2007年08月28日

安倍総理へのストーカーか!?

「私は貝になりたい」帆立貝の
国民の常識を無視し、首相自らが続投を決めた。まもなくあれやこれやの組閣が終了するだろうが、同じコップの中でサイコロを振っているような内閣では、誰もが期待しない。サプライズ人事とか言っているが、首相が居残っている自体が超サプライズなので
安部改造内閣
が解散総選挙を睨んで、準備していることに対し、安部延命焦点のの現状は苦し過ぎる。どんなに非の打ち所の無い組閣ができたとしても、社保庁問題など遅れを招くことは必死。暮れなり来春なり、その時期が来たときその遅れが表面化すれば
SSの構造改革
阿倍内閣の改造人事を見ると当初のスタート時にこのような手堅い人事をすれば政権も順調だったのにと考えてしまいます。人事は難しい。経営トップのマインドも毎日変わります。前向きなモチベーション(ヤル気)を常に毎日キープしていくことはどんな人間でも不可能なことです。
世の中では
自分を戒めてますがね。。。。安部さんもある意味、責任が持てない人なんだろうけれど、 今回の人事もなんだ??って感じだったなあ。組閣された閣僚の人柄どかが全く分からないから、 どうなるかは分からないけれど、なんかまた本当にその省にあ
大仁田氏“自称・政治評論家"
のは組閣作業するためです。小池防衛相は、けん制球を投げてるけど、この脅しに屈して環境大臣とかに横すべりさせるなら、安倍政権は完全に死に体になる」ともっともらしくバッサリ。さらに「逆に安倍政権は変わったな、と思わせるサプライズ人事として
院長の独り言 その659 「安倍改造内閣」
安倍改造内閣が発足しました。組閣の時にいつも思うのは、現場の事を全く知らない人がいきなり大臣に任命されて、果たして職務を全う出来るの?という事です。例えば今回の人事でいえば、以前、防衛庁長官を勤めていた額賀さんが、財務省という
姑息内閣・・・・・官房長官に与謝野氏
、それで外野を静かにしお仲間も回りに囲んだ組閣。 この写真が総てを物語っている。安陪の両手をだしてる権威だけのすまし顔、麻生の擦り寄り姿勢、二階の実力者的えらそうな顔、後はなんとなく顔。どうにもならん組閣
内閣改造
てしまうことでしょう。何をしても不満や批判がわいてくるのが人事なのでしょう。小泉前総理のようなサプライズ人事がなくてつまらないとの批判があります。しかし、小泉前総理の組閣の際も様々な批判がありました。また、小泉前総理がとっ
内閣改造
すっかり御無沙汰してしまいました。さて、世の中は内閣改造に賛否の議論が 展開されております。でも、人事にサプライズがないという意見には 疑問を感じます。人事はサプライズありきで決めるものではなく 適材適所を時の総理大臣が判断して決めるもの ではない
安倍総理へのストーカーか!?
見る限り背景にある事情は分からないが、「私を選んでぇ 」→「ごめんなさいっ 」で組閣される人事なら国民は興醒めだっ!!いまだに霞ヶ関では「ねるとん紅鯨団」の感覚で人事を断行しているのか!この「なぜ、自分じゃ駄目なのか?」って言葉だけ見る

「私は貝になりたい」帆立貝の ストーカーか


ipod001 at 10:39│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔