事なのだ。

 なんだ、私はいつから予言者になったのだ?えらそうに。まったくだ!

そーですねぇ…、ものすごく抽象的でわかりにくいのだが、かといって面倒くさいので、かみ砕いて書く気もさらさらないのだが、

例えば日常的な事を言えば、○○ちゃんはなんであんな事を言ったんだ、とか、△△君は結局はこういう感性や思考の下で動くのだ、とかだし、もっと規模の大きい事で言えば、自殺とアポトーシスの繋がりが生物学的観点や人生論的観点からみえたり、なぜかキリスト教的思考が混ざっている事は否めないものの、人に苦難や苦労が課せられる意味など…

ホントに多種多様だ。

 それらの閃きクンは、もちろん物事の見方のある一側面にすぎない。でもそれは私にとっては閃きクンと名付けるに値するものなのだ。

というわけで、これからも積極的にまどろんでいたいと思う。

一日の半分くらいまどろんでいたいと思う

ああ、まどろむって気持ちいい…。ムニャムニャ。


2005年11月15日

バッサリ!

ffa13452.jpg髪を30センチくらいきりました。
もー、立派にボブですよ、ボブ!!このやろう、ボブめ。
どうしようもなく毛先が痛んでたのと、飽きたのと、周囲の勧めもあってきりました。
残念ながら、失恋じゃありませんわよ。(ご期待に添えなくて申し訳ありましぇ〜〜ん)
見慣れないせいか、いまいちイメージがわかず、かなり悩んだんですが・・。
そして自分的には、髪を茶色く出来ないせいで重く感じるので、なんだか気に食わないんですが・・。
(ああ、結局いつも気に入らないことが多い、私は自分の髪質とかが大嫌いなのだ!!)
すごい頭が軽い!!シャンプーが楽!!
・・・でも、やっぱり似合うのかどうかよく分かりません。
私を見かけた方は正直な意見、お待ちしております。

ピーコ求む!!



で昨日夜は恵比寿に美味しいお蕎麦屋さんがあるということで行ってきました。
美味しい。特に大根の煮物がプロの味でした。
あー、でもお腹がいっぱいになってしまって、結局シメのお蕎麦が入りませんでした・・・。
・・・蕎麦屋に行った意味がない。

で、ちょっとした事件がありまして、怖くて怖くて逃げてきたんですが(事件の内容はまた後日にでも…)、なんだか急に気分が滅入ってしまい、友達に電話して遊んでもらった。

西麻布のXROSSに行ったんだけど、あまりにナンパがすごくて、ドン引き。声掛けがすごくて、目的地までいけない。Vanilla並にすごかった。
ありゃ、女ならどーでもいいんだろーね、まったく。
曲もつまらんし。
大変申し訳ないが、また行こうとは思わないトコでした。

2005年11月10日

病院見学4

今日は都内の某病院に病院見学にいってまいりました。

脳外科に興味のある私は、脳外科を見学志望しまうした。なかなか女性で珍しいといわれたりするかな、って思ったのですが、予想以上にウェルカムモード。

レジデントの方が二人いらっしゃったんですが、二人とも女性。それ以外にも、結婚して子供もいらっしゃる女性の先生もいらっいました。

今日はたまたまangio(血管造影)などの検査もなく、緊急のオペもなく、とってものんびりとした一日で、色々な先生が、いろんなお話をしてくださいました。

雰囲気もよく、教育にも熱心なかんじで、とてもいい病院だな、という印象を受けました。可能ならばぜひここで研修したいものだと、思いました。

で、なんと!研修医の先生方と、脳外科の先生が、学芸大学駅の近くの焼肉屋さんにつれていってくださいました!!

とってもおいしいお店でした。わけあって学芸大学付近には詳しい私も知らないお店で。おいしいお肉をたらふくご馳走になっちゃった♪

で、それ以上にうれしかったのは、脳外科医という仕事のいいところ。悪いところ、楽しいところ、つらいところを洗いざらい色々とお話してくださったことです。

脳外科医はオペの結果がすぐに出る。

昏睡状態で運ばれてきた患者さんが、オペがうまくいけば、歩いて帰宅されたりも当たり前のようにおきたりします。

また逆に、オペが終わってたら麻痺が出てきてしまったりするかもしれないのです。

この大きなプレッシャーと戦いながら、常に前向きに、そして上向きの向上心を保ちながら、仕事をしていくものなのです。

女医だから結婚できない、とか子供を産めない、とかかんがえる必要自体がナンセンスなんです。やるやらないは、自分次第。そして、上のドクターたちは、そういった女性の望みをかなえられるような科にしなければ、その科は生き残っていけないんだ。新しく入ってきた後輩医師を幸せにしやれないなら、俺たちはダメだ、とまで熱心におっしゃっていました。

こういう考えの先生の下でなら、是非ついていきたいと思いました。そしてこういう先生のいる病院で研修したいと思うと同時に、自分も医師になってよかった、と思えるように頑張ろうと久々に、

私の小宇宙(コスモ)は

 

燃えた!

のだった。


2005年11月07日

救急車試乗実習4

皆様、ただいまです。

救急車実習に行ってまいりました。各地の消防署に一人づつ派遣され、救急隊員の方と一緒に、出動命令がきたら救急車で急行し、現場を学ぶ、というものです。麻酔科の実習の一環になります。

朝の9時から夜の21時まで。一人でなんて長いことかと思っていたのですが、寝たり、勉強したり、皆さんと話していたら、意外にあっさりおわりました。

出動回数はかなり少なめの3回!

しかも、ほとんどたいしたことのない症例ばかり。

もっと「こりゃすげー!!」見たいなのも正直見てみたかった。まあ、出動がないのは平和な証拠なので、うれしいことなのでしょうが。

1例目:急性腹症(食あたりか?)

2例目:頭部打撲(意識清明な小児)

3例目:意識混濁の人工透析患者(JCS10)

という内容でした。

消防署内は実にのんびりした雰囲気でした。皆さん24時間勤務で、一日勤務して、二日休み、みたいな勤務体系らしいです。警察官と同じですね。いいなぁ、やすみばっかりじゃん。

で、皆女の子がめずらいいみたいで、ほんとに皆おじさんもお兄さんも

やさしい!

で、なんてラッキーなことに、かの有名な消防署内のまかない食をご馳走してくださいました!!本来は、大学側からは自分たちで昼食・夕食は用意してくるように、ということになっていて、消防署側にもそのように伝えられているはずなんですが、(むしろご馳走にならないように禁止されている感じ。だって経費ですからね。)特別にご馳走してくださいました。ありがとうございます!!

メニューは・・・

・カツ丼  ・サラダ  ・お味噌汁

というもので、実にイメージどおり!!(さすがに写真はとれなかった)

男の料理だ!!ステキすぎる!!

味はともかく、その男の料理、というのに感激してしまいました。

ああん・・ステキ

で、すっかり仲良くなってしまったワタクシ。ちなみにまかないは朝と夕に一番若い隊員が作るそうです。ローテンションを組んでるのかとおもったら、そういうわけでもなく、そこら辺は体育会系でした。最年少の人は22歳でした。

最後にもっとビックリな事が!!

帰る間際くらいに、いろんな隊員の方々が、

名刺やら連絡先やらを

 

渡してきた

のです!!どういうことじゃ、こりゃ!!爆笑!

中には妻子もちの方まで(笑)面白そうだし失礼なので、お断りせずにきちんと頂いてきました。で、私のケータイを聞いてくる積極的な方もwwwしかも、赤外線通信しようとかいって(爆笑)

おいおい、おにいちゃんたち、おもしろいってば。

と、いうわけでなかなか楽しい実習でしたとさ。

89c61956.jpg写真は、今回自由につかっていいよ、ってことで貸してくださったお部屋のようす。

少し古いけど。宿直室みたいな感じですね。

押入れにお布団が入っていました。


ただいま〜〜!!5

先ほど現実逃避からなんとか戻って参りました。

いやぁ、楽しかった・・・・。あまりに楽しくて白目をむいてしまいそうでした

名古屋夜景こちら、残念ながらぶれておりますが、観覧車から撮った名古屋の夜景でございます。彼氏と観覧車なんかに乗ってしまいました。34のおっさんもなぜか妙にはしゃいで、わざと揺らしてみたりとかベタベタなことをしてみたりしておりました。

なんかこんな話はキモイですね。

土曜の夜に彼が遠征の仕事だったので、昨日の夕方から、今日の昼過ぎまでお留守番してたんですが、結局寝てばかり。した事といえば、帰ってくる彼のためにかいがいしくおでんを作ってみたぐらい。(おでんとかジジくさい)いやぁ、かわいいトコあるじゃん、なんていわれるのを期待しながら(笑)

またキモイ話しちゃった。わっはっは。

さて、水族館の写真でも載せてみようかな、ってな感じで。いってみよ〜〜。

ベルーガこちらシロイルカことベルーガ。

 

 

えさを待つ姿がかわいらしい。かなりこの顔を撮るのに苦労した。だって、手前の飼育係のおじさんが邪魔なんだもん。

水族館と遊園地に行ったのは平日だったので、かなり空いていて、ほとんど人もおらず、快適でした。

ホントは彼氏の顔も出してしまいたいんですが、なかなかそういうわけにもいかず、こんな地味な写真ですいません。顔の映ってる面白い写真がいっぱいあるんですけどねぇ・・・。残念。彼氏は自分のブログでは、平気で顔だしてるんですがね・・・。私のブログではリスキーなのでやめときますわ。

水族館1水族館2やっぱり南国がスキだ。

トロピカルな感じの生き物たち

カメ、すごいよく撮れてません?

 

こんな感じで、まったり休日は過ぎてゆくのであった。

 

 

こちらエイとワタクシ。(掲載終了)

暗い&ぶれてるので、あんまりよく分からないから、載せてもいいかなってな感じで載せてみた。

 

明日は、救急車実習って言うのがあります。

これは、消防署に張り付き、救急隊の方々と一緒に出動命令がきたら救急車に乗って現場を体験する、というもの。

朝の9時〜夜の21時まであります。も〜、だるすぎて寝てしまうこと請け合いです。しかも実習先は一人で行かなくてはなりません。話し相手もおらず、何をして暇をつぶそうか・・・。

なんかいい案ありませんかねぇ??


自己紹介
ipipapap
東京都出身。某医科大学6年生。いよいよ6先生です。
しし座のB型。
無類のクラブ好き。暇さえあればしょっちゅう通う。踊りまくってストレス発散。
見かけはどこからどう見ても医学生のようなまじめさは見えないけれど、意外にちゃんと勉強します。
最近ちょっと有名人の彼氏ができた。(といってもたいしたことない)
調子に乗らないように日々精進します。

HNに意味はない。まったくあだ名でもなんでもない。てきとーにつけた。
知人も私とは気づかないように・・。
Recent Comments