アップルにより反競争的共謀行為として反トラスト法違反を主張された"privateering"という行為について、もう少しみてゆきます。

"privateering"に対する賛否両論

[批判派]
第101話
で参照したFOSS Patentsブログ運営者のFlorian Mueller氏は、"privateering"反対派の代表格ということができるでしょう。彼は、アップルの反トラスト訴訟について、「このような訴訟を誰かが提起することをずっと待ち望んでいた」といいます。

実際、Mueller氏は2015年5月、FOSS Patentsにおいて、ノキアを始めとする"privateering"従事企業を公表し、「パテントトロール/PAEを肥えさせている事業会社の実名公表キャンペーン」を展開したのです。(”Privateering: let's name and shame companies that feed patent trolls -- please help complete the list" FOSS Patents 5/12/2015)(ちなみに、privateeringを行った企業のひとつとしてアップル名も公表されています)

[賛成派]
このキャンペーンに対してすぐに異論を唱えたのが、同じく第101話で紹介したiamブログのRichard Lloyd氏です。("There is nothing wrong with privateering; patent owners are entitled to maximise the value of their assets" Richard Lloyd, iam 5/19/2015) トロール/PAEならぬ事業会社が自ら開発し、取得した特許の価値を最大化しようとするのは当然の行為であり、どのように最大化するかは自由なのではないか、というわけです。

そもそも "privateering"ということばを使うこと自体に最初から偏見が入っている。実際に行われているのは、"outsourcing"である、という声もあります。(この辺りは、昨年10月に米FTC(連邦取引委員会)が発表したFTC研究レポートの中で、「パテントトロールということばは有用でない」として、”PAE”という呼称を使うことにしたのと似た面があります。c.f. 『第98話:ついに出た、米FTCの「トロール」分析レポート。遅きに失したのか、待望の提言書か』 10/17/2016)

今回の反トラスト法訴訟についても、Lloyd氏は次のように指摘します。
≪privateeringは市場に非効率性をもたらすというが、ライセンスを受けることに抵抗し、引き延ばしのため訴訟戦術をとる企業の方がより問題である。また、忘れてはならないことは、ノキアがAcaciaとConversantその他に移転した特許は、ノキア自身による巨額なR&D投資の結果創り出したもの。発明をした者が自らの苦労の成果をどのように利用するかについて制約を受けるようなことになれば、投資する動機がなくなってしまう≫ ("Apple’s anti-privateering push against Nokia looks like a litigation play rather than a serious challenge" Richard Lloyd, iam blog 1/6/2017)


訴訟作戦ブックに新たな戦術が加わった(?)

いずれにせよ、両氏が一致しているのは、今回のアップルによる反トラスト法訴訟はこれまでにはなかった新たな争い方を示すものであるということ。

Mueller氏は、待ち望んでいたこの訴訟がどうか和解で終結しないで欲しいとコメントし、Lloyd氏は、とにかく今回の訴訟が、特許訴訟における作戦ブックに新たな戦術を加えたことは確か、といいます。


訴状構成

最後に訴状原文中の小見出しを抽出してみました。法案などもそうですが、小見出しの順番やそれぞれの関係について注意しながら抽出すると、それだけで結構ストーリーが見えてきます。プリントアウトした訴状を見ながらretypeするのですが、少々骨が折れます...そこで、さらに和文にしようと思いましたが、原文のままにしました(タイプミスがあったらご容赦。気づいたら直します)

COMPLAINT

INTRODUCTION 
THE PARTIES 
JURISDICTION AND VENUE 
INTRADISTRICT ASSIGNMENT 
 
ACACIA'S AND CONVERSANT'S ANTICOMPETITIVE PATENT TRANSFER SCHEME WITH NOKIA 
 
 I. Acasia, Conversant, and Other PAEs Partner with Nokia in an Anticompetitive and Illegal Patent Transfer Scheme 
 
 II. Diffusing Patents as an Anticompetitive Scheme 
 
 III. Anticompetitive Effects in Relevant Markets from Nokia's, Acasia's, and Conversant's Anticompetitive Patent Transfer Scheme 
  A. Patent Technology Markets and Market/Monolopy Power Therein 
  B. The Overall Anticompetitive Patent Diffusion Scheme 
  C. Nokia's and Acacia's Conspiracy to Anticompetitively Diffuse Patents 
  D. Nokia's and Acacia's Evasion of Nokia's FRAND Licensing Commitments 
       1. Standard-Setting Confers Monopoly Power on Owners of Declared SEPs 
 2. FRAND Licensing Commitments: Essential Safeguards and Prerequites to Standardizing Patened Technology 
 3. Nokia's FRAND Commitments Are Binding Contractual Obligations that Transfer with SEPs 
 4. Acacia's and Nokia's Use of Patent Transfers to Facilitate Breaches of FRAND Obligations 
   E. Conversant's and Nokia's Conspiracy to Engage in Similar Anticompetitive Conduct 
   F. Nokia Has Enlisted Other PAE Conspirators in Anticompetitive Schemes 
 1. Nokia's Coodination with Vringo 
 2. Nokia's Coodination with Sisvel 
 3. Nokia's Coodination with Inventergy 
 
 IV. Acacia's and Conversant's Conspiracy With Nokia Harm Apple, the Cellular Industry, and Consumers 

COUNT I.   
 BREACH OF FRAND CONTRACT 
COUNT II. 
 ACACIA-NOKIA, CORE WIRELESS-NOKIA AGREEMENTS TO RESTRAIN COMPETITION IN CELLULAR TECHNOLOGY LICENSING (SECTION 1 OF SHERMAN ACT) 
COUNT III. 
 UNLAWFUL ASSET ACQUISITION (SECTION 7 OF CLAYTON ACT) 
COUNT IV. 
 CONSPIRACIES TO MONOPOLIZE THE SEP TECHNOLOGY MARKET (SECTION 2 OF SHERMAN ACT) 
COUNT V. 
 UNFAIR COMPETITION UNDER CAL. BUS. & PROF.CODE §17200 

RELIEF SOUGHT 



1/9/2017  ヨシロー 


↓ よろしければ一押しお願いします。            

                                                            

にほんブログ村

                                          にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ   


                                                                                        
 
ビジネス英語 ブログランキングへ

 
                                                           にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ