トロール対策の名の下に「国を挙げて米国特許を弱体化させた」流れを逆転させるべく、再びあの法案が、より強化されて提出された。

あの法案とは、前の第114議会で提出されたSTRONG PATENTS ACT OF 2015のこと。当ブログでも紹介しました。 『第31話: 新法案の提出でにわかに熱気を帯びてきた米特許改革論争... 「2015年ストロング特許法」とは』 他 



当時から行き過ぎた「トロール狩り」への懸念が法案提出の根拠になっていましたが、2年後のいま、事態はさらに悪化しているというのが、法案提出議員の認識です。


2017年6月21日に提出された新法案は、STRONGER PATENTS ACT OF 2017


法案提出者は、2015年法案の提出者だったChristopher Coons上院議員(民主党 デラウェア州選出)、Richard Durbin上院議員(民主党 イリノイ州選出)、Mazie Hirono(民主党 ハワイ州選出) に、さらにアーカンソー州選出の共和党議員Tom Cotton上院議員が加わっています。



... 現在、出先で iPhoneで書いているため「予告」にとどめ、後ほど詳しく書くつもりです。


それにしても確かに今回の法案、名称からして "STRONG PATENTS"から "STRONGER PATENTS"へと、文字通り強化されていますね。


6/30/2017  ヨシロー





↓ よろしければ一押しお願いします。            

                                                                           

にほんブログ村

                                                   にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ   


                                                                                                                   
 
ビジネス英語 ブログランキングへ

 
                                                                             にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ